竹島 宏 紅白。 竹島宏 Secret eight

竹島宏 “恋町ダンス”人気拡大で演歌男子3年ぶり紅白初出場へ勝負どころ

竹島 宏 紅白

Sponsored Link 紅白歌合戦初出場なるか?竹島宏を紹介します 竹島宏(たけしま ひろし)さんは現在40歳。 2002年のデビュー以来、地道な活動を続け、2008年12月に「NHK歌謡コンサート」の企画で、北川大介さん、山内惠介さんとのトリオ「イケメン3」を結成。 ここで全国的に知られるようになりました。 2009年12月にはイケメン3として「恋の摩天楼」というシングルCDも発売。 トリオ名に「イケメン3」と謳っているだけあってか?なんと写真集まで発売されています。 自身としては、2107年1月に発売した「月枕」が10万枚のセールスを記録して、ロングヒットになりました。 今年3月に発売した「恋町カウンター」は、軽やかでキャッチーな昭和の流行歌を感じる曲です。 この「恋町カウンター」の振り付けが、曲の雰囲気とは相容れない?感じの振り付けが斬新だとちょっとした話題になっています。 竹島宏の恋町ダンスが密かなブーム? 今年の「NHK紅白歌合戦」に、ついに初出場か?と言われている竹島宏さん。 しかし、まだ「竹島」と検索をかけると、竹島問題が上位に出てきてしまいます。 すいません。 今年発表した「恋町カウンター」の振り付けですが、ファンの方は一緒に踊れるようになりたい!と懸命に練習しているようです。 この「恋町カウンター」の振り付けは、ファンの間では「恋町ダンス」と呼ばれています。 この 「恋町ダンス」の練習が丁度いいエクササイズになる。 運動不足気味の方にはもってこいでは?などとファンの方たちからは聞かれます。 この「恋町ダンス」の密かなブームに煽られるように?恋町ダンスのレッスン動画を配信するまでになっています。

次の

竹島 宏 オフィシャルサイト

竹島 宏 紅白

プロフィール• 氏名 竹島宏• 生年月日 1978年8月28日• 血液型 ?• 出身地 福井県 福井市• カテゴリー 演歌歌手• 所属事務所 オフィスK 竹島宏のプロフィール。 彼女は?歌唱力の評判など2ちゃんねるでの噂は? 小学校5年生の時に曾祖母といった坂本冬美さんの、コンサートを鑑賞したのをきっかけに歌手になる事を決意しました。 それまでは外科医に憧れていたようですが、そんな思いは竹島宏少年の中では吹き飛んでしまったようです。 竹島宏さんが進学したのは、福井県立高志中学校・高等学校(偏差値 普通65 理数系63)県内でも有数の進学校だったようです。 高校の進路相談で歌手になる夢を担任に打ち明けるものの猛反対に遭い、そのまま明治大学経営学部に進学しました。 高校の時の担任の先生の気持は、良く解りますね。 生徒が途方もない夢を抱いていたらやはり軌道修正してあげる優しさも必要ですからね。 さて話を戻しますと、歌手になるために大学1年の時にカラオケ大会に出場しました。 その大会で審査員をしていた作詞家久仁京介さんにスカウトされました。 1967年から作詞家としてのキャリアをスタートさせ、主に演歌の歌詞を書いてきました。 自身で歌手をスカウトしたのは竹島宏さんが初めてだったようです。 スカウトされても直ぐにデビューできる訳ではなく、約2年間所属事務所で電話応対や雑用などの仕事と、歌手になるためのレッスンを積み重ねました。 2002年デビュー曲『いいもんだ いいもんだ』でデビューしました。 作詞は久仁京介さん、作曲は水森英夫さんでしたが、当時はオリコンにもチャートインせず思ったより売れず新曲リリース即ブレイク歌手という訳にはいかなかったようです。 しかしその後は1年にシングル1. 2枚のペースでリリースしコンスタントに歌手活動が出来ています。 2004年にリリースした『札幌えれじぃ』からは、オリコンにもランクインし始めており、徐々に知名度が上昇してきました。 また、2009年からは若手演歌歌手ユニット五輪の華に参加しており今後さらなるブレイクが期待されます。 また、2019年3月13日に新しいシングルも出ますので、キャンペーン等で会えると思います。 オフィシャルサイトなどをチェックしてみて下さい。 さて続いては彼女の存在について書いて行きます。 彼女の存在に関する情報はありませんでした。 なんと本人は紅白歌合戦に出場するまでは恋愛禁止と自分に課してしまったようです。 また、一部では夏目雅子さんに似ている彼女がいるのではないかという噂もありますがこれはガセネタの可能性が高いです。 イケメンですから、全く何もないということはないでしょうが、ファンとしては温かく見守ってあげるべきですかね。 続いては歌唱力や評判などを2ちゃんねるの反応を書いて行きます。 勘違いしないように。 でもしばらく、地方のお仕事が多いみたいですね。 悪いとは言いませんが。 カラオケfan楽しみだ。 やはり、領土権を主張している「竹島」問題。 改名して出直したらどうかな。 魚釣宏で出直して欲しい。 《引用終了》 やはりデビューから16年も経過していて、イマイチ売れない感じにファンも苛ついているそんなイメージを持ちました。 確かに色々と修正どころが必要かもしれませんね。 例えばビックネームに楽曲を依頼するとか、色んなやり方があると思いますよ。 まとめ やはり応援してくれるファンもいつまでも売れないと中には諦める人もいるのでそろそろブレイクしないとまずいかもしれないそんな事を感じました。 しかし、そればっかりは運もありますから、地道に応援しきたいですね。

次の

<純烈物語>作家が喜んだのは「紅白出場曲への約束」よりも「頑張り」<第49回>

竹島 宏 紅白

毎年、年末に向けて話題の集まるNHK紅白歌合戦の出場歌手。 コラムニストのペリー荻野さんがいち早く予想する。 この番組で頑張る歌手は、紅白にも出演することが多いといわれる。 丘みどり、三山ひろしらの存在をこの番組で知り、のちに「苦労して紅白出場」というエピソードにほろりとさせられたのも記憶に新しい。 その『うたコン』に7月31日、サザンオールスターズが初登場。 『闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて』『壮年JUMP』の2曲を熱唱した。 誰よりも司会の谷原章介がうれしそうだったのが印象的だ。 40周年の勢いで、紅白をにぎやかに盛り上げてくれたら面白い。 また、この回で「これは」と思ったのは、竹島宏の『恋町カウンター』である。 これはカウンターでグラスを傾ける男女の出会いをムードたっぷりに歌った曲だが、なぜかそこに『恋町ダンス』の振りがつき、「うたコン」では、竹島が子供たちとともに歌い踊ったのだ。 ダンスに疎い私でも、いまどき楽曲に振りがついたくらいでいちいち驚いたりしないが、この曲が気になったのは、その動きが結構、全身運動で個性的だったから。 YouTubeには公式の振付レッスン動画が公開されているが、そこでは黒と青紫のジャケットに赤や黄色のサイケデリック系シャツというなかなか着こなしが難しいそうなファッションの竹島本人が、振りをしっかり見せている。 動きに合わせた解説は、「動きを止めます。 顔は正面ですよ」とか「ひじを張った腕をギリギリと二段階下げ、カウンターを拭くように腕を回します」とか超具体的。 ちなみに「ここが魅せどころ」の振りは、突如として体を横向きにし、グッと右手を斜め上に伸ばして「捧げます」みたいな格好をしながら顔はやっぱり正面を向いているというポーズ。 締めくくりは「右手の拳を顔に寄せて『酔っちゃった』のイメージ」のポーズだ。 ハードルが高そうな低そうな不思議な振りだが、画面の隅には「ミラーバージョン」があったり、スロー再生までして、みっちりレッスンしてくれる。 『恋町ダンス』を流行させようとの熱意がむんむんである。 竹島は、このダンスが気に入って自ら踊る動画を公開している岐阜在住の「ダンシング住職」との共演も果たしたという。 今年デビュー15周年の竹島にとっても「紅白」は大きな目標。 子供ダンサーズ込みでの出場はアリかもしれない。 考えてみれば、今年はこの他、結成当初から「夢は紅白、親孝行」を掲げ、オリコンチャート1位も獲得しているスーパー銭湯アイドル「純烈」、大ブレイクした「U. 」のDA PUMPもいる。 このところの紅白は、紅組に「AKB48」「E-girls」をはじめ、団体さんが多かった。 だが、今年は白組にもアイドルとは一味違う歌って踊れる団体さんが押し寄せそうな気配。 今からお気に入りの楽曲の振りを練習しておけば、年末盛り上がれるかも。

次の