リサイクルカビゴン。 【USUM】はらだいこカビゴンの育成論!ダブルレート超火力、高耐久の戦車【ポケモンウルトラサンムーン】

カビゴン : 【イアリサイクル】くいしんぼうカビゴン|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

リサイクルカビゴン

・挨拶 剣盾の構築記事は初めてになります。 はじめましての方ははじめまして、漆原ことUruと申します。 今回毎度のごとく結果は振るいませんでしたがS1~S2まで使用して、もうこの構築を使う予定はないので供養の意味もこめて公開しようと思います。 1から自分で考えて組んだのでよかったら見ていってください。 個体紹介の絵は てぃーぽっとさんに全部書いてもらいました!上手!! ・構築経緯 7世代のランドカのような構築を想定して作成しました。 はガラルにも存在するのであくびリサイクルで採用。 撒きとやウオノラゴンやパッチラゴンに対面から勝てるサイクルを回せる要因としてを採用。 高速スイープ役として技範囲も広いドラパルトを採用。 この際絶妙に火力が足りなかったためSを準速まで落とし特化珠で採用。 ここまで重たい相手のやアーマーガアに対し1発で倒せるようにこだわり眼鏡ミトムを採用。 ドラパルトが通せない場合に強くでられ相手のにも強い格闘枠としてを採用。 最後に対面選出が可能になりと合わせてトリル展開が強力なを採用。 ・個体紹介 本構築のエース。 火力が足りないためA特化。 を一回踏ませることで無振りドラパルトを81. 2%の乱数で落とせる。 最初は使い方がわからず選出率が低かったが初手に出してックスを切ってある程度荒らしてから、裏のにひいて体制を立て直してスイープする動きが強いことがわかってからは選出率が上がった。 諸々のダイジェットを積んだ相手に対して不意打ちが刺さることが多かった。 ・ アーマーガアや入りにはほとんど出していた。 環境に特殊超耐久が少ないため眼鏡に受けだせるが少なく出した試合は非常に活躍した。 但し入りには永遠に択が発生してしまうため要注意。 アーマーガアに向かって悪の波動打ってドラパルトを飛ばしたりしていた。 ・ 詳しくは前期に単体考察を書いているのでこちらを参考にしてほしい。 構築のMVP、めっちゃ強い。 相手のックスを枯らすクッション性能と自らが抜きの存在にもなれる。 環境のは欠伸守るかチョッキか腹太鼓なので読まれないので、是非使ってみてほしい。 ・ 最終日のみジュラルドンに変更 弱かった。 物理が固いといってもパッチラゴンやアーマーガアに受けだしは不可能なので対面を合わせる努力をしなくてはいけなく、それくらいならドラパルトで上から処理する方が格段に楽だった。 ステロ撒きとして採用したがステロを打つ余裕もなく後半はほとんど選出しなかったので最終日は受け構築にも勝てるように残飯ジュラルドンに変更した。 ・ 構築のMVPその2。 初手に呼びやすいを一回ながせること。 ックスをきればに対面打ち勝てること、チョッキを持たせることでに受けだしが可能なこと、なにより環境に格闘抜群が多かったことがこのにとって追い風だった。 Sはゆうかん抜きまで振っているが抜きまでに抑えて耐久に回した方がおそらくいい。 ・ 万能枠、と言いたいところだが僕自身がの使い方がひどくへたくそなのでほとんどとセットでしか選出しなかった。 耐久振りなのでギャラやキッスのダイジェットを耐えます。 前期のあいまるくんのの調整をもらったのでよかったらみてください。 無断なので後で聞いときます。 ・終わりに PP増えてないかもしれませんすいません… TN ハイセ ワンダバで潜ってました。 最終成績はワンダバの方です。 FFマッチ死ぬほど嫌でした。 なんで勝てなかったんですか? A. 最終日弱いのと、環境把握をさぼって同じパーティを使い続けたからです。 サイクルをずっと使ってきた身としては剣盾の環境は非常に難しいですが、同じくサイクル構築を使ってきた方で結果を残している人はいっぱいいるので文句言ってる暇あったら構築練って潜ろうと思います。

次の

カビゴン

リサイクルカビゴン

の基本データと解説 高い 耐久力に加え、そこそこの 攻撃力と 積み技、補助技で幅広いを相手取ることができる、 受けと攻めの両立した。 HBにを割けばHBヤドランにやや劣るくらいの耐久力になり、物理特殊どちらもある程度殴り合うことができる。 7世代に入り混乱身が強化され、「くいしんぼう」と「混乱身」による回復ソースを手に入れレート環境でも使われるようになった。 これにプラスして「のろい」や「あくび、ふきとばし」による詰め性能、起点回避性能も高いので、受け駒としては珍しく崩しの起点になりにくい特徴もある。 しかし、特性の性質上、任意のタイミングで回復できるわけではないので HP管理が難しいのと、 毒耐性の無さ、 タイプ耐性の少なさによる 役割範囲の不明瞭さ、 はたきおとすで機能停止に追い込まれるなど、弱点も多い。 HPが5~6割のときは危ないので注意が必要。 ようするに 誤魔化し性能の高いでプレイヤーの腕に比例して強さを発揮できるってところですね。 型としては、受けにプラスして自身が詰め筋にもなれるのろい型と、場荒らしをするためのあくび吹き飛ばし型、タイマン性能の高いノーマルZ、有限などがレート環境で多い。 8%で木の実発動 残り66 お好きなところへ振ってください 1. 5%で2耐え 調整は明記されていませんでした。 もう少し良い調整があるかもしれません。 行動保証は必要なので、ABベースが最も動かせる範囲が広そうです。 テテフへの後出しを考えるのであればDに148のが最低でも必要になります(H4D148で乱数2発 94.

次の

カビゴン : 【イアリサイクル】くいしんぼうカビゴン|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

リサイクルカビゴン

の基本データと解説 高い 耐久力に加え、そこそこの 攻撃力と 積み技、補助技で幅広いを相手取ることができる、 受けと攻めの両立した。 HBにを割けばHBヤドランにやや劣るくらいの耐久力になり、物理特殊どちらもある程度殴り合うことができる。 7世代に入り混乱身が強化され、「くいしんぼう」と「混乱身」による回復ソースを手に入れレート環境でも使われるようになった。 これにプラスして「のろい」や「あくび、ふきとばし」による詰め性能、起点回避性能も高いので、受け駒としては珍しく崩しの起点になりにくい特徴もある。 しかし、特性の性質上、任意のタイミングで回復できるわけではないので HP管理が難しいのと、 毒耐性の無さ、 タイプ耐性の少なさによる 役割範囲の不明瞭さ、 はたきおとすで機能停止に追い込まれるなど、弱点も多い。 HPが5~6割のときは危ないので注意が必要。 ようするに 誤魔化し性能の高いでプレイヤーの腕に比例して強さを発揮できるってところですね。 型としては、受けにプラスして自身が詰め筋にもなれるのろい型と、場荒らしをするためのあくび吹き飛ばし型、タイマン性能の高いノーマルZ、有限などがレート環境で多い。 8%で木の実発動 残り66 お好きなところへ振ってください 1. 5%で2耐え 調整は明記されていませんでした。 もう少し良い調整があるかもしれません。 行動保証は必要なので、ABベースが最も動かせる範囲が広そうです。 テテフへの後出しを考えるのであればDに148のが最低でも必要になります(H4D148で乱数2発 94.

次の