しま かげ アイス。 「マツコの知らない世界」で絶賛、東北の懐かしのアイス「ビバオール(現:セイヒョー、昔:しまかげ)」::TOKYO RETRO

プッチンプリンで作り方 簡単!「プリンアイス」のアレンジレシピ5選

しま かげ アイス

『ビバ』と『オール』でもう1本!『ビバオール』は東北地方 新潟も含む で子ども時代を過ごした30歳代後半から40歳代の皆さんにはご存知の棒アイスだと思います。 セイヒョーのビバオール ちょっと溶けてます もともとは仙台市の『しまかげ』という食品メーカーが製造販売しておりましたが、1990年代にメーカーが倒産してからは幻のアイスとなっており、『たのみこむ』でもリクエストが出ていたほどです。 昨年新潟の食品メーカー『セイヒョー』 新潟県人だったら誰もが知ってる氷菓『もも太郎』のメーカーとしても有名 がビバオールを復活させ、一部で話題になりました。 中にはいちごジャム 味はいちご味でして、中にはいちごジャムが入っています。 以前はあたり付きでして、棒に『ビバ』『オール』『ビバオール』の焼印がありました。 『ビバ』と『オール』の棒をそろえるか、『ビバオール』だともう1本もらえました。 復活の地でうれしい物が ビバオールTシャツ全景 そして今年、新潟のTシャツ工房『刷屋』が『新潟Tシャツ部』ということで、新潟にちなんだTシャツを製作いたしました。 その中に『ビバオール』のTシャツもあったのです。 新潟Tシャツ部のタグも付いてます ビバオールTシャツは白・黄・ピンクの3種類がありました。 このほかに『もも太郎』『ポッポ焼』『笹団子』『新潟交通』などのTシャツがあります。 新潟で買いましょう この『新潟Tシャツ部』のTシャツ、新潟市万代にある万代シテイ・ビルボードプレイス内にあるヴィレッジ・ヴァンガード新潟ビルボードプレイス店で購入いたしました。 1枚税込3040円でした。 新潟旅行のお土産に1枚いかがですか。 セイヒョー『ビバオール』復活記事 もも太郎の壁紙がダウンロードできます.

次の

幻の東北限定アイス「ビバオール」を食べる (2004年11月1日)

しま かげ アイス

幼少期を東北で過ごした人には忘れられないアイス「ビバオール」。 三角形をした棒付きアイスで、いちごソースをストロベリーミルク味のアイスでコーティングした、シンプルで飽きのこない味。 1本30円という価格も魅力だった。 しかしある日、突如として店頭から姿を消した「ビバオール」。 あの味はもう帰ってこないのか…。 と、思わず知ったような口を聞いてしまったが、実は一度も食べたことがない。 しかし、長らく幻となっていたそのアイスが復刻されたという噂を聞きつけた私は、仙台市内で「ビバオール」探しの旅に乗り出したのだった。 「仙台のコンビニで売っているらしい」「1本単位ではなく、10本入りのファミリーパックで売られているらしい」という心もとない情報しか手にしていない私は、とにかく目についたコンビニのアイスコーナーを片っ端から捜索。 入店し、アイスコーナーに素早く視線を走らせて去っていく私を、店員よどうか不審に思わないでくれ。 いくら探しても見つからず、ひょっとしてウソ?と疑いの気持ちでいっぱいになってきた22時頃、ようやく「ビバオール」は見つかった。 10本入り「315円」、期待に胸を膨らませ、店を出るなり早速食べてみる。 う、うまい! 外側のクリーミーな甘さといちごソースの絶妙な甘酸っぱさが口の中で溶け合って…。 諦めないでよかったー。 しかし、東京から薄着でやってきた私に東北の寒さはこたえる。 立て続けに5本食べたところでギブアップ。 一人でファミリーパックは多過ぎる!寒い! 東京に戻り、製造者の株式会社セイヒョーに問い合わせてみたところ、もともと「ビバオール」を製造していたのは「しまかげ」という仙台の企業だったが、その会社が10年ほど前に無くなってしまった。 当然、「ビバオール」も姿を消したのだが、ネット上などで復活を望む熱い声が多数あったため、株式会社セイヒョーが「しまかげ」の協力を得て今年の3月から販売を再開した、といういきさつのようだ。 形は以前の三角形から四角形へと変わったが、味は当時のものをかなり忠実に再現しているとのこと。 購入可能な場所は株式会社セイヒョーの本拠地である新潟県と東北エリアのファミリーマート。 味の種類は今のところ「いちご」のみだという。 10年の時を経てよみがえった幻のアイス「ビバオール」。 あなたも東北にお立ち寄りの際はぜひファミリーマートをのぞいてみてください!(スズキナオ) あわせて読みたい•

次の

ビバオール

しま かげ アイス

マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿! NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。 新潟県民なら誰もが知っているご当地アイス「もも太郎」をイメージした菓子なんですが……アイスの「もも太郎」自体を知らなかったし、まだ食べたことないんですけどね。 と、元のアイスを知らないまま、コラボ菓子を先に食べてしまった猪原さん。 どうするべ、この夏新潟に行かなきゃならんか……? と思ってたけど、通販でいいじゃねえかと。 「もも太郎」を販売するセイヒョーのアイス3種類を箱で6個、送料無料で買えるので、オーダーしてみました。 届いたアイスは、「もも太郎」を筆頭に、「金太郎」と「ビバオール」。 おお……見事に見たことないぞこんなアイス……。 この色、ロゴマーク。 完全に「桃」を連想しますが、なんとイチゴ味。 ザリッとしたかき氷バー。 つまりかじってすぐ「かき氷」感がありますね。 味は完全にイチゴ味なんですが…… 材料を見ると、味の決め手は「りんご濃縮果汁」。 こちらは地元では箱アイスとして販売されているんでしょうか。 四角に成形されたイチゴミルクアイスの中に、イチゴソースが入っています。 これだけは妙にオシャレレトロ感ありますね。 どこか、「もも太郎」「金太郎」とは違う、洗練された懐かしさというか…… しかし、それもそのはずでした。 実は「ビバオール」、もとはと言えばセイヒョーの商品でもなければ、新潟のご当地アイスでもなかったのです。 新潟県民が懐かしいと思う、ご当地アイスを通販したつもりが、同時に東北地方民のソウルフードもゲットしていた。 そんなお話でした。 組み合わせ自由の全6箱セットで送料込み2,500円はお得ですよ。 クール便で届くので、暑い夏、スーパーで買って持ち帰る間に溶ける心配もありませんし。 【参考サイト】.

次の