粘度 単位 換算。 粘度の関係について

Pa・s(パスカル秒)とmPa・s(ミリパスカル秒)の換算(変換)方法【1Pa・sは何mPas?1mPasは何Pas??】|白丸くん

粘度 単位 換算

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 粘性率、 粘性係数、または(動粘度と区別する際には 絶対粘度とも呼ぶ。 一般にはが持つ性質とされるが、などの性質を持つ固体でも用いられる。 工業的にはセイボルト秒も使われる。 もう少し一般化して記述する。 これを ニュートンの流体摩擦法則という。 では、 VI で、高温・低温の粘度を規定している。 から液体へのは粘度の急激な低下という見方もでき、粘度で軟化温度などを定義することもある(例:) [ ]。 なお、圧力依存性については、気体では小さいとされている。 粘度と温度の関係を表す式がいくつか提案されている。 以下、 T は絶対温度を表す [ ]。 液体においての粘性式 [ ] レイノルズの式 1886年 より導かれる理論式。 b :物質に依存する係数 アンドレードの式 1934年 においてより導かれる、ガラス転移しない物質あるいはガラス転移点以下における最も一般的な理論式 [ ]。 A :物質に依存する係数• E :流動活性化エネルギー• R :気体定数 WLFの式 1955年 ガラス転移点を持つ物質の溶解物及び流体においての経験式。 ウィリアムズ Williams 、ランデル Landel 、フェリー Ferry の3人による。 C 1,C 2は物質によらない定数で、それぞれ8. 86,101. 55,51. 増子 マギルの式 1988年 ガラス転移点を持つ物質の溶解物における、広範囲な温度に適用可能な経験式 [ ]。 A, B :物質に依存しない定数で、それぞれ15. 04, 6. 気体においての粘性式 [ ] サザーランドの式 1893年 Sutherland 1893 が理想化された分子間ポテンシャルを使用して動力学的理論から導いたものであり、2つの形式が提案されている(パラメータの換算をすれば、これらは等価である)。 C 1、 C 2 :物質に依存する係数• T 0 :基準温度• K 、 n :物質に依存する係数 粘度の例 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 を参照 4. 499• P :圧力• T :絶対温度• k :• m g :気体分子の質量 である。 低圧(10気圧程度以下)の気体に対しては以下の式もある が、温度 T の依存性は実際とはあまりよく合わない。 d :分子(球で近似)の直径 液体に対しては Eyring による、絶対反応速度論を用いた次の式がある。 N A :• h :単位物質量あたりの• 無次元量 [ ] 粘度に関係するには以下のものがある:• - との比• - あるいはとの比• - との比• - との比• - 物質との比 脚注 [ ] []• 15-16. , p. 177. , pp. 3701-3707. 268. 338-341. 参考文献 [ ] 代表執筆者の姓の50音順。 Amiroudine, S. ; Battaglia, J. 2014. Dunod• Watter, H. 2015. Aufl.. Springer Vieweg• Williams, Malcolm L. ; Landel, Robert F. ; Ferry, John D. 1955. Amer. Chem. Soc. 77 14 : 3701-3707. 高橋幹二「エアロゾル学の基礎」、森北出版、2003年、。 Betten, J. 2005. Creep Mechanics 2 ed. Springer• 林茂雄『移動現象論入門』東洋書店、2007年。 Masuko, Toru、Magill, Joseph H. 「A comprehensive expression for temperature dependence of liquid viscosity」『日本レオロジー学会誌』第16巻、1988年。 Reynolds, O. 1886. の2011-08-02時点におけるアーカイブ。 予稿集 Proceedings of the Royal Society of London, Philosophical Transactions of the Royal Society。 関連項目 [ ] には動粘度のプロパティである があります。

次の

SI単位換算表│技術情報│株式会社オーバル

粘度 単位 換算

粘度は 粘性係数とも呼ばれています。 粘度は平行な2枚の平板間を流体で満たし、一方の平板だけを動かす際に必要な力の大きさから定義することができます。 平板の速度が小さい場合は、固定された平板の近くの流体の速度は0になり、移動する平板の近くの流体の速度は、平板の速度と同じになります。 したがって、流体の速度分布は直線的となります。 このような流れのことを「 クエット流れ」と呼びます。 このせん断応力は、多くの流体において平板の速度を平板の間隔で除したものに比例することが 実験的に分かっています。 つまり,平板を動かす速度をU、平行な2枚の平板の間隔をHとすると、 となります。 単位は[Pa・s]であり、流体の種類、温度、圧力によって決定することが出来る物性値です。 しかし、一般的には物体表面付近の流れの速度分布は直線的とは限りません。 下図のように微小領域では、流れの早い流体と流れの遅い流体の間にはせん断応力が働きます。 速度こう配は流体の変形の速さに関する値であり、 ニュートンの粘性法則と呼ばれています。 粘度と温度の関係 液体の粘度は、温度によって変化します。 温度が低い「 とどろどろ」になりますが、温度が高いと「 さらさら」になります。 これは分子間の引き合う力が小さくなるためです。 下図は水の温度別の粘度です。 一方、 気体の粘度は、温度が上昇すると大きくなり、液体と反対の特性を示します。 下図は空気の温度別の粘度です。 この動きにくさに影響を及ぼすものが、物体の密度です。 同じ粘度であっても密度が異なると、動きにくさは異なってきます。 動粘度の単位は[m 2/s] 粘度と動粘度の違いを水と空気で比較してみましょう。 粘度は水の方が大きいですが、一方、動粘度は空気のほうが大きいです。 つまり、空気のほうが軽くて動きやすく伝わりやすい、水のほうが重くて動きにくく伝わりにくいことを表しています。 22 1. 205 15. 89 1. 792 1. 792 10 999. 70 1. 307 1. 307 20 998. 22 1. 004 1. 004 30 995. 65 0. 797 0. 801 40 992. 21 0. 653 0. 658 50 988. 05 0. 548 0. 554 100 958. 35 0. 282 0. 295.

次の

9

粘度 単位 換算

基礎講座|精密ポンプ技術 9-1. 粘度とは? 流体、たとえば水、油、空気などは、文字通り流れる物質です。 言い替えれば、高いところから低いところへ形を自由に変えながら自然に移って行く性質を持つものです。 また「水は方円の器に従う」といわれるように、流体には一定の形がありません。 速いか遅いかの違いこそあれ、あらゆる形状に変化します。 次に、洗面器に水を入れてぐるぐるかき回したことを思い浮かべてください。 しばらく水は回り続けていますが、次第に回転が遅くなり、ついには止まってしまいます。 ここで水の代わりに油を使えばどうなるでしょうか。 水と比べて、はるかに短い時間で止まるはずです。 マヨネーズにいたっては回転させることさえ不可能でしょう。 以上のように、形状変化の速さや回転が止まるまでの時間の違いを引き起こす性質を粘性と呼び、この大きさを表わす値を粘度といいます。 したがって粘度とは、「流れやすさを表わす値」と言うことができます。 粘度の単位 粘度という概念がある以上、数値で定量的に表す必要があります。 そこで粘性による力の関係を表すのが「粘性に関するニュートンの法則」です。 簡単に言えば、粘度が大きい流体ほど粘性による力が強い、というごく当り前のことを示しており、粘度計はこの法則をもとに作られています。 しかし、自然界にはやはり法則に従わない流体があるもので、この法則に従う流体を「」、従わないものを「」と呼んでいます。 には、ペイントなど比較的高粘度の液体が多く含まれます。 CGS単位系のP(ポアズ)、CP(センチポアズ)との関係は 一般に回転法によって粘度を測定します。 これは円筒または円盤を流体中で回転させてトルクを測定し、粘度に換算するという方法です。 ブルックフィールド回転粘度計(たとえば東京計器、B型粘度計)がその一例です。 図のように試料中にいれた円筒をモータで回転させると、目盛り盤はモータと共に回転します。 ここで円筒にはスプリングを介して回転が伝わるため、粘度による力に相当する角度分だけ目盛り盤の回転より遅れて円筒が回ります。 この遅れ角は、流体の粘性力に比例しますので、角度を測定することによって粘度が求められる訳です。 レイノルズ数 細管内の流れには、管軸に平行状である場合(層流)と乱れる場合(乱流)とがあります。 一般に流速が遅い場合は層流で、速くなると乱流になりますが、流速ばかりでなく管内径や流体の密度、粘度にも関係することが知られています。 そしてこの関係を次式のように導いたのがレイノルズという学者です。

次の