カブトムシ 交尾 成功。 カブトムシの交尾事故の原因と予防策(「生殖器成熟期間確保(後食日以降1週間)」と「ハンドペアリングによる交尾体勢確保」)

カブトムシの交尾が成功しません。初めて質問します。カブトムシ飼育初心者です...

カブトムシ 交尾 成功

子供の頃からカブトムシが大好きな私は、今でも夏になると 数匹を楽しく飼育しています。 ですが、最後には私の熱意に負けてカブトムシだけは飼育してもよいことになったのです。 だけど妻が、 カブトムシの臭いがどうしても気になるので、それだけは賛成してくれなかったのです。 すると驚くほどの効果があり、部屋の中で飼育できるようになったのです。 ということで今回は、カブトムシの臭い消しについてお届けいたします。 ・定期的な交換 ・定期的な掃除 ・炭に交換 がおすすめ。 止まり木ですが、今では100均でも手に入りますので、臭いが発生する前に早めに交換しましょう。 交換ができなければ、熱湯消毒をしてから日光に当て、完全に乾かしてから使うようにすればOKですよ~。 あと、炭には脱臭効果があります。 だから止まり木の代用として使うことで、嫌な臭いを抑えることができます。 ただホームセンターなどで、バーベキュー用として安値で販売されているマングローブ炭では脱臭効果はないと言われています。 ですから、止まり木として使うなら白炭の 備長炭や、黒炭の 切炭などがおすすめです。 そして、私のようなカブトムシ好きには、懐かしさを感じさせてくれる臭いでもあるんですよね~。 もちろん虫嫌いの人には、嫌な臭いになってしまうかもしれませんが、よほど鼻を近づけなければ大丈夫なはずです。 それに先ほどお伝えした4つの対策を取れば、ほとんど気にならなくはずですよ。 大好きなカブトムシですから、「 嫌な臭いがする~」なんて言わせたくないですよね。 だから万全な臭い対策をしましょうね。 ではここで、もう一度おさらいをしておきます。 カブトムシの嫌な臭いを消すには、以下の4つの対策をすることでした。 土(腐葉土)• 止まり木•

次の

カブトムシの交尾を成功させる為の8つの知識

カブトムシ 交尾 成功

夏になれば子供達が楽しみなのが昆虫採集ではないでしょうか? その中でも昆虫の王様、 カブトムシを捕まえると嬉しくてしょうがないですよね。 私も子供の頃からカブトムシが大好きなので、この歳になってもカブトムシを飼育することだけはやめられなく、毎年夏になれば、飼育ケースの中には卵から育て上げたカブトムシが数匹、元気に動き回っています。 しかし、そんな元気なカブトムシも、普通は二ヶ月程で死んでしまいますよね。 まぁ、寿命だからしょうがないのですが、その寿命を少しでも延ばし、 長生きさせてやる方法があるのはご存知ですか? 実は、私はカブトムシの成虫を12月まで長生きさせた記録があります。 カブトムシを長生きさせる方法とは? 私は、カブトムシのメスを12月まで長生きさせた事があるのですが、オスに関しては11月の中頃が記録になります。 飼育数• マット• ストレス この七点であり、これによりカブトムシの寿命を延ばしてあげられます。 では順番に見ていきましょう。 <その1>育てる数が少ないことが寿命を延ばす カブトムシを飼育していて、ワクワクするのがオス同士の喧嘩があります。 エサ場で角を突き合わせながら「ガツガツ!ガンガン!」と激しいぶつかり合いは迫力がありますよね。 しかし、カブトムシを長生きさせる為には、やはり避けてあげなければなりません。 私もこのオス同士の喧嘩が楽しみで飼育ケースの中にはいつも数匹のオスを入れておいたのですが、やはり毎回寿命が短かったですね。 それと、夜中によくエサを求めて土の中から出てくるメスも、オスに邪魔されてしまいお腹一杯にエサが食べられない場合もあります。 メスは卵を多く産む為にも栄誉を沢山摂らなければならないので可哀想ですよね ーー; なので、カブトムシを長生きさせようと考えるなら、飼育数は、 オス一匹とメス一匹、もしくはオス一匹にメス二匹が理想です。 2017-06-15 21:30 <その2>エサが寿命を延ばす カブトムシを長生きさせる為には、エサ選びが重要になります。 私が子供の頃には、昆虫ゼリーと言うものが無かったので、スイカやキュウリなどの水分が多過ぎるものばかりを与えていたのですが、カブトムシが水分を摂り過ぎてしまって、お腹を壊しオシッコの量も増え、長生きさせることが出来ませんでした。 やはり、エサに最適なのは、今ではどこのホームセンターでも手軽に手に入る 高タンパク質が含まれる昆虫ゼリーです。 もちろん、バナナなどもカブトムシは大好きですし、水分量も少なく高タンパク質なので良いのですが、怖いのは直ぐに腐ってしまう所ですね。 その点、昆虫ゼリーなら直ぐに腐る事はないし、カブトムシが必要とされる栄養分を上手に調整されているので、長生きさせる為には安心して与える事ができます。 ただし、昆虫ゼリーでもあまり安い物は栄養に問題がある場合があります。 昆虫専門店が作っているものをおすすめします。 ホームセンターなどでは、高熟成・高発酵マットと言ったものが並んでいますが、カブトムシを長生きさせるのなら発酵マットより、 針葉樹マットです。 高熟成・高発酵マットはカブトムシの幼虫を育てるには最適なのですが、成虫には発酵マットにいるダニが付着してしまいます。 多少の数なら問題ないのですが、多く付いてしまうと呼吸穴をふさがれてしまい弱って死んでしまいます。 そんな場合を想定しても、マットはダニが発生しない針葉樹がおすすめ。 あと、園芸用の腐葉土は農薬などが入っているので避けましょう。 2017-06-25 16:21 <その4>足場が寿命を延ばす カブトムシを飼育するには、 足場をしっかりと作ってあげないと寿命を縮める原因になってしまいます。 足場が安定していないと昆虫ゼリーが最後まで食べにくくなるので、栄養不足になります。 また、足場が無いとカブトムシがひっくり返った時に足を引っかける事ができないので、いつまでも仰向け状態が続いてしまい、弱って死んでしまいます。 私が飼育していたカブトムシで、朝は元気良かったのに夜見てみると、仰向けになり弱弱しくもがいていることがありました。 そのカブトムシはその後、直ぐに死んでしまいました。 そんな事がない為にも、カブトムシの 足場はしっかりと作ってあげましょう。 ホームセンターなどで手に入る、昆虫ゼリーを入れる穴が空いてる朽木がおすすめ。 ですがこの場合は、枝や落ち葉はダニなどが付いているかもしれないので、一度熱湯で消毒してあげた方が良いですよ。 <その5>温度の管理が寿命を延ばす 実は、この 温度の管理もカブトムシの寿命を左右する大切な事になります。 夏のカブトムシなので、暑いのが好きなのだろうと思い、飼育ケースを日光が当たる場所に置いてしまうと、直ぐに寿命が縮んでしまいます。 なので、カブトムシを長生きさせる為には、 飼育ケースを部屋の中の日が当たらない涼しい場所に置いてあげましょう。 それはカブトムシにとっても、ある程度の水分補給が大切だからです。 なので、飼育するケースの中は常に乾燥を防いでやり、カブトムシが水分を補給できる状態にしてあげなければなりません。 もちろん、水分はエサのゼリーからでも補給ができるのですが、最低限の量しか摂れないのです。 やはり自然界の様に雨で濡れた木や葉を舐めて摂るような形にしてあげる事が一番なのです。 その方法としては、マットが乾燥しているなと感じたなら、マット全体に霧吹きをしてあげる事です。 <その7>ストレスを与えないのが寿命を延ばす 人間も含め、どんな動物もストレスを与えられてしまうと体に悪影響を及ぼしますが、これは昆虫のカブトムシでも言える事です。 なので、カブトムシが可愛いからとか、カッコイイからと言って、 何度も飼育ケースの蓋を開けて覗いて見たり、直接触ってみたりするとカブトムシにストレスを与えてしまい、寿命を縮める事になってしまいます。 クワガタの寿命も調べてみましたよ。 ファッション業界に勤めて30年以上が経ちました。 旅行や食べ歩きが大好きな中年オヤジではありますが、若さを保つ為に日々トレーニングも欠かさずやっている健康オタクでもあります。 旅行先は、仕事でバッグや服などの仕入と遊びを兼ねての韓国が多く、もう50回以上です。 そんな私が、今まで仕事や日常生活などで経験し培ったお役立ち情報をどんどん紹介していきます。 最近の投稿• 最近のコメント• に sarukici より• に シライシエイイチ より• に sarukici より• に より• に sarukici より アーカイブ• カテゴリー•

次の

カブトムシの交尾が成功しません。初めて質問します。カブトムシ飼育初心者です...

カブトムシ 交尾 成功

長所(メリット) ・確実な交尾を確認できる。 ・オスとメスの状態を常時観察、問題発生時には人為的な介入が可能。 ・介入できるので、メス殺しの心配は少なくなる。 ・オスの顎縛りも短時間で済むので与えるストレスも少ない。 短所(デメリット) ・交尾終了までずっと観察を続けなければならない。 確実性とオスに与える負荷を考えると後者の「ハンドペアリング」がオススメだ。 観察時間も長くて1時間少々であるし、観察によって得られる情報も少なくない。 これを防止するためにオスの大顎を予め結線ワイヤーやタイラップ等で開かないように縛ってしまうことをいう。 この場合、1日程度様子を見て、オスが落ち着いてからペアリングするのが一般的。 私は特に気性が荒い種以外ではやろうと思っていないが、やらなければならない状況もあるだろう。 ハンドペアリングの手順と注意事項。 以下が私が行っているハンドペアリングの手順と注意事項である。 (大それたものではないが・・・今のところ失敗したことはない)ペアリングを行うクワガタの種類や飼育者によっては異なることもあるかもしれないので参考程度にご覧いただきたい。 ハンドペアリングの手順と注意事項• 空のトレイや飼育ケース等にエサ皿を入れ、合わせて止まり木、樹皮・落ち葉等のメスが(2次元的に)逃げ込める環境を作る。 オスを入れ、少し待って落ち着かせる。 (必要なら事前に顎縛り)• メスをオスの近くに入れる。 この時、ようであれば離れた場所に入れてみる。 メスがオスの近くに行くように適度に仕向ける。 (私は筆で少し向きを変えさせている)• オスがメスを認識した段階でオスが戦闘態勢に入ってメスを攻撃するようなら、直ちにメスを取り出す。 オスがメスに興味を示し始めると、舌を出し、メスの上に被さろうとする。 オスはメスが逃げ始めると追いかけていき、上に被さると甘噛みと呼ばれるメスの頭部を大顎で軽く挟む行動をとる。 (威嚇体勢とは全く異なるので誤解しないよう)• 数分位これらのやり取りが続き、メスが交尾する気になるとおとなしくなり、交尾が始まる。 交尾の時間は概ね20分程度。 オスは何度か向きを変えるようだ。 交尾終了後もしばらくはオスがメスに被さるメイトガードをすることが多い。 オス・メスが双方勝手に動き回るようになったら終了だ。

次の