鬼滅の刃 ギャグシーン。 鬼滅の刃 ギャグが面白いシーンベスト8ランキング【シュールで面白すぎ】

【鬼滅の刃】名シーンランキングTOP10!

鬼滅の刃 ギャグシーン

巷で噂の【鬼滅の刃】!皆さんはご存知でしょうか。 週刊少年ジャンプにて2016年9月から連載がスタートし、2019年4月からは2クールに渡ってアニメ化された大人気作品です。 ジャンプの本誌が発売されるや否や最新話のストーリーでTwitterのトレンドを埋め尽くし、企業とのコラボが決まれば長蛇の列ができグッズが飛ぶように売れる…一体鬼滅の刃って何者!?とその話題ぶりに疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか。 筆者はアニメでこの作品を知ったのですが、 普段アニメをあまり見ない自分ですら一気見してしまうほどの面白さ!どハマりして漫画を全巻大人買いまでしてしまいました! ではなぜそこまでハマる?どこが面白いの?というまだ鬼滅の刃を見たことのない方へ向けて、 面白すぎるその魅力を語らせて頂きたいと思います! 目次• 【鬼滅の刃】のあらすじとストーリー まずは鬼滅の刃がどんなお話なのかを簡単に解説します。 舞台は大正。 家族思いで心優しい主人公の 竈門炭治郎は、亡き父親の跡を継ぎ炭焼きをして家族の生活を支えていました。 ある日いつものように仕事を終えて帰宅すると、なんと家族が鬼に襲われて絶命しているという凄惨な光景がそこに広がっていたのです。 妹の 竈門禰豆子だけは唯一生き残りましたが、その禰豆子もすでに人間ではなくなり、鬼と化していました。 絶望的な状況である中でも炭次郎は立ち上がり、生き残った禰豆子を「人間」に戻す為、そして家族を襲った「鬼」を討つ為、鬼狩りの組織である 鬼殺隊に入隊するのでした。 【鬼滅の刃】どうしてそんなに面白いの?魅力を解説! 基本的には「友情・努力・勝利」の王道少年漫画です。 じゃあ何がそんなに面白いの?ということでその魅力を語っていきます。 魅力1 登場人物全員が個性的!見ればきっと好きになる愛すべきキャラ達 鬼滅の刃に登場するキャラクターは余すところなく強烈に個性的です。 クールボーイ系天才肌主人公というよりは真逆の、死にかけるレベルの修行と実戦で鍛錬を積み強くなっていく努力型の熱い系主人公ですね。 もちろん主人公なので戦いおける洞察力に優れ機転も利くハイスペック。 これだけ見ると普通にかっこいい少年なのですが 正直者過ぎて嘘が大の苦手で、無理につくと変顔になったり。 めちゃくちゃ音痴だったり。 絵心がまるでなかったり。 他人への説明や指導が壊滅的に下手くそだったり。 人間だったころの性格は炭次郎同様優しく家族思いで、長女である彼女は母親と一緒に他の兄妹の面倒もみる役割を担っていました。 そして町では有名な美人。 鬼になってからもビジュアルがめちゃくちゃ可愛いんです。 禰豆子は他の鬼とは違いどんな飢餓状態でも人間には決して手を出さない鬼であり、戦闘中は人間を守るように戦います。 そして普段は炭次郎が背負う「箱」の中に入って眠っています。 鬼が目の前に現れるとなりふり構わず逃げ出すか、恐怖のあまり足がすくんで歩行すら困難なレベルに。 普段は猪の被り物をしていますがそれを取ると女の子のように顔が整った美少年です。 野生児らしく粗野で好戦的。 「猪突猛進!猪突猛進!」と高笑いしながら剣を振るい戦います。 人の名前を覚えようとせずあだ名やその場のノリで呼ぶことが多く、炭次郎のことも「かまぼこ権八郎」と呼び間違えたり 笑 一見乱暴者に見がちなキャラですが、普段の性格や戦っていない時の振る舞いがとても可愛いキャラクターです!食べ物を美味しそうに食べていたり、野生児ゆえ汽車の存在を知らず土地の主かとビビったり、炭次郎の後ろに隠れたり。 漫画だと伊之助の表情や行動を追いかけるのも楽しみの一つです。 エピソードが変わるごとに柱一人一人がクローズアップされるのですが、初登場時はその迫力に「なんか怖い人たち…」と思いがち。 しかし彼らにも辛い過去があり、それを胸に刃を振るう姿はかっこよく感動的。 まさに理想のリーダー像と言えるような人たちの集まりです。 まだまだ語り切れないほど個性的なキャラクターがたくさん登場するのも鬼滅の刃の魅力と言えるでしょう。 それに合わせて「呼吸法」と呼ばれる鬼殺隊が会得する総身術を以て激しいバトルが繰り広げられます。 2020年1月現在でアニメ化されているのは7巻冒頭まで。 それ以降の【 無限夢列車編】は映画化が決定しています。 鬼に殺される人間も多いので重くつらい雰囲気が漂います。 心が締め付けられます。 しかし、 そんなシリアスな状況を打ち消すがごとくギャグパートが突然やってきます 笑 さっきまで重苦しい雰囲気だったのが一転、ほっこり笑顔になれたりゲラゲラ笑ってしまったり。 そんなコメディリリーフな役割を担うのは特に 我妻善逸くん。 彼の迷言集はシリアスなストーリーに笑いのスパイスを加えてくれます。 人間を食料としか見ておらず、殺すことになんの迷いもありません。 鬼達は人間よりも自分たちの方が優れていると思っているのです。 老いることもない、首さえ繋がっていれば傷だってすぐに完治する。 しかし、そんな鬼達にもかつて人間だった頃があるのです。 実は彼らも人間時代に悲しい経験を持ち、そして人間を憎み、鬼に変貌していたのでした。 特に涙なしには読めないのが【 猗窩座】という鬼のエピソードです。 この話は18巻に収録されていますので気になる方は読んでみて下さい。 嗚咽します。 このように憎むべき相手である鬼側にも焦点を当てるところも鬼滅の刃の面白い!と言われる所以ですね。 【鬼滅の刃】を無料視聴する方法 ここまで読んで下さった方はきっと、すでに鬼滅の刃に興味を持ってくれたと思います。 そこでもっと知りたい!と思ってくれた方に朗報です。 鬼滅の刃は動画配信サービスで大人気配信中!色んなサービスで配信されていますが特にU-NEXTがおすすめです。 1か月ほどの無料体験でアニメが見放題になるだけでなく、漫画も読むことができます!鬼滅の刃は漫画も売り切れ続出中なので最新巻を手に入れるのが難しいです。 そんな時U-NEXTでは漫画もダウンロードできるのでおすすめです! 最後に ということで今回は長々と鬼滅の刃の魅力について語らせて頂きました! 私の中ではここ数年読んだ漫画の中で圧倒的な面白さとどハマりレベルでした… まだの方はぜひご覧になってみて下さいね!.

次の

【朗報】アニメ『鬼滅の刃』円盤売上初週11,594枚!春期アニメ覇権に

鬼滅の刃 ギャグシーン

キャリコネニュース 週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴)が5月18日に惜しまれながら最終回を迎えた。 ところが、作者の吾峠氏が女性であることがネット記事で明かされると、波紋を広げることになった。 同作は、大正時代の日本を舞台に、身体破壊や人喰いなど残虐を極める「鬼」との戦いなど、少年誌ながらハードな描写もある。 作者が男性だと思い込んでいた読者も多かったらしく、一部からは「幻滅」「ガッカリした」といった声も挙がっていた。 しかし、少年誌の漫画家が女性であるということは、決してめずらしいことではない。 (文:ふじいりょう) 男性だと思っていた漫画家が実は女性だった、というケースで真っ先に思い当たるのは『金田一少年の事件簿』のさとうふみや氏。 週刊少年サンデーで連載が決まったのにあたり、ペンネームを男性名にしたというのは有名な話だ。 中略 吾峠氏のケースに一番近いのは、月刊少年ガンガンで連載されていた『鋼の錬金術師』の荒川弘先生だろうか。 本人自画像がホルスタインで「雌牛だから男性と思われていたことがカルチャーショックだった」と後に語っている。 読者側でも、一部ファンに批判的に捉えている反応はみられた。 ただ、当時はSNSがなく、作者が女性であることが驚きであっても、それを理由に叩くことが社会問題化されるほどではなかった。 アニメを観て、あとから漫画を追ったという人も多く、また「とりあえず『ジャンプ』に載っているから見た」という読者も相当数いる。 それだけライトなファンを抱えていて、一方でアンチも生まれる。 このアンチの存在がたまたま「作者が女性だと明かされた」というトリガーで ツイッター上に表出した捉えることもできそうだ。 だが、作品の好き嫌いを表明することは自由だし、シリーズ累計発行部数が6000万部を突破するというメガヒット作品には さまざまな読者がいて当然だ。

次の

鬼滅の刃、ラスボス戦なのにとんでもないギャグを披露するwwww : ジャンプ速報

鬼滅の刃 ギャグシーン

キャリコネニュース 週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴)が5月18日に惜しまれながら最終回を迎えた。 ところが、作者の吾峠氏が女性であることがネット記事で明かされると、波紋を広げることになった。 同作は、大正時代の日本を舞台に、身体破壊や人喰いなど残虐を極める「鬼」との戦いなど、少年誌ながらハードな描写もある。 作者が男性だと思い込んでいた読者も多かったらしく、一部からは「幻滅」「ガッカリした」といった声も挙がっていた。 しかし、少年誌の漫画家が女性であるということは、決してめずらしいことではない。 (文:ふじいりょう) 男性だと思っていた漫画家が実は女性だった、というケースで真っ先に思い当たるのは『金田一少年の事件簿』のさとうふみや氏。 週刊少年サンデーで連載が決まったのにあたり、ペンネームを男性名にしたというのは有名な話だ。 中略 吾峠氏のケースに一番近いのは、月刊少年ガンガンで連載されていた『鋼の錬金術師』の荒川弘先生だろうか。 本人自画像がホルスタインで「雌牛だから男性と思われていたことがカルチャーショックだった」と後に語っている。 読者側でも、一部ファンに批判的に捉えている反応はみられた。 ただ、当時はSNSがなく、作者が女性であることが驚きであっても、それを理由に叩くことが社会問題化されるほどではなかった。 アニメを観て、あとから漫画を追ったという人も多く、また「とりあえず『ジャンプ』に載っているから見た」という読者も相当数いる。 それだけライトなファンを抱えていて、一方でアンチも生まれる。 このアンチの存在がたまたま「作者が女性だと明かされた」というトリガーで ツイッター上に表出した捉えることもできそうだ。 だが、作品の好き嫌いを表明することは自由だし、シリーズ累計発行部数が6000万部を突破するというメガヒット作品には さまざまな読者がいて当然だ。

次の