ノート pc を モニター として 使う。 ノートPCの液晶画面を再利用する方法

【デスク環境改善】ノートPCにモニター2台つないでデスクトップ環境を整える!

ノート pc を モニター として 使う

*内容をWindows 10環境に沿って更新しました。 する場合、画面が比較的大きい15,6インチのタイプでも、文書の作成、プレゼン資料の作成などで、いくつものアプリケーションを使い分けながら作業する時には、大型の液晶モニターやキーボード、マウスをつないで使うと格段に作業効率があがります。 は、さらに画面が小さく解像度が低いものとなっています。 オフィスに帰ってきたら、同様に外部のモニター、キーボード、マウスをつないで使うことで、液晶画面との距離を保つことができ目に優しく、視線を高く保って作業ができ、姿勢も良くなります。 さらに、PCに内蔵のモニターと、接続した大画面モニターによる「マルチモニター」設定で、2つの画面を利用できます。 (1)大画面モニターでこんなに作業領域が拡がる 現行の15. 6インチの横長サイズの液晶画面の最大の解像度は1366 x 768ピクセル。 21インチ以上の外部モニターの多くがハイビジョンと同じ1920 x 1080ピクセルの解像度に対応しています。 数字上はあまり変わらないイメージですが、実際には作業領域が大幅に異なります。 下の画像は、1366 x 768ピクセルの15. 6インチで画面いっぱいにWebページを表示させた所です。 これが1920 x 1080ピクセルになると、表示される領域が大きく拡がります。 1366 x 768ピクセルの15. 6インチで、エクセルを表示した場合です。 19行まで表示され、列については表示しきれない状況です。 1920 x 1080ピクセルの外部モニターの場合では、33行まで表示され、右側の列は画面内に収まっています。 たとえば、PDF文書を資料として参照しながら、新しい書類をWordで作成するとき、1366 x 768ピクセルは少し窮屈かも知れません。 マウスでスクロールする回数も増えてしまいます。 1920 x 1080ピクセルの場合、A4サイズの文書の全体表示をさせた時でも文字が明確に見えます。 また、異なるアプリ間でコピー&ペーストする時、ドラッグ&ペーストを行う時も作業がラクになります。 (2)大型モニターとの接続 液晶モニターとノートPCとの接続はケーブル1本つなぐだけです。 ケーブルは、現在では大きく4つの種類があります。 1、下の左は、旧くからある「D-Sub 15ピン」ケーブルで、アナログ接続用のものです。 2、右が「DVI」ケーブルでデジタル接続用のものです。 3、下の左は「HDMIケーブル」で一本で映像と音声信号の送受信ができます。 4、右は次世代のコネクタとなる「DisplayPort」。 複数のディスプレイを数珠つなぎにすることで簡単にマルチディスプレイが可能となります。 (対応する機器は少ないです。 ) 5、タブレット、2 in 1 PCの場合、下の「Micro HDMI」ケーブルとなります。 ふつう、PCにもモニターにも付属していないので別途購入する必要があります。 (3)大型モニターとの接続設定 外部モニターとの接続設定は、PCとモニターをケーブルで接続した状態で、パソコンのデスクトップ上で右クリック、「画面の解像度」を選びます。 「複数のディスプレイ(M)」で「表示画面を拡張する」を選ぶとマルチモニターとして機能します。 画面の複製や、画面をどちらかの一つだけに表示されることも可能です。 それぞれのモニターのサムネイルをマウスで移動させると、左右を入れ替えることができます。 「適用」をクリックします。 以上で2つの画面を作業領域として、横に広く、利用できます。 (4)解像度の変更 表示させる解像度を変更したいときには「ディスプレイ設定」画面の「ディスプレイの詳細設定」をクリックします。 「解像度」に表示されている枠内をクリックします。 今の環境で選択可能な解像度が一覧で表示されます。 選択した後に「適用する」をクリックします。 l 「ディスプレイの設定を維持しますか?」15秒間表示される間に「変更の維持」をクリックすると、解像度が変更となります。 いくつか試してみて最適なものを選ぶといいでしょう。 上の画像では分かりにくいですが、Webブラウザのウィンドウ枠をマウスで掴んで左画面から右画面に移動させている所です。 これにより、各ウィンドウを、左右2つの画面をまたいで行き来させることができます。 私の場合、ノートPC側の小さい画面では、常時メールやSkype, Line, IP電話の画面を表示させ、コミュニケーション専用画面として利用しています。 大きな画面では、Webページを参照し調べものをしながら文書の作成をしたり、グラフィックスソフトで画像編集をしながら文書の中に写真を張り付けたりしながら作業を行うことで、2つの広い画面領域を有効に活用することができるわけです。 (5)高解像度で表示できない場合 せっかく大型ディスプレイにつないでも高解像度での表示ができない場合、以下のいずれかが考えられます。

次の

ノートパソコンで複数のモニターを使う

ノート pc を モニター として 使う

画面が小さすぎて目が疲れる• 視線がどうしても下向きになってしまうので肩がやたらと凝る サブディスプレイをメイン画面として使えば、常に大きな画面で作業ができるので快適です。 しかもノートパソコンのように視線を下に向ける必要がないので長時間の作業でも疲れません。 画面が2つあることで、一方は「ブログ記事を書く画面」もう一方は「参考資料を表示する画面」と使い分けることができます。 画面をいちいち切り替えずに作業ができるので、ブログを書く作業効率がめちゃくちゃ上がります。 ちなみに僕の場合は、右に「ブログの下書き」左に「WordPress」って使い方をしています。 こんな時にも、2画面が大活躍。 サブディスプレイがあれば、「記事を書くWordPressの画面」と「プレビュー画面」を常に同時に表示しておくことができます。 これ、想像以上に便利なんです。 だって、実際のプレビュー画面を見ながら記事の修正ができますからね。 ちなみに、サブディスプレイを使う前はこんな感じでした。 これ、何をしているかというと・・。 左の画面は作業画面、右の画面はYouTubeで自然の風景を流しています。 部屋に閉じこもってずっと作業をしていると、たまに「きぃーっ」ってなることがあるんですよね。 そんなとき僕は、YouTubeで広大な景色を流しながら作業をしています。 気分はまるで誰もいない大自然の中で作業をしている感じ。 気分転換や集中力UPにおすすめの使い方です。 サブディスプレイの選び方 ノートパソコンとサブディスプレイとの接続はすごく簡単。 ケーブル1本繋げば終わりです。 ただし、サブディスプレイを購入するときにはいくつかのポイントを確認する必要があります。 ディスプレイを選ぶときは、大きさ・スピーカーの有無・機能をしっかり確認しよう。 まとめ:ブログの作業環境を整えよう ブログで稼げるようになるためには、なによりも継続することが重要です。 これまでに何度も諦めようと思った僕も、3年目に突入した今ではここまでくることができました。 気づけばブログを始めて3年目。 ということで、更なるモチベーションアップのために自分にプレゼント。 あの頃は、ブログで稼いだお金でパソコン買えるようになるなんて思ってもいなかったなぁ。 快適な作業環境はモチベーションも上がるし、何よりも作業の効率が圧倒的によくなります。 サブディスプレイへの1万円の投資が、近い将来大きな結果につながる可能性大ですよ。

次の

「spacedesk」でマルチディスプレイが無料で高性能、超簡単。タブレット、スマホ、ノートPCが外部画面に。

ノート pc を モニター として 使う

この記事の内容• 古いノートPCから、液晶ディスプレイを取り出して活用する。 Windows Vista や Windows XP を搭載したパソコンをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 私もVista とXP のパソコンを持っています。 1台(デスクトップ)は、Linux を入れて、 今も仕事で使っていますが、もう1台のノートパソコンは、すっかり出番をなくして押入れの隅で眠っていました。 写真の一台がそうです。 実はこのPC、もう使わなくなったものを私が譲って頂いて取っておいたものです。 いつか使える機会があると思っていたのですが、なかなか出番がなく・・・。 使わなくなったノートパソコンから、液晶ディスプレイを取り出して再利用する事に 私は仕事でPCを使うため、 PCの画面に向かって作業する時間がどうしても長くなってしまいます。 最近のPCモニターはほとんどLEDライトを使用するものに切り替わっています。 私はLEDライトがちょっぴり苦手です。 オシャレで軽量化もされて とてもいい感じなのですが、私の場合は、どうも自分の目との相性が良くないらしく、長時間見ていると、目の疲れと頭痛がひどいです。 (あくまで個人的な感想です。 LEDライトでもまったく問題ない方も多くいらっしゃると思います。 ) そこで、出先以外では、 旧式のCCFL バックライトのモニターを使っています。 最近は、CCFL のモニターが手に入りづらい。 CCFLのモニターは、 古い型になるので(新しいのはほぼ全てLED) なかなか新品のモニターが手に入りません。 出先(滞在先)でも 長時間、PCを見ても大丈夫なように小型で軽量なCCFLのモニターを探していたのですがどうにも見つかりませんでした。 古いノートPCのディスプレイはCCFLを使っている事に気がついた。 そこで、ふと思い出したのが先ほどの写真のnotePC でした。 Vista や Windows XP の頃のディスプレイは、バックライトにCCFLを使っているものが多いです。 という事で自分が頂いて 持っていたWindows Vista のノートPCも調べてみるとCCFLを使っていました。 そこで、このノートPCから 液晶ディスプレイ部分を取り出して、 軽量で持ち運び可能なモニターに出来るかどうかチャレンジしてみました。 古いノートPCのディスプレイを取り出して、外部モニターを作る方法 という事で、ここから先は、私のメモ(忘備録)も兼ねて書いてみます。 必要なもの 1. 液晶ディスプレイが無事なノートPC モニターさえちゃんと写れば、壊れたノートパソコンでもOKです。 液晶パネル(ディスプレイ)のコントロール基盤 取り出したディスプレイの型番に 対応した基盤を探して購入します。 私は、Amazonで注文しました。 ACアダプター コントロール基盤の説明書に推奨のACアダプターが書いてあります。 例:12V 2A など。 なので、だいたいそれに 近い仕様のアダプターがあれば問題なく動きます。 以上の3つが必要です。 分解してノートPCのディスプレイ部分を取り出す。 最初にバッテリーを取り外す こちらは、ノートPCを裏返した状態です。 まず、 一番最初に必ずバッテリーを取り外します。 電池を入れたまま分解などをするのは NGです。 写真、左側にある、バーコードと水色のシールが貼ってあるのがバッテリーです。 ディスプレイ部分を取り出す 次は、ノートPC のモニター部分を慎重に取り出します。 この工程は各PCごとにネジの部分や取り外し方が違うので、「自分のPCの型番号 分解」などで検索してみるとよいかと思います。 私のPCの場合(Fujitsu FMV)は、写真の様に ネジの上にゴムのような緩衝材がついていました。 それを取り外すと、ビスが出てくるので全て取り外します。 (ネジ部分が出てきます。 ) ドライバーでネジを外します。 周りのネジを全て取ると 写真のようにディスプレイの周りの枠を外す事ができました。 もう一息でディスプレイを外せそうです。 ディスプレイは、左下の3つのネジと、 右下の3つのネジで固定されている様子なので、 これらを取り外していきます。 すると、写真の様に、 一番外側のケースの部分から、ディスプレイが外れました。 しかし、この時はまだ、 本体とディスプレイの間で 2カ所配線が繋がったままです。 完全には分離できません。 なので、無理に引っ張らない様に気をつけます。 繋がっている配線は、 こちらのモニターに信号を送る(んだと思う)コネクタと、 画面中央やや右に見えるピンク色と白色のラインのコネクタです。 こっちは、CCFLライトに電源を供給しています。 この二つのコネクタを 慎重に取り外してやると ノートPCからディスプレイ部分だけを完全に取り外す事が出来ました。 コネクタをそっと取り外した様子。 (どっち向きに挿さっていたかわかる様に写真を取っておきましょう。 ) もう一つのコネクタも慎重に取り外します。 こっちはなかなか外れずに一苦労しました。 こちらは、電源なので ピンク色の方がプラスだと思うのですが、 一応、コネクタの接続先の基盤を見て、どちらがプラスかを確認しておきましょう。 無事にディスプレイ部分だけを取り出す事に成功しました。 取り出したディスプレイを液晶パネルコントロール基盤と接続する 次に取り出したディスプレイを 単体で使えるようにするために「液晶パネルのコントロール基盤」に接続してやります。 こんな感じの基盤です。 自分のノートPCから取り出した液晶の型番から、マッチするタイプの基盤を選んで事前にamazonで購入しておきました。 接続はとても簡単です。 先ほど外した2カ所を この基盤に付け替えるだけです。 (写真は実際にAmazonから届いた基盤セットです。 リモコンは使いませんでした。 ) 1. ディスプレイに基盤のコネクターを接続 写真右上の部分。 基盤のコネクターを取り外したディスプレイにつなぎます。 そっと、しかし、奥までしっかりと差し込みます。 私は最初差し込みが甘かった様で 繋いでも画面が表示されずショックを受けました。 再度接続を確認して、 しっかりとぐっと押し込んだら無事に写ってくれました。 CCFLライトの給電用のコネクターを接続する。 写真右側の、 ディスプレイから出たピンク色と 白色の配線のコネクターを基盤(オレンジ色の基盤)につなぎます。 HDMIなどのケーブル端子とアダプターを接続して基盤のスイッチを入れると完成 最後にHDMI(私の購入した基盤はHDMI端子しかありませんでしたが、他の端子が挿せるコントロール基盤もありました。 )ケーブルとアダプターを繋いで、スイッチを入れると完成です。 アダプター:写真真ん中やや左の黒い線 HDMI:そのすぐ右の黒い線 スイッチ:3つある基盤のうち、真ん中の細長い基盤のいくつかある黒い丸ボタンのうちの「SWITCH」と書いてある一番右のボタン。 ぐいっと押すとカチャと音がして、緑色のランプが点灯すればOKです。 無事に映りました! 基盤や配線は、アクリル板を裏側に用意してまとめてやるとスッキリします。 少々、耐久性には問題が ありそうですし、持ち運びには気を使うのですが、とにかく軽くて薄いので、出先の作業スペースがあまり取れないような場所にもセッティングできて重宝しています。 (airbnb などで滞在した先でセッティングして使える。 ) まあ、ノートPCがあればいいんですがね・・・。 自分の場合、ノートからだと 上手く動作しないプログラムがあって、仕方なくこんな形に落ち着いています。 あと、長時間作業する時には LEDの新しいノートPCより、目が疲れなくて重宝しています。

次の