日本 の 川 の 長 さ ランキング。 日本で最大の川を長さ・流域面積・幅・文字数から紹介

大きな川はどこ?日本の流域面積の大きな河川ランキング

日本 の 川 の 長 さ ランキング

こんにちわ三太郎です。 日本の長い川ベスト3ランキングです。 であれば、誰もが物心ついた頃から知っている「 富士山」ですが、では日本一長い川は?と問われると、ちょうど教科書で習っている最中の小学生時代がはるか昔である私たちは、 利根川? 信濃川だっけ?と自信を無くすことでしょう。 ただ、山は登ることができるし目標やランドマークにもなりますが、川は長すぎて一望できませんし、これといって目標や目的になりにくいので、そもそも 興味のある人自体が少ないことかと思います。 ちなみにボクも、まったく興味ありません(爆) 日本の長い川ベスト3 長野県と 新潟県の2県にまたがります。 信濃川と呼ばれるのは実は 新潟県域のみで、 長野県域では「千曲川(ちくまがわ)」と呼ばれています。 そう、あの千曲川も河川法上では信濃川(水系)なんです。 つまり河川法上で千曲川を含めて信濃川水系と規定しているので、 これらを合わせた信濃川が日本で一番長いということなんですね。 それにしても、信濃国の長野県で信濃川と呼ばず、新潟県のみで信濃川と呼ばれるとは、ちょっとアベコベ感が漂います。 まぁ興味ないのでどっちでもいいですが(爆) 群馬、栃木、 茨城、埼玉、千葉、東京の1都5県にわたるとても立派な川。 どれだけ立派なのかといえば、流域面積は日本最大です。 ご存知のとおり、東京をはじめとする首都圏の重要な水源となっています。 またご存知ないかもしれませんが、「 坂東太郎」の愛称があります。 これはもう余談ですが、九州の 筑後川は「 筑紫次郎」、四国の 吉野川は「 四国三郎」の愛称があるんですよ。 大雪山系の石狩岳より石狩平野を経て石狩湾に注ぐ、その名の通りの 石狩川。 道内のみでこれだけの長さを誇るのは北海道の大きさを物語っていますね。 ちなみに僅差の256kmで第4位の天塩川も北海道の川。 言い古されてはいますが、北海道はでっかいどう。 いやマジで。 流域面積の順位(オマケ) 流域面積で順位を並べてみると、順位が入れ替わります。 1位 利根川(長さ2位) 2位 石狩川(長さ3位) 3位 信濃川(長さ1位) となります。 つまり信濃川はどちらかというと、細くて長い川といえますね。 【出典・参考】ウィキペディア/国土交通省.

次の

長さ順の川の一覧

日本 の 川 の 長 さ ランキング

on Aug 26, 2018 at 11:21pm PDT 世界で10番目に長い川はアムール川で長さは4,444キロメートルあります。 モンゴル高原東部であるシルカ川とアルグン川が源流で、中流部は中国黒竜江省とロシア極東地方との間を流れており、オホーツク海にあるアムール・リマンに注ぎます。 リマアムールとはモンゴル語で「休息」という意味です。 まとめ 今回は今現在の日本と世界にある長い川ランキングを紹介しました。 日本の長い川の上位3ヵ所と世界の川を比べると全く規模が違うことが分かります。 世界の川は複数の国にまたがっていたり、大陸を大きく川が横切っているところが多いです。 文明が発達したり、昔から交易などで栄えたりして重要な役割を果たしてきました。 今回初めて知った川が登場したかもしれませんが、これでばっちり覚えられましたね。 伊勢崎・太田・桐生 - 山・渓谷,滝・河川・湖 わたらせ渓谷鐵道は元々は足尾銅山で取れる鉱石輸送のために造られた貨物路線です。 旅客列車の路線に比べて数が少なく、当時の様子を伝える資料的な価値もあることから、駅舎や沿線には国の登録有形文化財に指定されている場所が38施設もあります。 一時はローカル線の宿命で廃線の危機が訪れましたが、1989年に第三セクターとなり、観光に力を注いできた結果、今では「一度は乗ってみたいローカル線」の上位に選ばれるようになりました。 工夫をこらした駅弁やオリジナルグッズも人気です。 春や紅葉のベストシーズンには、わたらせ渓谷鐵道で列車の旅を楽しんでみませんか? 箱根 - 滝・河川・湖 芦ノ湖は神奈川県にある県内最大の湖で、観光名所やリゾート施設が多く軒を連ねているので、観光地として人気です。 また、湖畔から富士山を望める景勝地としても有名です。 日本でも有数の観光地である伊豆エリアに位置していることもあり、首都圏を中心に多くの人が観光のために足を運びます。 大自然の中、湖や富士山を眺めてのんびりリフレッシュするのには最適のスポットです。 芦ノ湖には有名な遊覧船や箱根神社などもあり、周辺には観光地が点在しています。 首都圏からの日帰り旅行や一泊旅行にも最適な場所なので、次の旅行先に迷っている方は、是非芦ノ湖に足を伸ばしてみましょう。 普段の喧騒を忘れ、気軽に非日常的な体験をすることができます。 日光・鹿沼・足尾 - 滝・河川・湖 栃木県日光市に位置する「華厳(けごん)の滝」は、東日本を代表する名瀑です。 日光市街から離れた男体山の麓にあり、日光国立公園内にある中禅寺湖から大量の水が滝となって流れ落ちます。 多いときには100tもの水が流れ落ち、その迫力と轟音は自然の力強さを感じられます。 華厳の滝を眺めるスポットとして、上から一望できる展望台や、滝つぼから見上げる大迫力の観瀑台、そして大パノラマを見ることができる明智平展望台と三ヶ所のスポットがあり、違った滝の様子を楽しむことができます。 四季ごとに違った表情をみせますが、特に、紅葉の季節は滝の周りが赤やオレンジのカラフルな色に染まり、観光客で大変賑わいます。 今回は大自然のエネルギーを感じる「華厳の滝」の魅力についてご紹介いたします。 相模原・厚木・丹沢 - 山・渓谷,滝・河川・湖 ユーシン渓谷を存知でしょうか?ユーシン渓谷はユーシンブルーと呼ばれる透き通った水が美しいと評判の秘境です。 関東屈指の青さを誇る絶景が都心から日帰りでアクセスできる神奈川県西部の丹沢山地にあります。 秘境というと、険しい山道を越えるような場所と思ってしまいますが、女性でもハイキング感覚で楽しめる、気軽な自然スポットであることも人気の一因です。 紅葉に染まる秋は、紅葉とユーシンブルーの美しいコントラストを楽しむことができ、特に人気のシーズンとなっています。 ユーシンブルーのほかにも、丹沢の大自然を堪能したり、真っ暗なトンネルをくぐったり、まるで探検をしているような気分を味わえます。 まだそれほど観光地として有名ではありませんが、SNSで話題を呼び、近年観光客が増えているスポットです。 ユーシン渓谷へ実際に訪れた際の行き方や、道中の魅力を徹底解説します。 記事を読んで、神秘的なユーシンブルーを見に出かけましょう(記事内の情報は2016年11月時点のものです)。 立山・黒部・魚津・宇奈月 - 山・渓谷,滝・河川・湖 最近はダムの写真集が出たりダムのツアーが組まれたりなど、その美しさに注目が集まっているダム。 生活のために必要な施設というイメージから観光地へと変わりつつあります。 そのなかでも特に人気で多くの人が集まるのが、富山県にある黒部ダムです。 日本最大級の大きさを誇り、日本を代表するダムとしてたくさんの人々の生活を支えています。 立山黒部アルペンルートの人気スポットとして観光にも力を入れていて、登山と合わせて観光を楽しむ人や社会見学として家族連れでやって来る人など、連日多くの人で賑わっています。 ダムという建物としての美しさはもちろん、黒部湖や力強い山々の景色などの自然をたっぷり味わえるスポットとしても人気です。 ぜひ、黒部ダムに足を運んでみましょう。 阿寒・川湯・摩周・屈斜路 - 滝・河川・湖 北海道・弟子屈町にある摩周湖は阿寒国立公園内にある湖。 約7000年前の火山噴火でできたカルデラ湖で、周囲を300~400mほどの絶壁に囲まれており、面積においても日本で20番目とかなりの広さがあります。 その透明度は世界でもバイカル湖に次ぎ2位、国内ではもちろん日本一を誇ります。 霧の状態も様々ながら、季節や時間によって色々な顔を見せる神秘的な湖で、心が洗われるような気持ちになる人も多いようです。 美しい摩周湖を訪れる際に知っておきたい情報をまとめましたので、まだ行く予定がない方も、これからまさに行こうとしている方も参考にしてくださいね。

次の

大きな川はどこ?日本の流域面積の大きな河川ランキング

日本 の 川 の 長 さ ランキング

on Aug 26, 2018 at 11:21pm PDT 世界で10番目に長い川はアムール川で長さは4,444キロメートルあります。 モンゴル高原東部であるシルカ川とアルグン川が源流で、中流部は中国黒竜江省とロシア極東地方との間を流れており、オホーツク海にあるアムール・リマンに注ぎます。 リマアムールとはモンゴル語で「休息」という意味です。 まとめ 今回は今現在の日本と世界にある長い川ランキングを紹介しました。 日本の長い川の上位3ヵ所と世界の川を比べると全く規模が違うことが分かります。 世界の川は複数の国にまたがっていたり、大陸を大きく川が横切っているところが多いです。 文明が発達したり、昔から交易などで栄えたりして重要な役割を果たしてきました。 今回初めて知った川が登場したかもしれませんが、これでばっちり覚えられましたね。 伊勢崎・太田・桐生 - 山・渓谷,滝・河川・湖 わたらせ渓谷鐵道は元々は足尾銅山で取れる鉱石輸送のために造られた貨物路線です。 旅客列車の路線に比べて数が少なく、当時の様子を伝える資料的な価値もあることから、駅舎や沿線には国の登録有形文化財に指定されている場所が38施設もあります。 一時はローカル線の宿命で廃線の危機が訪れましたが、1989年に第三セクターとなり、観光に力を注いできた結果、今では「一度は乗ってみたいローカル線」の上位に選ばれるようになりました。 工夫をこらした駅弁やオリジナルグッズも人気です。 春や紅葉のベストシーズンには、わたらせ渓谷鐵道で列車の旅を楽しんでみませんか? 箱根 - 滝・河川・湖 芦ノ湖は神奈川県にある県内最大の湖で、観光名所やリゾート施設が多く軒を連ねているので、観光地として人気です。 また、湖畔から富士山を望める景勝地としても有名です。 日本でも有数の観光地である伊豆エリアに位置していることもあり、首都圏を中心に多くの人が観光のために足を運びます。 大自然の中、湖や富士山を眺めてのんびりリフレッシュするのには最適のスポットです。 芦ノ湖には有名な遊覧船や箱根神社などもあり、周辺には観光地が点在しています。 首都圏からの日帰り旅行や一泊旅行にも最適な場所なので、次の旅行先に迷っている方は、是非芦ノ湖に足を伸ばしてみましょう。 普段の喧騒を忘れ、気軽に非日常的な体験をすることができます。 日光・鹿沼・足尾 - 滝・河川・湖 栃木県日光市に位置する「華厳(けごん)の滝」は、東日本を代表する名瀑です。 日光市街から離れた男体山の麓にあり、日光国立公園内にある中禅寺湖から大量の水が滝となって流れ落ちます。 多いときには100tもの水が流れ落ち、その迫力と轟音は自然の力強さを感じられます。 華厳の滝を眺めるスポットとして、上から一望できる展望台や、滝つぼから見上げる大迫力の観瀑台、そして大パノラマを見ることができる明智平展望台と三ヶ所のスポットがあり、違った滝の様子を楽しむことができます。 四季ごとに違った表情をみせますが、特に、紅葉の季節は滝の周りが赤やオレンジのカラフルな色に染まり、観光客で大変賑わいます。 今回は大自然のエネルギーを感じる「華厳の滝」の魅力についてご紹介いたします。 相模原・厚木・丹沢 - 山・渓谷,滝・河川・湖 ユーシン渓谷を存知でしょうか?ユーシン渓谷はユーシンブルーと呼ばれる透き通った水が美しいと評判の秘境です。 関東屈指の青さを誇る絶景が都心から日帰りでアクセスできる神奈川県西部の丹沢山地にあります。 秘境というと、険しい山道を越えるような場所と思ってしまいますが、女性でもハイキング感覚で楽しめる、気軽な自然スポットであることも人気の一因です。 紅葉に染まる秋は、紅葉とユーシンブルーの美しいコントラストを楽しむことができ、特に人気のシーズンとなっています。 ユーシンブルーのほかにも、丹沢の大自然を堪能したり、真っ暗なトンネルをくぐったり、まるで探検をしているような気分を味わえます。 まだそれほど観光地として有名ではありませんが、SNSで話題を呼び、近年観光客が増えているスポットです。 ユーシン渓谷へ実際に訪れた際の行き方や、道中の魅力を徹底解説します。 記事を読んで、神秘的なユーシンブルーを見に出かけましょう(記事内の情報は2016年11月時点のものです)。 立山・黒部・魚津・宇奈月 - 山・渓谷,滝・河川・湖 最近はダムの写真集が出たりダムのツアーが組まれたりなど、その美しさに注目が集まっているダム。 生活のために必要な施設というイメージから観光地へと変わりつつあります。 そのなかでも特に人気で多くの人が集まるのが、富山県にある黒部ダムです。 日本最大級の大きさを誇り、日本を代表するダムとしてたくさんの人々の生活を支えています。 立山黒部アルペンルートの人気スポットとして観光にも力を入れていて、登山と合わせて観光を楽しむ人や社会見学として家族連れでやって来る人など、連日多くの人で賑わっています。 ダムという建物としての美しさはもちろん、黒部湖や力強い山々の景色などの自然をたっぷり味わえるスポットとしても人気です。 ぜひ、黒部ダムに足を運んでみましょう。 阿寒・川湯・摩周・屈斜路 - 滝・河川・湖 北海道・弟子屈町にある摩周湖は阿寒国立公園内にある湖。 約7000年前の火山噴火でできたカルデラ湖で、周囲を300~400mほどの絶壁に囲まれており、面積においても日本で20番目とかなりの広さがあります。 その透明度は世界でもバイカル湖に次ぎ2位、国内ではもちろん日本一を誇ります。 霧の状態も様々ながら、季節や時間によって色々な顔を見せる神秘的な湖で、心が洗われるような気持ちになる人も多いようです。 美しい摩周湖を訪れる際に知っておきたい情報をまとめましたので、まだ行く予定がない方も、これからまさに行こうとしている方も参考にしてくださいね。

次の