アジサイ 剪定。 【アジサイ(紫陽花)の挿し木や剪定】時期や方法、増やし方のコツは?

アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

アジサイ 剪定

アジサイとは 梅雨の風物詩であるアジサイは、玄関まわりがよく似合います。 別名「七変化」とも言われるアジサイですが、花の色は薄い青紫を中心として、土壌の酸性が強ければ青系に、アルカリ性が強ければ赤系に傾くとされています。 花の色が移ろうことから、かつては主人の浮気を心配してアジサイを敬遠する家もあったそうです。 アジサイの仲間では、ガクアジサイが有名ですが、本来はガクアジサイの方が原種です。 また、最近よく目にするカシワバアジサイは、セイヨウアジサイを改良したもので、セイヨウアジサイ自体は、ガクアジサイがイギリスなどで品種改良されて逆輸入されたものです。 花の美しさばかりが話題になるアジサイですが、地方によっては葉や花を薬用とします。 一般家庭のスペースでは手に負えなくなりますので定期的な剪定が必須です。 マメな手入れができない方には、セイヨウアジサイやアマチャがお勧めです。 アジサイの剪定時期 花が終わった直後(6月頃)か、落葉期(冬期)が適期です。 剪定のイメージ 自然樹形は半円(お椀型)ですので、これに準じます。 アジサイの剪定方法 アジサイは剪定のタイミングが難しい庭木です。 アジサイも他の多くの花木同様、今年伸びた枝の先端に翌年の花芽をつけますが、その時期は9月頃と遅めです。 よって花の終わった7月以降から開花までは原則として枝先を切ってはいけません。 しかし、これを堅く守っていると、あっという間に株が巨大化し、庭をアジサイに占拠されることとなりますので、ケース別に二つの方法を説明します。 3年以上花を咲かせたような古い枝は、今後の開花が期待できませんので、若い枝に更新します。 太くて長いものから順番に間引き、ほどよい樹形になったら切るのを止めます。 あまりにも邪魔な場合、すべての枝を元で切っても再生可能です。 アジサイの花が咲かないとき アジサイは水好きで、乾燥を嫌います。 根元に強い西日があたらないよう、土を追加したり、落ち葉を敷き詰めるなどして湿度を高めれば、調子が戻ります。 アジサイの葉の色が悪いとき アジサイの葉が黄色くなるのは多くの場合、水のやり過ぎです。 鉄分やマンガンなど微量要素と呼ばれるものが欠乏しています。 地植えの場合は植え付け前に堆肥や腐葉土を入れておけば問題ありません。 鉢植えの場合は即効性のある液肥を使用して栄養状態を改善する必要があります。 また、ハダニの仕業で葉が黄色くなることもあります。 葉の裏に赤くて小さな虫がいればハダニです。 薬剤を使用して除去します。 葉が黄色ではなく、焼けたようになる場合は、日照時間に問題があります。 西日の強いところや一日中陽が当たるような場所はアジサイの居場所としては不向きですので植え替えをしましょう。

次の

アジサイの育て方|ヤサシイエンゲイ

アジサイ 剪定

紫陽花の剪定時期は? 紫陽花の魅力 紫陽花はユキノシタ科(アジサイ科)の落葉低木で、鉢植え、地植え両方楽しめる花です。 最近では母の日のプレゼントとして、シーズンには様々な種類の紫陽花が販売されています。 性質が強健で育てやすいので初心者が地植えしても、よほどのことが無い限り枯らせたり、花が咲かなかったりということはないでしょう。 地植えすると、こんもりと大きく育つので花壇を立体的に見せてくれます。 その緑の山に花を咲かせるのですが、その花の色は 土性によって色が変わることをご存知の方は多いと思います。 このように、紫陽花は鉢植えだと華やかなプレゼントとして活躍しますし、地植えでは庭に立体感と美しい色を与えてくれる、万能な花なのです。 紫陽花をきれいに咲かせるには?其の一 紫陽花を見て、どこか懐かしいと感じたことはないでしょうか? 5月や6月のカレンダーなどには紫陽花とカタツムリの絵が描かれ、小さいころから私たちとって、紫陽花は身近な存在だからでしょう。 特別な花ではないけれど、梅雨の時期の花として不動の地位を築いているのではないでしょうか? 紫陽花は小花が丸くかたまって咲いているように見えますが、実は本当の「花」はその中心部分で、花びらに見えるのは「がく片」です。 小さいスペースでも花をたっぷりつけてくれるので、ボーダーガーデンとして通路脇に植えるのもおすすめです。 でも、そんな風にたくさんの花をきれいに咲かせるには、ちょっとしたコツがあるのをご存知でしょうか? 肥料や土ももちろん大切です。 でも、それ以上に花付きに影響するものがあります。 それは剪定です。 もちろん剪定をしないと花が咲かないということはありません。 山などで自生している紫陽花は誰かが剪定しているわけがないのに咲かせていますから。 でも、剪定することで樹形を整えたり、花つきを良くしたり、花の大きさを変えたりすることができるのです。 つまり、 紫陽花は剪定する時期や仕方が、きれいな花を咲かせる大きなポイントとなるのです。 剪定と聞いて難しいと思うかもしれませんが、ご安心くださいね。 紫陽花の剪定はバラとは違って、とっても簡単です。 まずは、剪定の時期をお話ししたいと思います。 紫陽花の剪定の時期は? 剪定の時期は8~9月です。 様々な品種がありますが、多くの紫陽花が5月~7月後半までに花を咲かせます。 そして、今年伸びた枝か、花を咲かせた枝の頂部から2~3節目のわき目が、9月上旬から10月上旬に「花芽」となります。 そして、一般的には、枝を疲れさせないためと、大きくし過ぎないために、 花後(花が終わった後)、すぐに剪定するほうがいいと言われています。 つまり、8月~9月終わりくらいに「花芽」ができるように、花をつけた枝に対して、花が終わった後に剪定するといいのです。 ただ、紫陽花の種類によっては、「秋色アジサイ」のようなアンティーク色に変化する様子を楽しめる品種もあって、その場合は色の変化を待って楽しむのもおすすめです。 そうすると、剪定の時期を延ばすことになりますが、茶色に枯れた色にならなければ、剪定の時期の「手遅れ」にならないように、経験からは感じています。 ただ、株は大きくなってしまうので、コンパクトな株を希望するのなら、花後すぐに剪定をおすすめします。 スポンサーリンク アジサイの剪定の仕方は? アジサイをきれいに咲かせるためには?其の二 アジサイをきれいに咲かせるためには剪定が大切だということを前述でお伝えしました。 そして、花後(花が終わった後)にわき目ができる前に剪定しなければ、花芽がつかない・・・という事もお伝えしました。 でも、剪定の時期以外にも大切なポイントがあります。 それは 剪定の仕方、つまり切り方です。 そこで、アジサイの剪定の仕方をお話ししたいと思います。 前章でお話ししたように、今年伸びた枝か、葉案を咲かせた枝の頂点から2~3節目のワキ目が9月~10月上旬に花芽となります。 アジサイをきれいに、たくさん咲かせるのには、花後すぐに、あじさいの花を3節目の上で切るといいのです。 花の3節目の上(赤丸の所) 紫陽花カット後画像この時には、すでに新しい芽(花芽)ができています。 もし、剪定が遅れると花芽、つまり上部の花を切ってしまうことになります。 そうすると、翌年は花が咲かない・・・となるので注意しましょう。 また、花後の剪定を行わないと先端付近の目が花芽になって、どんどん高く株が大きくなってしまいます。 これを逆手に取って、 地植えで株を大きくしたいのなら、 剪定の時期を遅らせるといいわけです。 私はこの方法で、庭をアジサイ園にしました。 広い場所では剪定せず放任しても自然に樹形が整います。 大きくなり過ぎたら、次の年の開花を諦めて強く剪定する(強剪定)といいでしょう。 剪定で切る位置は花の2段下、3段下といわれていますが、重要なのは花の咲いた枝の段の上(葉の上)でカットする事です。 それでも、切る場所を迷う場合は花が咲いて、その花が終わった順から花首をカットするのでも大丈夫です。 そうすると葉のわきからすぐにぷっくりとした芽が出てきます。 その芽の上を切ると失敗しないですよ。 紫陽花の剪定は秋を過ぎても大丈夫? 私は色が変化する品種は、そのまま咲かせておいて、緑になったら剪定がてら切って、花瓶に生けます。 そしてそのままドライフラワーとしても楽しみます。 10月くらいまでは剪定せずに楽しんで、剪定して生け花として楽しみ、そしてドライフラワーとするので、とても長い時期、紫陽花を楽しんでいます。 最近では 「秋色アジサイ」などと、紫陽花の色の変化を楽しむ人が増えているそうです。 毎日、違う色に変化していくので、とても楽しいですし、いったん水に浸けてからドライフラワーにすると、花の少ない冬のアレンジメントとして活躍してくれます。 地植えの紫陽花で、少し株が大きくなっても大丈夫・・・ということなら、秋の紫陽花の変化を楽しんでから剪定も一つの方法だと思います。 この時に注意することは三節目で切らないこと。 切ってしまうと花芽を切ることになります。 ヤマアジサイなどは「剪定」されませんよね?いわば放置状態です。 それでも花を咲かすのは花後そのままの状態で、花がやがて枯れて、1節目で花が折れて、そして花芽がすでにできている、という状態だからです。 剪定の時期を逃した、秋の色の変化を楽しみたいなどの場合は1節目の上で剪定すると良いでしょう。 紫陽花 アジサイ の剪定のまとめ 紫陽花を、きれいにたくさん花を咲かせるには剪定の「時期」と「仕方」がとても重要だということはお解りいただけたことと思います。 「時期」については花後すぐ剪定しましょう。 でも、株が大きくても大丈夫、紫陽花の色の変化を秋まで楽しみたい、という人は秋の色の変化が終わるまで待ってから剪定しても大丈夫。 剪定の「仕方」も花後すぐなら3節目の上で切りましょう。 秋まで楽しんだ場合は放置か、花の下の節の上(1節目の上)を切りましょう。

次の

アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

アジサイ 剪定

もくじ• アジサイの剪定時期と剪定方法 アジサイを剪定した時期 アジサイを剪定したのは、 花が終わってすぐ。 剪定しなければ、アジサイの花は落ちずに、そのまま付いています。 では花の終わりは、どうやって判断するのでしょう。 庭に植えているのは、 ガクアジサイと セイヨウアジサイ。 まずガクアジサイでは、 花の周りのガク(装飾花)が裏返ってきたら、花が終わりに近づいた頃を示します。 <ガクアジサイの花> <ガクが白っぽくなり裏がえったガクアジサイ> セイヨウアジサイは、 ガクの中央の花が開いて、 装飾花が褐色を帯びてきたら 、そろそろ花も終わ り。 私の住地域では、 6月下旬 頃になります。 <西洋アジサイの花> <中央の花が咲いて全体の色がくすんできたセイヨウアジサイ> アジサイを剪定した方法 アジサイは剪定しなくても、毎年花を咲かせてくれます。 ただし剪定しないと、どんどん背が高くなり、 2mを超えるぐらいに育ちます。 公園やお寺などで大きく育ったアジサイを見ますが、我が家の庭では、そこまで大きくなったら困ります。 そこで、どうしても小さなスペースに合わせて花を咲かせるために、剪定の技術が必要になる訳です。 剪定方法は、 花の下2節ぐらいの所の葉の付け根に芽があることを確かめて、その上で切ります。 花が咲いていない枝は、剪定しなくてもよいようですが、背が高い枝は同じように2節ぐらい下で切りました。 剪定には、 花後と秋の2回行う方法もあるようですが、私は 1回切って終了です。 切ってしばらくすると、付け根の芽が大きくなり、葉っぱが出てきます。 アジサイの剪定から一年 春の芽吹きから花が咲くまで 冬には落葉しますが、春になると少しづつ芽が膨らんできます。 芽には 花芽と 葉芽があるようです。 <これは花芽?それとも葉芽?> 見ただけでは、葉芽か花芽かわかるような、わからないような。 剪定した枝の先に付いている芽が本当に花芽なのかどうか気になるので、何本かの芽の下に目印のテープを貼ってみました。 <なぜか3と4の番号 その下にもう一つの芽> 5月になり、蕾が見えてきました。 それと同時に下から新しい枝が伸びて蕾を追い越す高さに。 そこで、新しい枝は花より低い位置まで切り戻しました。 すると葉っぱが目立ち凸凹していたアジサイの株が、こんもりとなりました。 こうして開花すると、全体が花で覆われて良い感じです。 昨年より、花付きが良いのがはっきりとわかりました。 剪定の時期を逃さず、花を丁寧に1枝づつ剪定した甲斐がありました。 アジサイの花が終わって 6月下旬再び剪定の時期です。 テープを貼った枝を切り取ってみました。 10箇所以上テープを貼ったのですが、テープの先全てに花が咲いていました。 あの丸みを帯びた芽は花芽だったということです。 <3、4の枝に咲いたアジサイ> でもテープのすぐ上に、花が咲いていたのではありません。 どの枝も4節ぐらい葉っぱが付いて、その上に花が付いています。 テープを貼った位置から、花の上までは40cmあまり。 結構伸びたものです。 写真のアジサイは、花が咲いた枝の下から葉が伸びてきていますが、その下には花のついた枝が…。 こんなこともあるんですね。 花芽と葉芽は、形だけ見ても区別するのが難しいですが、芽の位置も参考にすると、分かりやすいのでしょうか。 まだハッキリとは、区別出来ません。 昨年剪定したほとんどの枝に花が咲いたので、 花を剪定した枝にも次の年に花が咲いたことになります。 花がいっぱい咲き揃った姿は、良いものですね。 アジサイの花が終わってすぐ、花芽の位置を確かめて剪定することが大切なようです。 毎年この剪定方法を続ければ、毎年たくさんの花が見れそうですが、一つ問題が…。 それは、剪定する位置が毎年少しづつ高くなり、大株になっていきそうなことです。 花は見たいけど、大株にはしたくない。 そこで今年は、淡い青色のセイヨウアジサイを株元から20cmあたりで、バッサリと剪定しました。 来年の花は諦めます。 まだ綺麗に咲いているアジサイは、一輪挿しに入れて、飾りました。 残りの2株は、どうしようか考え中です。 全部強剪定するか。 それとも1株だけ昨年同様に剪定して花を咲かせ、次の年に強剪定するか。 アジサイは、挿し木でも簡単に増やすことができますが、花をたくさん咲かせようと思ったら、剪定がとても重要なんだとわかりました。 梅雨時を彩る日本原産のアジサイの花。 剪定のコツをつかんで、長く付き合いたいですね。

次の