フェレット アレルギー。 【ペット】フェレットを飼うのは難しい?どんな生き物か|フェレット大学 フェレットの飼い方・種類・寿命・しつけ・基礎知識

フェレットの下痢の症状と病気について

フェレット アレルギー

咳の原因解明 咳・くしゃみの原因とは? フェレットの咳の原因 フェレットの咳、くしゃみには、 そんなに問題ないものから、 重大な病気の症状の場合があります。 軽いくしゃみ ほとんどの場合は、これです!! お部屋のホコリ、ハウスダスト、毛など 掃除しても改善されない場合は、病院で相談して下さい。 煙草、煙るもの、香水(香りの強いもの)、スプレーなど 食べているときの咳は フードのかけらが気道に入り込んでむせてます。 抜け落ちたあなたの体毛やフケ (猫のアレルギーの一因に人のフケがあります) ケージの中のアイテムが原因 固まる砂のアレルギー、紙砂など 木のチップ、パインチップ、木のくず、わら等 (咳がなくても使わないのが無難です) 抜けた毛 ボア(ぬいぐるみの毛)が喉につく ジステンバーワクチンによる、アレルギー によるくしゃみ アナフィラキシー 予防接種後 夏場の疲れからくる、咳き込み 温度や湿度が急に下がったりするときに、 体が対応できず、咳き込む 気管支炎 毛球症 細菌、ウイルスが原因 風邪 インフルエンザ 肺炎 マイコプラズマ肺炎 (人の肺炎がフェレットにも感染します) アリューシャン病 結核(症例は稀ですが日本でもあります 飼い主が陰性でも、フェレットが陽性ということもあります。 フェレットからも、人に感染しますし、逆もありえます) 心臓、肺に原因がある 心臓疾患 心臓肥大 心臓病による、肺水腫 うつ血性心不全 不整脈による肺機能の 傷害からの咳き込み 心臓の働きが低下しての酸素不足からの咳 事故で肺が破れている 腫瘍(鼻水なし、咳のみ) リンパ腫(近くにできた腫瘍が肺を圧迫するから) 肺に腫瘍がある フィラリア症 フィラリア症にかかった犬などを蚊が血を吸い、 その蚊に刺されて感染します 予防は犬と同様のものでできますが、 まずフィラリアの検査をしてからになります。 予防薬には副作用もあります。 ベビーの咳の原因のひとつ ホルモンの分泌の関係で唾液が口に多いため 咳き込むことがあります。 そのため口を少し開けて寝ます。 男の子で大きめの子に多いです。 生後半年位でなくなるので 何の心配もなく、成長していくうちに治ります。 フェレットの気管支炎 うちの子が風邪をこじらせてしまって、 そのときにはじまった咳が、 既に5ヶ月間、一日五回前後、 10秒前後の咳をします。 現在は鼻水を出すために、咳をしているようです。 多くは寝ているときに、辛そうに急に咳をし、 凄く苦しそうに息をするのだが、咳が止まれば 何事もなかったように、元気に遊びまわります。 その咳は大きくなっていくばかり。 上のどれもあてはまらない場合、 慢性アレルギー鼻炎、 慢性気管支炎などの喘息ではないかと思いました。 人間でも肺炎の後などに、気管支の炎症で一月以上も 咳が止まらないということも、よくあるようなのです。 薬も抗生物質は全く効かないし、 薬で完治するレベルではない。 咳は年中で、完治しないとなると、 何かないかと、摸索中。 フェレットは元々、気管支が弱いので、 気管支の炎症の慢性化したもの、 慢性気管支炎(喘息) 慢性アレルギー性鼻炎 喘息は簡単に説明すると、 何か(不明)に対してのアレルギー反応で、 気管支が細くなり、呼吸困難を起こす。 この部分が何らかの原因で炎症をおこし、 腫れている状態が気管支炎です。 気管支が炎症を起こすと空気の流れが悪くなり、 気管支内に分泌物が出てきますので咳が出ます。 咳をして気管支炎の症状を起こしている時は、 ほとんど細菌やウィルス、あるいはカビと いったものの感染が原因となっているようです。 原因は感染だけとは限らず、 アレルギー反応のようなものでも起こります。 まず大切なことは今ある気管支炎の症状を 確実に治す事です。 気管支炎などの病気は、中途半端な治療で終わらせると 慢性化して治りにくくなったり、 悪化してしまう場合がありますので、 完全に治す事が必要です。 猫の喘息もよく症状が似ています。 原因は定かではない。 ときどきする子もいれば、再発するたびに ひどくなる子もいるし、発作のように止まらなくなる子もいる。 一日中している子もいる。 フェレットの喘息は調べてみたけど、みつからなかったです。 人間や犬猫にあるなら、フェレットにもある気がします。 抗生物質が効かない。 ということは、 原因が細菌、ウイルスではない可能性あります。 原因がアレルギーであれば、 ステロイドが有効になるのですが、 短期使用で治るとも思えません。 犬猫のアレルギーの特定をするキッドで、 そのキッドの取り扱いのある病院から、血を送り 検査で調べてもらうことができます。 フェレットはないようです。 フェレットのアレルギー用のフード トータリー低アレルギー.

次の

フェレットの皮膚病・脱毛について

フェレット アレルギー

人間だけでなくフェレット自身もフードやその他の原因によってアレルギーを起こすことがあります。 その原因と対処方法について調べてみました。 フェレットがアレルギーを起こす原因 フェレットがアレルギーを起こす原因は大きく分けて4つあります。 原因1: 食物アレルギー 大豆、小麦や大麦などの麦類、トウモロコシや鶏肉などが原因となることが多いようです。 フェレットのフードには鶏肉が使用されている場合が多いので、フードが原因でアレルギーを起こしている場合にはアレルギー対応のフードやアレルゲンとならない肉を茹でたものを与える必要があります。 原因2: ノミアレルギー ノミに刺されて痒みを起こすだけであればアレルギーではありませんが、ノミの唾液などによってアレルギーを起こすことがあり、その場合は吸血による貧血や発疹や脱毛、激しい痒みなどの症状が現れます。 重症になるとフェレットをかなり衰弱させてしまうので、注意が必要です。 原因3: 接触性アレルギー カーペットの化学繊維、フローリングのワックス、洗剤やシャンプーなどもアレルギーの原因となります。 また、ミミダニの治療薬によってアレルギーを起こす場合もあります。 カーペットが原因の場合は最もよく触れる足だけに、ミミダニの治療薬であれば治療薬に触れた箇所だけにアレルギー反応が出るのが特徴です。 原因4: ワクチンによるアナフィラキシー型アレルギー ジステンパーワクチンを接種した際、ごくまれに急性のアレルギー反応を起こす場合があります。 下痢や発熱、嘔吐、呼吸困難などが起きるのでワクチン接種後は30分程度様子を見てあげる必要があります。 フェレットのアレルギー治療 アレルギーの治療にはアレルゲンを取り除くことが何よりも重要ですが、症状によっては病院で痒みを抑えるための抗ヒスタミン剤やステロイド剤、掻き傷や炎症からの二次感染を抑えるための抗生物質などを処方してもらえますので、フェレットがアレルギー症状を起こしている場合はまずは 獣医に相談すると良いでしょう。 薬に抵抗がある場合はサプリの投与を アレルギーの程度が軽く薬を与えるほど重症ではない場合は、アレルギーに効果のある ペット用サプリを与えてみるのもひとつの方法です。 ミネラルバランスの良い植物を原料としたナチュラルなサプリも販売されていますので、抗ヒスタミン剤等の薬を与えることに抵抗のある方はまずはサプリを試してみると良いのではないでしょうか。 スポンサードリンク まとめ 「アレルギー」と聞くと動物が原因となって人間が起こすもの、というイメージが強いですが、フェレット自身も人間と同様にアレルギー症状を起こす可能性を持っています。 何か異変を感じたらすぐに病院へ連れて行き、獣医に相談するようにしてください。 今すぐチェック スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

フェレットアレルギーについて。フェレット アレルギーは、犬、猫のア...

フェレット アレルギー

フェレットが下痢をしている場合 比較的、フェレットは下痢をしやすい動物です。 いつもよりも糞が柔らかい〜下痢をしている場合には、前日や数時間前のフェレットの行動を振り返ってみましょう。 例えば、水を多く飲みすぎていないか、ご飯やおやつを多く食べすぎていないかなどです。 水を飲みすぎていたのであれば、単純に糞の水分量が多いことがわかりますし、食べすぎていたのであれば、消化が追いついておらず、下痢となってしまっている事がわかります。 この場合では、フェレットフードを突然違うものに変えた場合にも、こうして下痢をしてしまう子も居ます。 また、フェレットの性格はどうでしょうか。 神経質な性格の子であれば、前日にお出かけをしていた、または出先であった場合に下痢をしてしまう可能性もあります。 ナイーブな性格のフェレットは、このようにちょっとした変化があった場合にも、下痢をしてしまう場合もあります。 病気が疑われる下痢とは 上記に挙げたような様子が思い当たらない場合には、病気を疑ってみましょう。 病気を患っているために下痢をしてしまう場合には、通常の糞・下痢の臭いとはまた別の、より悪臭が強い下痢をする場合が多いです。 下痢のタイプも幾つかに別れ、完全な水下痢の場合や、粘膜が混ざった下痢、赤い鮮血が混ざった下痢、緑色〜黒っぽいドロドロした下痢といったように様々です。 しかし、これらの下痢をしている場合には、何かしらの病気を発症している可能性が高いです。 子供のフェレットに多い「コクシジウム症」 犬やうさぎにも存在する「コクシジウム症」という病気。 コクシジウム症は「コクシジウム」と呼ばれる寄生虫に感染することで下痢等の症状を引き起こしてしまう病気です。 また、コクシジウム症は比較的まだ抵抗力の弱い子供のフェレットが発症する病気としても知られます。 場合によってはコクシジウム症の症状が悪化してしまい、免疫力が低下してしまったことで様々な病気を引き起こしてしまったり、症状が重篤になってしまうことで命を落としてしまう場合もある、恐ろしい感染症でもあります。 大人のフェレットではある程度の抵抗力・免疫力がついてきているため、無症状である場合や、症状を発症しても少し軟便になる程度で気がつかない程度の軽症状で済む事がほとんどでしょう。 「コクシジウム」とは? 寄生虫であるコクシジウムは、主に不衛生な環境や、外を散歩等させている時に感染する可能性が高い感染症です。 というのも、コクシジウムはフェレットに限らず犬や猫、うさぎといったペットとして飼育される動物や家畜全般に寄生します。 コクシジウムは目に見える大きさの寄生虫ではありませんので、自然環境下でも当然ながら見つけることができません。 フェレットであれば、ある程度大人になってから散歩をする機会もあると思いますが、この散歩中にコクシジウムに寄生される可能性は高いわけです。 ただし、 子供のフェレットであれば外に出す機会もほぼ無いと思いますので、家に連れてきたばかりのフェレットがコクシジウム症に感染している場合には、販売先などからの感染が疑われるでしょう。 コクシジウム症の症状と治療 コクシジウム症を発症すると、主な症状として下痢を引き起こしますが、状態が悪化してくると、嘔吐や元気の減退といった症状も見られるようになります。 さらに下痢を繰り返すために、徐々に脱水症状を引き起こしてしまい、さらにこの状態を放おっておくと命の危険にも関わってきます。 万が一、コクシジウム症を発症した場合には、すぐに動物病院にいくようにしましょう。 また、注意しなければならないのが同居している動物がいる場合です。 可能な限りフェレットは隔離し、他の動物や同居フェレットに感染が尋がならいようにしなければなりません。 また逆に、同居フェレットや動物からコクシジウム症が感染した可能性も検討しましょう。 コクシジウム症は通常であれば、1〜2週間の投薬治療で完治しますので、2次感染を防ぐためにも、飼育環境を綺麗にするなどの対策が必要となります。 スポンサードリンク フェレットに多く見られる病気の可能性も 3〜4歳の大人のフェレットに多く発症が見られる病気の症状でも、下痢の症状は見られます。 「インスリノーマ」や「毛球症」といった病気が、フェレットに好発する病気で知られますが、インスリノーマを発症した場合には、他の症状に合わせて常時、下痢をするようになります。 インスリノーマとは、膵臓に腫瘍ができてしまう病気で、場合によっては命にかかわる恐ろしい病気です。 インスリノーマは主にインスリンの分泌に悪影響を及ぼしてしまう病気で、インスリンの異常分泌を引き起こしてしまいます。 インスリンが関係する病気には「糖尿病」が多く知られますが、糖尿病はインスリノーマと反対に、インスリンの分泌量が減少してしまう病気です。 インスリノーマの症状と治療 インスリノーマの症状としては下痢の他、ふらついていたりよだれを流すと言った様子が見られるようになります。 また、しきりに口元を掻く様子が見られたり、歩いてもふらついてしまったり、視線が定まらないままボーッとした様子も見られるようになります。 インスリノーマであった場合では、長期的な介助が必要になります。 基本的にインスリノーマの診断・治療は動物病院で行われますが、インスリンの分泌量を常にコントロールする必要がありますので、そのほとんどの期間は自宅での治療となります。 具体的にはステロイドを経口投与したり、食事の管理を行うなど、飼い主さんが自宅内で介護する必要があります。 さらに、その殆どは悪性である場合が多く、症状を落ち着かせても完治させることはできない病気でもあります。 嘔吐や下痢を伴う毛球症 フェレットが毛球症である場合には、嘔吐や黒っぽい下痢をするようになり、食欲なども低下していきます。 毛球症とはフェレットが自分の体を毛づくろいしている時に、毛づくろいと一緒に毛を飲み込み続けてしまうことで引き起こされる病気です。 少量であればそのまま排泄されていきますが、飲み込む毛の量が多いと胃の中で毛玉になってしまい、排泄も吐き出すこともできなくなってしまう症状です。 毛玉のサイズが大きくなってくると、胃や腸を塞いでしまうことになってしまい、吐き出すことも排泄することもできないために嘔吐や下痢を引き起こしてしまうのです。 こうなると動物病院で開腹手術を行わなければなりません。 毛球症を防ぐには、日頃から毛を排泄させるためのケアを行う必要があります。 異物や食べてはいけないものを食べてしまった とてもやんちゃな動物で、遊ぶことが大好きなフェレットですが、この性格が災いして、体内にダメージを受ける場合もあります。 具体的には、自宅内での「事故」ですが、何気なく置いていた観葉植物や食べ物を、フェレットが口にしてしまうことでも下痢を引き起こし、口にしてしまう物によっては命の危険もあるでしょう。 また、床に落ちているゴミや小銭などを食べてしまい、腸に詰まりを起こしてしまったために下痢をしてしまうなんてこともあるのです。 フェレットは居間などで遊ばせる場合には、こうした細かい点にも注意するようにし、フェレットが誤って食べてしまうものが置かれていないか、十分に注意してから遊ばせるようにしましょう。 熱中症も下痢の症状が見られます コクシジウム症やインスリノーマ、毛球症といった病気の他にも、下痢を伴う好発の病気は存在しますが、いずれの場合も病院にすぐいって診察を受けたほうがよさそうです。 フェレットが下痢を引き起こしてしまう要因には、こうした病気のほか異物を飲み込んでしまったり、なれない食べ物を食べてしまったりというケースが多いです。 疑うべきは、まずは日頃から変わったものを口にしていなかったか、フードを切り替えたばかりではないかなど、飼育環境を今一度見直してみましょう。 また、 季節によっては熱中症を引き起こしている事も考えられます。 熱中症を引き起こしてしまうと元気の減退や嘔吐、下痢などの症状が見られるようになり、重篤な状態になると命にかかわる場合もありますので注意が必要です。 まとめ フェレットが下痢をしてしまっている場合には、まずは落ち着いて状況判断するようにしましょう。 場合によっては、便を病院に持込み、検査してもらう場合もありますので、汚れ内容に片付け、まずはフェレットが下痢をしてしまう原因を考えてみましょう。 もちろん、 下痢以外の症状を引き起こしている場合には、すぐに動物病院にいく必要がありますが、ちょっとした事でも下痢をしてしまうフェレットですので、まずはフェレットの様子と、それまでの行動について落ち着いて考えてみましょう。 こうしても見当がつかない場合や、明らかに病気が疑われる場合には、動物病院で診察するようにし、また、原因が何か分からないにしても、一度ケージや使用していたハンモック等を丸洗いしておいたほうが良いでしょう。 スポンサーリンク• 投稿ナビゲーション.

次の