ソーラン 節 意味。 南中ソーラン

ソーラン節の振り付けの意味は?曲や踊りの種類は?

ソーラン 節 意味

ソーラン節は日本人なら誰もが知っている北海道民謡です。 ヤーレン・ソーランと始まり、繰り返し歌われるこのソーラン節は、歌う人の脳裏にしっかりと残る優しい響きがあります。 また唄の途中に「ドッコイショ」という掛け声も入り、これは日常会話でもよく使われている言葉だけに、その軽快なメロディを口ずさんだことのある人は少なくありません。 「チョイ ヤサエ エンヤンサー ノドッコイショ…」、どこかで一度は聞いたことがある一節です。 しかしソーラン節の意味は不可解であり、今日では単なる掛け声の組み合わせにしか思われていないようですが、それは間違いです。 実はソーラン節は元来、ヘブライ語の行進賛歌であり、そこには驚くほどわかりやすい意味が隠されていたのです。 まずヤーレンに注目してみましょう。 ヘブライ語には「喜び歌う」という意味を持つ rinen、リーネン の未来形として yeranen、イェラネン という言葉があります。 これは普通に発音すると「イェラネン」となり、それが多少訛ってほぼ同等の発音に聞こえる「ヤーレン」になったのでしょう。 「ソーラン」も、それとまったく同じ発音を持つ solan というヘブライ語があります。 この言葉はソロシンガー、すなわち「一人の歌い手」を意味します。 するとイェラネン・ソーランは「一人で喜び歌う! 」と解釈できます。 だからこそ、ソーラン節の歌詞には「沖の鴎に潮時問えば、わたしゃ立つ鳥、波に聞け」というような孤独なイメージの節が多いのです。 「チョイ・ヤサエ・エンヤン・サー」も明らかにヘブライ語が語源です。 「チョイ」のルーツはヘブライ語で「ツォイ」という発音を持つ であり、これは「行進する」、「前進する」の意味です。 また、「ヤサエ・エンヤン」は「まっすぐ目指す」という意味のヘブライ語、 です。 この言葉はそのままヘブライ語の辞書にも事例としてしばしば掲載されています。 そして saar、サー という言葉は、ヘブライ語で「嵐」を意味する言葉です。 すなわちこの囃子詞は「たとえ嵐が来ようとも 約束の地を目指して 真っ直ぐに進め! 」という行進の掛け声だったのです。 さらにこの囃子言葉の最後は、「ノ・ドッコイショ」という掛け声で締めくくられます。 na、ナ は、「お願いします! 」という祈りの言葉であり、「ナ」が「ノ」に訛ることもあったと考えられます。 「ドッコイショ」は既に解説したとおり、「神の助けによって押しのける」という意味を持っています。 これらを合わせると「神の御力によって押し進んで行けますように! 」という祈りの唄になります。 もはや疑う余地はありません。 ソーラン節は、荒波を乗り越えて約束の地に向かう際に歌ったヘブライ賛歌であり、神の導きを信じて歩み続ける旅人が、嵐さえも恐れず、たとえ一人でも喜び歌いながら、神に叫び求めてひたすら前進して行くための行進曲だったのです。 これは紀元前7世紀以降、イザヤの予言に従って大陸を横断し、「東の海の島々」を捜し求めたイスラエルの民が、アジア大陸から海を渡り、日本列島を目指すときに口ずさんだ賛歌であったとも考えられます。 前途に立ちはだかるさまざまな大自然の困難にもめげずに、神を信じて航海を続け、海を渡って約束の地へ到達することを夢みた、その喜びの唄がソーラン節です。

次の

民謡の革命「ソーラン節」

ソーラン 節 意味

Contents• ソーラン節は「北海道日本海側沿岸で生まれた、漁師の民謡」です。 北海道にある後志・積丹半島から余市郡にかけての地域では、 江戸時代から昭和初期にかけてニシン漁がとても盛んでした。 春になると、ニシンで海が真っ白になるくらいにニシンが取れていたそうです。 ニシンが取れすぎるせいで、この時期には地元の漁師だけでなく「ヤン衆」と呼ばれる 北海道各地や東北地方などからの出稼ぎ漁師もやってきて、 我先にとニシンの漁獲高を争っていたそうですよ。 ただ、海に出れば大漁間違いなしなのは良いけど、 春先なので海はまだまだ寒いし網が手に食い込んで痛い! という訳で、ソーラン節は漁師たちが過酷な職場で働く自分たちを勇気づける為に 歌っていたとされています。 ですからソーラン節は別名「鰊場作業唄(にしんばさぎょううた)」とも呼ばれています。 ソーラン節は5番まであるので全て載せられませんが、 試しにソーラン節の歌詞を1番だけ見てみましょう。 スポンサーリンク 関連記事: 南中ソーラン節とソーラン節の関係は? ソーラン節が北海道のニシン漁の歌だという事は分かりましたね。 ただ、現在皆さんが良く見るソーラン節は、 「盆踊りのようにのんびりした民謡」というより 「現代風のかなり激しいダンス」だと思います。 では、この激しいソーラン節は一体何なのでしょうか。 このソーラン節は、「南中ソーラン節」と呼ばれています。 南中というのは「稚内市立稚内南中学校」の略で、 この学校の教員と生徒がソーラン節を今風にアレンジして作り上げたので このような名前になっています。 と言っても、編曲から何から一から作った訳ではありません。 振り付けは教員と学生で考えたそうですが、曲は伊藤多喜雄さんが編曲した 「TAKiOのソーラン節」というもので、 これは一時期テレビのCMに使われていたそうです。 このCMをたまたま見た南中学校の教員が、「これなら子供たちにもウケる」と考え 新しいソーラン節を提案したのが始まりでした。 南中学校はこのダンスで第9回民謡民舞大賞全国大会に出場する事になり、 さらにそこで舞踊家の春日寿升にさらにカッコよく振り付けを再構成してもらって 南中ソーラン節は完成したそうです。 上記の動画は、南中ソーラン節の踊りです。 元々のソーラン節とはかなり違う事が分かります。 どちらにも良さがありますから、ぜひその違いを楽しんでみてくださいね。 スポンサーリンク 関連記事: ソーラン節とYOSAKOIソーラン節の関係は? さらに、ソーラン節でよく聞くのは「YOSAKOIソーラン節」です。 YOSAKOIソーラン節は、さきほど説明した南中ソーラン節とも少し違います。 では、YOSAKOIソーラン節とは一体何なのでしょうか。 実は、ソーラン節が進化した一つの結果が、YOSAKOIソーラン節です。 徳島県では阿波踊りというのがとても有名ですが、その阿波踊りに対抗する為に 高知県では1954年からよさこい祭りというのを開催し、 それに付随して「よさこい踊り」というのが作られました。 このよさこい踊りは年を追うごとに賑わいを見せました。 そしてある時北海道大学の学生がこのよさいこ踊りを体験してひどく感動し、 「ぜひ北海道でもこのようなお祭りやダンスを広めたい」と考え 高知県の「よさこい」と北海道に昔からある「ソーラン節」を合体させ 「YOSAKOIソーラン節」として広めたのがYOSAKOIソーラン節の始まりです。 現代風にカッコよくアレンジされたソーラン節は瞬く間に全国に広まり、 色んなイベントやダンス大会で踊られるようになりました。 スポンサーリンク ソーラン節の曲や踊りの種類は? では、ソーラン節の曲や踊りの種類は現在いくつぐらいあるのでしょうか。 大きな流れとしては元々の民謡であるソーラン節、 そしてそこから派生した南中ソーラン節で2種類ですが、 実はソーラン節はそこから無限に曲や踊りの種類があります。 その理由は、YOSAKOIソーラン節です。 毎年6月になると北海道稚内市で「YOSAKOIソーラン祭り」という、 ソーラン節のダンス大会が開かれます。 普通〇〇ダンス大会というと、課題曲やテーマがある程度 決められているような気がしますが、YOSAKOIソーラン祭りは違います。 YOSAKOIソーラン節には、以下の2つのルールしかありません。 ・ 鳴子を持って踊る。 ・ 演舞に使う曲に「ソーラン」というフレーズを入れる。 以上の2つのルールを守っていれば、 どんな曲だろうと踊りだろうと「ソーラン節」だと名乗ってOKです。 ですから流行りの曲の中にソーランというフレーズを入れれば それはソーラン節になります。 勿論振り付けも、ソーラン節の根本である海や船、漁師を表現する必要もありません。 楽曲の中にソーランというフレーズが入り、鳴子を持っていさえいればいいので 自分たちがカッコいい!と思う振り付けで自由に踊る事ができます。 ジャズ系が得意なダンスチームはジャズ系で、 ヒップホップ系が得意なダンスチームはヒップホップ系でと、色んな組み合わせで ソーラン節が踊られています。 ですからソーラン節は無限に曲や踊りがあると言えるのです。 スポンサーリンク YOSAKOIソーラン節はどこで見れる? では、 そんな色んな曲や踊りが見れるYOSAKOIソーラン節はどこで見られるのでしょうか。 ここではYOSAKOIソーラン節が見られるイベントをいくつか紹介します。 YOSAKOIソーラン祭り YOSAKOIソーラン節発祥の地である北海道札幌市で開催されるイベントで、 毎年6月上旬の5日間で開催される大規模なお祭りです。 観客数は200万人とかなり多く、毎年多大な賑わいを見せています。 ソーラン節だけのお祭りなので、 ソーラン節がたくさん見たい!という人にはぜひ行ってほしいイベントです。 公式サイトはです。 気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。 にっぽんど真ん中祭り にっぽんど真ん中祭りは、毎年8月に愛知県名古屋市で開催されているイベントです。 こちらもダンスコンテストなのですがちょっと参加資格が変わっていて、 「自分の地元をアピールする為に、ダンスに地元の民謡のフレーズを入れる事」 が条件となっています。 ですからこちらのイベントではソーラン節だけでなく、 色んな民謡のアレンジダンスを見る事ができますよ。 公式サイトはです。 気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。 みちのくYOSAKOI祭り みちのくYOSAKOI祭りは、毎年10月初旬に宮城県仙台市で開催されているイベントです。 観光客は75万人とかなりに賑わいを見せているお祭りです。 またこちらも「地元の踊り」を重視していて、 ダンスに使う楽曲には民謡を組み込むことがルールとなっています。 民謡の良さを改めて知る事のできる楽しいイベントです。 公式サイトはです。 気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。 ・ 衣装もカッコいい!YOSAKOIソーラン節• YOSAKOIソーラン節と言えば、ダンスもそうですが衣装もカッコいいのが有名です。 ダンスチームオリジナルの物も多いですが、 ぱっと既製品を見てもグっと来るものが多いですよ。 「こんなカッコいい衣装を着てカッコいい踊りを踊ってみたい!」と思ったら ぜひYOSAKOIソーラン節を初めてみてください。 まとめ ソーラン節は、ニシンを取る漁師たちの歌でした。 その為ソーラン節の振り付けは、魚を取る漁師の動きや海・船の様子を表現しています。 またそれとはまったく別に、 YOSAKOIソーラン節という、海や漁師に全く関係しない踊りもあります。 古いしきたりに捕らわれず色んな可能性を試していけるソーラン節を ぜひ一度体感してみてくださいね。

次の

普通のソーラン節とは違う!よさこいソーラン節の厳選動画5選

ソーラン 節 意味

青年海外協力隊の派遣前訓練は勉強だけじゃない。 毎日軽く運動もするし、夜暇なときは有志が集まってバスケットボールをしたりバドミントンをしている。 そんな中、暇なときに一人でひたすらバク宙の練習をして、ひとり歩くのもやっとくらいの激筋肉痛になって絶賛体はつらいよ中の、大村康太( )です。 先日、駒ヶ根訓練所で 「ソーラン節講座」が行われた。 この講座は希望者が参加するといった形で行われた講座だったが、平日にも関わらず約40人の訓練生が参加した。 この講座の趣旨は 「ソーラン節を世界で広めませんか?」みたいな感じである。 大村は小さな時に踊ったことがあったかな?くらいの記憶しかないほぼ初心者だったが、恥を覚悟で参加したのでした。 思えば大村は、自分が映っている動画を見るとほかの人に比べてなにか変。 手足の長さの問題か、リズムの問題か、感覚の問題か。 それは分からないが、とりあえず自分が自分の動画を見るとなにか違和感を感じるのである。 だから、ちゃんと動いて「お!完璧!」と心の中で自画自賛しても、あとで見直すと大概心が痛んでいる。 運動音痴ではないが何かが音痴な大村だけど、 ソーラン節を踊ってみてとても面白かったし、これは派遣国で紹介したら面白いなって思ったのでシェアしようと思う。 そもそも「ソーラン節」って何? あなたは「ソーラン節」といえばなんとなくは「あぁ~、あれね」って思うことだろう。 では聞こう。 あなたはソーラン節を踊ることができるだろうか? そもそも「ソーラン節」とは何なのか知っているだろうか? かつて北海道の日本海沿岸には、春になるとニシンが産卵のために、大群となって押し寄せてきた。 メスが卵を産み、オスが一斉に放精する。 そのありさまは、海が白く染まるほどだったという。 江戸時代から昭和の初期にかけて、群がる鰊を目当てにした漁で日本海沿岸は大いに賑わった。 毎年、春の漁期が近づけば、東北地方や北海道各地から「ヤン衆」と呼ばれる出稼ぎ漁師が一攫千金を求めて、西海岸の漁場に続々と集まってくる。 彼らは宿舎を兼ねた網元の大邸宅「鰊御殿」に集結し、船頭による統制の元でニシンの「群来」(くき、と読む)を待ち続けるが、やがて群来の一報が入るや、一斉に船を漕ぎ出し、網でニシンを獲る。 獲られたニシンは浜に揚げられ、一部を食用としての干物「身欠き鰊」に加工する以外はすべて大釜で炊いて魚油を搾り出し、搾りかすを「鰊粕」に加工する。 鰊粕は北前舟貿易で西日本に移出され、現地でのミカンや藍、ワタ栽培の高級肥料として評判を博した。 一連の漁期が一段落した5月の北海道西海岸はニシン製品の売買や、帰郷前に歓楽街へ繰り出す漁師達の喧騒で「江戸にも無い」といわれるほどの賑わいに包まれたという。 ソーラン節は、その一連のニシン漁の際に唄われた「鰊場作業唄」の一節、「沖揚げ音頭」が分化し、独自に変化したものである。 「ソーラン ソーラン」の囃し言葉にちなんで「ソーラン節」と呼ばれるようになった 引用: ふむふむ。 ただ踊るのも面白いが、ソーラン節の起源を知ればもっとソーラン節が面白くなりそうだ。 その意味を知っているだけで踊りに意味を込めることができる。 任地で「ソーラン節のこの動きって何なの?」と聞かれたら答えられるようにしておくといい。 ちなみに大村が派遣される予定のパラグアイは内陸国なので海がない。 そういう国だからこそ、島国日本の漁業由来のソーラン節を紹介することは日本文化の紹介にもつながると思っている。 また、大村の出身は青森県八戸市。 めちゃくちゃ漁業が盛んである。 八戸市出身者として踊れないなんてことは避けたい。 ソーラン節の歌詞 残念ながらソーラン節は「方言のオンパレード」で最初から何を言っているかを聞き取ることは至難の業である。 ましてや聞き取れないのに歌の意味を考えることもできない。 ということで、ソーラン節の歌詞を紹介する。 音楽をかけて踊るだけじゃなくて、自分で大声で歌いながら踊るともっと盛り上がるし楽しく踊ることができるようになるだろう。 (ハイハイ・チョイは手拍子) ヤーレンソーランソーラン ヤレン ソーランソーラン ハイハイ 男度胸は五尺のからだぁドンと乗り出せぇ波の上チョイ ヤサエンエンヤーーーァサーァのドッコイショ ハードッコイショドッコイショ ヤーレンソーランソーラン ヤレン ソーランソーラン ハイハイ 舟も新らし乗り手も若い 一丈五尺のろもしなるチョイ ヤサエンエンヤーーーァサーァのドッコイショ ハードッコイショドッコイショ ヤーレンソーランソーラン ヤレン ソーランソーラン ハイハイ 沖の暗いのは北海あらし おやじ帆を曲げぇかじをとれチョイ ヤサエンエンヤーーーァサーァのドッコイショ ハードッコイショドッコイショ ヤーレンソーランソーラン ヤレン ソーランソーラン ハイハイ おやじ大漁だ昔と違う 獲れた魚はおらがものチョイ ヤサエンエンヤーーーァサーァのドッコイショ ハードッコイショドッコイショ 引用: 3. 踊りが下手くそだろうとどうでもいい。 大切なのは踊るのが好きだっていうハートだ。 実際、今回のソーラン節講座に参加した多くの人が「昔やったことあるけどほぼ未経験」だった。 ソーラン節講座は約1時間20分くらい行われた。 最初にとりあえず見よう見まねで踊って、ちょっとずつ解説を聞き、また踊る。 また踊る。 また踊る。 そんな感じの進み方。 休憩を挟み、5回くらい踊った。 踊る前、大村はソーラン節を舐めていた。 まず第一に 屈伸運動がめちゃくちゃある。 フルスクワットのオンパレードだ。 足の筋肉を総動員させるから毎日ソーラン節を5セットくらいやっていたら確実に痩せると思われる。 講師の先生が「とりあえずまずは見よう見まねで踊ってみましょう!」なんて軽々しく言っていたが、ソーラン節一セット目にして総員40名皆ヘロヘロであった。 恐るべしソーラン節。。。 そして、意外と 動きのキレが半端ない。 速い動き、キレを出すということはどういうことか?それは陸上競技で言うと短距離的な瞬発力を発揮しなければならないということだ。 それに加えて動きの柔らかさ。 この瞬発力と柔らかさを同時に兼ね備えるソーラン節をマスターしたらものすごくかっこいい。 実際、教えていただいた講師の方はものすごくかっこよかった。 それくらいかっこいい。 そしてソーラン節はただ踊るだけではない。 今回は5列で並んでやっていたが、なんと フォーメーションを変化させたり、時間差で踊るといった高度な技も駆使できるらしい。 踊りは3次元。 それに加えて多様な空間と時間の概念までブチ込むことができるなんて、もう4次元の世界すごすぎである! ただ踊るといった単調なところから、フォーメーションの変化を取り入れることで任地では確実にウケることだろう。 ちなみにこれが超絶すごいソーラン節である。 これを任地の子供たちとできたらヤバイ。 ソーラン節から学んだこと よく考えてみてほしい。 ソーラン節って別に踊らなくても生きていける。 わざわざ踊る必要って本当はないのかもしれない。 だけど、 そういう理屈関係なく踊るのが楽しい。 これを学んだ。 うまく踊れない、運動音痴、苦手、恥ずかしい。 そんなの一切関係ない。 たくさんの人と「ソーラン節」というひとつのことを共有すること。 一緒に汗をかいたり、体を動かしたり。 そういう時間を共有できることがソーラン節の面白さの秘密なのだと思った。 ぼくは正直言うと、 協力隊で派遣されて日本文化を紹介するなら「日本のあいさつ」とか「宗教」とか、そいういうものより「ソーラン節」の方がいいと思った。 なぜなら、「こういうのが日本ではあるんだよ」という紹介だけで終わってしまったら、本当に文字通り「紹介だけ」で終わってしまうからだ。 そして、 知識を紹介されるより、体験の方が面白いからだ。 ソーラン節は多くの人を巻き込むことができる。 みんなでやるスポーツはやっぱり楽しい。 学校現場で「ソーラン節」をやるというのも面白い。 大村は陸上競技隊員として派遣されるが、それだけをやるつもりはない。 もっと幅広いフィールドで活動しようと思っている。 陸上競技は専門的な人に対する指導になってしまうが、 ソーラン節は誰でもすることができる。 より多くの人を巻き込むことができるという点が素晴らしいと思う。 あなたも任地で「ソーラン節」を広げませんか? 2016年3月東京学芸大学教育学部生涯スポーツ専攻卒業。 2017年9月~南米パラグアイで青年海外協力隊として活動。 指導した選手たちは南米大会において短距離種目で銀・銅メダル、混成競技での優勝、やり投げでの銅メダルに輝きました。 パラグアイで一番の走幅跳選手になるために孤軍奮闘中。 ブログ、SNSの更新頻度は多めです!.

次の