楽天カード 楽天ゴールドカード 違い。 楽天プレミアムと楽天ゴールドの比較!違いはどこ?切替の特典はある?

楽天ゴールドカードと楽天カードはどっちがお得かを比較!年間どのくらい楽天市場を使うと、楽天ゴールドカードがお得か計算してみた。

楽天カード 楽天ゴールドカード 違い

一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップで人気がある楽天カードの上位カードといえば、これまでは楽天プレミアムカードでした。 ゴールドカード相当のクレジットカードです。 2016年9月からは、楽天カードの新ラインナップ「 楽天ゴールドカード」が登場しました。 格安ゴールドカードに相当するクレジットカードです。 楽天ゴールドカードと 楽天プレミアムカードのどちらがいいのか迷う方も多いでしょう。 そこで、2つのカードの違いについて、63枚のクレジットカードを保有した経験があり、年会費の最高額は118万円の専門家が徹底的に比較します。 机上の空論ではなく、実際に数多くのクレジットカードを実生活において徹底的に活用した経験を活かして2020年の最新の状況を分析しました。 年会費とポイント還元率の比較 楽天ゴールドカードの年会費は本会員2,000円 税抜 、家族会員1名あたり500円 税抜 です。 他方、 楽天プレミアムカードの年会費は本会員10,000円 税抜 、家族会員1名あたり500円 税抜 です。 一般の楽天カードでは原則として500円 税抜 かかっていたの年会費は、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードのいずれも無条件で無料です。 楽天キャッシュ購入などごく一部の利用分はとなります。 のコアである楽天ポイントは以下で徹底解説しています。 ので、メインカードとしてガンガン使うことも可能です。 、キャッシングの利用など、ごく一部にが発生する取引があります。 楽天カードにて楽天市場・楽天ブックスでお買物すると、ポイント 3倍~16倍になるサービス「」があります。 家族カードもSPUのポイントUPの対象となるのでユーザーフレンドリーです。 エントリーは不要なので便利です。 楽天ゴールドカードが+2倍となるのは月166,667円の利用分、楽天プレミアムカードは月50万円なので、利用金額が大きい場合は楽天プレミアムカードも候補となります。 多額のお買い物を行うと、SPUでザクザクと楽天ポイントが貯まるのでバリューが高いです。 以下はなんと22,543ポイントを獲得した履歴です。 楽天市場の基本1%、楽天カードの基本1% 合計2% 以外は期間限定ポイントとなります。 楽天SPUは特に期限は定められていませんが、予告なく変更・中止になる場合があります。 SPUで得られる上乗せポイント数は、月間上限が決まっています。 詳細は以下で精緻に分析しています。 特に期限は定められていませんが、予告なく変更・中止になる場合があります。 楽天ゴールドカードと 楽天プレミアムカードのポイント還元率の違いはありません。 ENEOS等の楽天カードのポイントアップ店、 楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナの勝利でポイントUP等の各種キャンペーンの内容は同一です。 一般カードの楽天カードと比較して、楽天市場・楽天ブックスでのポイント1%アップのみを重視する場合は、年会費がリーズナブルなが候補となります。 楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを保有して、SPUや各種キャンペーン・セールなどを活用していくと、恐ろしい程にザクザクと楽天ポイントが貯まっていきます。 私は楽天関連サービスの活用、キャンペーンによって、毎月大量の楽天ポイントを獲得しています。 2017年7月11日には会員全体で、楽天ポイントの累計付与ポイント数がなんと1兆ポイントに到達しました。 プライオリティパスが無料! 楽天プレミアムカードを持っていると、 世界中の148ヶ国、600を超える都市で1,300ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題となるプライオリティパスに無料で入会できます。 10,000円 税抜 のコストでプライオリティ・パスに無料で加入できるのが大きなメリットです。 簡易書留で申し込みから1週間~2週間程度で到着します。 有効期限到来にともなう自動更新はありません。 有効期限が近づくとメールで連絡があるので、再度申し込みましょう。 プラチナカードは自動更新のカードが大多数なので、この点はデメリットですが、年会費が10,000円 税抜 と格安なのでやむを得ないと考えます。 搭乗する航空会社、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できるのが大きなメリット。 格安航空券利用時も使えますし、1日に2回以上ラウンジを使うことも可能です。 通常は年会費429米ドルであるプレステージ会員が0円です。 1ドル107. プライオリティパスで利用できるラウンジには飲み物や軽食・スナック、インターネットサービスなどがあり、フライト前の一時を快適に過ごせます。 本来はビジネスクラス以上の搭乗者か、航空マイレージプログラムの上級会員に限定されている航空会社運営のVIPラウンジは、アルコール飲み放題、食事が充実、シャワー室があるなど内容が優れています。 また、利用対象者も少ないため、ストレスない優雅な一時が送れます。 ゴールドカードならOKのラウンジは混んでいて落ち着かない時がありますよね。 日本国内ではKAL Business Class Loungeなどを利用可能です。 例えば、エミレーツ航空、カタール航空、エティハド航空などの中東の航空機を使って、欧州・南米・アフリカなどにフライトする場合は、経由地で3~7時間の待ち時間が生じることが多いです。 この待ち時間にプライオリティ・パスを使ってVIPラウンジで過ごすと、とても快適に旅行できます。 飲み物や食べ物を戴いたり、シャワーやインターネットで待ち時間を快適に過ごせますし、空港における盗難のリスクも減らせます。 海外のハブ空港の中には、一つの空港の中にプライオリティ・パスを使えるラウンジが複数箇所ある空港も多いです。 仁川、シンガポール、バンコクなどのハブ空港を経由して旅行に出る場合、プライオリティ・パスは大活躍します。 また、プライオリティ・パスを保有していると、 手荷物検査後にあるVIPラウンジを利用できるというメリットがあります。 一般的なゴールドカードで利用可能なのは、手荷物検査前にあるラウンジが大多数です。 飛行機に乗る前に手荷物検査を受ける必要があるので、搭乗時間より前もってラウンジを出て、手荷物検査終了後は待合室で待機する必要があります。 一方、プライオリティ・パスで利用できる手荷物検査後にあるVIPラウンジは、搭乗開始のアナウンスがあってからラウンジを出ても十分に間に合うので、 搭乗間際まで快適に寛げます。 オーストラリアなど一部の空港では、レストランの割引も受けられます。 レストランの支払いから一定額 約3,000円前後 のディスカウントを享受してお得に食事できます。 関西国際空港では午前7時~午後10時に営業している「ぼてぢゅう」で3,400円の割引を受けられます。 レストランや免税店での10%OFF等のオファー、プライオリティレーン 英のみ もあり、空港内で多様な優待があります。 プライオリティ・パスはスマホアプリ(・)もあり、空港にあるラウンジがすぐに検索・確認できるので便利。 お気に入りのラウンジを「Favorites」に登録しておくこともできます。 プライオリティ・パス無料の特典が付帯しているクレジットカードについては、以下で徹底的に解説しています。 家族会員は年会費無料なので、年会費20,000円 税抜 にて夫婦でプライオリティパスを使えます。 その他のプラチナカードならではの特典も充実しています。 プライオリティパス狙いで夫婦で楽天プレミアムカードに加入するなら、MUFGプラチナ・アメックスと、年会費無料のの2枚持ちも選択肢となります。 選べる3つの優待コース には3つの優待コース(トラベルコース・楽天市場コース・エンタメコース)が用意されており、そこから一つを選ぶことができます。 これらの特典は家族カードは対象外です。 楽天ゴールドカードにはないベネフィットです。 楽天関連サービスをお使いになっている方ですと着実にお得になるサービスです。 トラベルコース 海外旅行の 手荷物宅配サービスが年2回受けられます。 行きも帰りもどちらもOKです。 空港と自宅の間の移動が身軽になるので便利ですね。 年間2回の利用回数は初回トラベルコース登録年月を起点に1年間です。 利用できる空港は成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港です。 利用にはクーポンが必要で会員サイト「楽天e-NAVI」から発行できます。 従来はクーポン発行の手続きを行うと、郵送されてくる流れでしたが、現在は会員サイトで直接発行できます。 クーポンを即座に印刷できるので、利用する前日でも申し込みが可能です。 国内宿泊予約を専用デスクで受けてくれます。 利用月の翌々月20日頃までに、月末まで有効の期間限定ポイントとして付与されます。 利用月の翌々月20日頃までに、月末まで有効の期間限定ポイントとして付与されます。 楽天ブックス利用分は対象外となります。 ポイント付与のタイミングは対象の特別指定キャンペーンのポイント付与のルールと同様になります。 動画も読書もお得に堪能できます(楽天koboの電子書籍は対象外)。 楽天ゴールドカードにはない特典です。 6%の内訳は「通常購入での1%+楽天プレミアムカード利用ポイントの2%+楽天カード利用特典ポイント2%+誕生日月の1%」です。 誕生月ポイントの上限は1万ポイントとなります。 ボーナス1万ポイントは100万円の利用額で得られるポイント数なので、よほど高級品や家電を集中購入しない限りは、上限まで到達する心配はないでしょう。 付与される月の月末まで使える期間限定ポイントとなります。 本会員の誕生月のみが対象となり、家族会員の誕生月は対象外となります。 国内主要空港・ホノルル・仁川の空港ラウンジ 国内主要空港・ホノルル・仁川の空港ラウンジは、楽天プレミアムカードは無料で使い放題です。 他方、楽天ゴールドカードは月2回までとなります。 これらのラウンジは本会員だけではなく、を持っている家族会員も利用可能です。 ラウンジではソフトドリンクが飲めますし、電源コンセントや新聞・雑誌などが用意されており、出発までの時間を快適に過ごせます。 アルコールやスナックが用意されているラウンジもあります。 プライオリティ・パスは不要で国内空港ラウンジは年2回のみでOKの場合は、年会費がリーズナブルなが候補となります。 一例として、羽田空港の場合は、手荷物検査後にあるラウンジを利用できます。 、と同様に、搭乗直前までラウンジでくつろぐことが可能なので便利です。 なお、年会費負担を抑えて国内空港ラウンジを使い放題で利用したい場合、他のゴールドカードがおすすめです。 、で空港ラウンジを使えるカードがあります。 エポスゴールドカードは、エポスカードを年間50万円以上利用するとインビテーションが届く可能性が高いカードです。 インビテーションが届いてから申し込むと、年会費がずっと無料で保有できます。 エポスゴールドカードは年会費無料であるにもかかわらず、空港ラウンジを利用できるというメリットがあります。 ただし、ラウンジが利用できる国内空港の数は、 楽天ゴールドカードの29空港と比較すると、19空港と少なめとなっています。 また、三菱UFJニコスの「 MUFGカード ゴールド」も空港ラウンジを利用可能です。 本会員の年会費は初年度は無料、2年目以降は1,905円 税抜 です。 登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」に登録すると、2年目以降の年会費は半額となり、952円 税抜 となります。 年1回、利用分を翌月以降に繰り越して手数料が発生すればOKです。 リボ金額を変更して、少額を繰り越すようにしましょう。 国際線の飛行機に搭乗する際は、国内の主要7国際空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港 旧ホノルル空港 のラウンジが無料で利用できます。 国内旅行傷害保険は附帯していません。 楽天プレミアムカードの方は、海外旅行傷害保険が自動付帯となり、自動付帯の国内旅行傷害保険も加わります。 最も利用頻度が高くて重要な傷害治療費用・疾病治療費用は300万円であり、安価なプラチナカードを凌駕することもある高水準です。 楽天ゴールドカードの200万円の保障は年会費1万円のゴールドカードと同水準のことも多く、楽天プレミアムカードの300万円の保障は安価なプラチナカードを凌駕することもある高水準です。 家族カードも同一の保障です。 夫の本会員が家族全員の旅行代金を支払った場合、妻が家族カードか本人カードを持っていれば、妻も保障対象となります。 友人や同僚3人で海外旅行に行く場合で、3人とも楽天カードを保有しており、全員分の旅行代金をそのうちの1人がまとめて楽天カードで支払った場合、楽天カードを保有している方全員に対して保険が適用されます。 保障内容、保険が有効となる支払いの定義、保障対象の詳細については、以下で徹底的に解説しています。 ショッピング保険 楽天プレミアムカードには 最高300万円のショッピング保険が付帯します。 正式名称は「動産総合保険」です。 楽天ゴールドカードにはありません。 カードで購入した商品の損害が 購入日から90日間補償されます。 自己負担額は1回の事故につき3,000円です。 1万円未満の購入品は補償対象外となります。 また、自動車、自動二輪車、動物、植物、切手、乗車券類・チケット、食料品、携帯式電子機器など一部保険の対象とならない商品もあります。 これは楽天プレミアムカードに限った話ではなく、どのクレジットカードでも類似の規定があります。 インターネットで不正利用された時、 カードの紛失・盗難による不正使用の損害も補償されます。 最高で300万円ならほとんどの品物は保険でカバーされます。 しかも海外のみならず国内での購入も対象です。 お買い物が安心・安全になります。 年会費無料のカードだと、ショッピング保険は「海外での利用かリボ払いのみ」といった制約がついていることがほとんどです。 は国内で1回払いで購入した商品も年間300万円まで補償されるので安心です。 Hertzレンタカー優待 楽天プレミアムカードは、世界最大のネットワークを誇るレンタカー会社「Hertzレンタカー」をお得な料金で利用できます。 世界145カ国以上、10,300カ所もの拠点があり、世界中でお得にレンタカーの旅を楽しめます。 国内で事前に予約したうえで、現地で楽天プレミアムカード・予約確認書・国際運転免許証・日本の運転免許証を提示し、楽天プレミアムカードで支払う流れです。 楽天ゴールドカードにはハーツレンタカーの割引優待はありません。 楽天ビジネスカード 楽天カードには個人事業主・中小企業経営者向けのビジネスカード・法人カードもあります。 「 楽天ビジネスカード」という名前です。 国際ブランドはVISAのみで年会費は2,000円 税抜 です。 単独では申し込めないビジネスカードです。 楽天プレミアムカードを保有していると発行できます。 楽天プレミアムカードの年会費は10,000円 税抜 であり、ビジネスカードと合計で12,000円となります。 楽天ビジネスカードは、 楽天ポイントが100円あたり1ポイント貯まるのが特徴です。 還元率1%です。 個人・法人カードとの使い分けによって経費処理の簡素化とお得なポイント還元を享受できます。 ビジネスカードとしては高還元の部類に入ります。 その他のビジネスカードと比較検討したいという場合は、をご参照ください。 その中でも特におすすめカードは以下で徹底的に解説しています。 楽天ビジネスカードで貯めたポイントも、、を使うと、リアル加盟店での買い物で楽天ポイントを便利に使えます。 大手コンビニ、ドラッグストア、ファーストフード、百貨店などでポイントを消化できるので、使い道に困ることはありません。 楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードと支払い口座を分けられるので、プライベートの支出とビジネスの支出を分離できます。 楽天ビジネスカードは 複数枚のを発行できます。 ETCカードの利用でも1%の楽天ポイントが貯まります。 楽天ビジネスカードに付帯して楽天ETCカードを保有する場合、1枚目は年会費が無料で、2枚目より1枚につき年会費500円 税抜 になります。 20歳以上で安定した収入のある法人代表者(会社登記上の代表権が必要 、個人事業主の方が申し込めます。 利用可能枠は楽天プレミアムカード・楽天ビジネスカードを合算して最高300万円となります。 国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険、動産総合保険は楽天プレミアムカードのみの付帯となり、楽天ビジネスカードでの上乗せはありません。 支払い預金口座が法人名義の場合、商業登記簿謄本または法人登記印の印鑑証明書が必要となります。 その他詳細は以下にまとめています。 楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードに同時入会することもできますし、まず楽天プレミアムカードを作って追加することもできます。 入会キャンペーンはまず楽天プレミアムカード単体を作成した方が豪華です。 楽天プレミアムが1年間無料 楽天プレミアムカードを保有していると、1年間無料で「楽天プレミアム」を利用できます。 楽天プレミアムとは、楽天グループのお得な特別会員プログラムです。 年会費3,900円 税込 で3つのお得なベネフィットを受けられます。 楽天ゴールドカードにはない特典です。 第一に、楽天市場の送料分相当がポイントで還元されます。 送料無料の商品の場合は、ポイント2倍 上限500ポイント となるのが利点。 実際に嬉しい還元を受けられました! 楽天市場の商品の中で「プレミアム・学割 対象」マークがついているものが、送料分ポイント還元サービスの対象商品です。 第二に、楽天トラベル・楽天ブックスなど楽天グループの様々なサービスで、プレミアム会員用の特典を享受できます。 楽天TV:有料動画購入もしくはレンタルでポイント2倍• 楽天トラベル:予約・利用でポイントが2倍• 楽天ブックス:商品購入時のポイントが2倍 送料+ポイントUPの特典で1ヶ月間に626ポイントを得たこともあります。 第三に、楽天プレミアム会員限定のお得なクーポンが用意されています。 会員専用のクーポンページから確認できます。 楽天プレミアムカード申込み後、通常1週間程度で楽天プレミアムが利用できるようになります。 メールで連絡が来るのでユーザーフレンドリーです。 既に楽天プレミアムに登録したか、もしくは1か月無料体験中の場合は、楽天プレミアムカード契約月の翌々月末までに3,900ポイントが通常ポイントで還元されます。 楽天プレミアムの1年間無料特典が終わった時は、自動更新はされません。 更新する場合は申し込む必要があります。 自動課金されないので安心して使えます。 電子マネー対応 、 のいずれも、ポイント付与対象の電子マネーは同じです。 電子マネーへのチャージはポイント付与の対象外です。 楽天ゴールドカード、 楽天プレミアムカードは楽天Edyへのチャージでは0. 5%のポイントが貯まります。 電子マネーとしては日本最大級に利用できる店舗が多くて便利。 代表的な店舗は以下の通りです。 楽天Edyの機能が付帯した一体型カードも選べます。 カード入会時にEdy機能付帯を選択すると、楽天Edyがプレゼントされるキャンペーンも定期的に行われています。 その他、交通系電子マネーのとにはチャージ可能ですが、ポイント付与の対象外です。 WAONとPASMOにはチャージできません。 これらにチャージしたい場合は、として対応のクレジットカードを使いましょう。 おすすめのクレジットカードは下表の通りです。 電子マネー カード名 還元率 年会費 税抜 0. 5-1. 5-1. 5-1. 他方、 楽天プレミアムカードは1. 5倍の300万円です。 楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードよりもワンランク上のゴールドカード相当だけあって、与信額も大きくなっています。 国際ブランド 国際ブランドはどちらも、JCB、VISA、Mastercardの三種類があり、ダイナースクラブはありません。 楽天プレミアムカードの方はアメックスブランドも選択可能です。 アメックスブランド希望の場合は楽天プレミアムカードが候補となります。 JCBだとJCB PLAZA、ディズニー関連キャンペーン、ハワイでのトロリーバスなど、が充実しています。 VISAかMastercardは、世界中で幅広く利用できるのが大きなメリットです。 JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外での利用時は使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。 地球上のあらゆる所で広範に使える圧巻の決済力があります。 一枚で世界中を飛び回れます。 事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です NILSON REPORT 2018年4月。 この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。 飛車角です。 カードフェイス 楽天ゴールドカードのカードフェイスは、左上に「Rakuten」というアルファベットとRのマークがあり、右側は上から楽天ポイントカード・楽天Edyのロゴ、ホログラム、国際ブランドのロゴで構成されています。 楽天プレミアムカードの方は、左上はRのロゴと「楽天」の文字になっています。 色は楽天ゴールドカードの方が淡いゴールド色となっています。 JALカードのCLUB-AカードとCLUB-Aゴールドカードの色の違いと似たイメージです。 この程度は楽天市場・楽天ブックスを利用するという方も多いでしょう。 問い合わせ窓口 楽天カードの問い合わせ先は、コンタクトセンター 営業時間9:30~17:30 です。 電話が繋がりにくく、待たされることが多いのがデメリットです。 楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードは一般カードとは別の「楽天プレミアムカードデスク」を利用できます。 営業時間は9:30~17:30と楽天カードと同一ですが、電話にはつながりやすい傾向にあります。 楽天ブラックカードのインビテーション 楽天カードにはプラチナカードに相当する「楽天ブラックカード」もあり、楽天プレミアムカードよりも更にベネフィットが拡大します。 コンシェルジュ• プライオリティ・パスが同伴者2名まで無料• 楽天市場・楽天トラベル・エンターテイメントの全てでポイントアップ プレミアムカードは一つ• 国際ブランドごとのプラチナカード特典• 海外旅行傷害保険(最高1億円にアップ&家族特約が付帯)• 国内旅行傷害保険(家族特約が付帯) Mastercardブランドの場合、(コース料理1名分無料・2個の手荷物無料宅配など)を利用できます。 特にお得なのは、出発・帰国時の手荷物無料宅配 2個 、高級レストランを2名以上で利用すると1名分が無料になるサービスです。 プライオリティ・パスで世界中のラウンジが無料で使い放題になるので、です。 の中でもエッジが利いています。 一般カードのも含めたカードスペックの比較は下表のとおりです。 まとめ 最後に、楽天ゴールドカードと 楽天プレミアムカードについて比較しやすいように、違いを一覧表にまとめました。 国内空港ラウンジについても、2018年9月以降は楽天ゴールドカードの無料回数は年2回となりますが、楽天プレミアムカードは無制限のままで優位性があります。 また、楽天市場での利用がお得になる優待コースが3つ用意されていて、そのうち1つを選べます。 誕生月のポイント優遇もあります。 海外旅行傷害保険は自動付帯になり、補償額もアップします。 最も利用頻度が高くて重要な傷害治療費用・疾病治療費用は300万円であり、安価なプラチナカードを凌駕することもある高水準です。 自動付帯の国内旅行傷害保険、安心してお買い物できるショッピング保険も付帯します。 その代わり、楽天プレミアムカードは本会員10,000円 税抜 、家族会員500円 税抜 と年会費が上がっています。 この他では、楽天プレミアムカードを持っていると、個人事業主・中小企業経営者向けの 「楽天ビジネスカード」も発行可能です。 年会費は2,000円 税抜 です。 引き落とし口座を分けて支払いが可能、楽天ETCカードを個人用・会社用と複数保有可能といった業務上の経理処理に役立つメリットがあります。 楽天ビジネスカードも基本還元率1%で楽天ポイントが貯まり、ビジネスカードとしては高還元の方です。 また、1度限りの特典となりますが、楽天プレミアムカードの方は、楽天グループのサービス利用で諸々の特典が付帯する「楽天プレミアム」が1年間無料で利用可能です。 基本的にはプライオリティ・パス、その他優待特典と年会費の差を天秤にかけて、かかを決めることになります。 楽天ゴールドカードは定期的に入会キャンペーンを行っています。 昔は2,000ポイントでしたが、最近は5,000ポイント以上のキャンペーンを行っています。 ポイントの内訳は、1,000ポイントが自動付与され、受取申請で更に2,000ポイントです。 これらはカードを使わなくてもゲットできます。 また、カードを1回利用するだけで自動的に更にポイントがつきます。 条件は非常に緩いためおすすめです。 以下からご加入いただくと、キャンペーンが適用されます。 楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードよりも更に入会キャンペーンが充実します。 楽天ゴールドカードからの切り替えの場合でも一部ポイントプレゼントがあります。

次の

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードはどっちがお得?どちらのゴールドカードを作るかで迷ってる方に、それぞれのメリットを解説。

楽天カード 楽天ゴールドカード 違い

どっちがお得になるかは年間利用金額次第。 楽天で年間22万円以上利用する楽天ヘビーユーザーなら楽天ゴールドカードを検討する価値あり 2016年9月1日に楽天カードに新たなラインナップが加わりました。 楽天ゴールドカードは、格安ゴールドカードにありがちな、色はゴールドだけど空港ラウンジを使えないなんちゃってゴールドカードではなく、しっかりと空港ラウンジも使えます。 ただしこれは 期間限定ポイントも含めて、ポイントをすべて有効に使えた場合です。 年会費が安くて空港ラウンジを使えるカードとして、空港ラウンジ目的で楽天ゴールドカードを選ぶのであれば楽天ポイントはおまけでしかないかもしれません。 ですが、楽天ポイント目的なのであれば期間限定ポイントの仕組みを理解してから楽天ゴールドカードにするか、それとも楽天カードにするのか決めるべきです。 楽天ETCカード申込時点の楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は初年度無料。 また、次年度以降は、ETCカード年会費請求月(ETCカード入会月の翌月)の会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合には、次年度1年間無料。 ETCカードの年会費 無料 good 合計3%分のポイントがたまる• 通常ポイント:1%• 楽天カード決済で:+2%(内、 1%分は有効期限がポイント付与翌月末日までの期間限定ポイント) 楽天市場でのポイント還元率 合計5%分のポイントがたまる• 通常ポイント:1%• 楽天カード決済で:+3%(内、 2%分は期間限定ポイント)• 楽天ゴールドカード決済で:+1%( 期間限定ポイント) good 1% 楽天以外でのポイント還元率 1% 最高2,000万円(利用付帯) 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯) 搭載 楽天Edy 搭載 搭載 楽天ポイントカード機能 搭載 - 空港ラウンジサービス 成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港などの国内主要空港のラウンジに加え、ハワイ ホノルル国際空港、韓国 仁川国際空港のラウンジを無料で利用できる good 期間限定ポイントに注意!ポイントの有効期間が約一月半しかありません 2016年1月18日からスーパーポイントアッププログラム(SPU)が始まり、楽天市場で楽天カードを利用すると、よく多くの楽天ポイントがたまるようになったのですが、多くたまるようになったポイント分は、 有効期限の短い期間限定ポイントです。 楽天ゴールドカードの+1%分も同じく期間限定ポイントです。 楽天市場で楽天カードを使ったときにたまるポイント 楽天市場で楽天カードを利用したときにもらえる期間限定ポイントは、 ポイント付与予定日が翌月15日頃、そして 有効期限が付与翌月末日までです。 なので、 ポイントの有効期間は約一月半しかありません。 期間限定ポイントは使いきれるものなのか 期間限定とはいえ有効期間が一月半はあるので、意識さえしていれば使い切ることは難しくはないんじゃないでしょうか。 定期的に楽天を利用している方なら問題ないんじゃなかと思います。 私はと言うと、基本的には使い切れています。 ですがたまに忘れることもあります。。。 下の画像は私が期間限定ポイントを使い忘れて失効させてしまったときのものです。 皆さんはこうなってしまわないように気をつけてください。 楽天ゴールドカードの+1%分は期間限定ポイント 楽天ゴールドカードは、楽天市場で利用したときは、楽天カードよりも+1%分ポイントが多くたまりますが、このポイントは期間限定ポイントです。 下の画像の赤枠部分です。 楽天市場で使ったときの1%分の差は期間限定ポイント 1年間でたまる合計ポイント数 1年間でたまる合計ポイント数 楽天市場での年間利用金額 楽天カード 楽天ゴールドカード ポイント差 12,000円(月平均1,000円) 480ポイント 600ポイント 120ポイント 24,000円(月平均2,000円) 960ポイント 1,200ポイント 240ポイント 36,000円(月平均3,000円) 1,440ポイント 1,800ポイント 360ポイント 48,000円(月平均4,000円) 1,920ポイント 2,400ポイント 480ポイント 60,000円(月平均5,000円) 2,400ポイント 3,000ポイント 600ポイント 72,000円(月平均6,000円) 2,880ポイント 3,600ポイント 720ポイント 84,000円(月平均7,000円) 3,360ポイント 4,200ポイント 840ポイント 96,000円(月平均8,000円) 3,840ポイント 4,800ポイント 960ポイント 108,000円(月平均9,000円) 4,320ポイント 5,400ポイント 1,080ポイント 120,000円(月平均10,000円) 4,800ポイント 6,000ポイント 1,200ポイント 132,000円(月平均11,000円) 5,280ポイント 6,600ポイント 1,320ポイント 144,000円(月平均12,000円) 5,760ポイント 7,200ポイント 1,440ポイント 156,000円(月平均13,000円) 6,240ポイント 7,800ポイント 1,560ポイント 168,000円(月平均14,000円) 6,720ポイント 8,400ポイント 1,680ポイント 180,000円(月平均15,000円) 7,200ポイント 9,000ポイント 1,800ポイント 192,000円(月平均16,000円) 7,680ポイント 9,600ポイント 1,920ポイント 204,000円(月平均17,000円) 8,160ポイント 10,200ポイント 2,040ポイント 216,000円(月平均18,000円) 8,640ポイント 10,800ポイント 2,160ポイント 228,000円(月平均19,000円) 9,120ポイント 11,400ポイント 2,280ポイント 240,000円(月平均20,000円) 9,600ポイント 12,000ポイント 2,400ポイント 結局、どっちがいいの 楽天ゴールドカードの利用でもらえる+1%分は期間限定ポイントなので、期間限定ポイントを有効に使い切れる前提で、年間22万円以上楽天市場を利用するなら楽天ゴールドカードの方がお得です。 また、空港ラウンジを年2回以上使いたい方も、楽天ゴールドカードの方がいいです。 空港ラウンジは、空港ラウンジを利用できるクレジットカードを持っていないくても1回1,000円程度で利用できます。 なので2回利用すれば年会費の元が取れる計算になります 楽天カード.

次の

楽天カードのブランド(VISA/MasterCard/JCBなど)の違いを比較!おすすめ&変更方法は?

楽天カード 楽天ゴールドカード 違い

現在、楽天カード株式会社が発行している一般消費者向けゴールドカードには下記2枚が存在するんですが、正直、似たり寄ったりのデザイン&名称ゆえに、どちらを選んでいいのかわからない…という方は多いはず。 実際、クレジットカードの専門家である私でも、あれっ、どっちが年会費の安いゴールドカードだっけ?と間違ってしまうこともあるくらいなので、クレジットカードに不慣れなみなさんであれば尚更、わかりにくいのではないでしょうか? そこで今回はこれから楽天カードを作ろうと思っている方向けに、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いを徹底解説。 これを読んでいただければきっと、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのかが一目瞭然でおわかりいただけるものと思いますよ。 楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカード比較: 2種類のゴールドカードを表で比較: 早速、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードを比較してみたいと思います。 わかりやすく年会費、ポイント還元率、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、国内外の空港ラウンジ利用などなどの項目で2枚のゴールドカードを比較してみたので参考にしてみてください。 海外旅行傷害保険• 国内旅行傷害保険• プライオリティパス• 国内空港ラウンジの回数制限 それ以外はほぼ、違いらしい違いが存在しない状況なので、これらの項目に魅力を感じる方は楽天プレミアムカード発行、いやいや魅力に思えないな…という方は楽天ゴールドカードで十分でしょう。 年会費にして8,000円の差はあるのか? では、これらの項目に年会費差8,000円分の価値があるのか…というと、これは海外旅行や海外出張に頻繁に行く方であれば十分すぎるほどにあり。 特に楽天プレミアムカード保有者であれば無料発行可能なプライオリティパスは、1枚持っていると海外空港での滞在がグンと快適になるものなので、年に2回以上海外に行くならあると間違いなく便利&お得です(プライオリティパスについて詳しくは下記記事を参照)。 楽天市場でのお得さには差がほとんどない: 反面、楽天市場でもっとポイントを獲得したい…という場合でも、楽天プレミアムカードは作らなくてOK。 下記のように毎週火曜日&木曜日のみ+1%になるだけの差なので、8,000円分の年会費差をポイント獲得のみでどうにかしようと思ったら、年80万円分もプレミアムカードデーで楽天プレミアムカードを利用しなくてはいけません。 プレミアムカードデーで年80万円以上利用:楽天プレミアムカードのほうがお得• 楽天ゴールドカードのほうが年会費が安い分だけお得となります。 楽天ブラックカードを狙いたいならプレミアムカードを: 楽天カードには今回比較をした2種類のゴールドカードよりも更に格上の、楽天ブラックカードというクレジットカードが存在します。 しかし、このクレジットカードは自分から申込をすることが出来ない招待制のカード。 入手するためには楽天カード株式会社側から『あなたは楽天ブラックカードを持つのに相応しい人だ!』と認定されなくてはいけないわけですが、その判断をしてもらいたいなら楽天プレミアムカードを持つべきだと言われています(詳しい入手方法は下記記事参照)。 まぁ、『いつかは楽天ブラックカードを持ちたい!』って思っている人がどのくらいいるかはわかりませんけれど、もしみなさんが最上位の楽天カードを持ってみたい…と思っているのであれば、楽天ゴールドカードよりも楽天プレミアムカード保有を選択してみてくださいね。 まとめ:海外に行くかどうかで選択を まとめます。 楽天プレミアムカードは主に海外旅行や海外出張者向けのゴールドカードなので、年に2回以上、海外に行くことがある…という方なら作る価値あり。 しかし、海外なんて滅多にいかないとか、楽天ポイント獲得のみに注力したい…という方であれば楽天ゴールドカードで十分ですね。 年会費負担が少ない分だけ、ザクザクとポイントが溜まっていくことでしょう。 以上、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードはどっちがお得?どちらのゴールドカードを作るかで迷ってる方に、それぞれのメリットを解説…という話題でした。 参考リンク: 楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの比較ではなく、年会費無料の楽天カードと楽天ゴールドカードの比較については下記記事も参考に。 年会費は2,000円でも払いたくない…という方はしっかりそちらとも比較してもらえればと思います。 cardmics.

次の