マルチ エクスペリエンス ディズニー。 知らないと損する!WDW 年間パスポート活用術 ( 特典 )

【ディズニーランド】ファストパス徹底解説!発券方法&使い方まとめ!アプリ対応やマルチエクスペリエンスも

マルチ エクスペリエンス ディズニー

この記事を読むと…• 知らなきゃ損 デジタルファストパスの仕組みがわかる• デジタルファストパスならではの新しい使い方を発見• パーク体験をより効率的に! デジタルファストパス TDRに上陸 デジタルファストパスが7月17日より運用スタート 東京ディズニーリゾートでは、2000年より「ディズニー・ファストパス」の運用がスタートしました。 ディズニーファストパスはパークを訪れた人なら、ほぼ全ての人が使ったことがあるでしょう。 そして、遂に先月からオンライン上でファストパスを取得できる新サービス 「デジタルファストパス」が東京ディズニーリゾートに導入されました。 デジタルファストパスとは!? デジタルファストパス デジタルファストパスは、 2019年7月17日より、東京ディズニーリゾートに導入されました。 これまでは、対象アトラクションの近くに用意されている発券機を使って紙のファストパスチケットを発券していましたが、デジタルファストパス導入後は、 その必要はありません。 パークではデジタルファストパスについての冊子も配られている スマートフォンを使うことで、オンライン上から 場所に縛られることなくファストパスの発券が可能になりました。 ファストパス発券はアプリから アプリのアップデートで機能が追加された デジタルファストパスはスマートフォンアプリ「」より取得することができます。 ファストパスの発券データはパークチケットに紐づくため、アプリ上でファストパスを取得した後、次回発券可能時間を過ぎずに発券機でファストパスリマインダーを発行…等は行なえません。 デジタルならではの使い方 一度発券したファストパスをキャンセルできる 一度発券したファストパスのキャンセルが可能 デジタル上でファストパスの取得を制御できるようになったため、 一度取得したファストパスをキャンセルすることが可能になりました。 他のショーやレストラン予約等の予定とファストパス利用時間がかぶってしまった場合、ファストパスをキャンセルすることでその時点で発行できる他のアトラクションのファストパスを改めて取得することができます。 キャンセルが出れば発券が終了したアトラクションでもファストパスが取得できる 逆に言うと、当日分のファストパス発行が終了したアトラクションでも、 キャンセルが発生すればファストパスを取得できる可能性があるのです。 キャンセルができるのは、デジタルで管理できるからこそのメリットです! キャンセル状況はリアルタイムに反映されるので、早いもの勝ちです。 運休時には「マルチエクスペリエンス」として機能 そうそう、FP取ったアトラクションがメンテに入ると何にでも乗れるマルチエクスペリエンスに変わるんだよっ🎵 — ぶう kumattyo また、システム調整等により、ファストパス利用時間にアトラクションが動いていなかった場合はファストパスが「マルチエクスペリエンス」に自動で変化。 これまでは、発券機の台数や発行にかかる時間などにより、各アトラクション毎にスピードがバラバラでしたが、デジタルファストパスの導入により、同時に多くのゲストがアクセスしファストパスを発行することができます。 利用時には2次元コードの読み取りが必要 利用時に2次元コードを読み取る ファストパス取得がアプリで上で行えるようになりましたが、その 利用方法もデジタル化されました。 これまで、ファストパスチケットを見せることでファストパスエントランスを利用できていましたが、アプリで発券した場合チケットは発券されません。 利用時間になると2次元コードが表示される 利用時間になると 画面に2次元コードが出現します。 ファストパスエントランス利用時には2次元コードを読み取らせる必要がある このコードを ファストパスエントランスにある専用端末に読み取らせることでファストパスエントランスを利用することができます。 画面ではなく、パークチケットの2次元コードでもOKです。 ファストパスエントランスに設置されている読み取り端末 また、ファストパスリマインダーを発券所で発行した場合も、パークチケットの2次元コードの読み取りが必要です。 効率的なパーク体験にデジタルファストパスは必須 デジタルファストパス導入でパーク体験はより便利に! デジタルファストパスの導入により、 パーク体験の効率は飛躍的に向上しました。 食事をしながら、ショーを待ちながら、アトラクションを待ちながら…ファストパスを手元で発券できる最高に効率的な機能です。 しかし、逆に言うとソアリンの現状のようにデジタルファストパスを知らないゲストはどんどん取り残されていく状態でもあります。

次の

【WDW準備】マイディズニーエクスペリエンスの登録方法は?アカウントは日本語でも取れるの?|Have A Magical Dayーディズニー夢と魔法の旅

マルチ エクスペリエンス ディズニー

35周年限定チケット まず、ディズニーのマルチエクスペリエンスについて説明します。 ディズニーランド&ディズニーシーでは、点検や何らかの原因でアトラクションが急に運営中止になってしまうことがあります。 マルチエクスペリエンスは、そういった急なアトラクションの運営中止の時にアトラクションのキャストさんからもらうことができるチケットです。 ・ファストパスを取得したアトラクションが突然運営中止になって、復帰の目途が立たずに1日運休になり乗れなくなった場合 ・ファストパスを取得した時間に運営中止になって乗れなかった場合 ・アトラクションに乗っている時に緊急停止した場合 などが該当例となります。 せっかく早く人気のアトラクションのファストパスを取れたのに運営中止になって乗れなくなるのはショックですよね。 そういった場合にマルチエクスペリエンスというチケットをもらい、そのチケットを使い他のアトラクションに優先的に乗ることができます。 昔からこういった運営中止になった場合にもらうことができたチケットがあり「優先入場整理券」という青いチケットがありました。 「優先入場整理券」は知っている人が多いかなと思いますが、「優先入場整理券」と同じようなシステムです。 現在は「優先入場整理券」がなくなりマルチエクスペリエンスになっています。 【ディズニー】マルチエクスペリエンスの取得方法 ファストパスを取得していたアトラクションが突然中止になり、マルチエクスペリエンスの対象になる場合は、ファストパスを発券した当日利用しているパークチケットに付与されます。 アプリでファストパスを取っている場合は、「プラン」にあるファストパスがマルチエクスペリエンスに変わります。 また、アトラクションに乗っている間に緊急停止してマルチエクスペリエンスの対象になる場合は、そのアトラクションキャストさんからパークチケットの提示を求められます。 パークチケットをキャストさんが持っている機械でスキャンして、その後にパークチケットにマルチエクスペリエンスが付与されます。 アプリにパークチケットを登録している場合は、「プラン」のところにマルチエクスペリエンスが表示されます。 「マルチエクスペリエンス」という紙のチケットはありません! 分からないことがある場合は、近くのアトラクションキャストさんに聞いてみてくださいね。 【ディズニー】マルチエクスペリエンスの使い方 ディズニーマルチエクスペリエンスの使い方 マルチエクスペリエンスを使う時は、当日利用したパークチケットかアプリを準備しましょう。 アプリでチケットを管理している場合は、プランのところにあるマルチエクスペリエンスの画面を準備して乗りたいアトラクションに向かいます。 乗りたいアトラクションについたら、近くにいるアトラクションキャストに声を掛けましょう。 ファストパス対応のアトラクションの場合は、スタンバイ列ではなくファストパス専用の列の方に誘導されます。 ファストパス非対応のアトラクション場合は、既に並んでいるゲストの間に特別に入れてもらいます。 筆者もマルチエクスペリエンスを使った時は、ファストパス非対応のアトラクションで、キャストさんが並んでいるゲストに事情を説明し誘導してくれます。 簡単にいうと並んでいる人たちの間に割り込む形になります。 そのため、マルチエクスペリエンスを使って入りますが、間に入れてくれたゲストの方とキャストさんにきちんとお礼を言うようにしましょうね! 【ディズニー】マルチエクスペリエンスのルール ディズニーマルチエクスペリエンスのルール マルチエクスペリエンスもアトラクションに優先的に乗ることができるものです。 そのため、ファストパスとなんとなく似ていますが、マルチエクスペリエンスの場合は時間など指定されておらずアトラクションも好きなものに乗れます! 好きなアトラクションに乗れるとありますが1つルールがあります。 ファストパス対応アトラクションでマルチエクスペリエンスが発行された場合には、各ディズニーリゾート内にあるほぼすべてのアトラクションに使うことができます。 しかし、ファストパス非対応のアトラクションでマルチエクスペリエンスが発行された場合は、ファストパス非対応のアトラクションにしか使うことができません。 ファストパス非対応のアトラクションの不具合でマルチエクスペリエンスが発行され、そのマルチエクスペリエンスを使ってファストパス対応の人気アトラクションに時間指定なく乗れてしまうのは少し不公平。 上記の理由からこういったルールになっているんだと思います。 まとめ.

次の

知らないと損する!WDW 年間パスポート活用術 ( 特典 )

マルチ エクスペリエンス ディズニー

優先入場整理券 優先入場整理券とは、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのアトラクションの体験中あるいは、スタンバイ中にトラブルが発生した場合に配布されるチケットのこと。 見た目は白地に青い書体でプリントされており、ファストパスに比べシンプルです。 一部アトラクションを除き、ほとんどのアトラクションを好きなタイミングで優先的に案内してもらえる、魔法のようなチケット。 自分で発券する必要があり時間帯や対象アトラクションが制限されるファストパスに比べると、効果の高さが分かりますね。 それだけ強力な優先入場整理券。 いつでも簡単にもらえる、というわけではありません。 優先入場整理券をもらえる条件は? 優先入場整理券をもらえる条件は、大まかに分けて4つあります。 さらに、当日中のリカバリーが困難である 簡単にいえば「待っていたアトラクションにトラブルが発生した場合」です。 しかし、綿密なメンテナンスが行われている東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは、きわめてレアケース。 アトラクションが体験できなかった残念さよりも、優先入場整理券という珍しいチケットを配布してもらえた喜びのほうが上回るでしょう。 悲しい思い出よりも、楽しい素敵な思い出のほうがゲストの記憶に残る、なんともディズニーらしいサービスです。 利用方法は、アトラクションのキャストにたずねると詳しく教えてくれますよ。 トラブルが起きたばかりだと現地は混乱状態のはず。 大声でアナウンスしてくれますから、よく耳を傾けましょう。 例えば、 「アトラクションがトラブルにより一時見合わせ。 そのままスタンバイすることも可能だが、列から抜けると優先入場整理券を配布してもらえる」という場合もあります。 そういった場合も、アナウンスが入るはずです。 「トイ・ストーリー・マニア!」にくわえて、もう1つ何らかのアトラクションが当てはまる場合もあります。 優先入場整理券の魅力は「ファストパス対象ではないアトラクションでも、優先的に案内してもらえる」ということ。 ですから、優先入場整理券をフルに活用したいのであれば、ファストパス対象ではないアトラクションで、優先入場整理券を使用しましょう! ファストパス対象ではないアトラクションには、当然ながらファストパス専用列が存在しません。 一般ゲストでは通ることができない特別な通路を歩いて、アトラクション乗車口まで移動することになります。 せっかく、レアな優先入場整理券をゲットできたのなら、普段は体験できない特別な体験がしたいですよね。 周囲のゲストよりも早くアトラクションに乗れるなんて、ちょっぴり優越感を感じてしまいます。 まるでVIPのような待遇は、一生記憶に残ることでしょう。 一番乗りたい、いちばん混んでいるアトラクションで優先入場整理券を使うのも良いですが、こんな使い方もあるということを覚えておくと、いつか役立つはずですよ! 優先入場整理券がディズニーマルチエクスペリエンスに変更 ディズニーマルチエクスペリエンス 東京ディズニーリゾート・アプリが導入されたことによりアプリでファストパスが取得できるようになりました。 そのため、アトラクションに乗れなくなってしまった場合、ファストパスがマルチエクスペリエンス変更となります。 優先入場整理券で対応していた部分がアプリでの対応に変更となったようです。

次の