コロナ どうやって うつる。 どんなウイルスで、どのように感染するのか? 新型コロナウイルスのそもそも論(峰宗太郎)

【新型コロナ対策】私たちが知るべきこと、やるべきことは?

コロナ どうやって うつる

2~3月にかけては通常、インフルエンザの流行が続くと同時に、スギ花粉の飛散量が増える時期でもあります。 せき、発熱などがあると、これらの病気に加えて今年は、の恐れを抱く人もいるかもしれません。 ただ、今のところ全国で爆発的な流行という状況にはなっていないので、落ち着いて行動することが必要です。 どんな時に感染を疑うべきか、そして、疑わしい場合にどうすればいいかについて、やなどの情報を基に、2020年2月21日現在分かっていることをまとめました。 【編集部】 接触または飛沫で感染 新型コロナウイルスは「接触感染」または「飛沫(ひまつ)感染」すると考えられています。 中国の衛生当局はこれ以外に「エアロゾル感染」の可能性も示していますが、正式には確認されていません。 接触感染 ウイルスなどの病原体が付着したもの(ドアノブ、階段の手すり、椅子のひじ掛け、照明のスイッチなど)に触れた手指で目や鼻などの粘膜に触ることで起こる感染です。 飛沫感染 感染者がせきやくしゃみ、話すなどしているときに病原体と一緒に飛び出すしぶき(飛沫)を口や鼻から吸い込んで起こる感染です。 飛沫は水分を含む比較的重い粒子のため、短時間で床や地面に落ちてしまいます。 エアロゾル感染 飛沫よりも小さく一定の時間、空気中を漂うことがある粒子(エアロゾル)にさらされた場合に起こる感染です。 ただ、エアロゾル感染は、あるとしても特殊な環境に限られるとされており、厚労省は「飛沫感染に相当する」とみています。 空気感染 このほかに、感染症の伝わり方には「空気感染」があります。 上述の「飛沫」の水分が蒸発した後に残る小さく軽い粒子が長時間空中を漂い、それを吸い込むことで感染します。 はしか(麻疹)や水ぼうそう(水痘)など、強い感染力を持つウイルスは空気感染することが知られていますが、今のところ新型コロナウイルスで空気感染の例は見つかっていないこともあり、強い感染力があるとは考えられていません。 濃厚接触 新型コロナウイルスの報道などでは「濃厚接触」という言葉をよく耳にします。 これは「必要な感染予防策なしで手で触れること、または対面で2m以内の距離で会話するなどの接触をした」場合で、感染リスクが高まります。 感染の恐れがある人や発熱した人などと同居する人は、マスクを着用し手指の衛生を徹底するようにしてください。 衣服やリネン類の洗濯は通常通りで問題ありません。 このような感染経路から、手洗いの重要性や、どのような状況でマスクをすべきかが理解できるでしょう。 コロナウイルスの超微細構造がわかるイメージ図=CDCのイメージライブラリーより 37. 2月17日に新たに公表された最新の「相談・受診の目安」は次のようになっています。 風邪の症状や37. センターでは事情を聴き、必要に応じて適切な医療機関を受診できるよう調整します。 疑わしいからといって、直接医療機関を受診することはくれぐれも避けてください。 今のところ新型コロナウイルス感染以外の病気の人が圧倒的に多い状況だそうです。 などの可能性がある場合には、まずかかりつけ医に相談しましょう。 8割は軽症、基礎疾患のある人は重症化のリスク もし感染してしまったらどう治療するのでしょうか。 の2月19日の発表によると、患者の80%以上が軽症で、残る20%弱の患者は息切れ、敗血性ショック、多臓器不全といった重症・重篤な症状に陥るとしています。 また、は、高齢者や上述のような基礎疾患のある患者は重症化のリスクが高くなる恐れがあるとみています。 今のところ新型コロナウイルスによる肺炎に特効薬はありません。 呼吸管理や症状を緩和するなどの対症療法を受けます。 中国では抗HIV薬による治療が奏功したとの情報があり、厚労省が治験を開始。 ほかに診断方法や治療法・ワクチン開発を進めています。 ただ、これらは数カ月以上の時間がかかることが考えられます。

次の

新型コロナウイルスは、どうやって感染するのか? そして重症化する患者の特徴は?

コロナ どうやって うつる

コロナ初期症状「なし」 割合 新型コロナウイルス初期症状「なし」の場合、厄介な問題が生じます。 というのも、自分が新型コロナウイルスに感染していることに気が付かないため、不特定多数の人に対し、無意識のうちに感染させてしまうリスクが高まるためです。 では具体的に、新型コロナウイルス初期症状「なし」と診断される割合はどのぐらい見られるものなのでしょうか? まず厚生労働省によると、2020年4月8日時点で、日本国内で新型コロナウイルス感染者は4,257例です。 () この4,257例の内訳としては、• 新型コロナ患者• 無症状病原体保有者• 症状有無確認中• ここで言う「無症状病原体保有者」とは、症状はないが、PCR検査結果が陽性だった人のことを指します。 () なお、上記の数字にはダイヤモンド・プリンセス号で起きた集団感染のデータが含まれていません。 ダイヤモンド・プリンセス号のデータでは、新型コロナウイルス感染者の17. 9%は無症状だったため、データによりばらつきがみられることがわかります。 そのため、たとえ日本の大部分の人がどれだけ外出自粛をしようとも、日本経済を完全に停止しない限り、一部の「無症状病原体保有者」によって感染者が増え続ける可能性があるということを示しています。 「無症状病原体保有者」から、他者へウイルスがうつる可能性や潜伏期間について、詳しくはこちらの記事をご参照ください。 新型コロナウイルスへの感染リスクを増大させないため、正しいマスクの付け方について、こちらの記事で説明していますのでご参照ください。 コロナ初期症状「なし」 感染封じ込め では次に、新型コロナウイルス初期症状「なし」と診断された 「無症状病原体保有者」が他の人と接触することで、どのような感染の問題が発生するのかを、中国河南省の例をもとに考えてみましょう。 例えば 中国河南省平頂山市コウ県(人口約63万人)は、新型コロナウイルスを封じ込めるために、一旦は2020年2月上旬に都市封鎖の措置を受けました。 () 日本は2020年4月7日の時点で緊急事態宣言は出されていますが、まだ都市封鎖とまではいかないので、中国河南省の方が、より厳格な封鎖措置がされたと言えます。 そして中国河南省はその後、感染拡大が収まったとして、同月下旬には封鎖措置が解除されていました。 そこまでは良かったのですが、それから約2ヶ月後の2020年4月1日、中国河南省は「無症状病原体保有者」の存在が発覚したせいで、再度の都市封鎖となりました。 一旦は都市封鎖が解除された後、また封鎖されるのは中国では初めての事例です。 () このことから、「無症状病原体保有者」の存在が感染の封じ込めを困難にしている実態が浮かび上がったことが分かります。 日本においても、もちろん「自分も感染してしまったらどうしよう」という自分を守るための意識を持つことは重要かもしれません。 具体的にいうと、「もしかしたら自分も既に新型コロナウイルスに感染しているかもしれなので、他の人に感染しないようにしよう」という周りの人を守るための意識を持つことにより、• 外出自粛• 手洗い• マスク装着 等を徹底するべきです。 そうすることで、中国のような度重なる都市封鎖に陥る事態を回避できるはずです。 新型コロナウイルスの初期症状の一つである「喉の痛み」や、• 医療機関受診の目安 等について学びたい方はこちらの記事をご参照ください。 コロナ初期症状「なし」うつる コロナ初期症状「なし」と診断されたとしても、他の人にうつる可能性があるため、14日間は隔離される必要があります。 例えば民間企業に勤務している場合で考えてみると、もし風邪を引いているにも関わらず症状がなければ「会社に来て働けば?」などと言われて当たり前かもしれません。 しかし新型コロナウイルスの場合は異なっており、厚生労働省によると、感染してから14日間は隔離期間が必要とされています。 その間に保健所が患者の健康観察を実施し、症状に大きな変化がある等の場合は、医師の診察を受け、必要な場合には病院に入院することと定められているのです。 () 自宅で自主隔離を続ける場合は、感染を防ぐため家の中でも家族とは別室で過ごすはずです。 また入院となれば、気軽には家族の顔を見ることができない状態にも陥ります。 したがって、いつコロナが発症するか分からない状態で、隔離されることが重なり、精神的にも不安定になる人もいることでしょう。 そのような不快な状態に陥らぬよう、つまり新型コロナウイルスに感染しないように、• 外出自粛• 手洗い• マスク装着 を徹底する等により予防に努めるようにしましょう。 咳をすることで発生する飛沫感染や、コロナ予防策についてはこちらの記事をどうぞ。 コロナ初期症状「なし」医療崩壊 コロナ初期症状「なし」の患者や軽症者は、病院ではなくホテルへ移動する可能性があります。 というのも、新型コロナウイルスの患者が増え続けていくことにより、入院医療提供体制がひっ迫してきているためです。 () もし今後も新型コロナウイルス患者が増加し続ければ、感染症病床等が不足する問題が生じてしまいます。 これがいわゆる「 医療崩壊」と言われるものです。 () 具体的にいうと、日本ではイタリアよりも高齢化が進んでいるにもかかわらず、人口10万人あたりの集中治療室(ICU)のベッド数はたった5床程度です。 これはイタリアの半分以下であり、死者数から見たオーバーシュートは非常に早く訪れることが予想されます。 () そこで新型コロナウイルスの初期症状「なし」 と診断された無症状患者や軽症者は、重症患者に病院のベッドを譲るために、宿泊施設や自宅で待機する必要が出てきます。 安倍首相も緊急事態宣言の時のインタビュー(56分45秒のあたり)で、トリアージについても質疑応答しています。 トリアージとは、同時に多数の患者が出た時に、手当ての緊急度に従って優先順をつけることを指します。 海外では命の選択が行われているが、安倍総理はどう考えているか?という質問に対し、安倍首相は、軽症患者に民間の宿泊施設などに移動してもらい、重症患者が代わりに入院するということを説明していました。 ここで言う「軽症者」というのは「無症状病原体保有者」も含まれています。 また軽症患者が移動先とする「民間の宿泊施設」とは、一例を挙げると、アパホテルが該当します。 2020年4月6日に、アパホテルズ&リゾーツは、新型コロナウイルスの無症状者および軽症者のホテルでの受け入れ方針を発表しました。 () 一棟貸しが前提で• 東京で3000室、• 大阪は1500室、• 名古屋350室、• 合計で5000室未満 を提供できる準備があるといいます。 () このことについてアパホテルは風評被害も受けており、キャンセルも受けているにもかかわらず、元谷芙美子社長は以下のように言及しています。 「私の誇りとして、誰一人として社長の判断に反対する者がなくて、この国難にあたり一致団結して乗り切りたいと…。 今は大変ですけど、収まった先には10年後、アパホテルがいい役割をしてくださったという評価がいただけると思って、頑張ります」() このような先義後利の行動をとる方もいるため、日本の医療崩壊まで時間は稼げることが出来るかもしれません。 しかしそれにも限界があり、一人ひとりの予防への意識がより重要になってきているとも言えます。 つまり各自が、新型コロナウイルスに感染せぬよう、• 外出自粛• 手洗い• マスク装着 を徹底することにより予防に努めるようにしましょう。 新型コロナウイルスに感染した場合に、最もよく見られる初期症状「発熱」についてはこちらの記事をご覧ください。 もっと知りたい 新型コロナウイルスについて、もっと詳しく知りたい方向けにオススメ記事を紹介します。 についてはこちらの記事をご覧ください。 新型コロナウイルスの初期症状の中でも、特に緊急性の高い13症についてはこちらの記事をご覧ください。 についてはこちらの記事をどうぞ。 についてはこちらの記事をご参照ください。 については以下の記事をご覧ください 新型コロナウイルスの初期症状として、若者は軽症で済むかどうかについてはこちらの記事をどうぞ。 について、詳細はこちらの記事をご覧ください。

次の

【解説】 新型コロナウイルス、表面でどれくらい生きられる?

コロナ どうやって うつる

新型コロナウイルスの感染者が県内でも急増しています。 流行の懸念が高まる中、「未知のウイルス」とどう向き合ったらいいのでしょうか。 特徴や対策をまとめました。 A 人に感染するコロナウイルスはこれまでにも見つかっています。 昨年12月以降、中国で感染が相次ぎ世界中に拡大しているのが「新型コロナウイルス」で、7種類目に当たります。 既に知られているコロナウイルスのうち4種類は、一般的な風邪の原因となるもので、感染しても多くは軽症です。 残りの2種類は、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や、2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」で、重い肺炎になって重症化しやすいといわれています。 新型コロナウイルスが動物由来であるとの確定的な証拠は見つかっていません。 遺伝子配列がコウモリ由来のSARSに近いため、コウモリが感染源となった可能性が考えられていますが、どのように人に感染したか詳しくは分かっていません。 A 新型コロナウイルスに感染した場合、初期症状は風邪と変わらず、7日目ごろから呼吸が苦しくなるなど重症化することがあるとされています。 国内の症例では、発熱やせきといった症状が1週間ほど持続し、強いだるさ(倦怠(けんたい)感)を訴える方が多いようです。 感染との因果関係は証明されていませんが、味覚や嗅覚が感じづらいといった症状を訴える感染者の事例も報告されています。 感染しても約8割は軽症で済み、治癒する人が多い一方、新型コロナウイルスによる肺炎が重症化した場合は、人工呼吸器など集中治療が必要になります。 重症化するリスクが高いのは高齢者や、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの持病がある人、人工透析を受けている人などです。 発熱やせきなどの呼吸器症状がなくなり、鼻腔(びこう)や気管からウイルスを検出できなくなったら「治癒した」と判断しています。 中国疾病対策センターによると、中国で新型コロナウイルス感染症と診断された約4万4千人のデータ分析で、息苦しさなどを認めない軽症例が80%以上と多くを占めており、呼吸困難が生じる重症や呼吸不全に至る重症例は20%未満と報告されています。

次の