わたし定時で帰ります 第2話 ネタバレ。 わたし、定時で帰ります。 第1話のネタバレ、感想、ゲストについて

わたし定時で帰ります9話動画の無料視聴はこちら。ネタバレと感想も。pandora/dailymotionは?

わたし定時で帰ります 第2話 ネタバレ

結衣(吉高由里子)の先輩、賤ヶ岳八重(内田有紀)が職場復帰する。 賤ケ岳は結衣の新人時代の教育係で、双子を出産し育休をとっていた。 残業も厭わないと張り切る賤ケ岳に、結衣は戸惑いを隠せない。 三谷(シシド・カフカ)がメインで作成した大手飲料メーカーのPR案件がコンペで勝利する。 福永(ユースケ・サンタマリア)は「クライアントの希望だから」という理由で賤ケ岳をディレクターに指名する。 結衣は「わたしが任された案件だから」と制作メンバーの意見も聞かず、自分のアイデアだけで強引にサイト制作を進めていく。 ところがサイト公開直前にクライアントから海外サイトとの類似点を指摘され、作りなおすことに。 事前に気づいていたにも関わらず「問題ない」と判断した賤ヶ岳は、自分の責任だとチームのメンバーに謝罪するが、社員たちはウンザリした様子を見せる。 睡眠不足で寝坊してしまった賤ヶ岳のもとに、夫・陽介(坪倉由幸)から子供が熱を出したという連絡が入る。 心配で仕事が手に着かない賤ヶ岳。 結衣は賤ヶ岳に定時で帰ることを進めるが、賤ヶ岳は「今私が帰ったら、やっぱり子持ちはって言われる」と言う。 結衣は賤ヶ岳を帰宅させるため、社員たちに机の下に隠れるよう協力を頼む。 フロアから社員の姿が消え、みんなもう帰ったと告げる結衣。 賤ヶ岳は結衣の嘘に気づきながらも帰宅する。 恋人の諏訪(中丸雄一)からプロポーズされた結衣は、諏訪の両親と会うことに。 だが当日、晃太郎(向井理)から連絡が入り、CM撮影中のネガティブな会話が映った動画が拡散されていることを知らされる。 第2話のキャスト 東山結衣……吉高由里子 種田晃太郎……向井理 福永清次……ユースケ・サンタマリア 諏訪巧……中丸雄一 三谷佳菜子……シシド・カフカ 賤ヶ岳八重……内田有紀 吾妻徹……柄本時生 則本真希……佐々木史帆 児玉剛……加治将樹 来栖泰斗……泉澤祐希 愁……桜田通 王丹……江口のりこ 戸塚学……梶原善 篠原友之……酒井敏也 賤ヶ岳陽介……坪倉由幸 第2話の感想 わたしは子供を産んだことがないので、働くママの苦労はわかりません。 想像することしかできません。 でも「ここで帰ったら負けなの!」という賤ヶ岳さんの言葉には、思わず「違うよ!」と心の中で叫んでしまいました。 「東山が思ってるほど、時代は進んでないから。 今私が帰ったら、やっぱり子持ちはって言われるの。 ここで帰ったら負けなの!」 「先輩は何と戦ってるんですか?」 定時で帰ること=負け、という認識がそもそもおかしい。 もちろん、賤ヶ岳さんにそう言わせる空気を当然のように作っている会社や社会に問題がある。 そしてわたし自身も若い頃は「やっぱり子持ちは」って心の中で思っていた人間だから、偉そうなことは言えない。 わたしの認識が変わったのは、若いママたちがパート勤務するチームに配属されたときから。 仕事を抱え込んでテンパっていた時、ずいぶん助けてもらいました。 一生懸命働きながら子育てをする彼女たちの姿を見ていたら、自然と応援したいと思うようになったんですよね。 こういう「ちょっと変わった人」を「嫌な人」や「特別な人」扱いするのではなく、登場人物のひとりとしてごく普通にフラットに描いてほしい……というのがわたしの願いなのですが、今回の三谷さんの描き方は理想的だったなぁ。 前回で問題解決して、人格がガラッと変わってたらガッカリしていたところ。 今回の賤ヶ岳さんも、彼女らしさを維持したまま次回以降もパワフルに登場してくれるとうれしい。 向井理さん演じる晃太郎と彼の関係も、よくわからない……。 かつて結衣との結婚を前にして、結婚よりも仕事が大事だと言い放った晃太郎。 婚約が破談になったのは、それが原因ですかね。 しかし、またもや仕事に結婚を邪魔されそうな結衣。 新人の来栖くんが投稿したらしい動画、どうなるんでしょう。

次の

わたし定時で帰ります 2話ネタバレあらすじと感想。子育てママの働き方

わたし定時で帰ります 第2話 ネタバレ

先日OKがでたはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」と言われ、困り果てる結衣(吉高由里子)たちであったが、「桜宮さん(清水くるみ)に任せておけば問題なし!」と笑顔で中西(大澄賢也)らに言われ、桜宮との関係を不信に思う…。 数日後、吾妻(柄本時生)に呼び出されて外にでると、ランダー社の草加がいて、中西らと一緒に露出の多いユニフォームを着てランニングをする桜宮の動画を見せられる。 より引用 キャスト 東山結衣……吉高由里子 ディレクター WEB制作会社・ネットヒーローズに勤務し、WEBディレクターとして働いている。 絶対残業しないをモットーに、入社以来、定時で帰る生活を続けている。 種田晃太郎……向井理 プロデューサー/副部長 制作4部の副部長でWEBプロデューサー。 結衣の元婚約者。 福永が社長を勤める会社に勤務していた頃、結衣と出会い、結婚の約束をしていたが、仕事優先の姿勢からすれ違いが続き、婚約が破談。 諏訪巧……中丸雄一 結衣の恋人。 ネットヒーローズのライバル会社であり業界最大手のベイシック・オンに勤務している。 家庭的な男性で結衣にとって理想的な相手。 吾妻徹……柄本時生 フロントエンドエンジニア 結衣の同僚。 フロントエンドエンジニア。 中途採用。 技術はあるがとにかく要領の悪い仕事の仕方をするため、仕事が遅く、終わらない。 来栖泰斗……泉澤祐希 新入社員 結衣が教育係として面倒をみている新人。 WEBディレクター見習い。 やる気ゼロで、二言目には「辞めたい」と言う。 だが、仕事の筋は悪くない。 三谷佳菜子……シシド・カフカ ディレクター 結衣の同僚。 WEBディレクター。 転職組。 小学校の頃から1日も学校を休んだことが無く、会社も入社以来の皆勤賞。 愁……桜田通 結衣に度々情報をもたらす謎の男。 愁はハンドルネーム。 王丹……江口のりこ 店主 結衣が会社を定時であがった後に直行する中華料理「上海飯店」の店主。 常々、日本人の過重労働には疑問を抱いている。 戸塚学……梶原善 「上海飯店」の常連客。 腸詰めが好物の『腸詰め好きおじさん』。 文具メーカー勤務。 今は窓際に座って、悠々自適に過ごしている。 篠原友之……酒井敏也 「上海飯店」の常連客。 バンバンジーが好物の『バンバンジー好きおじさん』。 自営業で不動産屋を営んでいる。 今は息子夫婦が仕切っていて、ほぼ引退状態。 賤ヶ岳八重……内田有紀 ディレクター 結衣の先輩であり、新人時代の教育係。 WEBディレクター。 双子を出産し、現在は育休中。 現場仕事をこよなく愛し、早々に職場復帰したいと希望している。 福永清次……ユースケ・サンタマリア プロデューサー/部長 制作4部の新任部長。 いくつかの会社を転々としキャリアを積んだ後に30代で起業。 社長として小規模なWEB制作会社を経営していたが、会社を売却し、ネットヒーローズに転職。

次の

「わたし、定時で帰ります。」ドラマ第2話のあらすじ・ネタバレと感想!

わたし定時で帰ります 第2話 ネタバレ

Contents• ドラマ『わたし、定時で帰ります。 』あらすじ、キャスト、原作(主演 吉高由里子) 第2話・視聴率: 10. サイトの作成をやり直している際、賤ヶ岳は寝坊し、会社に遅れ、賤ヶ岳の子どもが熱を出してしまう。 ディレクターの東山結衣が賤ヶ岳の子どもの保険証を賤ヶ岳の代わりに届けに行くのだが、賤ヶ岳の夫の陽介が大変な様子だったことを八重に伝える。 東山は八重に早退するように言うが、八重はみんなに迷惑をかけたし、子持ちは当てにならないと思われたくないと東山の言うことを聞かない。 東山は同僚に八重の状況を話して、小籠包をおごるから帰ったふりをしてくれないかと言う。 八重はやっと帰ることにした。 株式会社ベイシックオンの諏訪巧にプロポーズをされた東山は諏訪の両親に結婚の挨拶をする予定だったが、副部長の種田晃太郎からCM撮影中の動画がツイッターで流れていると連絡があった。 視聴者からの感想 八重と東山のやりとりがとても面白くていいです。 八重が仕事を張り切りすぎて周りがストレス溜まってるのがとても可哀想でした。 1人で頑張りすぎだと思いました。 東山と三谷がとても仲良くなってるのがとても面白かったです。 【5段階評価-5. 面白い】 『わたし、定時で帰ります。 今やってるドラマで「わたし、定時で帰ります!今夜10時!」は帰宅失敗してるのようにしか見えない。 — ニコライ・ボルコフ nikoraiTRPG TBSドラマ「わたし定時で帰ります」で、内田有紀ちゃん演じる働くママの、仕事にも育児にも家庭にも全力でやるしかなくて必死な感じ凄く気持ちがわかるから、最後、吉高由里子さんの計らいで「帰ります」って堂々と言った時、泣いた。 来週も観ようっと💡 — 🎋👒🌻🍉千秋🍅🍆🌽🎐 cirol777 「わたし,定時で帰ります」っていうことがドラマになる国というのが,なんか,すごいと思う。 — 弁護士篠田奈保子 yorisoibengoshi わたし定時で帰ります面白かったー! 残業=正、定時=悪、っていう日本人独特の古い価値観、そんな簡単に変わらないのよぇ。 あーヤダヤダ。 やる時は残ってでもやる、その代わり無い時はとっとと帰る。 これが私のモットーかしら。 — 元 なれの果て AcsdrwChan 「わたし、定時に帰ります」は労働者の合言葉にすべき。 それは「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法25条)を実現するために必要。 選挙の低投票率が問題となっているが、「働きすぎ」が常態化していれば政治や社会に関心を持つことすら難しい。 民主主義を機能させるためには、考える「時間」が必要。 現場からは以上です。 — らめーん shouwayoroyoro わたし定時で帰りますを見てワーママが騒いでる。 「もっとワーママにやさしい社会になるといいな」だって。 周りはどんだけ犠牲になればいいの。 二人産んだらうちだと約10年は時短だよ。 「もっと社員全員にやさしい社会になるといいな」ワーママは是非会社に人員補充を依頼してください。 ワーママ難しい。 けど迷惑なワーママ(子持ち様ってやつかな)がたくさんいるのも事実。 子供のあるなし関係なく迷惑な仕事できないやつはたくさんいるけどねw 私もどうなることやら〜。 』見逃し動画無料フル視聴はコチラ.

次の