左 脇腹 が 痛い。 左脇腹のチクチクした痛み!何かの病気が原因かも?!

右もしくは左わき腹の痛みを伴う病気

左 脇腹 が 痛い

ゴルフスイングが原因で左脇周辺が痛いことはある? ある日突然、左脇周辺の痛みで朝起きられないほど苦しむことがあるようです。 原因として考えられるのが、始めたばかりのゴルフしかなければ、慣れない練習のしすぎかもしれません。 学生時代に運動をしていたとしても、すでに何年も経過していて運動といえば通勤時の歩行と階段の昇り降りくらいのもの、運動らしい運動をしていない人に特に多いようです。 しかもゴルフ程度の運動であればと軽く考えて、準備運動もせずに打ち始めると、いままで動かしていない筋肉は必ずと言って良いほど悲鳴を上げてしまいます。 ゴルフによって左脇腹の辺りの筋肉や骨が痛いようなら、まずは練習を止めて痛みが取れるまでおとなしくしていましょう 左脇腹で考えられるのは腹斜筋を痛めたか、もしくは肋骨を痛めたかです。 ほかの部位であればテーピングなどで固定して、安静にすると早めに回復しますが、脇腹は呼吸によって常に動きますし、電車のつり革につかまったり、布団から起き上がったりするだけでも動いてしまいます。 少し時間はかかりますが、完全に痛みが消えてから練習方法の見直しをしていきましょう。 ゴルフが原因で左脇周辺が痛いときの簡単なストレッチ方法 ゴルフが原因で左脇周辺が痛いときは、まずは回復するために安静にしましょう。 痛みが完全に取れたら、ゴルフクラブを握らずにストレッチを始めて、スイングによって痛いところがでないようにします。 ストレッチで大事なことは息を止めないこと。 呼吸は鼻で吸って口で吐くようにします。 大きく息を吸い込むときは、肺の隅々まで吸い込んだ空気を行き渡らせるようにし、吐き出すときはお腹を引っ込めるように横隔膜から順に空気を押し出すようにします。 最初にこの腹式呼吸を練習し、次に壁を背中にして立ちます。 鼻から大きく息を吸ってから、口から息を吐きながら身体をねじって両手を壁につけます。 最初に右回転、一度戻してから、次に左回転をします。 左右の回転を1回として1セット3回、朝・昼・夜と最低3セット、暇を見つけてリフレッシュのつもりで何回でもストレッチをして、体を動かすようにしましょう。 左脇周辺が痛くなるのはゴルフスイングの限界を知らないから? 左脇周辺が痛くなってしまうのは、テークバックでの捻転の勘違いが考えられます。 一度、自分の捻転の限界を確認しておくと良いかもしれません。 両手を前方に突き出して、手のひらを合わせてください。 肘を曲げずに右回転して、どこまで回るかを確認しましょう。 体の柔らかいゴルファーなら、指先は斜め45度を指します。 ここが上半身をねじったときの限界点ですが、テークバックはこれに腰の回転を入れるので、左肩はさらに回転することになります。 左脇周辺が痛いゴルフスイングは、腰の回転を入れずに体をねじろうとしているからです。 テークバックで肩の回転が不完全なのに、グリップが右耳の上まで引き上げることができたとしたら、左肘を曲げているはずです。 しかも勢い良く振り上げることから、トップの位置でグリップの動きを止めなければならず、そのブレーキの反動が左脇にダメージを与えてしまいます。 先ほど紹介したストレッチで覚えられる呼吸法を使い、トップの位置が背中側の壁だと思って、ゆったりとしたテークバックをしましょう。 ゴルフクラブを振り下ろすときのねじれによって左脇腹が痛い ゴルフスイングが原因で左脇周辺が痛いときは、ダウンスイングにも原因があるかもしれません。 ゴルフスイングの基本は、腰から下を固定し、腰から上はねじることです。 この捻転によってパワーが生まれて、インパクトへと繋げていきます。 しかし実際のスイングは腰も回転していますし、体重移動にともなって膝も使っています。 こうした動作がすべてスムーズなスイングができていれば、左脇にダメージを与えることはないわけですが、腰の回転が先行するとねじれが強くなり、ダメージを与えてしまうことがあります。 アドレスで正面を向いていた上半身は、テークバックで捻転して右側を向いています。 この姿勢からダウンスイングへ移行しますが、上半身が右を向いているときに腰だけが左回転を始めてしまうことがあります。 すでにテークバックで上半身のねじれは限界になっているのに、下半身が逆回転をすることで左脇周辺にダメージを与えてしまうのです。 この場合はスイングを矯正するしかないわけですが、応急的な対処法としてはスタンスの幅を小さくすることです。 ゴルフクラブを地面に打ち込むのも左脇にダメージが入る 運動不足や過度の捻転ではなく、ゴルフスイングが原因で左脇周辺が痛いのは、インパクトに原因があると考えられます。 テークバックでは右足の上に重心が移動します。 アドレスでは両足の中間に重心はありますが、腰の回転に合わせてゴルフクラブを引き始めると、重心は右足の上に移動してくるものです。 右に重心を置いた状態でトップの位置になり、ここから切り返してダウンスイングに入ります。 そしてインパクトで重心は元の位置に戻すことになりますが、そのまま左足まで移動してフィニッシュを迎えるでしょう。 左脇周辺を痛めるのは、この重心移動が早く、左足に乗った状態でインパクトをしているからです。 左足重心が乗った状態でインパクトをすると、上半身は左側に屈んだ姿勢をとることになって、左脇腹がその屈折点となっているはずです。 この不自然な姿勢のまま、ゴルフクラブを振り下ろしてヘッドを地面に打ち込むと、その衝撃が左脇へと伝わってしまうことが痛みの原因となります。 鋭角的なダウンブローのスイングを諦めて、払い打つレベルブローのスイングを心がけるようにしましょう。 ゴルフをした翌朝に左脇周辺が痛いのは無理なフィニッシュ姿勢のせい 稀にフニッシュの姿勢をとろうとして左脇周辺を痛めることがあります。 正しいゴルフスイングはインパクトとともに、右足のつま先をターゲットに向けて、かかとを上げて左足体重に移行します。 しかしインパクト後にこの動作ができず、ベタ足のままでスイングを完了させようとすると、腰や左脇周辺を痛めることになります。 柔軟性のあるジュニアゴルファーの多くは、このベタ足のままでの平気でスイングをしていますが、体が硬くなった大人はこのねじれに耐え切れずに、右足を前に踏み出してフィニッシュを迎えなければ決まりません。 しかしながら右足を前に踏み出さずにそのままフォロースルーをとると、上半身が左側に曲がることで、屈折点となる腰や左脇周辺にダメージを与えて、翌朝になると起き上がれないほど痛いと感じることがあるのです。 そのためスイングの流れに乗って、両肩と両腰をターゲットに向けるようにすれば、正しいフィニッシュの姿勢をとることができ、腰や左脇周辺を痛めることはないはずです。 なお全般的に左脇周辺が痛いと感じたら、スイングの姿勢が歪んでいると考えて、基本のゴルフスイングを復習してみるのが最良の改善法と言えます。 軸を中心としたゴルフスイングをすれば左脇はストレスフリー ゴルフスイングが原因で左脇周辺が痛いのではなく、スイングフォームが歪んでしまっていることに問題があります。 基本となる回転軸を中心としたスイングを実践することで、軸である背骨や捻転する上半身に歪みがなくなるので、左脇周辺へのダメージも軽減されるはずです。 楽しくゴルフを続けるためにも、体に負担のないゴルフスイングを覚えましょう。

次の

右脇腹の上部の痛みは?左脇腹の後ろが痛いのはなぜ起こる?

左 脇腹 が 痛い

左の横腹が痛くなる4つの原因 左側の横腹が痛くなる原因は何かの病気が発症しているのではなく、便秘や筋肉の疲労が原因となって痛みが生じている可能性も高いです。 そこで、まずは病気以外のことが原因で左横腹が痛くなる要因についてお伝えしていきます。 便秘 痛みがする左横腹のあたりを指で軽く押してみてください。 普段より張っているような感じがする場合は便秘が原因で左横腹に痛みが生じていることが考えられます。 特に左横腹のあたりは大腸の終わりの部分なので、そこで便が溜まって固くなっていたり、ガスが溜まっていると張って痛みが生じてしまうのです。 左横腹の痛みとともに以下のような症状があらわれる場合は便秘が原因ではないか疑ってみましょう。 便が3日以上出ていない• お腹が張る• ガス(おなら)がよく出る• 気持ち悪い• 吐き気がする 体質的に一度便秘に悩まされてしまうと慢性的に便秘気味になってしまう方も多いです。 便秘を解消する基本は健康的な生活習慣にあります。 毎日2〜3リットルの水分を摂取するようにする• 納豆、ヨーグルトなどの発酵食品をよく食べる• 緑黄色野菜などから食物繊維をよく摂取する• 十分な睡眠を取り、ストレスを解消する このような正しい生活習慣を意識し便秘を解消していきましょう。 食べ過ぎ・飲み過ぎ 食べ過ぎたり、飲みすぎたりした後は腹痛が生じることが多いです。 特に冷たい飲み物を飲みすぎるとお腹が冷え、痛みや下痢が起こりやすくなります。 また、食べ物を一度にたくさん胃に入れていしまうと、消化活動を十分に行うことができずに横腹の痛みも生じてしまうことがあるのです。 食べ過ぎ・飲み過ぎに心当たりがある場合は、安静にしておくことが一番大切です。 下手に活動してしまうと後述するように、さらに横腹の痛みを促進してしまうので注意しなければなりません。 筋肉疲労 左横腹には多くの筋肉の種類があり、何らかの原因でその筋肉が疲労し、緊張したり凝ったりしていることで痛みが生じていることも考えられます。 例えば、デスクワークで長時間不自然な姿勢を取っていないでしょうか。 足を組む癖がついていないでしょうか。 このように体のバランスが左側に傾いていたりすると、左横腹には大きな負担がかかりその疲労が蓄積することで痛くなってしまうのです。 筋肉の疲労は気づかない間にたまっていきます。 適度にストレッチをしたり、十分な休養を取るようにしましょう。 食後の運動 ランニングをしていて横腹や脇腹のあたりがチクチクと痛くなってしまった経験がある方も多いはずです。 特に、食後は消化しきれていない食べ物が胃に残っている状態なのでこの横腹の痛みが起こりやすくなります。 つまり、食後の場合はランニングなどの激しい運動でなくても歩いたり少し活動しただけでも脇腹が痛くなってしまうことがあるのです。 なので、食後1時間くらいははできるだけ体を動かさないようにする、脂っこい食べ物など消化の悪い食べ物は避けるようにするなどの対処を行っていくといいでしょう。 左横腹が痛くなる病気 左横腹は上述したようなささいな原因だけではなく、内臓の病気を中心に初期症状のひとつとしてあらわれている疑いも持たれます。 そこで、ここでは左脇腹が痛くなる代表的な病気についてお伝えしていきます。 盲腸・急性虫垂炎 盲腸や急性虫垂炎は良くお腹の右側に痛みが出ると言われていますが、これはすべての人に当てはまることではありません。 なかには、盲腸によって左横腹のあたりに痛みが生じることもあるので注意しなければならないのです。 特に後述するように患部を押すと痛くなるような場合は盲腸ではないか疑ってみましょう。 盲腸にはさまざまな前兆があるのでしっかりとその症状を自覚することが大切です。 痛みがする部分を手で軽く圧迫して、離すときに痛みが強くなる• 仰向けで寝ながら左下腹部のあたりを押すと痛みが強くなる このようなチェックを行ってみて、盲腸ではないか確認してみましょう。 参考: 胃腸炎 胃腸炎とは、細菌やウイルスによって胃腸が炎症してしまい腹痛や下痢・嘔吐などの症状があらわれる病気です。 特に夏場と冬場に流行し、感染性胃腸炎の場合は人から人へとうつるので学校や職場で流行りやすい病気となっています。 胃腸炎の代表的な症状は下痢や嘔吐となっていますが、人によっては横腹に痛みが出てくるケースもあります。 また、ストレスによっても急性胃腸炎が起こることが知られています。 参考: 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 潰瘍とは、粘膜とその下にある組織が溶かされてしまいただれてしまう病気です。 この潰瘍が胃で起こると胃潰瘍、十二指腸で起こると十二指腸潰瘍といわれます。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍になってしまう主な原因はストレスやピロリ菌の感染です。 お腹の痛み• 吐き気• 貧血症状• 食欲低下 このような症状があわわれるようであれば、胃潰瘍、十二指腸潰瘍ではないか病院を受診してみるようにしましょう。 肋間神経痛 肋間神経痛とは、肋骨のまわりにある肋間神経が刺激されて痛みが生じることを言います。 痛みは比較的広範囲に広がることも多く、肋骨よりやや下の左横腹のあたりに痛みを感じるケースもあるのです。 肋間神経痛になってしまう原因は以下のようにさまざまなことがあげられます。 悪い姿勢が身についてしまっている(猫背)• 運動不足• 帯状疱疹• ストレス 痛み方としては、チクチクと激しい痛みが生じるのが特徴的です。 参考: 急性膵炎 急性膵炎とは、膵臓の機能の低下により膵臓で炎症が起きてしまう病気です。 急性膵炎になると左横腹に痛みが生じたり、背中の痛み、吐き気、発熱、食欲不振などの症状もあらわれるのが特徴です。 急性膵炎になってしまう代表的な原因が過度の飲酒です。 アルコールにより膵臓に負担がかかり、急性膵炎につながってしまうのです。 帯状疱疹 帯状疱疹といわれると、体にぶつぶつとした赤い発疹が出てくる皮膚の病気だと思われている方も多いです。 しかし、帯状疱疹は 「痛みのある皮膚病」といわれていて、赤い発疹があらわれる前に初期症状としてチクチクとした痛みがあらわれるのです。 さらに、この痛みの症状は左右どちらかの片側のみにあらわれ、腹部や背中などに生じることが多いです。 つまり、帯状疱疹によって左横腹に痛みが生じることもあるので注意しなければなりません。 参考: 左横腹の痛みは正しい対処をして治そう! 左横腹が痛くなるさまざまな原因や病気があることをお伝えしました。 痛みを感じる位置や痛み方、その他の症状をしっかりとチェックして正しい対処をしていくことが治療には大切です。 特に胃や膵臓などの内臓の病気の疑いがある場合は内科などの病院を受診するようにしましょう。 また、多くの場合は日頃の食生活やストレス、姿勢の悪さが原因となって痛みが生じていると考えられます。 生活習慣を省みて改善していくことが重要です。

次の

左脇腹のチクチクした痛み!何かの病気が原因かも?!

左 脇腹 が 痛い

女性 のおなかはデリケート。 下腹部痛にお悩みの女性は少なくありません。 下腹部痛は男女問わず よくある症状の一つでありながら、下腹部痛を伴う 疾患の種類は多く、その病気の原因を特定するのは医師でも困難なことがあります。 痛みの原因を探るには専門機関で医師による診察や検査が必要ですが、 病気の特徴について知っておくと症状の経過をたどるのにもきっと役立つことでしょう。 女性の場合はそれに加えて 婦人科疾患の可能性も疑わなくてはならないため、下腹部痛が起きたときに受診するべき科は• 婦人科• 消化器内科 の2つの科が挙がります。 そこで、今回は女性の 左の下腹部に痛みがある時に原因となっていると考えられる 病気について• 女性特有の病気• 女性特有ではない病気 に分けて図を用いてわかりやすく説明します。 一つ一つ見ていきましょう。 子宮付属器炎 子宮付属器とは 卵巣及び 卵管を総称したもので、 子宮付属器炎とは 卵巣もしくは卵管に起こる炎症のことを言います。 原因は、細菌の 混合感染がほとんどで免疫力の低下や病原体に過剰にさらされるなどして炎症が起こります。 子宮筋腫 婦人科にかかる腫瘍の中で最も多いのが 子宮筋腫。 主に子宮筋層内の平滑筋に発生し、女性ホルモンであるエストロゲンによって発育する 良性の腫瘍です。 腫瘍は米粒ほどのものから数十センチのものまで、1箇所から数箇所にみられることもよくあります。 主な症状は、月経血の増加や月経期間が延びる、貧血、 下腹部痛、腰痛、膨満感などがあります。 またサイズが大きい場合は、神経や尿管、膀胱を圧迫し支障がでる場合も。 子宮内膜への血流が悪くなるため、不妊症や流産・早産の原因ともなり得ます。 月経は個人差があるので 判断が難しい ところではありますが、 普段と違う、 症状がひどくなっていく、 そんな異常 が起きたときは 婦人科 で診察を受けておくと安心 ですね。 子宮内膜症 子宮内膜症は、本来子宮の内側にある子宮内膜が、 卵巣や 腹膜などの子宮以外の場所で増殖、剥離を繰り返す病気です。 子宮内にある子宮内膜が剥がれ落ちると、月経血とともに体外へ流されます。 しかし、 子宮外にできた子宮内膜は腹腔内にとどまり、痛みや炎症、癒着を起こします。 卵巣にできたものは 卵巣チョコレート嚢胞と呼ばれています。 卵巣嚢腫茎捻転 卵巣は 靭帯によって子宮と骨盤につながっています。 卵巣に 腫瘍ができると靭帯が伸び、腫瘍の茎部分がねじれてしまうのが 卵巣嚢腫茎捻転です。 主な症状は 急激な下腹部痛や吐き気、嘔吐などです。 排卵痛 卵巣にある卵胞が成熟(発育・増大)すると、卵巣の表面に突出して破裂し、卵子・卵胞液・顆粒膜細胞などが排出されますが、これを排卵といいます。 この排卵が起こるからこそ、卵子が精子と結びつき受精が可能となるわけですが、この排卵時に伴う痛みを排卵痛というのです。 この卵子は一時卵胞から成熟卵胞まで発育するには200日程度かかりますが、 通常月に1個排卵され、おおよそ 月経から14日後に排卵に至ります。 1) 主な症状は、 下腹部痛や 腰痛、 出血(少量かつ一過性であることが多い)などです。 卵巣出血 卵巣出血では、黄体出血と呼ばれる月経予定の約1週間前に起こるものが最多です。 黄体のう胞内に出血する場合は出血量は抑えられますが、卵巣の外に出血を起こすとショック状態を起こすことがあります。 卵巣外に出血を起こす(腹腔内出血)と、腹部全体に痛みが広がります。 卵巣過剰症候群 多数の卵胞が発育・排卵したことで、• 卵巣腫大• 胸水の貯留• 血液濃縮 などをきたす病態を、卵巣過剰刺激症候群(ovarian hyperstimulation syndrome「OHSS」)といいます。 hCGによって排卵誘発を行なった症例の20〜30%に発症するといわれています。 2) 主な症状は、 呼吸困難・腹部膨満感・悪心・嘔吐・血栓症(脳梗塞)・低Na. 高K血症・乏尿(急性腎不全)などです。 妊娠非成立時は、月経開始頃から症状は改善しますが、妊娠が成立している場合には、症状はさらに重症化します。 腫大した卵巣が捻転する(ねじれる)ことがあり、その場合は 急激な腹痛として症状が出ることがあります。 子宮外妊娠 子宮腔外の部分に受精卵が着床することを 子宮外妊娠といいます。 とくに多いのは卵管妊娠で、中でも卵管膨大部と呼ばれる部位での子宮外妊娠が多いとされています。 主な症状は出血や 下腹部痛です。 痛みの多くは左右に偏ります。 受精卵が育つとともに痛みが増し、 卵管破裂となると腹腔内で大量出血が起き ショック症状を起こしてしまうこともあります。 スポンサーリンク では次に女性特有の病気以外が原因で左下腹部痛になる病気を見てみましょう。 その他左下腹部痛を伴う病気 女性特有の生殖器以外に、 下腹部には腸や尿管などの 臓器があります。 その部位に問題が起こった時も 左下腹部の痛みとなって出てくる可能性があります。 生殖器以外が原因で左下腹部痛を引き起こす原因となる病気には以下のものがあります。 S状結腸軸捻転(えすじょうけっちょうじくねんてん)• 大腸(下行結腸・S状結腸)憩室炎• 大腸炎(結腸炎)• 大腸癌(だいちょうがん)• 虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)• 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)• 腸閉塞(ちょうへいそく)• 左尿管結石 など 一つ一つ見ていきましょう。 S状結腸軸捻転 腸間膜を軸として腸がねじれることを 腸軸捻転といい、それがS状結腸で起きたものを S状結腸軸捻転といいます。 腸の閉塞により腹痛、腹部の膨満、便秘、排ガスの停止などが現れます。 大腸(下行結腸・S状結腸)憩室炎 大腸の壁の一部が袋状に外へ飛び出してしまったものを 憩室といいます。 通常は無症状で、治療の必要性はありません。 ところが、その憩室に便が詰まるなどして 炎症が起きてしまうと 憩室炎となり、腹痛や発熱、血便を引き起こすのです。 下行結腸、S状結腸にできた憩室炎は 左側が痛みます。 欧米人に多いとされてきた左側の憩室炎ですが、日本でも食事の欧米化が進み、左の下行結腸・S状結腸の憩室炎の割合は増えています。 大腸炎(結腸炎) 大腸が感染を引き起こし、むくんだ状態を大腸炎(結腸炎)(とくに感染性大腸炎)と言います。 腹痛や下痢の症状を起こします。 下で説明する、虚血性大腸炎や潰瘍性大腸炎も広義の大腸炎に含まれます。 スポンサーリンク 虚血性大腸炎 大腸が虚血に陥ることで、炎症を起こします。 下行結腸やS状結腸といった左半結腸に多く、とくに50歳以上の女性に多い病気です。 腹痛、下痢、血便といった症状を起こします。 潰瘍性大腸炎 大腸の内側にある粘膜に びらんや 潰瘍ができる大腸の慢性炎症性疾患です。 直腸から口の方向へ連続的に炎症が広がる特徴があり、直腸から結腸まで広がることもあります。 腹痛や下痢が主な症状で、時に下血を伴います。 大腸癌 初期の場合、大腸癌そのもので痛みは生じにくいですが、癌が漿膜外まで浸潤して別の臓器を巻き込んだり、癌が大腸を閉塞させイレウス(腸閉塞)を起こすことにより、痛みを起こすことがあります。 腸閉塞 厳密には異なりますが、イレウスとほぼ同義で使われる言葉です。 一般的には、腸閉塞という言葉の方が聞いたことがあると思います。 多くは、手術後などの癒着が原因となります。 腸管が詰まってしまい腸管の内容物が先に進めなくなり、腸管の圧が上昇して、腹痛や嘔気嘔吐などの原因となります。 左尿管結石 尿管に石が詰まってしまうのが 尿管結石です。 結石自体は珍しくなく、尿管より小さければ自覚症状もなく排尿とともに排泄されます。 ところが、石が大きく尿管をふさいでしまうと尿管や腎臓への圧力が高まり、激痛を起こす原因となります。 参考文献:病気がみえるvol. 9 婦人科・乳腺外科 第3版P 7〜30・31 ・254・255 1)15 2)254 最後に 女性の 左の下腹部に痛みを感じる時に考えられる病気をご紹介しました。 女性の場合は、• 女性特有の病気• 女性特有ではない病気 に大きくわけることができ、専門科としては前者は婦人科、後者は消化器内科(胃腸科、もしくは消化器外科)となります。 とはいえ、随伴する症状がなく、 左の下腹部痛の症状のみの場合、どちらに該当するのかわからないこともしばしばあります。 最初にお話しした通り、それぞれ専門科の医師であっても鑑別は困難なことはしばしばあるくらいです。 その場合は、結局二度手間になる可能性はありますが、まずは、お近くの 婦人科もしくは、消化器内科を受診してみましょう。 参考になれば幸いです。

次の