心臓 ステント 手術。 冠動脈カテーテル治療後のフォロー 術後はどのような経過をたどる?

ステント|治療・手術について[心臓の病気あれこれ]|医療法人社団公仁会 大和成和病院/神奈川県大和市

心臓 ステント 手術

「狭窄」すると狭心症、「閉塞」すると心筋梗塞になります。 冠動脈バイパス術はカテーテル治療とは異なり、狭窄や閉塞している冠動脈を直接治療するのではなく、バイパス路を作り、血流をよくする手術です。 グラフト選択 基本として、グラフトは両側内胸動脈(ITA)あるいは大伏在静脈(SVG)を用いて、血行再建するようにしています。 動脈グラフトは超音波メスを使用してskeltonize法(周囲の脂肪組織を残さないでグラフトを採取する方法)にて採取します。 また、静脈グラフトは2013年から基本的にNo-touch technique(大伏在静脈周囲組織ごとpedicleとして採取)と呼ばれる方法で採取しています。 採取後のヘパリン加生食注入での拡張も行っていません。 No-touch法の組織学的な利点 No-touch(下図 左NT)では周囲脂肪組織が損傷なく保持されており、拡張されていません。 外膜は損傷なく、中膜は厚く、内腔の襞が保持されています。 一方、(従来型採取法である)Full touch(下図 右C)では脂肪組織が除去され、拡張されています。 種々の損傷が加わり、外膜は外弾性板の層まで除去され、中膜は菲薄化し内腔は拡張されています。 No-touch法の長期成績 最長16年までの追跡で、No-touch法による静脈グラフトは長期開存性が確立されている左内胸動脈と遜色ない開存率との報告もあります。 当科における検討でも早期の開存成績は良好でした。 本来ある形のままの、小口径かつ組織損傷の少ない静脈グラフトは、より良い開存性につながる可能性があります。 長期の開存性を示すためにはまだ時間が必要ですが、今後も検討を続けていく予定です。 下左図(12年経過後のNo-touch法による静脈グラフト)、下右図(8年経過後の従来型採取法による静脈グラフト).

次の

北朝鮮の金正恩が心臓ステント手術失敗で植物状態から死去か!?

心臓 ステント 手術

AHAのガイドラインでは、非心臓手術の周術期の抗血小板療法については、こう記載してある。 ・ステント留置後の患者で、P2Y12阻害薬を中止しなければならない場合は、アスピリンのみ継続し、術後早期にP2Y12阻害薬を再開。 classIIb ・ステント留置していない患者に非緊急手術を行う場合、出血リスクより心血管イベントリスクが高いなら、アスピリン継続は妥当かも。 classIII:No Benefit ・待機的非心臓手術で頸動脈手術でない場合で、かつステントが留置されていない患者では、アスピリンの開始・継続は有益ではない。 非心臓手術の抗血小板療法では、ステント留置後か否かに分けて考える。 ステント留置後であれば、それがBMSでもDESでも留置後早期 4-6週 だと、周術期にステント血栓症を起こしやすいため、基本的にはDAPT継続。 DESは6ヶ月までには安定するとされている。 しかし、アスピリンもしくはDAPTを継続するかどうかのデータは十分ではないため、ステント留置から多少時間が経っていても、ステント血栓症を含めた心血管イベントと出血リスクを考慮し、周術期抗血小板療法どうするか決めなければならない。 ステントを留置していない患者では、アスピリンの有効性を検証した2つの大規模RCTがある。 股関節手術13356例をアスピリン160mgとプラセボに無作為割付したPEP試験と、心血管疾患ハイリスク患者10010例をアスピリン200mgとプラセボに無作為割付したPOISE-2試験で、いずれもアスピリンのメリットは示されなかった。 というようなことが書かれてあった。 ざくっとまとめると、ステント留置早期は基本DAPT継続で、ステントを留置していない患者ではアスピリンは不要。 ステント留置から多少時間が経った症例は、心血管イベントリスクと出血リスクを個々に判断って感じ。 個々に判断って、それが難しいんだけど・・・。 これはPOISE-2試験のサブ解析。 Ann Intern Med. 2018;168 4 :237-244. 【PICO】 P:PCI後で非心臓手術を受ける患者 I:周術期のアスピリンの内服 C:周術期のプラセボの内服 O:30日後の死亡・非致死的心筋梗塞 secondary endpoint:出血 exclusion criteria:6週間以内のBMS留置、1年以内のDES留置 【デザイン、セッティング】 ・POISE-2試験は、非心臓手術におけるアスピリンとクロニジンの単剤、あるいは併用の効果を比較した多施設RCT。 ・そのPOISE-2試験のサブグループ解析 post hoc ・470例 アスピリン群234例、プラセボ群236例 ・COX比例ハザードモデル 【結果】 アスピリン群 vs プラセボ群 全死亡と心筋梗塞 primary endpoint 6. 5 0. 4 to 10. 5 全死亡 0. 4 -1. 4 to 2. 3 非致死的心筋梗塞 5. 9 1. 0 to 10. 8 大出血と生命を脅かす出血 5. 3 -5. 2 to 2. 6 【まとめと感想】 BMS留置から6週間以上、DES留置から1年以上経過している患者では、非心臓手術の周術期にアスピリンを内服すると、出血は少し増える傾向があるが、心筋梗塞は有意に抑制される。 ステント留置後やそれに準ずる冠動脈疾患がある場合には、非心臓手術周術期にアスピリンを内服させることは有益だろう。 投稿ナビゲーション 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 最近の投稿• アーカイブ• 3 カテゴリー• 122• 156• 4 メタ情報•

次の

カテーテル治療後(ステント挿入)の症状

心臓 ステント 手術

ステント治療とは?ステント治療と心筋梗塞・狭心症について解説〜高齢者の生活習慣病 ステント治療 - ステント治療と心筋梗塞・狭心症について解説 ステント治療とは 当サイトでは、様々な生活習慣病の中でも高齢者に見られる病気を中心に解説紹介しています。 このページでは、心筋梗塞 (しんきんこうそく)について解説しています。 心筋梗塞は誰でもなりうる病気ですが、特に中年から高齢になると注意したい病気です。 そして、心筋梗塞はとても危険な病気なのです。 ですから心筋梗塞について理解し、心筋梗塞の症状・原因・治療・検査や、さらに気になる色々な情報・基礎知識などから、心筋梗塞を早期発見・予防できるようにしましょう! 心筋梗塞について知りたい方のために当サイトが少しでもお役にたてると幸いです。 そして、バルーンをふくらませてステントを広げます。 バルーンはすぼめて取り除きますが、ステントは広がった状態で冠動脈の狭くなった部分に残すので、冠動脈を広げることができ、血流を正常に保つことができます。 ステント治療と再狭窄 広げたステントはもとに戻ることはほとんとないので、ステントを使って広げた部分に再狭窄 (さいきょうさく:治療後再び狭くなること)が起こることは、バルーン治療にくらべれば少ないです。 ただ、ステントを使っても再狭窄が起こってしまったら、カッティングバルーンにより治療を行います。 (カッティングバルーンについては、前のページ「」をご覧下さい。 ) ステントのなかでバルーンを広げると、通常のバルーンでは滑ってしまいうまくいきませんが、カッティングバルーンだと表面の刃が滑り止めになるからです。 ただし、刃で冠動脈の内側の壁を押すので、バルーンを広げたときに冠動脈に傷がつく危険性はあります。 薬剤溶出ステントとは? 薬剤溶出ステント (やくざい ようしゅつ すてんと)とは、ステントに免疫抑制剤 (めんえき よくせいざい)や抗がん剤をコーティングしたものです。 薬剤溶出ステントを使うことで、ステント治療後にステントの中に血栓ができて、内部がふさがって(再狭窄して)しまう「 ステント血栓症 (すてんと けっせんしょう)」になる確率を低くすることが出来ます。 通常のステントを使うと、治療の後にステント血栓症が起こることが多いので、ステント血栓症にならないように薬を塗ったステントが開発されました。 ステント血栓症は、治療から 1週間ぐらいまでがいちばん発生しやすいため、薬剤溶出ステントを使うことで、1ヶ月ぐらいの間、ステントに塗られた薬により血栓ができにくくなり、血栓ができて狭窄 (きょうさく)しやすい時期をやり過ごすことができるというわけです。

次の