えま わ と そん。 エマソン

エマ・ワトソンがフェミニズムについて国連スピーチで語る

えま わ と そん

そんな同作で、男性社会における葛藤や窮屈な生き方から抜け出そうともがく女性主人公・ベルを演じるのは、フェミニストとしても話題になるエマ・ワトソン。 野獣役のダン・スティーヴンスとともに、現代にも通じる作品の社会的なメッセージについて語ってくれた。 ただ単に女性に対する性差別を描いているのではない• ひとりの女性としてどう感じましたか? エマそうね。 この映画の内容自体もそうだし、映画プロモーションをしているときですらそれを感じることがあったから、間違いなく今も女性だからということでの窮屈さを感じるし、葛藤もあると思う。 この映画がテーマとして取り組んでいるのもそこだと思うしね。 だけど、ただ単に女性に対する性差別を描いているのではなくて、この映画では男性とはどうあるべきなのか? 男らしさとは本来どういうものなのか? ということもテーマとして描いていると思うのよね。 そして、それを間違えるといかに人間性を傷付けることになるのか、ということも。 だから、この映画は、女性と男性の両方をしっかりと分析していると思う。 女性に対して男性はどういうことをしているのか? そして女性はどういうことをしようとしているのか? ということを描いている。 興味深いのは、野獣は、本当の野獣のような見た目をしているけど、映画の終盤には、ガストンのほうが内面的な面で野獣のように見えているということ。 この映画はすごく興味深い方法で、女性と男性を探求していると思うわ。 たとえば、ふたりとも好奇心と知性がある。 勉強が好きで、想像力が豊かなところも似ている。 それはすごくエマらしい部分でもあるから。 それからベルは、自分が今いる環境の外にもっと大きな世界があるんだ、もっと大事な何かがあるんだと感じ取っている。 自分が今の世界になじめなくても、その外にもっと大きな世界があると思えることは、この映画の大事なメッセージでもあるからね。 エマだったからベルを上手く演じられたような気がするんだ。 エマさんはご自身と似ていると感じるところはありますか? エマベルと似ているところはあると思うけど、正直言って映画のなかのベルは、怖いもの知らずなのよね。 私も彼女くらいの勇気があったら嬉しい(笑)。 実際の私も、怖いと思うようなことに挑戦してみたりするんだけど、そういうときは明らかにナーバスになるし、恐怖感も思いっきりある。 でも、ベルは怖じ気づいたりするようなことがほとんどない。 そこが違うところだわ。 だからベルの堂々とした勇気をうらやましく思う。 それ以外のことは、私自身にはよくわからないわ。 むしろ、他の人から見てどう思うか知りたい。 でも、本がすごく好きなところは似ているわ。 それって良い部分よね(笑)。 スティーヴンスそれから、ナチュラルなファッションセンスがあるところも似ているよね。 エマそうね。 人は自分が所属している場所になじめないとすごく悩んでしまうものでしょ。 今周りにいる人たちや、自分の所属するコミュニティの人たちと同じような考えを持っていなかったり、同じような考え方ができなかったりすると、すごく落ち込むだろうし、悩みを抱えるようになってしまうかもしれない。 なぜなら、そういう状況になったら自分のなにかが間違っていると思ってしまうものだから。 とりわけ若い女の子は、その恐怖や悩みを自分だけで内面に抱えてしまいがちなの。 私がそういう女の子たちに言いたいのは「あなたが悪いわけではない」ということ。 「あなたが今いる場所が、世界が、男性に支配された社会である、ということなのよってね(笑)。 私たちは、男性に支配されたシステムのなかにいる。 それは、あなたが少しバランスを崩してしまうように作られているの。 もちろん、それがわかっていたところで、あなたたちの人生が素晴らしいものになるとは限らないんだけど。 でも、少なくとも客観性が持てれば、自分を責めたりしなくなると思う。 そうやって考えるのは本当に難しいことだけどね。 というのも、私自身がこう言いながら、頭ではしっかりとわかっているつもりなのに、そういう状況に置かれた瞬間に、自分が悪いんじゃないかって自分を責めて、悩んでしまうようなことがよくあるから。 悩みを抱えこまないようにするのは、すごく難しいわ。 今自分がいる場所よりも、もっと大きな世界が外にあるんだと感じることは、すごく難しいことでもあるから。 だからそういうときは、やはり良い友だちを持っていることが大事だと思う。 私の周りには、何が正しいのかを教えてくれる、客観性を与えてくれる友だちがいるの。 この映画でベルにとってその役割を果たしているのは父親のモーリス。 彼女の母親が、そもそも環境になじめなくて、もっと進んだ考えを持った人だった。 モーリスはそれをベルが生まれる前から見ていたわけよね。 だからモーリスは、ベルに「君は変わり者ではないんだ。 少しだけ他の人とは違うだけだ。 他の人より少し心を開いているんだ」って言ってあげられる。 そう言ってくれる人がいれば、きっと大丈夫だと思える。 ベル役に起用された理由は「私が最高だからでしょ!」• 私の歌声が映画にふさわしいレベルかどうかわからなかったから、歌のオーディションテープを送ったの。 それが決め手だった気がする。 でも、ビル(・コンドン監督)に聞かないとわからないわ(笑)。 それがこの映画の素晴らしいところだと思う。 みんなが楽しめる要素がたくさんあり、スリリングなところもあって、それから、少しの悲しみもある。 だけど、突き詰めていくと楽しくて、それからロマンチックな作品でもある。 そういうことを感じてもらえたら嬉しい。

次の

【女の子の名前】「えま」と読む漢字97選と意味!恵/笑/咲

えま わ と そん

イギリスの女優。 1990年パリ生まれ、身長165センチ。 フルネームはエマ・シャーロット・デューレ・。 両親ともに弁護士だったが、5歳の時に離婚しに。 2001年、ハリウッド映画「」にてハーマイオニー役でデビューし、AOL最優秀助演女優賞を獲得。 以降11年まで「」シリーズ全作に出演している。 08年には、のココ・マドモアゼルの新たな顔として選ばれモデルデビュー。 09年、「過去10年間で最もを稼いだ女優」としてに登録され、11年、米国の経済誌「」は「スクリーン上で最も稼いだカップル」として、ハリー・ポッターシリーズのルパート・グリントとエマ・ワトソンを1位とした。 二人の「ハリー・ポッター」シリーズでの総収入は合わせて63億ドルとされている。 では、09年に、、ケンブリッジ大学ほかに合格するなど、才媛ぶりを示している。 2012-09-13 出典 知恵蔵miniについて.

次の

エマ・ワトソン(えま・わとそん)とは

えま わ と そん

近年、フェミニズムに関する取り組みや発言で注目を浴びている エマ・ワトソン。 彼女は2014年に、男女平等を呼びかける国連のキャンペーン「HeForShe」を発足。 その一環として、「芸術における男女平等を目指す」という目的の下、3月には「HeForShe Arts Week」を開催。 コスモポリタン アメリカ版では、NYの国連本部で行われた開会式での記者会見で、エマがした自身の体験について紹介しているのだけど…その内容の酷さにビックリ! 「私の18歳の誕生日パーティーでのことです。 私がパーティー会場から出たとき、カメラマンが突然道路に横たわり、 私のスカートの中をカメラに収め、次の日の朝、その写真が ゴシップ紙に掲載されました」と振り返るエマ。 「写真の掲載が24時間前だったら違法でした。 ところが、 18歳に達した瞬間、その行為は合法となったのです」。 さらに、イギリス版『エスクァイア』誌のでも、同様の体験をシェア。 「部屋を出たときに、誰かに(お尻を)平手打ちされたわ。 家に着くまでの間、とても怖かった…。 でも、私がこういう話をすると大ごとになるから、積極的には話題にしてないの。 それに、これは自分だけに起こっている問題だという印象を与えたくない。 知り合いの女性のほとんどは、同じような、またはもっとひどい体験をしているのよ。 残念だけど、これが現実。 私たちが認識している以上に、このような出来事がはびこっているの。 女性が恐怖心を持ちながら生活することが、為す術のない現実であってはならないのよ」 このような行為を目にしたら、私たちは全員、その行為をした本人に立ち向かう必要がある、とエマは強調。 さらに、男性は「フェミニズム」を単なる忌まわしい流行語としてではなく、 今ここにある現実問題として捉えるべき、とも。 『エスクァイア』誌に対しては、「このインタビュー記事を読んだ後、(男性には)自分のまわりにいる女性たちに対して、彼女たちの体験に耳を傾けて欲しい」と語っている。 すると、インタビュアーは単刀直入に「そもそもなぜ、男性が男女平等について関心をもつべきなのですか?」と質問。 エマはすかさず、完璧な答えで対応。 「"自分に関係があるかもしれないから、男女平等はみんなが関わるべき問題だ"と説得したいわけじゃないの。 肝心なのは、 これが人類にとってどんな問題なのか、と問いかけること。 マーティン・ルーサー・キング(ジュニア)牧師は、『どこかに不正があれば、それはいかなる場面においても、正義に対する脅威となる』と訴えたわ。 私はこの考えに100%賛成してるの。 それ(男女平等)が実現すれば、これからを生きる子どもたちはより幸福と健康を得て、成功することができるのでは? 男性も育児休暇をきちんと利用して子どもと過ごせるようになるのでは? 男性だって気分が最悪なときに、他人に相談できるようになるのでは? そして、ありのままの自分になれるのでは? 女性からデートに誘われるようになるのでは? より良いセックスができるようになるのでは? 真のパートナーシップが築ける結婚が実現するのでは? 芸術、文化、ビジネス、政治の分野でさらなる多様性と型にはまらない考え方が実現するのでは? 革新的技術や才能の持ち主に対して世界的なクラウドソーシングができるようになるのでは? 世界中の人々、とりわけ女性がより安全に、自信を持ち、充実して生きられるようになるのでは? 世界平和が実現するのでは? 真剣に考えてみて。 世界平和よ!」 また、インタビューの後半では、このようにコメント。 「私のことをディーバでも、フェミナチでも、堅物でも、世界的な初のフェミニストとでも、好きに呼べばいい、どうぞご自由に。 たとえそう呼ばれても、私は断固として正しい信念を貫き、 正しいことを現実のものにする覚悟 をしているもの」 「HeForShe」キャンペーンの活動に専念するためにエマが1年にわたって女優休養宣言をした背景には、こんな理由があったようです(ちなみに、彼女は休養期間を思い切り堪能しているんだとか)。 Translation:Rubicon solutions.

次の