竹達 彩奈 キャラ。 竹達彩奈さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?19年版 3位「五等分の花嫁」中野二乃、2位「SAO」リーファ、1位は…

竹達彩奈|アニメキャラ・プロフィール・出演情報・最新情報まとめ

竹達 彩奈 キャラ

あずにゃんこと、 「けいおん!」の中野梓だ! 主人公・平沢唯たちの1年後輩として第1期途中から登場したあずにゃんは、小動物のようなかわいらしさからは想像もつかないギターテクを武器にたちまち人気を集めたことを記憶している諸兄も多いことだろう。 竹達さんがブレイクするきっかけとなった、記念碑的なキャラクターでもある。 そのいっぽうで歌が苦手だったり、甘え下手だったりと、いちいち俺たちのツボをつく要素満載。 個人的には、劇場版クライマックスのライブシーンとその後の姿が、最高であった。 ちなみに、最初にあずにゃんを演じた時の竹達さんは、若干20歳! その初々しさも含めて、やはりナンバー1のハマりキャラと言えるだろう。 竹達さんの演じるキャラのイメージといえば「妹系」キャラという方も多いだろう。 桐ヶ谷直葉(「リーファ」はオンラインゲーム内でのキャラクター名)は、主人公・キリトこと桐ヶ谷和人の妹で、疎遠になってしまった和人との関係を取り戻すかのように、「お兄ちゃんラブ」をビシバシアピール。 おまけにお胸は絶賛成長中という、かなり罪作りな妹キャラである。 高坂桐乃も、普段はお兄ちゃんを召使いのごとく使いっ走らせていたり、わがまま全開で困らせたりするものの、それはすべてお兄ちゃんへの愛情表現という困った妹キャラである。 そんな桐乃が、素の表情を見せる瞬間。 そのギャップにこそ、このキャラの魅力が集約されている。 そして、当時多くの視聴者に衝撃を与えたお兄ちゃんとの関係の顛末も忘れ難い。 ツンデレ妹の魅力を余すことなくつめ込んだ桐乃もまた、罪作りな妹キャラである。 甘いロリボイスから発せられる、どこか意地悪な。 でもたまらなくかわいらしいセリフの数々。 そんなコケティッシュな魅力をいかんなく発揮する両キャラゆえに、多くの票が集まった。 主人公への愛情が暴走し、ややもするとマッドな雰囲気を醸し出す。 そんな「ヤバい」キャラもまた、竹達さんの得意とするところだ。 4位の 「五等分の花嫁」中野二乃は、その流れを汲むキャラだ。 最初は主人公に対してわりと警戒心を抱いていたものの、徐々に心を許し、最後はヒロイン姉妹の中でも特に恋に暴走するキャラへと変化。 ツンデレというか、マッドというか。 かわいい声ゆえに、クレイジーなニュアンスを持ったキャラがより「ヤバい」魅力を放つのではないだろうか。 さて、竹達さんといえば「食べ物」!という読者も多いだろう。 自身のアーティスト活動でも、「ライスとぅーミートゅー」というお米とお肉というギルティな組み合わせへの愛を高らかに歌う楽曲を発表したり、吉野家のCMで食いしん坊キャラを隠すことなく登場したりと、食に対する探究心は人一倍。 そんな彼女のキャラを意識してか、食に対して異常な執着を見せるキャラを演じることも少なくない。 しかも5位の 「だがしかし」枝垂ほたるは「駄菓子」。 8位の 「ラーメン大好き小泉さん」小泉さんは「ラーメン」と、どうにもB級グルメ感がぬぐえないラインアップなのが、彼女らしい。 そういう親しみやすさもまた、竹達さんの魅力なのだ。 ちなみにこの両キャラとも、当然ながら食事シーンが他作品のキャラに比べて多い。 昨今、ASMR動画で咀嚼音をじっくり聞かせる動画を発表する声優もちらほらといるが、この2キャラはその先駆けとは言えないだろうか? いや、言えるはずだ。 異論は認める! 実際はSEで処理されている可能性もあるが、想像力を膨らませれば……ほら、あやちの咀嚼音を堪能できる耳に幸せなキャラたちに思えないかい? ここまで紹介してきたキャラは、どうにも尖ったキャラが多かったが、もちろんそれだけで終わらない。 ちょっぴりおとなしめだったり、不思議ちゃんなキャラにも人気が集まっている。 7位 「たまゆら」沢渡楓は、「~なので」が口癖のちょっぴり頼りない女の子。 亡き父の遺したカメラを片手に自分の将来に悩み、やがて進路を決めていく姿はけなげで、思わず応援したくなること必至。 天才ロリキャラは、この手のアニメではある意味定番ともいえるが、それを衒うことなく、直球でかわいらしく演じている。 こうしてみてみると、一口に「かわいいキャラたち」と言っても、それぞれきちんと異なる個性を演技で持たせているし、どんなキャラだったかすぐに思い出せるところに、声優・竹達彩奈の演技力の高さがあらわれているように思える。 10位以下も、作品の思い出とともに声が脳裏に再生されるキャラばかりである。 ぜひ投票結果を確認していただきたい。 その塔城小猫は、24位にランクインしていることもおさえておきたい。 最後になりますが、竹達彩奈さん! お誕生日おめでとうございました!.

次の

坂上忍、竹達彩奈の声キャラに「イラっ!」技量に驚き 芸能界の騒動は竹達に無茶ぶり

竹達 彩奈 キャラ

あずにゃんこと、 「けいおん!」の中野梓だ! 主人公・平沢唯たちの1年後輩として第1期途中から登場したあずにゃんは、小動物のようなかわいらしさからは想像もつかないギターテクを武器にたちまち人気を集めたことを記憶している諸兄も多いことだろう。 竹達さんがブレイクするきっかけとなった、記念碑的なキャラクターでもある。 そのいっぽうで歌が苦手だったり、甘え下手だったりと、いちいち俺たちのツボをつく要素満載。 個人的には、劇場版クライマックスのライブシーンとその後の姿が、最高であった。 ちなみに、最初にあずにゃんを演じた時の竹達さんは、若干20歳! その初々しさも含めて、やはりナンバー1のハマりキャラと言えるだろう。 竹達さんの演じるキャラのイメージといえば「妹系」キャラという方も多いだろう。 桐ヶ谷直葉(「リーファ」はオンラインゲーム内でのキャラクター名)は、主人公・キリトこと桐ヶ谷和人の妹で、疎遠になってしまった和人との関係を取り戻すかのように、「お兄ちゃんラブ」をビシバシアピール。 おまけにお胸は絶賛成長中という、かなり罪作りな妹キャラである。 高坂桐乃も、普段はお兄ちゃんを召使いのごとく使いっ走らせていたり、わがまま全開で困らせたりするものの、それはすべてお兄ちゃんへの愛情表現という困った妹キャラである。 そんな桐乃が、素の表情を見せる瞬間。 そのギャップにこそ、このキャラの魅力が集約されている。 そして、当時多くの視聴者に衝撃を与えたお兄ちゃんとの関係の顛末も忘れ難い。 ツンデレ妹の魅力を余すことなくつめ込んだ桐乃もまた、罪作りな妹キャラである。 甘いロリボイスから発せられる、どこか意地悪な。 でもたまらなくかわいらしいセリフの数々。 そんなコケティッシュな魅力をいかんなく発揮する両キャラゆえに、多くの票が集まった。 主人公への愛情が暴走し、ややもするとマッドな雰囲気を醸し出す。 そんな「ヤバい」キャラもまた、竹達さんの得意とするところだ。 4位の 「五等分の花嫁」中野二乃は、その流れを汲むキャラだ。 最初は主人公に対してわりと警戒心を抱いていたものの、徐々に心を許し、最後はヒロイン姉妹の中でも特に恋に暴走するキャラへと変化。 ツンデレというか、マッドというか。 かわいい声ゆえに、クレイジーなニュアンスを持ったキャラがより「ヤバい」魅力を放つのではないだろうか。 さて、竹達さんといえば「食べ物」!という読者も多いだろう。 自身のアーティスト活動でも、「ライスとぅーミートゅー」というお米とお肉というギルティな組み合わせへの愛を高らかに歌う楽曲を発表したり、吉野家のCMで食いしん坊キャラを隠すことなく登場したりと、食に対する探究心は人一倍。 そんな彼女のキャラを意識してか、食に対して異常な執着を見せるキャラを演じることも少なくない。 しかも5位の 「だがしかし」枝垂ほたるは「駄菓子」。 8位の 「ラーメン大好き小泉さん」小泉さんは「ラーメン」と、どうにもB級グルメ感がぬぐえないラインアップなのが、彼女らしい。 そういう親しみやすさもまた、竹達さんの魅力なのだ。 ちなみにこの両キャラとも、当然ながら食事シーンが他作品のキャラに比べて多い。 昨今、ASMR動画で咀嚼音をじっくり聞かせる動画を発表する声優もちらほらといるが、この2キャラはその先駆けとは言えないだろうか? いや、言えるはずだ。 異論は認める! 実際はSEで処理されている可能性もあるが、想像力を膨らませれば……ほら、あやちの咀嚼音を堪能できる耳に幸せなキャラたちに思えないかい? ここまで紹介してきたキャラは、どうにも尖ったキャラが多かったが、もちろんそれだけで終わらない。 ちょっぴりおとなしめだったり、不思議ちゃんなキャラにも人気が集まっている。 7位 「たまゆら」沢渡楓は、「~なので」が口癖のちょっぴり頼りない女の子。 亡き父の遺したカメラを片手に自分の将来に悩み、やがて進路を決めていく姿はけなげで、思わず応援したくなること必至。 天才ロリキャラは、この手のアニメではある意味定番ともいえるが、それを衒うことなく、直球でかわいらしく演じている。 こうしてみてみると、一口に「かわいいキャラたち」と言っても、それぞれきちんと異なる個性を演技で持たせているし、どんなキャラだったかすぐに思い出せるところに、声優・竹達彩奈の演技力の高さがあらわれているように思える。 10位以下も、作品の思い出とともに声が脳裏に再生されるキャラばかりである。 ぜひ投票結果を確認していただきたい。 その塔城小猫は、24位にランクインしていることもおさえておきたい。 最後になりますが、竹達彩奈さん! お誕生日おめでとうございました!.

次の

竹達彩奈さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?19年版 3位「五等分の花嫁」中野二乃、2位「SAO」リーファ、1位は…

竹達 彩奈 キャラ

竹達彩奈さんといえば、とにかく「かわいい!」その声質が魅力。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」高坂桐乃、 「ソードアート・オンライン」桐ヶ谷直葉のようにお兄ちゃんが大好き!な妹キャラや、 「けいおん! 」中野梓のように守ってあげたくなる後輩キャラ。 「えむえむっ! 」石動美緒のようにツンデレでちっちゃいお嬢様や、 「たまゆら」沢渡楓のようにオドオドしがちな女の子などなど、小動物系の魅力あふれるキャラクターが多いことからも、それはうかがえる。 そのいっぽうで、お肉とお米が大好き!というパーソナリティーを生かして、 「だがしかし」枝垂ほたるのように、ひたすらお菓子を食べまくるというトリッキーなキャラもしっかり演じ上げている。 また、竹達さんは声優と並行してアーティスト活動も行っている。 ソロアーティストとしてCDリリースやライブを行うほか、悠木碧さんとのユニット「petit milady」での活動が印象に残っている方も多いのではないだろうか。 また2019年には、声優・梶裕貴さんとの結婚も発表! 声優業界の人気者カップルの誕生に、業界内外からも祝福の声があがったことを記憶されている方も多いことだろう。 投票数は1人7票なので、推しキャラに全票投入するもあり、いろいろなキャラに少しずつ投票するもありだ。 ぜひ皆さんの熱き7票を投じていただきたい。

次の