フェアリー ポルカ。 フェアリーポルカの血統表

【秋華賞】“第3の馬”は強運オーナー&持ってる菊本助手に導かれるフェアリーポルカ

フェアリー ポルカ

もちろん、「クレイジージャーニー」ではない。 ガチの「グレートジャーニー」だ。 桜花賞馬グランアレグリアとオークス馬ラヴズオンリーユー。 牝馬3冠最終戦・秋華賞は、春のクラシック2冠を分け合った2頭が不在の中で行われる。 代わってヒロインの有力候補に躍り出たのは2歳女王ダノンファンタジーに、大舞台で好勝負をし続けているクロノジェネシスあたりだろうが…。 「サトノダムゼルは怖い存在だと思うよ。 まだキャリア3戦で、重賞も使ったことがない馬とはいえ、デビューから負けなしでしょ。 一度でも負けている馬と、一度も負けていない馬とでは大きな差がある。 無敗というのは、底を見せておらず、それだけ可能性を秘めているってことになるわけだからね」 秋華賞に登録しながらも、回避を決めたコパカティの佐々木調教師の発言だ。 これを出発点に、当事者の感触を確認しようと、サトノダムゼルに騎乗するM・デムーロに探りを入れたところ、また違った方向へ…。 「能力が高いのは間違いない。 ただ、幼いところがまだあるからね。 大舞台でどこまでやれるか、楽しみはあるけど…。 第3の馬? 怖いのは戸崎(圭)さんの馬だね。 この前のレースでは(自身が騎乗したグラディーヴァが)スーッと引き離されてしまったし、あの馬はかなり走るよ」 M・デムーロから名前が挙がるとしたら、自身が前走まで主戦を務めていた上がり馬エスポワールと予想していたのだが、意外にも挙げたのは紫苑Sを制したパッシングスルーだった。 想定外の展開にしばしフリーズ。 パッシングスルーが有力馬の一頭なのは間違いなかろうが…。 妙味を重視すれば、紫苑Sでこのパッシングスルーに頭の上げ下げのタイミングだけで負けた形のフェアリーポルカも要警戒ということにならないか? そんな考えが頭をよぎった。 というわけで今度は担当の菊本助手のもとへ。 「紫苑Sで増えていた16キロは成長分ですね。 デビュー前に坂路で追い切ってトモを痛めたことがあったので、春先はトラックでしか調教していなかったんですけど…。 今はトモもしっかりしたので、坂路でも普通に追い切れるようになっていますよ」 確かに記者もその点は確認済みだ。 スッと好位のインにつけて、直線でもしっかり伸びてきた紫苑Sのレースぶりからも分かる通り、抜群のレースセンスがフェアリーポルカの最大の魅力。 これはゴチャつきやすい京都内回り2000メートルを乗り切るための大きな武器となる。 あとは内枠を引くなどの「運」も必要となるが…。 「(フェアリーポルカの)担当は持ってるヤツなんだ。 今、やっているもう一頭がタイセイビジョン。 オープン馬2頭の担当ってことだからね」(西村調教師) さらにはオーナーの山本剛士氏も、個人馬主としてはこのフェアリーポルカが初めての持ち馬だとか。 それがいきなりGIの大舞台に出走する活躍を見せているのだから、こちらの強運も相当なものだ。

次の

次走の注目馬【フェアリーポルカ】

フェアリー ポルカ

【和田竜二騎手の結果・成績】4月25日(土)福島 1R シルヴァーミリオン 8番人気 12着 スタートしてからなかなかペースについていけずに、和田さんの手がずっと動いていましたね。 直線でも全く伸びずに、良いところなく終わってしまいました。 やっぱり厳しかったかあ。 今のところ、勝てる気配が全くないですね。 成長を待つしかない感じです。 3R タガノグリュック 1番人気 2着 好スタートから先頭に立ち、逃げる展開になりました。 4コーナーでペルルドールにつかまると、そのまま一気に差をつけられて2着でフィニッシュ。 またしても良い競馬をしながら勝てないという結果になりました。 今回は最高の展開だったと思ったけど、勝った馬が強すぎたなあ。 運がなかったとしか言いようがない。 でもグリュックも着実に力をつけてきていることがわかります。 今日も良い走りを見せていたし、 3着、3着ときて初めての2着。 勝ちはもうすぐそこです! この感じで成長していけば、上のクラスでも間違いなく良い勝負できると思います。 今は運がないですが、良い運が回ってきたときには連勝して一気に上のクラスまでいっちゃおう! 次走も応援してるよグリュック! 7R エレベル 1番人気 4着 中団の位置取りから、最終コーナーにかけて徐々に前方に進出。 しかし直線に入ってからはいつもの切れ味鋭い脚が不発に終わってしまいました。 この馬はやっぱり後方から末脚を生かす展開じゃないと厳しいのかあ。 まあ今回は前目からいってどこまでやれるかを試すレースだったと思うので、 後ろからいかなきゃダメだということがわかっただけで収穫かな。 力はある馬なので、次はいつもの末脚で豪快に差し切ってくれるのを楽しみにしています。 8R コパノカーリング 2番人気 2着 大外11番枠からの発走だったのですが、いつの間にかインコースへ。 このあたりのいつの間にか良いポジションをとる技術に関しては、和田さんは本当にトップクラスですね! 直線に入ってからは、早めに抜け出したカルロスミノルには届かなかったものの、良い末脚で追い上げて2着でフィニッシュしました。 距離を伸ばしてきたけど、この距離でも十分戦えることがわかりましたね。 ですが 相変わらず、勝ちきれない印象。 この感じで走っていれば、いずれは勝てると思うので、引き続き調子を維持して頑張って欲しいです。 4コーナーからムチが入り仕掛け始めるも、直線ではいつも通り伸びずに馬群に沈んでしまいました。 休み明けでリフレッシュしていたけど、それだけじゃ勝てないか。 それでも このクラスに上がってから最も良い着順でゴールできたので、少しずつ、良化していると思いたいですね。 次走は休み明け2走目での上積みも見込めるし、さらに上の着順を期待したいですね。 10R ロジシルキー 1番人気 9着 スタートは普通。 その後も焦らずに馬なりで中団のポジションを確保しました。 3コーナーではすでに手応えが怪しくなり、ムチが早めに入るも直線ではその手応え通り全く伸びずに終わってしまいましたね。 どうしたんでしょうか。 力がある馬なのでかなり期待していただけにちょっと残念でしたね。 休み明けなので馬がまだ本調子じゃなかったということでしょうかね。 次走での巻き返しに期待したいです。 11R フェアリーポルカ 3番人気 1着 一番勝って欲しかったレースで この日一番の神騎乗を炸裂させてくれました! いやー、凄かった。 おめでとうございますおめでとうございますおめでとうございます!!! 最高です!! スタートしてから中団より後ろのポジションでレースを進めました。 外枠スタートだったのですが、この時点でインコースをきっちり確保してロスなくポルカ姫をエスコート。 そして直線に入って前が開くと、鋭い脚で突き抜けて危なげなく勝利を手にしました。 今までは外枠だとなかなか上位に顔を出せなかったポルカ姫ですが、見事に克服してくれました。 前走が重馬場での勝利で、今回が良馬場での勝利なので、馬場も気にせず走れるタイプ。 そしてポジション的にも前めからのレースもこなせるし今回のような後ろからのレースもこなせる。 もう死角はないんじゃないでしょうかね。 次はヴィクトリアマイル(G1 だと思うので、引き続き調子を維持して頑張って欲しいです!! 12R サトノエルドール 1番人気 9着 スタートはボチボチな感じで無理をせず馬なりで後方の位置取り。 レース中盤から仕掛けていき、4コーナーでは先頭に並びかけるも直線でついていけずに失速。 この馬も期待していたんだけど残念すぎるなあ。 乗り方としては福島だから早めに仕掛けていくのは当然なので問題なし。 福島のような小回りの競馬場が合わないのかな。 ここまで惨敗となると、単純に体調が整ってなかっただけの可能性もあるけど。 最後の直線で末脚を爆発させるような走りが向いていると思うので、次は東京か新潟あたりで走って欲しいと思います。 まとめ 土曜日は8頭に騎乗し1勝2着2回の結果でした。 怪我もなく順調にヴィクトリアマイルに出走して欲しいですね。 なにはともあれ、復帰して初日から重賞を勝つとか、最高の復帰祝いですし、応援している側にとっても嬉しいです! これで 今年の勝ち星を21勝とし、リーディングは15位に浮上。 上位を見渡すと6位のミルコ・デムーロ騎手が28勝なので、今年はそこを目指して勝ちを重ねて欲しいと思います。 三浦騎手が怪我から復帰して猛烈な勢いで追い上げてきてるので、今年はリーディング7位くらいを目標にと勝手に考えております。 それではまた明日の神騎乗を期待して、今日はここで失礼します!.

次の

【福島牝馬S】フェアリーポルカ軽快 西村師「いい状態で使える」

フェアリー ポルカ

「・G3」(25日、福島) 前走のに続く重賞連勝を狙っているは22日、栗東坂路へ。 単走で駆け上がり、軽快な脚さばきで4F55秒7-39秒9-12秒7をマークした。 見守った西村師は「動きはいいと思ったね。 ここを目標に調整をしてきた。 いい状態でレースに使える」と満足げだった。 前走は季節外れの大雪に見舞われ、不良馬場での一戦。 「(今回は)できれば良馬場で競馬がしたいね」と陣営が話すように、決して適条件とは言えない状況下でも結果を残すあたりは、高い能力のなせる業だろう。 先週のをが勝利し、厩舎の勢いも十分だ。 「福島コースは心配していない。 まだ、これからの馬だけど、現状でもこれだけ走れている。 内枠でも引いて、ソツのない競馬ができるようなら」。 まだまだ伸びしろを残す4歳牝馬が、みちのくの地でも軽快な舞いを披露する。 提供:.

次の