新 au ピタット プラン 比較。 auの新料金プランを解説!新ピタットプラン・auフラットプラン7プラス・auデータMAXプラン Pro/Netflixパックとは?

新auピタットプランNの完全ガイド!料金・割引・旧プランとの違い

新 au ピタット プラン 比較

では新auピタットプランに適用できる割引をみていきましょう。 auスマートバリュー• 家族割プラス• しかし~ 1GBの場合は割引対象外となっているので注意です。 auスマートバリューを適用させるには 「固定回線+電話」もしくは auスマートポートの契約が必要。 家族割プラス 新料金プランから登場した新しい割引。 他キャリアと同じく家族人数によって割引額が異なります。 音声オプション 割引 加入なし -1,000円 通話定額ライト -1,000円 通話定額 -1,700円 旧auピタットプランとの違いは何か? 旧auピタットプランとの違いは主に4つです。 5段階から3段階の定額プランに• auスマートバリューの割引が少なくなった• スマホ応援割がなくなり家族割プラスが登場• 1,980円で5分以内通話無料が使えなくなった 5段階から3段階の定額プランに 旧プランは5段階ありましたが3段階になり、 データ使用量の上限が7GBと少なくなりました。 旧プランは5段階もあり覚えにくかったため、 3段階になりシンプルになり良かったと感じますね。 旧プランと新プランの定額料金を比較してみると下記の表になります。 旧プラン 割引額 ~1GB 500円 2GB以上 1,000円 2GB以上利用していた方にとっては500円割引が少なくなってしまいます。 また新プランでは~1GBが対象外となっていますが、 旧プランのカケホ・スーパーカケホでは500円の割引がもらえました。 そのため旧プラン ~1GB でカケホ・スーパーカケホを利用していた方は、 新プランに変更してしまうと500円の割引が適用されなくなってしまいます。 スマホ応援割がなくなり家族割プラスが登場 旧プランのカケホ・スーパーカケホではスマホ応援割が適用され、 1年間1,000円の割引がうけられました。 しかし新プランでは家族割プラスとなり、 1,000円の割引を受けるには家族3人以上で契約する必要があります。 そのため従来のスマホ応援割のように割引を受けるには、 家族3人以上で新プランを契約しなくてはなりません。 一人で契約している方は1つ割引がなくなったといえるでしょう。 1,980円で5分かけ放題が使えなくなった 旧プランは1,980円で5分かけ放題が使えていましたが、 新プランでは通話無料なしで1,980円となってしまいました。 新プランでは5分かけ放題を利用するには+700円 1年目500円 必要になります。 しかし 家族 3人以上 で利用するなら家族割プラスがあるため、 700円高くなったとしても 旧プランより安く利用できます。 新auピタットプランはお得になったのか? 新auピタットプランでは家族人数による割引となったため、 一人で契約している方と家族 3人以上 で契約している方の2種類でみていきましょう。 旧プランはauピタットプラン スーパーカケホ で比較します。 一人で契約している方 スマホ応援割がなくなり高くなったと思われますが、 旧プランと新プランの料金を表で比較してみましょう。 旧プランは• auスマートバリュー• スマホ応援割 新プランは• auスマートバリュー が適用されている前提とします。 旧プラン 新プラン ~1GB 1,980円 2,980円 ~2GB 2,980円 ~3GB 3,480円 ~4GB 3,980円 ~5GB 4,480円 ~7GB 5,480円 ~20GB 5,480円 ~1GBの場合は 1,000円高くなっていてますね。 他はばらつきがあり分かりづらいですが、 1GBあたりのコスパは悪くなっていることがわかります。 ただ旧プランのスマホ応援割は割引が1年間のため、 2年目は上記の表より1,000円高くなってしまいます。 そのため2年間利用するなら 3GBまで利用していた方は同じ料金で4GBまで利用できるようになりました。 ただ3GB以上利用するなら +500円で利用できるauフラットプラン7プラスや、 1年目4,000円のauフラットプラン20といった選択肢もあります。 安さで選ぶか、コスパで選ぶかになり、 3GB以上利用する方は選択肢が増える結果となりましたね。 とりあえず3つの中から選ぶとしたら、 私は auフラットプラン7プラスをおすすめします。 データ容量7GBに加えてカウントフリー 秋以降 もあるため、 迷ったらこれを選んでおけば損することはないでしょう。 家族 3人以上 で契約している方 旧プランは• auスマートバリュー• スマホ応援割 新プランは• auスマートバリュー• 家族割プラス が適用されている前提とします。 旧プラン 新プラン ~1GB 1,980円 1,980円 ~2GB 2,980円 ~3GB 3,480円 ~4GB 2,980円 ~5GB 4,480円 ~7GB 4,480円 ~20GB 5,480円 一人で契約している方と違い家族割プラスがあるため、 ~1GBは同じ料金ですが2GB以上は安くなっていることがわかります。 また家族割プラスはスマホ応援割と違い、 永年割引が続くため全体的にお得になったといえるでしょう。 5分無料通話をつけても旧プランより安いのも良い点です。 auは2年目以降高くなってしまうのがネックだったので、 何年使っても同じ料金で使えるのは嬉しいですね。 他キャリアの低用量プランより安いのか? ソフトバンクは ミニモンスター、ドコモは ギガライト とありますがその2つより安く利用できるのでしょうか。 さっそく表で比較してみましょう。 au docomo softbank ~1GB 1,980円 1,980円 1,980円 ~2GB 3,980円 ~3GB 2,980円 ~4GB 2,980円 ~5GB 3,980円 5,480円 ~7GB 4,480円 4,980円 ~50GB 6,480円 1GBまでは1,980円と一緒になっていますが、 それ以降は新auピタットプランのコスパが良いですね。 ドコモは3GBまで2,980円に対して、 auは1GB多い 4GBまで2,980円で利用可能です。 ですからauの低用量プランはキャリアの中で一番安く、 ライトユーザーにおすすめなプランといえるでしょう。 今まではドコモのシェアパックが優秀でしたが新規受付終了となるため、 キャリアで安いプランを契約するなら新auピタットプランが良いですね。 まとめ 新auピタットプランは家族に優しいプランで、 今までより安く低用量プランを利用することができます。 旧プランは2年目以降高くなってしまうのに対して、 新プランでは料金が変わらず安いまま利用できるようになりました。 1GB以上使うけど4GBまでは使わないというライトユーザーには、 キャリアの中で一番おすすめできるプランとなっています。 ただ一人で契約する場合には家族割プラスが適用されないため、 旧プランより高くなってしまうことが多いので注意が必要になります。 これから割引の恩恵を受けられるのは家族かヘビーユーザーだけとなり、 一人で契約しているライトユーザーには形見が狭くなってしまうのでしょうか。

次の

auが新プランを発表!どれが一番お得なのか比較してみた

新 au ピタット プラン 比較

新auピタットプランN 出典: 6月から受付を開始した新料金プランのうちの一つ、「新auピタットプランN」。 このプランの特徴は、利用データ容量によって料金が変わることです。 使ったデータの量に応じて定額制の料金を適用する、あまりデータ容量を使わない人がお得になるプランとなっています。 料金は以下をご確認ください。 この料金プランの最大の特徴は 「人気のSNSのデータ消費がゼロ」であることです。 【対象SNS】• Twitter• Intagram• Facebook• +メッセージ さらに、対象SNSは順次拡大予定とのことです。 動画や音楽の送受信、各SNSから外部サイトへ接続した際などはデータ容量を消費するため注意が必要ですが、普段から使用しているSNSのデータ消費が少なくなるのは嬉しいですね。 「月に7GB以上データ通信しているから、このプランは……」と思ったあなた。 先述した通り、TwitterやInstagramの通信量はカウントされません。 SNSの見すぎで毎月通信制限にかかってしまう方におすすめのプランです。 このプランの特徴は、Netflix・auビデオパスをお得に利用できることです。 Netflix ベーシックプラン の月額料金800円・ビデオパスの見放題プランの月額料金562円が無料になり、映画やアニメなどをお得に楽しめるプランとなっています。 月間のデータ容量は25GBで、割引適用時の料金は月々5,150円です。 完全定額制となっており、他プランと比べてもかなり多いデータ容量が用意されています。 「テラスハウス」「ストレンジャー・シングス」といったNETFLIXオリジナル作品が楽しめるほか、ビデオパスの特典で最新の映画作品がレンタル可能。 見逃したアニメやドラマも1話から見返すことができます。 auフラットプラン20N 出典: auフラットプラン25 Netflixパックと同じく、2018年6月1日から受付が開始された「auフラットプラン20N」。 SNS利用や動画視聴が多く、毎月多くのデータ容量を使用する方におすすめのプランでした。 スマホのデータ容量をあまり使わない方は「新auピタットプラン」を、SNSを除いたデータ使用量が7GB程度に抑えられる方は「auフラットプラン7プラス」を、日頃から動画やゲームなどで大量のデータ消費を行う方は「auデータMAXプラン」に申し込みましょう。 auデータMAXプラン Pro 出典: 「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」と時を同じくして発表された「auデータMAXプラン Pro」。 2019年夏、間もなく受付開始予定のこの新料金プランのウリは、なんといっても「上限なしでデータ使い放題」であることです。 注意しなければいけないのは、テザリング、データシェア、世界データ定額でのデータ通信 海外でのスマホ使用 を行う場合のデータ容量の上限は合計20GBである点。 また、など、大量のデータ通信や長時間接続を行う場合は通信速度が制限される可能性があることも覚えておきましょう。 au新料金プランの通話オプション au新料金プランでは、通話料金はどのように扱われているのかをご説明します。 自分がどれだけ通話を利用するかによってどのオプションに申し込むかが変わってきます。 【新通話プラン】• オプションを付けない場合• 5分以内の国内通話かけ放題!「通話定額ライト」• 国内通話24時間かけ放題!「通話定額」 オプションを付けない場合 auの新料金プランでは、必ずしも通話オプションに申し込む必要はありません。 通話オプションに申し込まない場合は、すべてのプランで一律20円/30秒の通話料金がかかります。 普段から電話をあまり使わない方やLINE、Skypeといったサービスを使用して通話を行っている方は、オプションを付けなくても問題はないでしょう。 通話定額ライト 仕事などの連絡で短い通話を度々使うことはあるが、あまり長電話はしないという方には「通話定額ライト」がおすすめです。 こちらのオプションは、 月額700円で1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題となっています。 さらに、2019年7月現在「通話定額ライト スタートキャンペーン」が実施中です。 このキャンペーンでは、「通話定額ライト」適用月から12カ月間は、200円引きの+500円/月で利用することができます。 なお「通話定額ライト」を付けるためには「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」の3プランの内どれかに申し込んでいる必要があります。 また、5分を超える通話に関しては20円/30秒の料金がかかるため、こちらも注意してください。 通話定額 友人との連絡や仕事などで電話をよくかけるという方におすすめなのが「通話定額」です。 こちらのオプションに申し込むと、 月額1700円で国内通話が24時間かけ放題になります。 なお「通話定額ライト」と同様、「通話定額」の使用条件も「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」への申し込みが必須となります。 オプションに申し込まない場合の通話料金は20円/30秒なので、月に43分以上電話を利用する方は「通話定額」の方がお得になります。 新料金プラン・旧料金プラン比較 新料金プランの説明を行ってきました。 ここからは、旧料金プランと新料金プラン、どちらがお得なのかを検証していきたいと思います。 7GBまでなら新料金プランがお得 旧auピタットプランは、新auピタットプランと同様、データ利用量に応じて定額料が変動するシステムを取っていました。 新旧で異なるのは、新料金プランは定額料のテーブルが3段階であるのに対し、旧料金プランは5段階であること。 また、旧料金プランではデータの上限が20GBでした。 また、同様に4GB時点で比較してみると、こちらも新料金プランが1,000円お得という結果に。 7GBから20GBまでの大量のデータ通信を行う方にとっては新auピタットプランはカバーできないため、こちらは旧auピタットプランに軍配があがりました。 通信量が大きくなると旧プランの方がお得 では動画視聴やゲームなどで毎月7GB以上のデータ消費を行う方にとって、auの新料金プランは損になってしまうのでしょうか。 旧auピタットプランと、「データ容量上限なし」がウリの「auデータMAXプラン」を比較してみましょう。 スマホを使えば使うほどお得になるプランといえるでしょう。 比較を行った結果、旧auピタットプランにおけるデータ使用量が「5GB未満」時点の料金と、auデータMAXプランの料金が一致する形となりました。 旧プランが5GB以降は6,980円かかるのに対し、新プランは1,000円もお得です。 さらに、「auデータMAXプラン」は旧プランの上限である20GB以降もデータを使用し続けることが可能です。 新旧のデータを大量使用できるプランを比較した結果、5GBから以降は新プランの方がお得という結果となりました。 au新料金プランの注意点・ポイント ここからは、CMなどでも大々的に打ち出されている最大4割の値下げについて詳しく説明していきます。 まず注意しなければならないのは、新auピタットプランの「月額1,980円」やauフラットプラン7プラスの「月額3,480円」といった月額料金は、 全ての割引が適用された価格になっていることです。 割引の詳細は以下になります。 auスマートバリュー 「です。 割引金額はプランによって異なるので、以下の表を確認してみてください。 家族割プラス 「家族割プラス」は、契約に際して、同じく「家族割プラス」に加入している家族の人数に応じて月々の料金がお得になる割引です。 後ほど解説する「auスマートバリュー」へ加入している場合は、離れて暮らす家族 別住所に暮らす50歳以上の家族 も対象になります。 家族で別のキャリアを使用している場合は加入が難しいので、注意してください。 ただし、「家族割プラススタートキャンペーン」中は「家族割プラス」に加入していない場合でも2019年6月1日から2019年9月30日までのご利用分は月1,000円の割引を受けることができます。 お得に新料金プランに申し込むチャンスなので、ぜひチェックしてみてください。

次の

新auピタットプラン|旧プランと比較して変更で得する人

新 au ピタット プラン 比較

サービス・契約・料金 2019. 01 スマホサポートライン編集部 新auピタットプランの料金・割引・通話料など。 旧プランと比べるとどっちが安いの? 2019年5月13日に開催された「au発表会2019 Summer」において、従来のピタットプランを格安にした「新auピタットプラン」を2019年6月1日から提供することを発表しました。 昨年発表したauピタットプランの提供開始から約2年での登場になります。 この記事では、新auピタットプランの料金や適用できる割引サービス、2017年発表のauピタットプラン(以下、旧ピタットプランとする)からプランは変更するべきなのかについて解説していきます。 値下げプランと言われているが、本当に安くなっているのか?自分はどうしたらいいのか、わからない方も多いと思います。 この記事で基本からできるだけわかりやすくご説明していきます。 ぜひ参考にしてみてください。 一定額のプランではなく、動画やメールやインターネットなどデータ通信を自分がどれだけするかで基本料金がかわるので使い過ぎに注意が必要です。 新auピタットプランは、旧ピタットプランと同じで基本料金は「通話プラン+データ定額料」が込みになっています。 違うのは、旧ピタットプランでは、5段階の料金プランでしたが、新ピタットプランは、データ使用量が1GBまで、4GBまで、7GBまでの3段階になっています。 他にも割引などの違いがありますので、実際に料金と合わせてみていきましょう。 基本料金と割引サービスについて 1GBまでだと最安の2980円、4GBまでなら4480円、7GBまでで5980円と使い方によって基本料金が変わります。 7GB以上利用した場合については、料金が勝手に高くなるといったことはありませんが、通信速度が制限されます。 1か月間にどれだけデータ通信を行ったかで金額が変わってくるため、よく使った月とほとんど使わなかった月で基本料金が最大3000円違ってきます。 上記の通り、auスマートバリューや新ピタットプラン向けに登場した「家族割プラス」という新しい割引サービスの適用もできます。 自宅がauひかりやコミュファ光、eo光などの対象のインターネット契約をしていることで適用できます。 詳細: 通話料について 通話料は30秒20円。 通話の多い方向けに、次の2つの通話定額サービス(オプション)が用意されています。 オプションの種類 オプション料 内容 通話定額ライト 700円 5分以内の国内通話が無料 通話定額 1700円 国内通話24時間無料 通話回数が多いが1度の通話時間が5分以内なら「通話定額ライト」、通話時間が長い方や5分以上の通話を頻繁にする方には「通話定額」がおすすめです。 もちろん、同一家族グループの家族間通話は無料で利用できますので、それ以外の相手に電話をかけることが多い場合に利用してください。 本当に安くなるの?新・旧ピタットプランを比較 au発表会でも最大4割安くなると説明がありましたが、自分の契約も新auピタットプランの方がお得になるのか、わからない方も多いと思います。 実際に料金を比べてみるとわかりやすいので、新・旧ピタットプランの料金を比べてみましょう。 ピタットプランは既に1400万回線も契約があるとのことで、auユーザーなら該当する方も多いと思います。 旧ピタットプランの詳細はこちらの記事()をご覧ください。 基本料金を比較 まずは、基本料金だけ。 どちらも割引なし。 新ピタットプラン 旧ピタットプラン ~1GB 2980円 2980円 ~2GB 4480円 3980円 ~3GB 4980円 ~4GB 5980円 ~5GB 5980円 ~6GB 6980円 ~7GB 基本的には、新ピタットプランの方が条件が良いですが、思ったよりもお得感はないと思った方もいるのではないでしょうか。 これだけではありません。 新料金プランで注目したいのは、ずっと割引を受け続けられる「家族割プラス」です。 家族割プラスを適用して比較 新ピタットプランが安いと言われるのは、やはり「家族割プラス」が登場したことが大きいです。 繰り返しになりますが、家族割プラスについてもう一度説明しておきます。 対象のプラン(新auピタットプラン、auフラットプラン7プラス、auデータMAXプランなど)に加入している 家族が3人以上なら1000円割引、 2人なら500円割引です。 ここでは、3人以上の割引を適用して比べてみましょう。 新ピタットプラン 旧ピタットプラン ~1GB 1980円 2980円 ~2GB 3480円 3980円 ~3GB 4980円 ~4GB 5980円 ~5GB 4980円 ~6GB 6980円 ~7GB この条件ならかなりデータ使用量問わず、新auピタットプランが安くなっています。 旧auピタットプランも「スマホ応援割」を適用すれば、1000円割引を適用できましたが、1年間の期間限定でした。 新auピタットプランで適用できる「家族割プラス」は、家族がauにいる限りずっと割引を適用し続けられるので、2年目も3年もずっと割引を受け続けることができます。 長期的に割引を継続できるのは大きなメリットです。 家族の人数が多ければトータルの割引も増えるので、家族でauを使っている方はすごくお得になります。 この点だけでも「家族割プラス」を適用できる方はとてもお得になっています。 旧ピタットプランは2017年の7月より開始しましたので、スマホ応援割が終了して高くなったなと感じている方も少なくないのではないでしょうか?そういう方は新ピタットプランした方が安くなる可能性が高いと思います。 ぜひ新プランへの見直しをしてみてください。 どっちがお得なの? ここまでの説明で、新ピタットプランは、家族割プラスを適用できる場合、多くの方が安く利用できることが分かったと思います。 適用できない場合であっても、基本的には「新auピタットプラン」の方がお得に利用できる場合が多いと思って間違いないと思います。 限られてはいますが、家族割プラスを適用できなかった場合で特定のデータ使用量など条件によっては言い切れない部分もあります。 旧ピタットプラン契約中で毎月のデータ使用量が2GBまでに収まっている場合。 この場合は、家族割プラスは適用できないので、プラン変更しないで旧ピタットプランのままの方が安いです。 家族3人だから新ピタットプランにして「家族割プラス」を適用すればいいんだ!そう考えていても家族はプランを変えたくないということもあります。 3人で家族割を組んでいても、「家族割プラス」を適用できないというわけです。 基本的には、新auピタットプランはお得に利用できるプランというのは多くの方に言えると思います。 ですが、肝心なのは、ご自身の契約内容や家族次第というところです。 プラン変更するかは、家族と相談し、現在の契約や使い方をよく確認したうえで手続きするようにしましょう。 プラン変更の手続きは、2019年6月1日より、auショップやMy auなどから行うことができます。 ご自身で見てもわからない場合は、auショップやお客様センターに相談して見て下さい。 プロのスタッフが最適な料金プランを提案してくれることでしょう。

次の