楽天ビジネスカード デメリット。 楽天ビジネスカード 情報まとめ【審査内容・特典・評判・メリット】

法人クレジットカードのメリットとデメリットを知る

楽天ビジネスカード デメリット

楽天スーパーポイントは期間限定もあります 使えばいいのです 楽天スーパーポイントには一部、 期間限定のポイントがあります。 期間を過ぎてしまうとなくなってしまうポイントです。 通常は楽天市場を始めとした各種楽天運営サービスで利用するケースが多いのですが、 買い物の予定がないとつい期間を過ぎてしまうこともあるかと思います。 そこで活躍するのが「楽天Payの支払いに充当する」方法です。 楽天スーパーポイントは「楽天カード」「楽天Edy」の支払いにも充当できるのですが、 これらサービスでは期間限定ポイントの充当ができません。 一方 「楽天Pay」は楽天カード、楽天Edyと異なり、期間限定ポイントも利用することができます。 コンビニ等での支払いを基本楽天Payに寄せることで、期間を過ぎることなくポイント利用することができます。 楽天ペイをもっと知りたいという人はをご覧ください。 楽天ETCカードが有料です 無料にできます 楽天カードは年会費永年無料で、家族カードも年会費無料で発行することができます。 楽天カードは ETCカードの発行も可能ですが、こちらは年会費500円 税別 が追加料金として掛かります。 ただし、ETCカードの500円を無料にする方法もあります。 それが楽天PointClubの会員ランクシステムです。 プラチナ、ダイヤモンド会員になると、ETCカード年会費500円が無料になる特典がついています。 楽天ETCカードの詳細はで紹介しています。 楽天カードはメール量が多いです 停止すれば問題ありません 僕は楽天カード以外にも5枚ほどクレジットカードを持っていますが、届くメールの量は楽天カードが圧倒的です。 しかし、メールについては楽天カード作成のタイミングで利用する、 楽天e-NAVIの設定画面から停止にすることが可能です。 ログイン完了後、「お客様情報の照会・変更」をクリックすると 「メール配信の登録・停止」というページにアクセスできます。 楽天カードデザインによって選べない国際ブランドがあります 通常のデザインは全部選べます 楽天カードは通常デザインに加えて、多様なデザインが用意されています。 通常の楽天カードはMastercard マスターカード 、Visa ビザ 、American Express アメリカンエキスプレス 、JCB ジェーシービー の4国際ブランドから選択することができる一方で、 楽天カードのデザインによっては 選択できる国際ブランドが限定されています。 長く使うカードなので、飽きのこない通常のデザインを選び、世界中どこでも使える国際ブランドを選択することをおすすめします。 ちなみに僕がおすすめする国際ブランドは... 「VISA ビザ 」か「MasterCard マスターカード 」 この2枚は世界で最も加盟店シェアが多く、海外旅行先でのクレジットカード利用で困ることがありません。 楽天カードは既存よりも新規顧客を優遇しがちです カード発行時に恩恵受けているので妬む必要ありません 楽天カードは常に新規カード発行&利用で5000ポイントプレゼントしています。 時期によっては、同条件で7000ポイント、9000ポイントのプレゼントになることもあり、楽天カードを発行するだけで大きな金額を稼ぐことができます。 一方で、 楽天カード申し込み後のキャンペーンで、たった一度のアクションで、5000近くのポイントを稼げるケースは非常に少ないです。 ですが...

次の

楽天ビジネスカード|特徴や評判を徹底解説!

楽天ビジネスカード デメリット

カード名 楽天ビジネスカード 申込対象者 法人または個人事業主 入会金 無料 年会費 12,000円 限度額 最高で300万円 支払いサイクル 毎月末日が締め日で翌月27日の支払い 旅行損害保険 国内旅行・海外旅行ともに最高5,000万円 ショッピング保険 国内海外ともに300万円 住所 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス 金融機関名 楽天カード株式会社 個人事業主でも作れる? 楽天ビジネスカードは会社を経営している法人だけではなく、個人事業主でも作ることができます。 20歳以上で安定した収入のある法人代表者または個人事業主の方 このように公式サイトでは記載されており、法人口座を所有する法人しか作れない楽天銀行ビジネスデビットカードとは異なります。 ただし、単体で発行できるわけではなく、個人用の上位カードの楽天プレミアムカードを持っていないと作成できません。 個人用の楽天プレミアムカード• ビジネス用の楽天ビジネスカード 上記の2枚がセットになるのが注意点で、入会資格の欄にもしっかりと記載されています。 特典 楽天ビジネスカードを持つことにより、どんな特典を得られるのか詳しく見ていきましょう。 ポイントプログラムは楽天ポイントとなり、100円の利用につき1ポイントが貯まって楽天市場の買い物で使える• 高速道路の料金の支払いで重宝するETCカードは1枚目は無料、2枚目は1枚で500円で作成できる(何枚でもOK)• 旅行傷害保険は国内海外ともに5,000万円が付帯され、動産総合保険(ショッピング保険)は1年間で300万円まで補償• 期間限定のキャンペーンが頻繁に実施されており、入会で最大6,000円分のポイントが付与される 何よりも100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを貯められるのが大きな特典です。 個人用とビジネス用の2枚持ちとなるため、プライベートでもビジネスでもどんどん貯まっていきます。 獲得したポイントに合わせて会員ランクを上げて様々な特典を得られる• 誕生月にはサービス利用時のポイントの付与が3倍になる• 楽天トラベルや楽天ブックスで楽天プレミアムカードを使うと還元率が2倍になる こういった特徴があり、他の法人カードと比較して遥かにポイントが貯まりやすいのは間違いありません。 旅行時にラウンジは使える? 楽天ビジネスカードを作るには必然的に楽天プレミアムカードも作らなければならず、ゴールドカードなので旅行時の無料ラウンジサービスも付帯されています。 プライオリティ・パス Priority Pass の年会費は無料で、サービスの概要について簡単にまとめてみました。 世界100以上の国と地域で700以上の空港ラウンジを無料で自由に使える• 世界中のどこへ行っても海外旅行や海外出張が快適になる• 食事代や飲み物代を浮かせながら出発前の時間を有意義に過ごせる 最もグレードの高いプレステージ会員になることができ、飛行機を利用する機会の多い経営者様や個人事業主にピッタリです。 審査は通りやすい? 豊富な特典が用意されている法人カードでも、「楽天ビジネスカードは審査に通りやすいのか?」と不安を抱える方は少なくありません。 一定の利益を毎月出している法人であればまだしも、開業してから間もない個人事業主が不安になるのは当然です。 結論から言うと、楽天ビジネスカードや楽天プレミアムカードは比較的審査基準が緩い会社として認識されています。 一般向けのクレジットカードに関しては余程のことがなければ審査に落ちない• ゴールドカードクラスの楽天プレミアムカードも審査は緩い• 毎月安定した収益を残せていれば法人でも個人事業主でも作るのは難しくない 上記のような特徴があり、数多くの法人カードの中でも人気を得ている理由です。 しかし、審査の難易度は低めでも楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードの2段階の審査を受けなければならず、本来の目的の楽天ビジネスカードが作れない可能性もあるので注意してください。 評判・口コミ 楽天ビジネスカードがどんな口コミの評判を得ているのか見ていきましょう。 個人用とビジネス用で貯めたポイントを提携先のポイントプログラムやマイルに交換できるのが良いですね ・私は飛行機を使った出張が多いので空港VIPラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスはありがたいです ・ゴールドカードスペックのクレジットカードを同時に2枚も持てるのが良いと思いました ・審査が緩いだけあってステータス性に関してはそこまで高くはないでしょう ・2枚の利用明細書が毎月届くので会社の経費なのか個人で使ったのか明確にできますよ ・2枚の年会費をトータルで支払っても12,000円なのでそこまで高いわけではありませんね メリット・デメリット どの法人カードにも良い点と悪い点の両方があるので、楽天ビジネスカードのメリットとデメリットを同時にチェックしておきましょう。 メリット• 楽天プレミアムカードに限らず、楽天ビジネスカードの利用でも100円で1ポイントの還元率で楽天スーパーポイントが貯まる• 買い物重視の人は「楽天市場コース」、空港の利用頻度が多い人は「トラベルコース」、楽天ブックスを利用する人は「エンタメコース」とお好みに応じてポイントが貯まる• 楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの2枚持ちにすることで支払い口座を分けて経費処理の簡素化を実現できる• 楽天ビジネスカードだけに焦点を当てるのであれば、年会費は2,000円なのでコストの負担が少ない• 国内旅行と海外旅行それぞれ最高で5,000万円の旅行傷害保険が付帯されるので飛行機に乗る機会が多い人に適している デメリット• 楽天ビジネスカード単体での申し込みはできず、一般ゴールドカードの楽天プレミアムカードも必要なので面倒臭い• 本カードの子カードの発行が不可能で、中堅レベル以上の法人にはあまり適していない(社員さんへと配ることができない)• 選べる国際ブランドはVISAのみで、MasterやJCBを選択することができない 「楽天プレミアムカードの審査には通ったけれど、肝心の楽天ビジネスカードは落ちてしまった」というケースもあるのが最大のデメリットです。 その代わりに、無事に持つことができれば楽天スーパーポイントを賢く貯められますし、買い物や公共料金の支払いなど活用できる場所はたくさんあります。 オススメポイントまとめ 以上のように、楽天ビジネスカードの特典やメリットを中心にまとめてきました。 法人でも個人事業主でも社長一人だけでカードを使う• 経費の利用額が高額になって経理が面倒だと感じている• 仕事とプライベートの両方でポイントを貯めたい• 出張で空港を頻繁に利用する こういった経営者様にオススメなので、楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードの両方を作成してみてください。

次の

楽天ビジネスカードは法人口座から引き落とし可能!法人なら楽天カードより楽天ビジネスカードがおすすめ

楽天ビジネスカード デメリット

個人・法人カードを使い分けて、 経費処理の効率化を可能に!• 会社経費などのお支払いにとても便利です。 毎月かかる経費の振込みもカードで支払えば、 振込手数料を削減できます!• 多岐に渡る経費の振込みをカード支払口座に1本化できるため 経費処理の効率化も可能に!• 何にご利用しているか一目瞭然のため、 経費処理の作業が楽に!• 【保険】 国内旅行傷害保険:最高5,000万・海外旅行傷害保険:最高5,000万・動産総合保険:最高300万円• 【ご注意事項】 お支払預金口座が法人名義の場合、商業登記簿謄本または法人登記印の印鑑証明書を提出いただきます。 一旦退会いただいてからのお申し込みをお願いいたします。 進呈条件 対象期間 常時開催 特典• 新規入会特典・・・2,000ポイント(通常ポイント) 進呈予定日• 新規入会特典・・・カード到着後、楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」にてお受け取り• 新規入会特典はカード発行日より、半年以内にお受け取りが必要です。 お受け取り方法についてはをご覧ください。 楽天ビジネスカード発行日は楽天ビジネスカード発送時のカード発行のご案内に記載しております。 進呈対象• 新規のお申し込みで楽天プレミアムカードが発行された方 進呈対象外• 過去お申し込み履歴があり、カードが発行されたことのある方(すでに退会された方・カード切り替えのお申し込みをされた方含む)• すでにカードをお持ちの方(お申し込み中・カードの到着をお待ちの方も含む)• ご家族や他人の楽天IDを利用してお申し込みをされた方• カードお申し込み時の審査において、カードが発行されなかった方• 本カード会員様が弊社会員規約 第19条 に基づく楽天カード会員資格の失効、もしくは楽天カード会員および楽天会員を退会されている場合• 重複お申し込みの場合• カードを受け取っていない場合 備考• 楽天ビジネスカードご入会の際には楽天プレミアムカードのお申し込みも必要となります。 あらかじめご了承ください。 楽天銀行カードをお持ちの方は、楽天プレミアムカードへの切り替えができません。 一旦退会いただいてからのお申し込みをお願いいたします。 ご契約者様が会社オーナー様の場合、商業登記簿謄本または法人登記印の印鑑証明書を提出いただきます。 楽天ビジネスカードにつきましては、商業登記簿謄本または法人登記印などの必要書類到着後、約2週間でのお届けとなります。 カード発行には所定の審査がございます。 楽天ビジネスカードの発行には必要書類がございます。 弊社から5営業日ほどで、詳細をお申し込み時に入力いただきました会社所在地宛に郵送いたします。 同封の返信用封筒にて必要書類をご用意の上、書面に記載されている日付から2週間以内に必要書類のご郵送をお願いいたします。 必要書類の到着確認後に、楽天ビジネスカードの審査を行います。 特典が進呈される口座は、楽天プレミアムカード入会時にご登録されている楽天ポイント口座となります。 ポイント進呈までに楽天カード会員および楽天会員登録の情報変更があった場合、ポイント進呈ができない場合がございます。 家族カードは楽天プレミアムカード入会特典の進呈対象外です。 本企画は、予告なく変更・中止させていただく場合がございます。 年末年始、ゴールデンウィーク、連休のお申し込みについては、通常よりもお届けが遅れる場合がございます。 あらかじめご了承ください。 お申し込みはパソコン端末よりお願いいたします。 <楽天カードのお申し込みに関するお問い合わせ先> 楽天カード株式会社コンタクトセンター 0570-66-6910(営業時間9:30~17:30) 自動音声が流れましたら0を押してください。 楽天プレミアムカードの基本情報 年会費 本会員お一人様 11,000円(税込み) ご家族会員お一人様 550円(税込み) お申し込み対象 原則として20歳以上の安定収入のある方 (楽天プレミアムカード独自の審査基準により発行させていただきます。 ) ご利用可能額 最高300万円 (楽天プレミアムカード独自の審査基準によりご利用可能額を決めさせていただきます。 ) ご優待サービス 楽天e-NAVIご登録の際にお好きなコースを以下から1つご選択いただけます。 A:楽天市場コース B:トラベルコース C:エンタメコース カード付帯保険 国内旅行傷害保険・・・最高5,000万円 海外旅行傷害保険・・・最高5,000万円 動産総合保険・・・・年間最高300万円 カード盗難保険 あんしんサービス ネット不正あんしん制度 商品未着あんしん制度 カード利用お知らせメール ご注意事項• お申し込み手続き後、最短約1週間でのお届けとなります。 あらかじめ、ご了承ください。 カード発行後の国際ブランド(Visa、Mastercard、American Express、JCB)の変更はできませんのであらかじめご了承ください。 【楽天カード(以下、楽天ゴールドカード、楽天ANAマイレージクラブカード・楽天PINKカードを含む)から楽天プレミアムカードへ切り替えのお客様へ】• 「楽天プレミアムカード」お受け取り後は楽天カードをご利用いただくことはできませんので、ご自身でカードにはさみをいれ、破棄していただきますようお願いいたします。 なお、お手持ちのカードがEdy機能付きで楽天Edyをご利用の場合、チャージされた代金を楽天プレミアムカードに移行・引継することはできませんので、お持ちのカードに蓄積されているEdy残高は必ず使い切ってから破棄してください。 楽天カードに付帯するETCカード(プレミアムカードのため年会費無料になります。 )は引き続きご利用いただけます。 ただし、楽天カードのお申し込み時と異なる楽天IDで楽天プレミアムカードにお申し込みされた場合は、その限りではございません。 楽天カードから楽天プレミアムカードへ切り替え後、楽天プレミアムカードをご利用いただいた時点で楽天カードの残高は、楽天プレミアムカードへ移行されます。 残高移行された時点で楽天カードはご利用できなくなります。 楽天カードの家族カードをお持ちの方は、楽天プレミアムカードにお申し込みいただくと楽天カードの家族カードがご利用できなくなりますのでご注意ください。 楽天カードからの切り替えの会員様は、家族カードの同時申し込みができませんので、楽天プレミアムカードがご自宅に到着後、楽天e-NAVIよりお申し込みください。

次の