頭皮 お でき。 頭皮湿疹ができるからカラーができない?

頭皮の湿疹はシャンプーが原因? 見直すべき3つのポイントは?

頭皮 お でき

いつの間にかできているかさぶた。 もしかしたら、知らず知らずのうちに、掻いてしまっているのかもしれません。 頭皮のかさぶたができる原因のひとつに、「頭皮を掻く癖」があげられます。 一度掻くと次も気になって掻いてしまう…というように、治りを遅くしてしまうばかりか、手についた細菌が繁殖して炎症を起こしてしまう恐れがあります。 自分の頭皮にできているかさぶたによっては、病院での治療が必要なものもあります。 かさぶたの色や具合によって、種類分けできるので、自分のかさぶたがどれにあたるのか、探してみましょう。 ここでは、頭皮のかさぶたを改善させる方法をご紹介しています。 ぜひ実践して、健やかな頭皮を目指しましょう。 頭皮にかさぶたができている状態だと、健やかな髪を作るうえで良くありません。 その結果、薄毛や抜け毛を招く原因となってしまうのです。 頭皮を健やかに保つためにも、頭皮のかさぶたについてみていきましょう。 できているかさぶたの種類はどれ?頭皮のかさぶた3種類 頭皮にできるかさぶたは、主に3種類に分けられ、できる原因がそれぞれ違います。 自分の頭皮にできているかさぶたがどれか、鏡を見て確かめてみましょう。 確認できない場所にできている場合は、身近な人に見てもらうと良いでしょう。 「なんだかかゆいな」と感じたら、かさぶたができていないか、頭皮を触ってみると、ボコッとしていたり、痛みがあったりして気づくことができます。 また、行きつけの美容室でスタッフに頭皮の状態を見てもらうこともできます。 カラーリングをするときは、カラー剤が刺激とならないように、特に気をつけたい所です。 こうして、見つけたかさぶたの種類は、頭皮にできているかさぶたの色によって判断します。 【白いかさぶた】 傷口にできる普通のかさぶたと同じものです。 引っ掻いて傷ができたときに、血液が固まってできたものです。 治りかけはかゆみが出ることもあります。 このように、赤黒いかさぶたは傷を治すためにできたもので、治りやすいですが、白いかさぶたや黄色いかさぶたは、掻くことで悪化し、治りにくくなることがあります。 頭皮のかさぶたができる原因は何? かさぶたの原因は、種類によってそれぞれ違います。 ひとつひとつみていきましょう。 【白いかさぶたの場合】 原因1 皮膚のターンオーバーが乱れている ターンオーバーは、皮膚が生まれ変わるサイクルのことを表し、内側から外側へ押し出される形で進みます。 このため、傷が付いてもかさぶたとなって、次の肌に生まれ変わるわけです。 しかし、ターンオーバーの機能が低下してくると、健康な皮膚が作れません。 シャンプーのしすぎで、頭皮の潤いまで取ってしまうと、ターンオーバーの期間が早くなり、未熟なまま表面に出てきて、刺激に弱く敏感な肌となってしまうのです。 原因2 皮膚病 白癬菌(はくせんきん)という菌が髪の毛に寄生すると、「シラクモ(頭部白癬)」と呼ばれる皮膚病を起こします。 白癬菌は、水虫の原因とも知られていて、かゆみや円形の脱毛、大量のフケが出るなどの症状があります。 【黄色いかさぶたの場合】 原因3 皮膚炎 黄色いかさぶたは、皮脂の過剰分泌による脂漏性皮膚炎をおこしていると考えられます。 皮脂が過剰に分泌されると、カビ菌の一種であるマラセチア菌が大量繁殖します。 それによって、頭皮が炎症を起こし、ニオイやかゆみ、フケや抜け毛などを引き起こします。 【赤黒いかさぶたの場合】 原因4 自然治癒 赤黒いかさぶたは、血液が固まったもので、傷が治るときにできる自然なかさぶたです。 頭皮を掻きすぎて傷ができた場合にできます。 かゆみで何度もかさぶたを剥がしてしまう場合は、傷跡として残ったり雑菌が入ったりしやすいので注意が必要です。 繰り返す頭皮のかさぶた かさぶたができても、剥がしたり刺激したりしていると、なかなか治りません。 それどころか、かさぶたに触るのが癖になり、かさぶたを繰り返してしまうこともあります。 その場合、できているかさぶたが悪化して治りにくくなってしまいます。 頭皮に触る回数を減らして、自然に治る力をサポートしていきましょう。 頭を触るのが癖になっている場合は、それに気づいて、別の行動をするようにします。 たとえば、かさぶたに手が触れたら水を飲みに行くなど、別の行動で気をそらすようにしましょう。 数日続けて行なえば、治りかけのかゆみがおさまり、かさぶたが治りやすくなってきます。 とはいえ、かゆみが激しいときは、我慢することが大変です。 傷が付くとわかっていても、掻かずにはいられませんね。 自分の力では、どうにも我慢できないときは、皮膚科でみてもらいましょう。 かゆみを和らげる薬を処方してもらい、なるべく早い段階で治せるように心がけます。 頭皮のかさぶたを治すには 頭皮にできるかさぶたには種類があるものの、頭皮環境を整えることは、どのかさぶたでも有効です。 かさぶたを治すための改善策を以下にまとめてみました。 頭皮を触らない かさぶたを繰り返さないためにも、頭皮をむやみに触らないことが大切です。 かゆみが我慢できないときには、病院で診てもらい、薬を処方してもらいましょう。 正しいシャンプーの方法を身につける よかれと思ってやっていた習慣が、頭皮に良くない場合もあります。 たとえば、シャンプーをしすぎる、頭皮を洗っていない、すすぎをおろそかにしている…など、頭皮にダメージを与える方法はいくらでもあります。 いまからでも遅くはありません。 頭皮に良い洗髪方法を身につけて、実践していきましょう。 規則正しい生活をする 食生活のバランスを整えると、頭皮に栄養が行き届くようになります。 また、睡眠不足を解消すると、肌のターンオーバーが整い、頭皮環境が改善します。 効果が出るまでには時間のかかる方法ですが、再発防止のために有効です。 体をつくるタンパク質や脂質はもちろんのこと、皮膚の新陳代謝を助ける栄養素は以下のものがあげられます。 ビタミン類…B1、B2、B6、C、E• ミネラル類…亜鉛、マグネシウム、カルシウム、カリウム 食事が偏っていると感じたら、緑黄色野菜を積極的に摂ったり、野菜ジュースを加えたりして、バランス良く摂取していきましょう。 また、普段、運動をしていない人は、血行をよくするためにも、運動を取り入れてみましょう。 食事・睡眠・運動が健やかな皮膚をつくる元となります。 病院で適切な薬をだしてもらう アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎など、自分の力だけでは治しにくいときは、皮膚科を受診しましょう。 適切なアドバイスと薬を処方してもらい、悪化しないようにすることが大切です。 このように、頭皮のかさぶたを治すためには、主に4つの方法をとっていきます。 まずは今からできる「頭皮を触らない」ことから始めてみましょう。 かさぶたをつくらない生活にシフトチェンジ 頭皮環境を良くするためには、日々の習慣を見直すことも大切です。 シャンプーを日に何回もしていたり、枕カバーを何日も変えていなかったり…。 頭皮にダメージを与えることや、雑菌の繁殖を増やすことは避けなくてはいけません。 かさぶたができないように、頭皮を優しくシャンプーすることを心がけ、帽子や枕カバーを定期的に洗うなど、清潔を心がけましょう。 また、頭皮が突っ張る人や、乾燥しやすい人には、オイルでの保湿がオススメです。 こちらの記事では、オイルでの頭皮ケア方法をご紹介しています。 ぜひ併せてご覧ください。

次の

頭皮マッサージまとめ|10歳若返る!?自宅でできる頭皮マッサージ方法

頭皮 お でき

頭皮のトラブルは起こってしまう前のケアが大切! それぞれの頭皮タイプ別に起きやすいトラブルを事前にケアする方法は、いちばん身近な方法で言うと、シャンプーの選び方。 乾燥肌の人に関して言うと、しっとりと重めのシャンプーを使用することをおすすめします。 すでに肌トラブルが出てしまっている人は、医療部外品のシャンプーなどもおすすめです。 また、このタイプの人は洗いすぎにも注意です。 頭皮はシャンプー後3〜4時間で皮脂の状態が整うので、あまり洗いすぎると皮脂が少ない状態の時間を長くつくってしまうことになります。 オイリー肌の人関しては、さっぱりとしたクレンジング作用の強いシャンプーがおすすめです。 ニオイが出やすいのと、皮脂のせいでシャンプーの泡立ちが悪くなるので、毎日しっかりとシャンプーすることが大切です。 また、最近は頭皮をケアする保湿剤なども出ていますが、オイリー肌の人はギトギトしたクリームやゲルタイプのものは、使用せず化粧水のようなミストタイプが良いですね。 逆に乾燥肌の人は、ゲルタイプの保湿剤などはおすすめです。 いずれにしても、クリームタイプの保湿剤に関しては髪につくとギトっとしてしまうので、クリームタイプはお風呂で使用して、普段の保湿はゲルかミストで、という方法が良いと思います。 外側からの頭皮ケアだけでは満足しないことにあるので、髪のアンチエイジングとして大切なのは、食事などで取り入れる「栄養素」も重要だということ。 サロンでの頭皮ケアやホームケアは必須ですが、内面的な頭皮ケアも重要です。 内面的なケアとは、デトックス栄養療法を基本にした、食事とサプリメントケアのこと。 頭皮の状態に負担をかける有害物質をデトックスして、必要な栄養素をしっかりと取り入れる考え方です。 そうした内面的なケアも欠かさないのが、美しい髪を保つ秘訣です。 また、自宅でできるヘア&頭皮ケアは、「頭皮を洗い、頭皮を乾かす」こと。 シャンプーでは頭皮を洗う、ドライヤーでは頭皮を乾かす、これがが基本です。 毛髪を擦り合わせる行為はキューティクルを損傷してしまいます。 しっかりと指の腹を直接、地肌につけて毛穴を意識して洗髪することが大事です。 スカルプマッサージも行うといいでしょう。 また洗髪後はドライヤーを使ってなるべく早く、髪と頭皮、それぞれに熱から守るオイルなどの商品を使ってから、素早く乾かすことが大切です。 乾かすときのコツは、髪ではなく頭皮を乾かすのを意識すること。 生乾きの状態のまま放置しますと、雑菌が繁殖してしまい、かゆみや頭臭など、さまざまな頭皮トラブルの原因となってしまいます。 美しく若々しい髪をキープするためには、生える「土台づくり」が重要なのです。 実は、頭には足裏のようにいくつものツボや反射区があり、頭皮をマッサージするだけで、全身のケアができるといわれています。 なかでも、たるみやほうれい線など、老け顔の悩みは頭の筋肉と直結しています。 頭の筋肉が顔の筋肉を支えているため、特に効果が高く現れやすいのです。 コリは血行不良からくるものですが、脳の疲労からもコリは発生します。 たとえば、頭頂部は物事をロジカルに考える人が酷使する部分。 まじめな人に頭頂部の疲れは現れやすいそう。 ここをほぐすと「額の横ジワ」に働きかけることができます。 前頭部は前頭葉のある部分。 前頭葉は思考を司る働きがあり、考え事が多い人が最も影響を受けやすいといわれています。 ここをほぐすことで、「額の横ジワ」、そして「まぶたのたるみ」にも効果が感じられます。 ここがこる大きな要因は食いしばりなど、奥歯をかみしめるクセだそう。 そのため、我慢強い人やストレスフルな人はここがこりやすいとのこと。 側頭部をしっかりほぐせれば、「フェースラインのたるみ」や「ほうれい線」、「口角の下がり」など、顔全体の印象を左右するたるみに働きかけます。 ここのコリが、眼精疲労はもちろん、まぶたが重たく感じられる原因です。 また、実は後頭部が前頭部をしっかりと引き上げて固定しているので、額の横ジワなどに影響することも。 後頭部のコリをほぐすことで、「まぶたのたるみ、むくみ」や「クマ」を解消することができます。 毎日の習慣にしてこそ、マッサージは効果を発揮します。 簡単にできるアイテムで続けることが大切。 顔のマッサージ、最先端コスメでのケアにプラスしてみてください。 1 LOUVREDO「パドルブラシ」 頭皮へのマッサージ効果はもちろん、気持ちいいと感じる優しさ、そしてやわらかい使い心地を追求したパドルブラシ。 育成光線とマイナス電子を練り込んであり、マッサージするたびに放出され、血流が促されるしくみに。 地肌環境が整う、頭皮専用に開発されたブラッシングツールです。 2 アヴェダ「パドル ブラシ」 面が広く、クッション性が高いため、頭皮をタッピングしたり、ツボを刺激したりできるマッサージにも向いたブラシ。 顔の印象が変わり、顔色までよくなると人気。 髪や頭皮へのダメージが少なく、ブローやスタイリングができるメリットもある、話題のヘアブラシです。 3 W and P「アッカ カッパ プロテクションスカルプ 946」 独特の形状をした、ナイロン素材のループが頭皮を優しく刺激して、血行を促進するマッサージ効果のあるブラシ。 天然のゴムクッションが圧力を吸収してくれるため、頭皮や髪への負担が少なく、やりすぎてしまうことがなく安心。 頭皮と髪への優しさにこだわった逸品です。 写真左奥にあるのが、頭皮をチェックするスコープ。 現在の毛穴の状態を視覚的に理解できる。 シャンプー台はフルフラットのタイプを用意。 銀座にある完全個室で、だれの目も気にすることなく、施術を受けられるのが「ラ・カスタ銀座本店」。 カウンセリングから施術、髪のセットまで、すべての行程をパーソナルな空間で受けられます。 しかも、個室は2部屋が用意されているため、パートナーとともに施術を楽しむことも可能。 こちらで受けたい施術は、年齢を重ねた大人の頭皮や毛髪のために開発された、90分間の「アロマ リヴァイタ エイジングケア コース」。 蓄積した頭部や肩のコリや首もとのコリを解消するべく、ヘッドスパながら40分間にも及ぶ、入念なマッサージで、滞りをしっかりと解消できます。 また、頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れを除去するために、頭皮のダブルクレンジングを行うこともポイント。 植物オイルで頭皮を揉みほぐすことによって、すっきりと爽快な仕上がりを実感できるはず。 顧客にはカシミアのようななめらかな肌触りのガウンも好評です。 このガウンは、1999年に「日常使いができるカシミア」をコンセプトとして、ロサンゼルスで誕生したカシウェアのもの。 アカデミー賞のギフトにも選出されて以来、世界中の一流ホテルやスパで採用されるようになりました。 その柔らかなテクスチャーは、羽織っただけでも癒されると評されるほどに上質。 「ラ・カスタ」のリラクゼーションは、このガウンに着替えることからはじまるのです。 これらの製品はサロン内で購入できる。 写真のパドルブラシは、頭皮マッサージにちょうどいい。 ヘッドスパと併用できるオプションメニューとして、眉カットや、エステ感覚で受けられるフェイスケアも用意している。 アメリカの人気ヘアケアブランド「アヴェダ」の施術が受けられるサロン「ヒアカ アヴェダ 伊勢丹新宿店」は、本館からほど近い場所にあります。 こちらで男性の顧客から支持を集めているメニューが、45分間の頭皮トリートメント「ボタニカル スカルプ スパ」。 植物アロマによるリラクゼーション効果を訴求するブランドだけあり、使用する頭皮用オイルは、ベチバーとジンジャー、ラベンダーとイランイラン、ローズマリーとオレンジといった3種類の香りのなかから選べます。 自分好みの香りに包まれながらのヘッドスパで、脳内環境をリセットでき、施術では頭皮はもちろん、首や肩など、広い範囲を揉みほぐしていくため、眼精疲労や肩コリで悩む男性からの支持も集めています。 使用するチェアはファーストクラスの座席を思わせるような、ゆったりとした座り心地。 フルフラットのリクライニングで施術を受けられることが魅力です。 肩や背中のマッサージには、専用のチェアを用意している心配りもうれしいポイント。 多忙なビジネスマンにも配慮している。 モロッコの秘宝という異名をとるアルガンオイルを配合したヘアケアや美容オイルは、モロッコ美容のパイオニアブランド〝ローズ ド マラケシュ〟の製品。 使用した製品を購入すれば、自宅でスパ気分を味わえる。 スパ発祥の地といわれているモロッコのヘッドスパを、日本で再現しているのが、パリで60店舗のヘアサロンを展開する「ジャン・クロード・ビギン」。 サロン創設者の「体のコリは全身を揉みほぐさなければ解消しない」という哲学から、銀座店が独自に開発したメニューが、ヘアサロンながら、頭皮だけでなく、脚まで揉みほぐしていくメニュー「スキャルプ&フット リフトアップトリートメント」です。 完全個室で行う施術は靴を脱いで、リラックスすることからはじまります。 天然成分のバスミルクを入れた足浴で、じっくりと足元を温めた後に、フルフラットのチェアで脚全体をマッサージしながら、代謝を高めていきます。 体全体を温めたら、モロッコ産の美容オイル、アルガンオイルなどを使って頭皮を揉みほぐしつつ、現地のスパでも使用されているヘアケアで、頭皮と髪に指圧を加えながら洗浄。 天然の香りに心もゆるんでいきます。 施術後はモロッコ産のハーブティのサービスで、ほっと一息。 異国の世界観を五感で堪能できる90分です。 ユーカリやミントなど天然香料を配合しており、ネーミングどおり、目が覚めるような清々しい香り。 ネイルケアは、常駐しているネイリストが担当。 ヘッドスパとネイルケアのセットメニューなど、「uka」ならではの施術のコースもある。 丸ノ内KITTEや東京ミッドタウンなど、アクセス至便な場所にあるトータルビューティサロン「uka」では、最もシンプルな頭皮ケア「ABBA」から体験しましょう。 こちらは頭皮クレンジングにフォーカスしたコースで、クレンジングジェルで頭皮マッサージを施しながら、毛穴に詰まった皮脂汚れを十分に除去。 その後、シャンプーとトリートメントを施していく、60分のメニューです。 「uka」では、このコースの後に、デトックスや頭皮ケア、毛髪ダメージなどの悩みに対応したオプションメニューを用意し、健康な毛髪を育むための頭皮環境を整える、豊富な選択肢を提供しています。 また、特筆すべきは、ヘッドスパと同時に、ネイルケアも同時に受けられること。 男性用のネイルケアは45分のため、ヘッドスパを楽しんでいる間に、爪の手入れも完了します。 加えて、ヘッドスパとヘアカット、眉カットなどがセットになったコースも用意されており、ワンストップで身だしなみが整います。 きれいな身なりを維持するために通いたいサロンです。 [店舗情報] uka 丸の内 KITTE店 住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワーKITTE3F TEL: 以上、男性にお勧めのスパ4店舗紹介しました。 ここまで読んだら、あとは実体験あるのみ。 気になるサロンに電話をかけてさっそく予約を。 そして、頭にも目にも心にも、大人の休息を与えてください。 関連記事•

次の

頭皮マッサージまとめ|10歳若返る!?自宅でできる頭皮マッサージ方法

頭皮 お でき

接触性皮膚炎 皮膚に合わない物質が直接接触することで起こる、アレルギー反応の一種。 頭皮に合わない成分を含んだ シャンプーやコンディショナー、頭髪料などが原因になるケースが大半です。 脂漏性湿疹 過剰に分泌した皮脂に、「マラセチア菌」という真菌が繁殖することで起こります。 皮膚が赤みを帯び、鱗屑(りんせつ)というフケのようなものが出ることも。 頭皮のほかには顔や胸、背中、わきの下など、 皮脂分泌の多いところに見られます。 皮脂欠乏性皮膚炎(乾燥性皮膚炎) 皮膚が乾燥すると、肌を守るバリア機能が低下し、皮膚がひび割れたり皮がむけたりします。 これが進むと、かゆみや赤みのある湿疹ができることがあります。 もともと 乾燥肌の方に起こりやすいですが、季節の乾燥や、シャンプーのし過ぎによる乾燥が原因になることもあります。 アトピー性皮膚炎 アレルギー体質や、皮膚のバリア機能がもともと弱い方に起こりやすい慢性的な病気です。 全身または部分的に 強いかゆみを伴う湿疹ができるのが特徴です。 膿痂湿疹(のうかしっしん) 頭皮に傷がつき、そこに細菌が繁殖することで起こります。 頭を強く掻く、爪を立てて髪を洗う、強いブラッシングを行うことなどが原因です。 湿疹も含めて症状がひどい場合は、まず皮膚科などの医療機関に相談するべきですが、いま使っているシャンプーを見直してみることも、大切な対策の一つ。 例えば、接触性皮膚炎でシャンプーが原因になっている場合、 シャンプーを変えることで原因そのものがなくなり、症状が劇的に改善する可能性があります。 自分のタイプや目的に合ったシャンプーを正しく見つけて、頭皮ケアに役立てましょう。 洗浄成分を確認している? 「洗浄成分」は、名前の通り汚れを落として、キレイにする成分のこと。 シャンプーにはかならず入っているものですが、それぞれの製品によって違いがあります。 おもな洗浄成分は「せっけん系」「高級アルコール系」「アミノ酸系」の3つ。 せっけん系と高級アルコール系は洗浄力が強く使用感は爽快ですが、頭皮に必要な皮脂まで取りすぎてしまい、頭皮トラブルになることが多い成分。 洗浄成分がマイルドな アミノ酸系を選んで丁寧に洗えば、頭皮トラブルは少なくなります。 頭皮のタイプは合っている? シャンプーには、「脂性肌」「乾燥肌」「敏感肌」など、頭皮に合わせたタイプがあります。 自分の普段の状態から、何となく選んでいる人も多いけれど、実は乾燥肌なのに、乾燥しすぎで皮脂が過剰になってベタついてしまう「隠れ乾燥肌」など、実は真逆の場合もあるので注意しましょう。 基本的に 頭皮は、顔やカラダの状態と同じ性質であると言われています。 何もせずに顔が乾燥するようなら乾燥肌、脂が浮いてくるようなら脂性肌。 顔が敏感肌なら、頭皮も刺激に弱くなりがちなタイプです。 頭皮に良い成分は入っている? 「スカルプシャンプー」という名前がついているシャンプーは、頭皮の健康を第一に考えて設計されたもの。 汚れをしっかり落とす・肌を保湿する・皮脂の過剰分泌を抑える・肌を柔らかく保つ・血行を促進するといった働きが備わっています。 また、スカルプシャンプーの中でも「薬用」と名前がついているものは、「医薬部外品」。 有効成分が入っており、より効果が期待できるとして、厚生労働省より認可を受けて販売されているものです。 例えば、脂性肌用の薬用シャンプーなら、洗浄成分はマイルドでも、皮脂の余分な油を溶解してくれたり、肌を清潔に保ってくれたりする有効成分が多く配合されています。 また、乾燥肌用なら、保湿成分や肌を柔らかくする成分が多く配合されているものも。 より肌のタイプに合わせた効果が期待できます。 シャンプーを選んだら、 念のためパッチテストを行ってみましょう。 1)二の腕の内側、間隔をおいた3か所に、100倍程度の水で薄めたシャンプーを塗布します。 2)1~2分で洗い流します。 3)1日1回、同じ3か所に、これを4日間ほど繰り返します。 赤み、かゆみ、発疹などの異常が出ないようでしたら、使用をはじめてくださいね。 シャンプーは1日1回 洗浄成分の強いシャンプーだけでなく、髪の洗い過ぎも湿疹の原因。 頭皮の皮脂が必要な分まで洗い流されてしまうため、肌のバリア機能が低下してしまいます。 脂性肌の方でも、1日に何度も洗うのはNG。 自分の頭皮タイプに合ったものを選んでしっかり洗えば、基本的に 1日1回のシャンプーで、良い頭皮環境を十分にキープできます。 正しく洗って、しっかりすすぐ シャンプーをする時は、指の腹を使って、頭皮をマッサージするように洗います。 頭皮の状態が悪くなっている時は、あまり刺激しないように気をつけましょう。 シャンプー後のすすぎも、 頭皮や髪にぬるつきがなくなり、キュッとした感覚になるまで、しっかり流しましょう。 すすぎが不十分だと、シャンプーの成分が頭皮に残ってしまいます。 また、リンスやトリートメントを使う時は、髪を軽く抑え込むようにつけて、地肌につかないようにしましょう。

次の