右 下 腹部 痛い。 【下腹部痛.com】左・右・男性・女性の下腹部の痛みの原因と病気

高校生です。最近下腹部が痛いです。初めは右の下腹部がズキズキと痛むこ...

右 下 腹部 痛い

仰向けになってお腹を押していたら、痛くて気になった…という場合、腸の動きの異常が起こしている場合と、炎症や潰瘍がある場合があります。 お腹を温めたり、マッサージする、水分をたっぷり摂る、軽い運動するなど、便秘解消の行動をとりましょう。 消化不良や、腸内細菌のバランスが崩れたときや、ストレスで空気を飲み込む事が増えると、ガスがたまりお腹を押すと痛みが出る事があります。 ストレスや、食生活が改善出来ると、押して痛い感じがなくなる場合がほとんどです。 ストレスと胃腸に深い関係があることも前提に、ガスだまりや便秘といった症状の改善を考えましょう。 腸内の圧力が高くなることで、部分的にぽこっとこぶの様に膨らんで憩室という空間を作ります。 特に自覚症状もなく問題なく過ごしている人もいますが、炎症が起きて、発熱や痛みが出ることもあります。 上行結腸に憩室炎が起きると、右下腹が痛みます。 憩室があるだけなら経過観察で済むのですが、炎症を起こして、痛みが強くなる場合には受診が必要です。 小腸から大腸につながるところにある飛び出した部分を盲腸と言いますが、そこに細菌感染が起きている状態を 急性虫垂炎といいます。 ただし、急性虫垂炎の場合には、菌の勢いが強まると、痛みも強い上、 腹膜炎など周囲に炎症が広がると危険です。 押したときだけでなく、痛みが強くなっている• いたい場所が移動する(みぞおち、へそ周りから、右下腹部)• つま先立ちしてドンとかかとを下げると痛みにひびく• 緊張やストレスで症状が強くなり、気持ちとお腹の症状の関係が深い事を感じさせる病気です。 男性の過敏性腸症候群で下痢症状の場合には、セロトニンの働きを妨げる イリボー(ラモセトロン)が処方されます。 腸内細菌が小腸に入り込んで慢性下痢になっている例では、抗生剤で軽快する事もあります。 卵巣は左右にあり、右側の卵巣が腫れている場合には右下腹、 左の卵巣が腫れている場合には、左下腹が痛みます。 生理前や何らかの原因で腫れた場合にも、押すと痛みが出ます。 ストレスなどが原因で交感神経が緊張すると起こりやすいといわれています。 元は親指の先ほどののう腫が5㎝くらいに腫れると、根元がねじれて激痛を伴った 茎捻転を起こすこともあります。 それまでに便秘や、生理痛がひどいなど、婦人科系の不調を感じていて、下腹を押すと痛みを感じる場合には、婦人科での検診を受けましょう。 スポンサーリンク 盲腸(虫垂炎)の見分け方・治療 右下腹が痛むとき、下痢や吐き気などの違和感があると心配になるのが盲腸です。 手術の中でも、簡単に考えられがちなイメージがありますが、処置が遅れると、腹膜炎を起こして命に関わる事も…。 右下腹の前にみぞおちなどが痛む 急性虫垂炎にかかった人の自覚症状をまとめると、本格的に 右下腹が痛くなるまえに、みぞおちやおへその周りがチクチクと痛んだという声が聞かれます。 半日~1日の間に痛みが本格化して、熱も出てくるというケースが多いです。 押すと痛い・手を離しても痛い 痛みの原因が、盲腸の先端にある虫垂が炎症を起こしていることですから、押すと痛い、押した後手を離したときにも痛いのが特徴です。 仰向けに膝を立てて横になり、右下腹を押したときに、痛みが強くなる時には盲腸の可能性アリです。 衝撃がひびいて痛い 食あたりの場合には、お腹全体やおへその周りが痛むことが多く、衝撃が響く感じは薄いのですが、急性虫垂炎の場合には、衝撃がお腹にひびきます。 盲腸が疑われる時はあたためNG 炎症疾患は、あたためるのは逆効果です。 投薬治療または手術で治療 虫垂炎は診断=手術という時代もありましたが、現在は投薬療法が進歩し、すぐに手術にならないケースもあります。 炎症の状態、範囲によって手術が必要かどうか判断されます。 手術になった場合は、状態によって腹腔鏡手術か開腹手術が選択されます。 8ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: , ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: , ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: , ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 2ビュー カテゴリ:• 2ビュー カテゴリ: , , ,• 2ビュー カテゴリ: ,• 2ビュー カテゴリ: , ,• 2ビュー カテゴリ: ,.

次の

下腹部が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

右 下 腹部 痛い

今日の話のポイント 急性虫垂炎による腹痛の場合 慢性虫垂炎による腹痛の場合 便秘が原因で慢性虫垂炎になる ストレスが原因で慢性虫垂炎になる 検査時のバリウムが原因で慢性虫垂炎になる 慢性虫垂炎を直す方法 1.右下腹部を押すと痛い原因-便秘- 右下腹部を押すと痛い場合、その原因は便秘の場合もあれば、虫垂炎が原因の場合もあります。 便秘が原因の場合に腹部が痛むメカニズムは、便が腸内に長いこと滞留することによって悪玉菌によって便が腐敗させられて発生する、インドールやスカトールなどのガスに圧迫されるためです。 腸内に溜まったガスは、おならとして出てしまえば痛みの原因にはなることはないのですが、便が詰まっておならを外に出せない状態が続いてしまうと、腸を内側から圧迫して痛みが発生してしまうのです。 なぜ右下腹部に痛みが集中しやすいのかというと、小腸から大腸に変わるつなぎ目の部分ですし、重力の影響もあって右下腹部にガスが溜まりやすいのです。 2.右下腹部を押すと痛い原因-虫垂炎- 右下腹部に痛みを伴う場合、もう一つ考えられるのが虫垂炎です。 虫垂炎と聞くと、突然症状があらわれて手術に至るイメージがありますが、虫垂炎にも急性虫垂炎と慢性虫垂炎という二つの種類があります。 急性虫垂炎による腹痛の場合 盲腸からでている細長い虫垂の部分に便などが詰まってしまうなどなんらかの原因によって細菌が増殖してしまうと、感染を起こしてしまい炎症が起きてしまい虫垂炎となります。 そのまま放置すると患部である右下腹部に激しい痛みが起きてしまうのです。 炎症がさらに進むと虫垂が壊死して破れ、膿や腸の液が流れ出してしまいます。 その段階まで来ると痛みは少し和らぐものの、放っておくと流れ出した膿や腸の液が原因で腹膜炎を起こすこともあるので必ず早めの処置が必要です。 虫垂炎になると、まずみぞおちあたりが痛んで、時間がたつとだんだん右下腹部のほうに痛みが移動していきます。 痛み以外の症状というのは、主に食欲不振や吐き気、熱が出るなどがあります。 炎症がまだ軽い場合は、絶食や抗菌剤によって治ることも多いです。 慢性虫垂炎による腹痛の場合 では慢性虫垂炎の場合は、どのように痛むのでしょうか。 急性虫垂炎は明らかな痛みがあり気付きやすいですが、慢性虫垂炎は少しの程度の軽い痛みであったりすることもあるので気付かずに放置してしまうこともあるので注意が必要です。 痛みは、急性虫垂炎のときとおなじくみぞおちあたりが痛んで、だんだん右下腹部のほうに痛みが移動していきます。 微熱が出たり、食欲不振や下痢などの症状が現れることもあります。 慢性虫垂炎の原因は、大腸菌などの細菌感染によって虫垂に炎症が起こるからだと考えられています。 慢性虫垂炎の治療には、虫垂炎の原因となる虫垂自体を除去する手術と、薬物による療法があります。 虫垂自体を除去してしまう手術は、虫垂炎の再発の危険がなくなるというメリットがあります。 虫垂炎を除去する手術にしても二種類あって、症状が軽い場合は腹腔鏡下手術というのがあり、手術跡が目立たないというメリットがありますが、症状が進んでしまっていると開腹手術をするしかない場合もあります。 薬物療法では、入院の必要が無くお金も手術よりかかりません。 抗生物質を投与するので、その後は善玉菌を補充してあげた方がいいでしょう。 薬物療法では、虫垂が残っている状態なので、虫垂炎の再発のリスクがあります。 中目次 3.慢性虫垂炎の原因と解消方法 便秘が原因で慢性虫垂炎になる 慢性虫垂炎の原因ですが、はっきりとは分かっていないものの、いくつか原因ではないかと思われていることがあります。 ひとつは、便秘が原因で虫垂が圧迫されてしまうことによる虫垂炎です。 圧迫されてしまうことによって、虫垂に炎症が起きてしまって虫垂炎になります。 便秘を日頃から抱えずに、しっかり解消していくことで虫垂炎を防止することができることでしょう。 ストレスが原因で慢性虫垂炎になる それから、ストレスによって虫垂に悪影響を及ぼすという場合もあります。 食事も虫垂炎に大いに影響しており、断食で虫垂炎を治すこともあるくらいですからやはり暴飲暴食が虫垂炎の悪化の原因になりますし、砂糖は虫垂炎になりやすいのであまり食べないようにしましょう。 検査時のバリウムが原因で慢性虫垂炎になる また、検査の時バリウムを飲んだらそれが盲腸にくっついてしまい虫垂炎になる原因になってしまうと言われてもいます。 すいかの種やブドウの種などを飲み込むと種は消化されないのでそれが虫垂炎の原因になるという話がありますが、それはただの都市伝説で虫垂炎の原因とはならないそうなので万が一種を飲み込んでも安心してください。 慢性虫垂炎を直す方法 それから、もし虫垂炎になってしまったらどのように治せるかというと、自然治癒させる方法はいくつか知られています。 里芋パスターという、里芋をすり下ろしたので湿布をするという自然療法がありますが、かなり効果を実感した人もいるようです。 里芋パスターは、乾くとくっついてしまうので、乾く前に取り替えましょう。 豆腐パスターというのも効果的です。 また、泥ゴボウをあらってすり下ろしたのを布巾などで濾した汁だけを杯に一杯、30分おきに飲むと、痛みが激しい急性虫垂炎でも10時間以内に痛みが収まり治る例も多いです。 里芋パスターは、里芋をすり下ろすと里芋に含まれているシュウ酸カルシウムの刺激の影響で、手がかゆくなってしまったりして手間もかかるし大変なので、里芋パスターに使える里芋を乾燥させた粉末の里芋パウダーを購入しておくといざという時炎症を沈める湿布を手早く作ることができますよ。 それから、湿布といえば、チャコール湿布という炭のパウダーで湿布するというのも、あらゆる炎症や毒素を吸い出すのに効果が期待できます。 チャコールの特徴というのは、備長炭のように消臭にも使われるように、その吸着能力がすばらしく、有毒ガスや、重金属を強力に吸着してくれる作用があるので、家庭の救急箱にチャコールパウダーを備えておくことをおすすめいたします。 それから、体の炎症の元になるような活性酸素を発生させる食事は摂らないように注意しましょう。 油で、植物油にはリノール酸という炎症の元になる脂肪酸を含有しているのが多いのですが、リノール酸の少ないオリーブ油などを使うのがおすすめです。 4.まとめ さて、いかがでしたか?右下腹部の痛みは、虫垂炎の場合もあれば、便秘の場合もあるということがわかりました。 今日の話を簡単におさらいしてみましょう。 何をしても治らないという便秘には、ねじれ腸マッサージとか落下腸マッサージとかが効くかもしれませんし、アニスムスの場合もいきみかたのトレーニングなどをすれば治るでしょうが、食事を変えても治らないことでしょう。 虫垂炎の場合は、食事がかなり影響しているらしいということは分かったので、暴飲暴食は控えて予防に努めましょう。 そして、手術や抗生物質の投薬をしなくても、ゴボウや里芋パスターによる自然療法で自然治癒することが多いですので、まずはお腹の痛みを取り除くために自然療法を試してみると良いでしょう。 自然療法は、本当にパワフルに効くものが多いので、大切なお金や身体を守るためにも、よりリーズナブルでコストの費用がかからず、身体にも副作用が少なくて安心できる自然療法をまずは試してみることをおすすめいたします。 何を試してもなかなか便秘が解消しない。 そんな頑固な便秘で悩んでいる場合は、まずは モリモリスリムで腸内環境をリセットさせるのもよいかもしれません。 便秘が数日間続いたときに モリモリスリムを試してみた私の体験談もぜひ参考にしてみてください。

次の

右下腹部の痛み 何科に行けばいいですか

右 下 腹部 痛い

腹痛の中でも下腹部に痛みを感じた場合には、おなかが痛いと表現されることが多いでしょう。 比較的よくある症状のため我慢してしまう人も多いかもしれません。 しかし、原因によってはそのままにしておいてはよくない場合もあります。 これといった原因も思い当たらないのに下腹部が時々キリキリ痛む• 下腹部の痛みと発熱が続いている• 生理でもないのに、下腹が強く痛んで治まらない このような症状が現れた場合、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 下腹部の痛みの原因となる病気 下腹部の痛みは、なんらかの病気が原因となって起こっている場合があります。 頻度が高く注意の必要な病気 比較的頻度が高く、また注意の必要な病気には主に以下のようなものがあります。 急性胃腸炎 主にウイルスや細菌の感染によって、胃や腸の粘膜に炎症を起こした状態です。 代表的なウイルスは、やロタウイルス、細菌には 病原性大腸菌 びょうげんせいだいちょうきん や、カンピロバクターなどがあります。 原因となっているウイルスや細菌によって少しずつ症状が異なりますが、多くは腹痛や下痢、吐き気、嘔吐、発熱などを伴います。 また、細菌などが原因の場合は下血を伴うこともあります。 飲水できない、尿があまり出ない場合には脱水が疑われますので、医療機関を受診するのがよいでしょう。 急性虫垂炎 大腸の一部である 虫垂 ちゅうすい に炎症が起きる病気で、一般的には盲腸と呼ばれています。 右下腹部の痛み、吐き気、発熱などが特徴的な症状ですが、初期にはみぞおちや別の場所が痛むこともあるといわれています。 また病気が進行し、の状態になることもあります。 に至ると、高熱、歩く振動でもお腹に響いて痛いなどの症状が見られます。 憩室炎 けいしつえん ・ 腸閉塞 ちょうへいそく ・ 虚血性大腸炎 きょけつせいだいちょうえん 大腸の壁の一部に袋状になった場所ができることがあり、これを憩室と呼びます。 憩室があるだけでは何も問題はありませんが、ここに便が詰まるなどにより細菌の感染が起こると、腹痛や発熱などが見られ、の状態になることがあります。 また憩室出血といって、出血して便に血が混じることもあります。 また、腸の一部が狭くなる・細くなるなどで内容物が通過できなくなった状態であるでは、おなかの張りとともに下腹部の痛みが出ることがあります。 便秘などが原因となり大腸に血流障害が起こるも、下腹部の痛みをもたらします。 婦人科の病気 卵巣や卵管に炎症が起きる卵巣炎・卵管炎や、卵巣にできた膿腫が大きくなって回転してしまう 茎捻転 らんそうのうしゅけいねんてん 、子宮以外の場所で着床が起こるなども、下腹部の痛みを引き起こします。 いずれも激しい腹痛が特徴で、早期の治療を必要とします。 女性の激しい下腹部痛には注意が必要です。 受診の目安とポイント 耐え難いような下腹部の痛みがある場合には、すぐに医療機関を受診することが大切です。 発熱や下痢・嘔吐など、ほかの症状を伴っている、または痛みを繰り返しているような場合にも受診しておきましょう。 原因によっては一部専門科目が分かれる場合もありますが、まずは近くの内科や消化器内科への受診でよいでしょう。 医師にはいつから下腹部の痛みがあるのか、ほかにはいつからどのような症状があるのか、できるだけ詳しく説明することが大切です。 日常生活上の原因と対処法 日常生活に原因があり、下腹部の痛みを感じる場合もあります。 便秘 便秘も下腹部の痛みを引き起こす原因のひとつです。 便秘かなと思ったら 栄養バランスの整った規則正しい食事が大事です。 とくに、野菜や海藻など食物繊維を積極的にメニューに取り入れたり、十分に水分を補給したりするなどは便秘解消によいといわれています。 また、適度な運動も便秘解消に役立ちます。 生活習慣を見直しても改善しない便秘は一度医療機関で相談してみましょう。 腹部の冷え 腹部の冷えによって下腹部が痛くなることもあります。 腹部の冷えを感じたら ブランケットや腹巻きなどで腹部を温めましょう。 特に夏場は冷たい食べ物・飲み物が続きがちですが、なるべく控えるようにしましょう。 飲みすぎ・食べすぎ 暴飲暴食も下腹部の痛みを引き起こします。 飲みすぎ・食べすぎのときは 飲みすぎや食べすぎた日の翌日は、胃腸を休めるために食事は無理のない範囲にしましょう。 朝食を抜いた後、昼ごはんをたくさん食べるというような生活も胃腸に負担をかける原因となります。 三食きちんと取り、量は腹八分目を心がけましょう。 よくならないときには 自分でできる改善方法を試しても症状がよくならない場合には、何かほかの原因が潜んでいる可能性も考えられます。 そのようなときには一度病院で相談してみましょう。

次の