雨雲レーダー浜松市。 浜松のアメダス

気象庁

雨雲レーダー浜松市

南区(みなみく)は、浜松市を構成する7つの行政区のうちの1つ。 浜松市の東南部、南部をその区域としている。 スズキや共和レザー、THKリズムの本社が存在する。 1910年(明治43年)3月28日 - 浜名郡入野村が大字 高塚を浜名郡可美村へ譲渡する。 1949年(昭和24年) - 浜名郡可美村の一部を編入。 1951年(昭和26年) - 浜名郡新津村、五島村、河輪村を編入。 1970年(昭和45年) - 区内に温水プールが完成。 1985年(昭和60年) - 区内に浜松まつり会館が完成。 1991年(平成3年)5月1日 - 浜名郡可美村を編入。 2007年(平成19年)4月1日 - 浜松市の政令指定都市移行に伴い、南区発足。 面積 南区の面積は、発足する7つの行政区の中では5番目に大きく、47. 東区、西区、中区と境界を接している。 人口 2010年に行われた国勢調査時点の南区の人口は10万2,381人で、7区の中では4番目に多い(つまり7区の中で真ん中の)人口となっている。 浜松市南区に関するYouTube動画 浜松市南区に関するYouTube動画を表示します。 くらし 高校時代 よくいたなー 女子校あるある 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 0~1• 1~2• 2~4• 4~8• 8~12• 12~16• 16~24• 24~32• 32~40• 40~48• 48~56• 56~64• 64~80• 80~• 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 Yahoo! 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー).

次の

静岡県浜松市南区の雨雲レーダーと各地の天気予報

雨雲レーダー浜松市

雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 活動度3は、「やや激しい雷」で、落雷があることを意味します。 活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 または、現在は、発雷していないが、間もなく落雷する可能性が高くなっていることを意味します。 活動度1は、「雷可能性あり」で、1時間以内に落雷の可能性があることを意味します。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。 また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 なお、雷注意報や活動度1~4が発表されていない地域でも雷雲が急発達して落雷が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 竜巻などの激しい突風は、人の一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。 従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

次の

浜松のアメダス

雨雲レーダー浜松市

降水レーダーに、突如として現れた真っ赤な円。 「天使の輪か?」「使徒に襲来されているのでは?」などと、ツイッター上で話題を集めました。 見事なまでに円状の輪ですが、果たして本当に雨が降ったのか? あるいはシステムの故障? 気象庁に聞いてみました。 直径10キロ 突如として真っ赤な円 気象庁のホームページで公開されている降水レーダー「高解像度降水ナウキャスト」に、その「円」が現れ始めたのは、5月12日の午前7時前。 場所は、静岡県の浜松市・磐田市近辺です。 直径10キロ超の円が、突如として浮かび上がりました。 円状の地域は1時間に80ミリ以上の豪雨になっているはずですが、この周囲には他に雨雲と呼べるような印は一切ありません。 浜松・磐田両市の周囲に雨雲は皆無 出典: 気象庁のレーダーは他の気象情報サイトなどにも提供されているため、それらの降水レーダーにも同様の円が出現。 そのことから、「浜松で何が起きているんだ……」などとネット上で話題を呼びました。 果たして、この円は何なのか? 気象庁に聞きました。 気象庁「レーダーの異常」 気象庁によると、謎の円の正体は「レーダーの不具合」とのこと。 浜松市にある国土交通省の「XバンドMPレーダ」が異常をきたしたそうです。 このXバンドMPレーダは、高精度な雨量データをほぼリアルタイムで配信することができるシステムで、国交省が運用地域を広げています。 降水ナウキャストはこのXバンドMPレーダのデータを利用しています。 高精度で雨量を観測できる、XバンドMPレーダ=2013年9月、北海道北広島市 出典: 朝日新聞社 今回はこのXバンドMPレーダに不具合が生じ、午前6時56分~午前8時27分にかけ、降水ナウキャスト上にて円が浮かび上がりました。 これに気づいた国交省が、すぐに観測を停止したそうです。 気象庁によると、円の輪状に雨が降ったという事実は「ない」とのこと。 ちなみに浜松のレーダーは、午後3時現在も観測自体が止まっています。 気象庁の担当者は「異常はごくまれに起こるが、このように円状になったことは記憶にない」と話しています。 ちなみに、気象情報会社「ウェザーニューズ」も同様の問題を把握。 全国に30万人いるウェザーリポーターからの報告では、浜松・磐田市の近辺では雨が降っていなかったそうです。 【午前8時】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時5分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時5分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時10分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時10分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時15分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時15分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時20分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時20分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時25分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時25分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 円状の雨雲の不具合を引き起こした観測レーダー(写真は北海道北広島市のレーダー) 出典:朝日新聞 おすすめ記事(PR)•

次の