お手数 かけ て すみません。 「お手数をお掛けして申し訳ありません」の意味と正しい使い方

「すみません」と「すいません」の違い!ビジネスでの正しい謝罪は?

お手数 かけ て すみません

「お手数おかけしますが」の意味 「手数」の意味 ここでの「手数」とは、「ある物事を達成するために必要な労力、動作、工程の数」をさします。 「ある物事」とは、自分以外の第三者のために行う物事です。 つまり、 「お手数おかけしますが」とは、「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせますが」という意味になります。 また、「てすう」ではなく、「てかず」とも読み、「手数と報酬の割りが合わない」などの用法もあります。 クッション言葉として活用 「お手数をおかけしますが」という表現は、ビジネスの上では、クッション言葉として多く活用されます。 クッション言葉を添えれば、相手に依頼しにくい内容も、きつい印象を与えることなく伝えられます。 例えば、「ご連絡をお待ちしております」を「お手数をおかけしますが、ご連絡をお待ちしております」と、一言添える具合です。 「恐れ入りますが~」も、このクッション言葉にあたります。 「お手数おかけしますが」の気をつけたい誤用2つ 自分に対しては使用しない 「お手数おかけしますが」は、自分が目上の相手に対して使用する尊敬語です。 そのため、自分自身に対しては使いません。 「お手数おかけしますが、一週間以内にご連絡いたします」とは表現できませんので注意が必要です。 「お手数かけさせますが」は失礼 前述の通り、 「お手数」とは自分が相手に対して要求や依頼をした事項に対する、動作や労力を示す言葉です。 そのため、「お手数かけさせますが」は、誤用になります。 自分が相手に対して「お手数」を要求しているという意味にも捕らわれてしまいがちですので、使用しないように気を付けましょう。 「お手数おかけ致します」は正しい 「お手数おかけします」の「します」の部分を謙譲語のにした、「お手数おかけいたします」という表現もよく目にします。 こちらは一見、「お手数」に更に「いたします」を加えた二重敬語と思われますが、 「お~する」の形に中に「お~いたす」という用法がある為、正しい表現となります。 ただし、これは使用するシチュエーションや文章内容によっては、くどい言い方となってしまう事もあります。 その為、「お手数おかけいたします」を使用する際には、相手へ伝える前に文章内容とのバランスを見直してからの使用がよいでしょう。 「お手数ですが」を使うシチュエーション メールの締めくくりに使う 「お手数ですが」「お手数おかけしますが」は、メールで締めくくりの言葉に使うとしっくりきます。 相手にお願いをする内容のメールや、アポイントメールで日時の調整をお願いする場合のメールの最後に使うことで、丁寧にお願いをする気持ちを伝えることができます。

次の

誤用に注意!「お手数おかけしますが」の正しい使い方は?|就活市場

お手数 かけ て すみません

このライフレシピのもくじ 【】• 日本語の使い方は大人になればなるほど難しくて頭を悩ませてしまいますよね。 学生のときは許される言葉使いも社会人に近づくにつれて少しずつなおしていかなければなりません。 なかでも相手に対してお詫びを表す言葉は、使い方に気をつけないと笑われてしまうことになりそうです。 そしてお詫びするときに「ご迷惑をお掛けして…」「お手間を取らせてしまい…」などと同様によく使われるのが、「お手数をお掛けして申し訳ありません」という言葉です。 ここでは、その言葉の正しい使い方をご紹介します。 「手数」とは? 相手に何かお願いをして時間をとってその内容を行ってもらった場合によく使われる言葉が「お手数をおかけして申し訳ありません」です。 会話だけでなくメールや手紙にも使われていますね。 手数をお掛けする?掛けさせる? 「手数を掛ける」に似た言葉に「手間を掛ける」というものがあります。 この2つの語には次の違いがあります。 「手間を掛ける」…自分が労力や時間を費やすこと• 「手数を掛ける」…他人が自分のために労力や時間を費やしてくれること 「手間」は相手に掛けさせてしまうものですが、「手数」は掛ける・掛けてしまうものです。 つまり、• 「迷惑を掛けさせる」「苦労を掛けさせる」と言わないのと同じと覚えておくといいでしょう。 「お手数をお掛けして申し訳ありません」を使う場面とは? 相手に意図せず面倒をかけてしまったときに、お詫びするときに使います。 こちらの不手際により、お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。 また、何かを依頼したいときに、いわゆるクッション言葉として使用することもできます。 お手数をお掛けして申し訳ございませんが、こちらの書類に記入をお願いいたします。 また、似たような言葉に次のようなものがあります。 お手間を取らせてしまい申し訳ありません• ご迷惑をお掛けして申し訳ありません• ご面倒をお掛けして申し訳ありません 大体の使い分け方は、次のようになると覚えておくといいでしょう。 「手数」…実際に何か作業が発生する・したとき• 「手間」…「手数」にほぼ同じ• 「迷惑」…相手に何か不利益が生じたとき• 「面倒」…割と親しい相手に対して なお、「ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします」というような言い方はしません。 迷惑をかけるとわかっていてお願いするのは失礼に当たるからです。 疑問に思ったらすぐに調べよう! 何気なく使っている表現ですが、実は文法的に正しいのか間違っているのかよくわからないということもありますよね。 きちんと調べて、自信を持って使えるようになりましょう。 Twitterで紹介!.

次の

「お忙しいところすみません」の使い方・例文・返事の仕方|電話

お手数 かけ て すみません

「お忙しいところすみません」はビジネスにおいてクッション言葉としても用いると紹介しました。 たとえば相手の方がたいして忙しくしていないように見えても、「お忙しいところすみません」とつけるのは言葉のマナーとも言えます。 しかし、中にはまったく忙しくないのに「お忙しいところすみません」って嫌味?と受け取られてしまうこともあります。 まったく忙しそうにしていない相手に対して「お忙しいところすみません」を使うのは、ちょっと嫌な思いをさせてしまうリスクがあるため、気をつけた方がよいでしょう。 忙しそうでない相手に対しては? 用事を頼みたい相手がまったく忙しそうではなかった場合は、「すみません、いま大丈夫でしょうか?」というように「お忙しいところすみません」とは使わず、ストレートに「いま頼んでも大丈夫ですか?」と聞くようにした方がよいでしょう。 忙しそうに見えない相手も実際は忙しかったり、また何か予定が入っている可能性もあります。 何かして欲しい、という依頼のときは相手のことを配慮して聞くようにしましょう。 では実際に、「お忙しいところすみません」を使う例文、他の言葉に言い換えて使う例文を挙げて紹介します。 使う場面によって使い分けてみましょう。 お忙しいところすみませんが ・お忙しい中、失礼いたします ・お忙しいところ申し訳ありません ・お忙しいところ、お手間おかけしますが ・お忙しいところ、恐縮です 【より丁寧に】 ・ご多忙の折、お手数をおかけいたします ・ご多忙中のところと存じますが ・ご多忙中、申し訳ございません ・ご多忙のところ、誠に恐縮ですが ・ご多忙中、お手数おかけしますが 普通の場合は「お忙しいところすみません」ても構いませんが、他の言葉で言い換えることも可能です。 また、より丁寧な言葉を使いたいなら「ご多忙中、申し訳ございません」などの「ご多忙中」を使うと丁寧さが増します。 用事を依頼した後 何か用事をお願いした後で、お礼として「お忙しいところすみません」を使う場合の例文です。 ・お忙しい中、誠にありがとうございました。 ・お忙しい中、お手間をとらせてしまい申し訳ございませんでした。 ・ご多忙中、失礼いたしました。 相手の時間をかけてもらったり、相手に手間をかけさせたりしたのでそのことをお詫びした前後でお礼の言葉も添えましょう。 こういった気遣いの言葉があるかないかでも、相手に与えるあなたの印象が変わってきます。 「忙しいなか、対応してくれてありがとうございます」という気持ちを伝えましょう。 「お忙しいところすみません」への返事の仕方 ここでは場面別に「お忙しいところすみません」の使い方を紹介します。 電話 電話をかけるときに、「お忙しいところすみません」を使う場合です。 ・お忙しいところすみません、私〇〇と申しますが~ ・お忙しいところ申し訳ありません ・お忙しいところ恐縮です ・お忙しいところ失礼します 電話をかけて相手が出てくれた後で、「お忙しいところすみません」をクッション言葉に使い、自分の名前を名乗ってから用件を伝えます。 電話に出てもらう、というだけでも相手の仕事や何かを中断させているので、「お忙しいところすみません」と伝えるのはマナーです。 ビジネス ビジネスにおいては相手に依頼して何かをしてもらう、といったことが多いためとくに「お忙しいところすみません」を使うことが多いです。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが ・お忙しいところ恐縮でございますが 【ビジネスメールでは】 ・ご多忙中のことと存じますが ・ご多忙の折~ ・ご多忙のみぎり~ といったように、ビジネスメールにおいてはより堅く「お忙しいところすみません」ではなく、「ご多忙」を用いて使いましょう。 敬語 「お忙しいところすみません」でも敬語なので上司など目上の人に対して使っても問題ないのですが、「お忙しいところ申し訳ありません」とすることもできます。 より丁寧な敬語にしたいという場合は「ありません」ではなく「ございません」を使うため、「お忙しいところ、申し訳ございません」となります。 手紙 手紙を書くときに、なにか先方に対してお願いごとがあるとき、前書きや詫び言として「お忙しいところすみません」と書くことになります。 手紙なので、もう少し書き方に気をつけて「お忙しいところ申し訳ありません」や「お忙しいなか、恐れ入りますが」といったよう書いても構いません。 なにかを依頼する前に、使いましょう。 最近は「ご多忙」と書かず、「ご多用」と書く人も増えてきました。 これは「ご多忙」の「忙」という字が「亡くなる」という漢字を含んでいることを嫌っているもので、悪い意味を持つ言葉、縁起の悪い漢字を使いたくないという人が「ご多用」を使うようになったのだと言われています。 また、「ご多用」を「ご多忙」やお忙しいなかすみません、という言葉と言い換えても問題はありません。 冠婚葬祭は「ご多用」で しかし、「ご多忙」を使ってはいけない場合があります、それが「冠婚葬祭」です。 「ご多忙」の「亡」という縁起の悪い言葉、忌み言葉を含んでいるためとくに冠婚葬祭、結婚式やお葬式などで使うのは避けた方がよい言葉となります。 「お忙しいなか、ありがとうございます」と挨拶したり「ご多用の中、ご足労くださり誠にありがとうございます」といった使い方をします。 クッション言葉をうまく使おう.

次の