舟券 買い方。 競艇で勝つ舟券の買い方

競艇で90%以上の人間が勝てない7つの理由

舟券 買い方

インターネット経由で舟券を購入することができる• 365日いつでも購入可能• サービスに対応している銀行口座が必要• テレボート用口座と即時入出金が可能• いつでも入出金が可能• 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる ネット経由で365日いつでも舟券を購入することができる ネット投票会員はその名の通り、インターネット経由で舟券を購入することができるサービスです。 パソコンや携帯電話、スマートフォンなどインターネットに接続ができる機器から365日いつでも投票することができます。 ネット投票会員になるには サービスに対応している銀行のネット口座が必要になりますが、ネット口座さえあれば簡単な申込だけで即利用可能になります。 ネット投票会員は 、 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、広島銀行、スルガ銀行、au の口座を持っていれば登録できるサービスで、保有している口座を使ってテレボート口座という舟券購入用の口座と入出金して、舟券を購入することになります。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 福岡銀行• 広島銀行• スルガ銀行• au テレボート用口座と即時入出金が可能 対応銀行の口座さえ持っていれば即日利用可能な点が特徴で、後に出てくる電話投票会員のように専用の口座を開設する必要がありません。 テレボートの口座と銀行のネット口座感の入出金は即時で反映しますので、払戻金を即日引き出すことができます。 また銀行の入出金には制限がなく、レース当日でもコンビニのATMなどから入金をして舟券を購入することができます。 ネット銀行であればコンビニATMの入出金は無料なところがほとんどですので、無駄な手数料を支払うことなく入出金をすることができます。 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる またネット投票会員になると、会員専用の情報サイトを利用することができ、 オッズや 直前情報などレースの予想に役立つ情報をチェックすることができます。 投票内容・結果を確認することもできるので、自分の収支管理もすることができます。 電話投票会員と比べると、サービスの利便性はネット投票会員の方が上ですので、どうしても電話投票会員が良いという人以外はネット投票会員として登録するのが良いでしょう。 上述した通り、ネット投票会員になるにはサービスに対応している銀行口座を開設する必要があります。 そのため、サービス対応銀行の口座を持っていない人はまず対応銀行の口座を開設しましょう。 すでに対応している銀行の口座を持っている人は以下のページから会員申込をすることができます。 (非対応銀行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、auじぶん銀行) サービスの申込自体は 15分程度で完了し、完了次第すぐに利用することができますので、その日のうちに舟券の購入まですることができます。 電話投票会員のサービスの特徴• プッシュホンから舟券を購入することができる• インターネットからも舟券を購入することができる• 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要• 専用銀行口座はレースの前日からレース終了まで入出金ができない プッシュホンから舟券を購入することができる 一方、電話投票会員はプッシュホンから舟券を購入することができるサービスです。 電話投票会員という名前ですが、インターネット経由で舟券を購入することもでき、投票はインターネット経由と電話の両方で注文が可能になっています。 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要 専用の銀行口座が必要になり、電話投票会員になる際には、テレボート指定の18の銀行の中から舟券購入用の専用口座を開設します。 テレボート指定の銀行は都市銀行、地方銀行がメインですので、ネット銀行では専用口座を開設することはできず、 ネット銀行では電話投票会員になることはできません。 また専用口座の 口座開設には1~3か月かかります。 専用口座を開設しないといけないのは面倒ですが、専用口座であることで入出金が把握しやすくなり資金管理が簡単になるというメリットもあります。 レースの前日からレース終了まで入出金ができない もう1点注意点として、専用銀行口座はレースの前日には口座がロックされ入出金ができなくなります。 そのため舟券を購入するには購入資金の 入金を前日までにしておく必要があります。 払戻金を出金できるのもレースの翌営業日からになります。 このように電話投票会員には口座や入出金に制限があり、ちょうど中央競馬における即PATとA-PATとの違いと同じで、よほど電話で注文がしたいという方以外はネット投票会員になった方がよいでしょう。 ネット投票会員 電話投票会員 対応銀行 ・住信SBIネット銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・福岡銀行・広島銀行・スルガ銀行・auじぶん銀行 投票方法 ・PC・スマートフォン・携帯電話 ・電話・PC・スマートフォン・携帯電話 申込から利用までの期間 即日 1カ月半~3カ月程度 入金 当日の入出金が可能 投票日直前の銀行営業日まで 出金 当日の入出金が可能 翌銀行営業日以降 ネット会員になる際に必要になる銀行口座はネット銀行の口座を作っておくと、 入出金の手数料がお得なのでおすすめです。 競艇用の口座を作っておくと収支管理が楽になり、競馬や競輪などのネット投票にも使えて便利なので、ネット投票に対応しているネット銀行はどれか作っておくと便利です。 特に 住信SBIネット銀行、 楽天銀行、 ジャパンネット銀行の3銀行は競艇以外にも、競馬やオートレースなどの公営競技への投票をネットから行うことができます。 別の記事で紹介していますので参考にしてください。

次の

【予想屋直伝】競艇予想のコツと仕方!舟券買い方のポイントや攻略法とは?

舟券 買い方

舟券攻略について これまでにチャレンジした舟券の買い方としては 3連複4艇ボックス よく当たります。 安心できる買い方ではありますがいかんせん配当が厳しいです。 的中してもトリガミ、もしくは 少しのプラスしかでないことが多いです。 そのためトータルではやはりあまり勝てない買い方と判断してます。 1艇軸フォーメーション ボックスではプラスがでにくいということで調子にのって1艇を頭固定で挑みました。 しかもすべて1号艇という大胆設定。 数レースしましたが惨敗してしまいました。 ここで凹みすぎて終わってる状況です。 これを打開せずには次なるステップには進めません。 そこで新たなる舟券の買い方を考えます。 3連単。 これは既定路線。 もはや3連単しか興味がありません。 ここはしばらくブレずに3連単で勝負します。 大事なのがどうやって3連単を買うか・・・・ 得意の4艇ボックスだと24通りになりますので1点100円なら2400円以上の配当がでないとトリガミです。 2400円超えたレースが4レースしかありません。 ちなみに1月19日は5レース。 1月18日は3レース。 結論、3連単だとしても4艇ボックスでは勝ちにくい。 ということがわかりました。 なのでやはり4艇ボックスはやめざるを得ません。 24点予想は多すぎるということですね。 配当からみて10点予想ぐらいにしておかないと大村競艇場では勝ちにくい雰囲気があります。 競艇場によって買い方は変えるべきだと思っています。 大村競艇場は1号艇の勝率が1番高いわけですから配当も自然と固くなります。 もちろん逆に考えると1号艇が飛べば配当は爆発するってことですよね。 そう飛ぶことは少ないんですけどね。 あとは買い方です。 10点ぐらいに絞るにはフォーメーションしかないんですよね。 これだと12点予想。 なんだか勝てそうな気がしてきました。 大村はもちろんのこと第2の戦場でもある 平和島競艇場でもこの買い方ならいけそうな気がしてきました。 というわけで近日中にこの買い方にて勝負したいと思います。 これを最終的な買い方として精度を上げまくってみたいと思います。

次の

競艇で勝つ舟券の買い方

舟券 買い方

競艇の舟券はどのように購入するのか 競艇を始めてみたいけれど、どこで舟券を買えるのかわからない人も多いことでしょう。 舟券には、全部で7種類があり、発売場所によっても購入できる舟券の種類が異なります。 現在発売されている舟券の7種類は下記のとおりです。 単勝式• 複勝式• 2連勝単式• 2連勝複式• 3連勝単式• 3連勝複式• 拡大2連勝単式 ここでは、まず初めに、舟券はどこでどのように購入するのかについて紹介します。 全国に多数存在する競艇場やチケットショップ 舟券は、北は群馬から南は長崎まで全24カ所の競艇場で購入可能です。 また、場外発売場であるボートレースチケットショップ ボートピアでも購入できます。 窓口での購入のほか、最近ではキャッシュレスで舟券を購入できる券売機も増えてきました。 なお、競技場では全7種類、チケットショップでは単勝式・複勝式以外の5種類が購入可能です。 ネット、電話でも買える ボートレースチケットショップや競艇場以外でも、ネットや電話を利用して舟券が購入できます。 自宅や外出先など、どこにいても舟券が買えるのでとても便利です。 ただし、ネットや電話で舟券を購入するためには、事前に会員登録が必要があります。 100円から気軽に購入可能 舟券は、100円から購入できるため、競艇初心者でも気軽に楽しめるのが魅力です。 ボックス買いとは? 舟券の購入方法の1つであるボックス買いとはいったいどんな買い方なのでしょうか? ここでは、ボックス買いの特徴とメリットについて紹介します。 着順予想が難しいケースなどに使える ボックス買いとは、1~2位もしくは3位までのボートを予想する買い方です。 この場合は着順を指定はする必要がありません。 複数艇を選ぶと、そのすべての組み合わせを自動的に購入できるため、何枚も舟券に記入せずに済みます。 便利な早見表 2~3艇を選んでボックス買いする場合には、組み合わせ数が最大でも6通りなので、6点とすぐに計算ができます。 しかし、4~6艇を購入する場合には、組み合わせ数が多くなり、自分で計算するのが面倒です。 そこで、便利なアイテムがボックス買いの早見表です。 早見表を利用すれば、自分が何点購入する必要があるのか一目でわかります。 ボックス買いの方法とは それでは、さっそくボックス買いをしてみましょう。 ボックス買いには専用の紙に記入する方法と、ネットや電話で購入できるテレボートを利用する方法があります。 ここでは、それぞれの方法での購入の仕方を紹介します。 記入方法は、下記の手順で行います。 マークシート上部の開催場に購入したいレースが開催される会場をマーク• マークシート左側のレース番号をマーク• 式別に購入したい舟券の種類をマーク• ボックス投票と書かれた枠内の1~6のうち、自分が選択したい番号をマーク• 1点をいくらに設定するかを決めて、金額と単位をマーク(1点100円に設定する場合には、金額は『1』、単位は『百』をマークする) PC、スマホでの買い方 テレボートを利用すれば、チケットショップや競技場に行かなくても舟券を購入できます。 もちろん、ボックス買いも可能です。 テレボートのサービスのうち、PCとタブレット向け投票サービスを『インターネット投票』、スマートフォンとタブレット向け投票サービスを『スマートフォンWEB投票』と呼びます。 いずれの場合も、多少手順が違うところもありますが、基本的な手順は同じです。 手順は下記のとおりです。 テレボートにログインする• トップ画面で購入したいレースが行われるレース場を選択• (スマートフォンWEB投票のみ)レース場を選択した後に、投票するを選択• 購入したいレース・勝式(3連単・3連複・2連単・2連複・拡連複)を選択• ボックス投票を選択• (スマートフォンWEB投票のみ)決定ボタンを選択• 自分の選択したい艇番を選択• 1ベットあたりの金額を入力• ベッドリストに追加• 投票内容を確認後、投票するを選択して完了 電話での買い方 電話投票会員になると、自宅のプッシュホン回線などの電話を利用して舟券を購入できます。 電話でのボックス買いの方法は下記の手順で行います。 電話投票センターへ電話をかける• 6桁の加入者番号と、4桁の暗証番号を入力して最後に#を入力• 購入したいレースが行われる競技場のコード2桁と#を入力• レース番号2桁の次に9を入力• 9のあとに続けて勝式コード2桁の次に、組み合わせたい艇番全てを入力• 1ベットに設定したい金額を100円単位で入力(500円ならば005、2000円ならば020)• 投票に関するアナウンスを確認して0と#を入力• 投票決定番号88#を聞いたら、88#を入力して完了 悩んだときは囲い込んでスピーディに舟券購入 競艇初心者にとっては、どのボートが上位に来るのか迷ってしまうことも多くあります。 そんな時は、ボックス買いで囲い込んでしまいましょう。 ボックス買いならば、手間も省けてスピーディーに舟券を購入できます。

次の