ベリ フィ ケーション 意味。 「バリデーション」とは?業界別の意味や「ベリフィケーション」も

「バリデーション」とは?意味や業界ごとの使い方をわかりやすく解説

ベリ フィ ケーション 意味

気になる項目をクリック• 1.そもそも「バリデーション(validation)」とは 「バリデーション」とは、 「検証、実証、認可、妥当性」を意味する英単語になります。 、「文書をバリデーション」といった場合には、「記述・入力されたデータが、あらかじめ規定された条件・使用に適合しているか検証・確認する。 」ことを表します。 注意点として、「バリテーション」を使う時は、 「意味論」ではなく「形式論」を検証・確認する際に用いられる言葉になります。 つまり、「質的な良し悪し」を判断するのではなく、「システム的な適合不適合」を判断するための言葉として、覚えておくとよいでしょう。 1-1.「バリデーション(validation)」の文法 「バリデーション」は、「validation」と表記される「名詞」になります。 簡単に他の品詞を紹介すると、「動詞」では「validate(バリデイト)」、「形容詞」では「valid(バリッド)」と表記されます。 日本語では「validate」を使わずに、 「validation+する」のようにして、「バリデーションする」といった使い方が多いです。• 2.「バリデーション」の類義語・言い換え表現 「バリデーション(validation)」の類義語は、以下の通りです。 類義語 意味 バリデーション 妥当かどうか確認する。 ベリフィケーション 設計品質通りか確認する。 コンファーム 堅信を確認する。 チェック 目を通して確認する。 いづれも「確認する」という意味を持つ英単語ですが、それぞれが異なっています。 ここでは、「バリデーション(validation)」と似たような英単語について、比較しながら紹介していきます。 2-1.「ベリフィケーション(verification)」の意味 「ベリフィケーション」とは、「設計品質どおりの製品が製造できたことを確認する。 」ことを意味します。 一方で、「バリデーション」とは、「将来的に設計品質どおりの製品が製造できることを証明する」を意味します。 つまり、 「ベリフィケーション」は「質の検証」ですが、「バリデージョン」は「形式の検証」を意味するのです。 元々、「ベリフィケーション(verification)」に含まれる「very」は、「真実」という意味を持つので、「形式の妥当性」を意味する「バリデーション」とは異なるのです。 3.「バリデーション」の使い方を業界毎に紹介 「バリデーション」は、 「検証、実証、認可、妥当性」を意味する言葉ですが、業界毎に使用方法が異なります。 ここでは、各業界の代表的な使用方法について紹介していきます。 3-1.「IT業界」で使用されるケース 「IT業界」における「バリデーション」とは、「入力場所、書式設定、データの形式等が、規定のマニュアルどおりであるか確認すること。 」を意味します。 例えば、製造部門における「バリデーション」という場合は、「提供された、提供されるであろう成果物が、その意図された用途を満たしているかを確認すること。 」という意味になります。 開発プロセスが多段階の工程で行われるときは、段階的に作業が進むうちに 「本来の意図や目的から外れた製品」が出来てしまう可能性がされます。 そのため、用途・適用に関する要求事項が満されているかどうか、「バリデーション」が求められるのです。• 3-2.「製薬業界」で使用されるケース 「製薬業界」における「バリデーション」とは、「医薬品や医療機器の製造工程や方法が、目的とするものを製造するのに 最適かどうかを検証する一連の業務」のことを言います。 具体的に言うと、「製造所の設備や作業工程、品質管理の方法などが期待される結果を与えることを検証すること。 」がバリデーションの意味になります。 薬剤は、同じ効能、同じ品質、同じ成分配合でなければならず、「バリデーション」はそうした薬剤の条件をクリアするための大切な基準として求められるのです。 3-3.「介護業界」で使用されるケース 「介護業界」における「バリデーション」とは、「アルツハイマー型認知症などの高齢者とコミュニケーションを行うための方法」の一つです。 具体的に言うと、「認知症の人が大声を出したり、徘徊をしたりすることにも、全て意味がある行動として態度。 」と考えることがバリデーション。 「介護業界」の「バリデージョン」の場合では、 「妥当性を確認すること」ではなく、「妥当性を確認しようとする姿勢」のことを意味します。 つまり、なんらかの認知機能不全があった際、そレが何を意味しているのかを確認しようとする「コミュニケーション技法」として用いられます。 まとめ 「バリデーション(validation)」で用いられる「検証」は、特に 「方法や過程 」を検査することになります。 したがって、「質」を検証するような、良悪を判断することではないので注意が必要です。 もっとも、「バリデーション(validation)」には業界用語としての文脈があるので、コミュニケーションとして使用する場合には、一度意味合いを確認する必要があるでしょう。•

次の

ベリファイ(ベリフィケーション)とは

ベリ フィ ケーション 意味

ベリファイとは、検証する、立証する、実証する、確かめる、確認する、照合する、などの意味を持つ英単語。 何かが正しいことを証拠を示して立証したり、調査や比較、照合などを行って確かめたりすることを指す場合が多い。 記憶装置などの分野では、データの書き込みや複製を行った際に、正しく行われたかどうかを確かめるために書き込んだ箇所のデータを読み出してみる工程や動作のことをベリファイということある。 元のデータと照合して一致しているかどうかを確かめる工程を含む場合もあるが、などの場合は比較を含む検証を「」(compare)と呼んで区別している。 機器やシステムの開発、プログラミングなどの分野では、作成した装置や回路、プログラムなどが正しく動作するか確かめる工程や作業をベリファイということがある。 一方、作成したものがや規格などを満たしているかを調べることは「」(validate)あるいは「バリデーション」(validation)という。 日本語ではどちらも「検証」と訳されあまり区別されないが、「正しく作ったか」(verify)と「正しい物を作ったか」(validate)の違いであると説明されることが多い。 セキュリティの分野では、申告された身元情報などに偽りや誤りがないか確かめる工程や処理などのことをベリファイということがある。 認証(authentication)工程の一部として、利用者が申告した識別情報や秘密の情報を、あらかじめ登録された内容と照合して本人であることを確かめることや、ソフトウェアやWebサイトが開発元・運営元として提示した企業名などが虚偽でないかを、などを照合して確認する処理などを指す。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

EU

ベリ フィ ケーション 意味

ベリフィケーションとバリデーション【統計解析講義応用】 ベリフィケーションとバリデーション 品質保証に関する概念として、Verification(ベリフィケーション)とValidation(バリデーション)というものがあります。 英和辞典を引くと、Verificationは「確認、照合、立証、検証、証明、検査」であり、Validationは「確認、批准、妥当性検証」というような記載があります。 一見するとVerificationとValidationは同じ意味のように思えますが、Verificationはそれが正しい、あるいは正確であることを照合することであり、Validationはそれが正しいことを証明することです。 言い換えれば、ベリフィケーションはその結果だけに対する確認であり、バリデーションは継続的なプロセスに対する保証を与えるものです。 そして、バリデーションとして正しいことを保証するということの意味は、各段階で全て正しいことを実施したのだから得られる結果も正しいのだろうという考えでプロセス全体を通じての保証を行うということです。 このためには、定義・設計・証明・文書化ということが必要になります。 アメリカの連邦食品医薬品局(FDA)では、プロセスバリデーションを「特定のプロセスが予め定められた仕様や品質条件を満たす製品を、一貫してつくることを証明する文章を整備すること」として定義しています。 このようにベリフィケーションとバリデーションという言葉は違う意味を持っているので注意しましょう。 臨床試験データでは、ベリフィケーションとは読み合せなどにより症例報告書とコンピュータデータの整合性を確認し、間違いがないことを検査により確認することです。 この場合には、どんな過程を経てきたかということは問題にされないため、現在の状態が正しいことだけが確認され、別の臨床試験データについても正しいということを保証できる再現性はありません。 これに対して、バリデーションとは正しい臨床試験データを得るためにやらなければならない手順を定義し、その通りに間違いなく実施したことを証明することにより得られた結果が正しいとする、プロセスとしての保証をすることです。 このため、バリデーションの一つの行為としてベリフィケーションが含まれていることもあります。 このように、バリデーションされたプロセスに則って作業をする場合には、新たに得られた臨床試験データに対しても正しいことを保証することができ、再現性があります。 そして、再現性があるということが、バリデーションがベリフィケーションよりも大きな意味を持つのです。 また、バリデーションは継続的に行われる活動でなければならず、一度バリデーションが行われて終わりというものではありません。 すなわち、何らかの要因が変化した場合には再度のバリデーションを行うことが必須であり、ユーザーへの教育へ定期的な再確認も要求されます。 求める品質を持った製品が常に生み出されるようにすることがバリデーションの目的です。 品質保証においては、プロセス管理が常に行われるべきであり、ベリフィケーションは必要な時に行えばよいとされています。 ベリフィケーションでは必ず確認ミスが発生する可能性があり、全数検査をしてもエラー率を0にすることはできません。 エラーが発生する余地がある限り、ベリフィケーションは行うべきであるが品質保証としては不完全です。 さらに検査にはかなりの時間と労力がかかるため、生産性の低下からコストアップにつながる可能性があります。 このため、プロセス管理を行うことによる方法、すなわちバリデーションが求められています。

次の