多 部 未華子 重岡 大 毅。 這個不可以報銷 (多部未華子/重岡大毅) 3DVD_日劇_FHDVD 台灣專賣,全場貨到付款

これは経費で落ちません!:第6話 “タイガー”江口のりこが経理部かき乱す!? 多部未華子はキスされそうに…

多 部 未華子 重岡 大 毅

面白かったドラマも、続編はもういいわ、お腹いっぱい、って感じになることが多い。 今期の「ルパンの娘」がそうだった。 最後の方は、何か胃もたれがする仕上がりになっていってた。 だけど、「これは経費で落ちません」は違う。 まず、NHKらしく節度ある作り方で、かつ、ユーモアが下品にならず効いていて、そして経理業務を通して浮き彫りにされる様々な問題の本質への切り込み方が論理的で分かりやすく、勉強にもなる。 仕事とは、という問いの答えを、最終回では森若さんが明確に述べていて、改めて自分の仕事への姿勢を考えさせられた。 森若さんの恋愛も、胸キュン要素を織り込みながらも、恋愛と仕事と結婚と、の狭間で揺れる心情の描き方に、女性は凄く共感した。 共演者の部長達や経理3人組女子など、コメディアン俳優としてのプロを揃えてきたので、理屈なしに笑えた。 NHKらしくなくて面白いという感想もあったようだが、私は、このドラマは、以上の観点から、非情にNHKらしいお仕事コメディだったと思う。 だから胃もたれせずに楽しく見れた。 つまり、陳腐なドラマには決してならなかった。 多くのファンと同様、これは続編も絶対面白くなると思う。 かなり遅くなりましたが、感想... 総評です。 全話を通して安定の面白さ、今期では一番ハズレのない?というか、破たんのないお話だったと思います。 前半は派手さはないながら、会社あるある?しかも部署のなかでは 地道にコツコツ... 経理部メインのお話で、経験者の私にはかなり興味深い流れだったというか。 とりわけ主人公森若さんの真面目で堅実なキャラクタ-が、経理という部署にぴったりで、そのうえ演じる多部さんがまさにはまり役というくらい合致していたのも良かったかなと。 お話も自然で、経理の日常... そのなかで起きる細かな不具合やその心情などがわかりやすく、共感できたというか。 経理部の面々の、コミカルなテンポも好きでした。 楽しい日常のなかにも、人情やほどよい恋愛描写に軽いときめきや切なさなんかも感じつつ、それぞれの問題点が時にミステリ?探偵による推理のごとく進展するのもワクワクしました。 終盤のプロポ-ズや企業買収など?急激にお話のスケ-ルが大きくなったことには、ちょっと驚きましたが。 ラストはさらっと回収できて、やや詰め込んだ感もありましたが、恋愛も進みすぎず続編に希望のある展開で良かったです。 私も太陽くんとはまた違った魅力のある山崎さんも好きだったので、続編があるなら、太陽くんと(恋の)ライバル関係?な位置づけから始まる、新しい展開にも期待したいなと思います。

次の

多部未華子、重岡大毅の印象は「特にない」!?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

多 部 未華子 重岡 大 毅

東京・渋谷のNHKで記者会見に臨む(左から)重岡大毅、多部未華子、吹越満 多部演じる森若沙名子はアラサーのせっけんメーカー経理部員。 仕事でもプライベートでも堅物で、勘定一つ間違えない。 彼女が所属する経理部と犬猿の仲にある営業部、総務部、広報部など、部署ごとのパワーバランスの表現がリアルだ。 7月12日の試写会の後の記者会見には多部のほか、沙名子にアタックする男性社員を演じる重岡大毅(ジャニーズWEST)、沙名子の上司役の吹越満らが出席した。 多部は「経理部員という役柄である以上、数字をそらで言う必要があり、(セリフを)覚えるのには工夫がいる」。 吹越は「役の設定でそろばんが得意とあり、電卓を見ないでたたいたりと、(演技に)少し凝るようにした」と話した。 ドラマは原作に比べてコメディー色が強い印象がある。 プロデューサーの戸谷志帆梨氏は「経費をごまかす手ごわい人物を描きながらも、勧善懲悪にならないようにした」と狙いを語った。 製作統括の管原浩氏は「会社が舞台なので部署の表現はリアルにしていくことも重要だが、社会派ドラマのような堅さを感じさせないようにした」という。 本作の放送枠「ドラマ10」は、漫画を原作に特撮オタクのOLの日常を描いた「トクサツガガガ」、大人の恋愛や不倫を扱った英国BBCのドラマ「ミストレス」の日本版リメークなど、従来のNHKのイメージにとらわれない内容で話題を呼んできた。 会社で働いた経験のある視聴者は、うなずきながら本作に見入るかもしれない。 (前田龍一).

次の

「これは経費で落ちません!」多部未華子、キス顔⇒頭ポンポンが胸キュンもの!

多 部 未華子 重岡 大 毅

多部は重岡と「のような」に取り組んだことを明かし、自身の役柄については「まったく共感していないです」とた。 本作は、の経理部で働く・森若沙名子(多部)が、請求書や領収書を精査することを通じて、人々の怪しい事実や悩める人生を見つける姿を描く。 この日の会見にはほかに、菅原浩(制作統括)、戸谷志帆梨()が登場した。 主演の多部は初共演の重岡と、現場で話す機会があまりないそうで「何をしゃべっていいか分からないですよね。 若いと。 話題もないですしね」と照れ笑い。 一方、沙名子にする営業部の山田太陽を演じる重岡は「『笑顔が素敵な』みたいなことを言われて、日々を感じながら演じている」と役作りに奮闘している様子。 多部については「職人の」と言い「パンパン!とOKを出していって『お疲れ様でした』って小走りで帰っていく感じ」と印象を明かした。 その後、好きなに話が及ぶと、多部は「6話、なんかですよね。 二人のが。 のような恋愛に慣れていない、30歳と26歳が演じるようなことではないようなことを」と。 これを聞いた吹越は「沙名子が太陽君を受け入れるのがずいぶん早いなと思って(台本を)読んでたんだけど、仕掛けがあるみたいですよ。 仕掛けというか、展開が」と笑顔で話していた。 その後、物語にちなんで、対人関係においてイーブンであることを望むかとの質問には、多部は「『貸したお金は返ってこない』みたいな感じに思っている」としたうえで「『好きな言葉はイーブン』って、けっこうで出てくるんですけど、まったく共感していないです」とて会場を沸かせていた。 10『これは経費で落ちません!』は、よりにて毎週金曜放送(連続10回)。 ドラマ10『これは経費で落ちません!』記者会見にて クランクイン! 関連ニュース•

次の