あしたでんき ループ電気。 低圧(家庭・事業所・商店)のお客さま

あしたでんきとLooopでんき(ループでんき)を徹底比較!どちらがお得?

あしたでんき ループ電気

あしたでんきとLooopでんきどっちかの電気会社に申し込みたい。 けどどっちのほうが魅力的なのかな?お得な方が知りたい! こちらは個人向け(単身者・家庭向け)の記事になります。 今回のテーマは「あしたでんき」と「Looopでんき」の基本料金0円プランを徹底比較 した記事です。 「あしたでんき」と「Looopでんき」、この2つの電力会社の料金プランは「基本料金が0円」と大変魅力的なプランがあります。 電気料金は従量料金となり使った分だけ支払われる設定となっています。 基本料金0円プランは、毎月の電気利用料が650kWh以内の方におすすめです。 ひと月当たりの電気利用料金の目安はこちらです。 1人暮らしの場合:180kWh 2人暮らしの場合:250kWh 3人〜4人暮らしの場合:500kWh 650kwh以上使うことが多い人は、基本料金を支払って電気料金の1kwhの単価を下げるプランにした方がお得です。 なので今回は650kWh未満の個人利用者が読むと有益な情報が得られるでしょう。 では、まず最初に、「あしたでんき」と「Looopでんき」どちらのほうが安いのか! そのあとにそれぞれの会社の魅力や特徴について解説します! 単純にどちらの電力会社に申し込むべきか、迷っている方は必見です。 「あしたでんき」と「Looopでんき」どちらが安い? 「あしたでんき」と「Looopでんき」でどちらが安いのか。 それはエリアに酔ってい異なります。 実は、電気料金にはおおきく9つのエリアに分かれており、それぞれ料金形態が異なるんです。 なので、 「あしたでんき」と「Looopでんき」で比較をして価格が安い方をご紹介します 黄色の背景色がついている方が安いエリアになります。 基本的には、 あしたでんき[標準プラン]がお得でした。 ただし、 あしたでんき[標準プラン]には対応していないエリアが3か所あります。 そのエリアは対応できてないので自然ととLooopでんき[おうちプラン]がお得になります。 まずは6エリアから販売を開始し、全国展開を視野に拡大をしていく予定です。 そして料金プランには、大きく2つのプランがあります。 ・一般的な家庭向けの「標準プラン」 「標準プラン」は毎月の電気使用量が、 1~4人家族の一般的な家庭向けのプランです。 ・大家族またはペットがいるご家庭向けの「たっぷりプラン」 「たっぷりプラン」は、5人以上の大家族やペットを飼っている家庭向けのプランで基本料金3000円かかるプランとなります。 あしたでんきの新規お申込みキャンペーン あしたでんきでは、Amazonギフト券2,000円分をプレゼントするキャンペーンを実施しております。 特典の送付までの流れ• 「あしたでんき」へ新規の切り替え申込を完了します。 申込内容が不備なく受理された後、開始日通知のメールが届き、開始日から電力の供給が始まります。 電力の供給開始から2ヶ月を経過した時点から、1ヶ月以内に特典のご案内メールを送付します。 例えば、供給開始日が5 月10 日の場合、8 月10 日頃までにご案内メールを送付します(申込から4ヶ月程度とご理解ください)• 供給開始から受け取りまでの期間は、「配布前」と表示されます• 特典のご案内メール配信後から「確認する」ボタンに変わりますので、パスワードを入力するとギフトコードが表示されます• 送付されたギフトコードをご自身のAmazon アカウントに登録しご利用ください。 株式会社Looop(ループ)は、2011年4月、 東日本大震災で甚大な被害を受けた 石巻市・気仙沼市へ赴き、 複数の施設へ独立型ソーラー発電セットの 無償設置を実施したことがきっかけとなり、 設立した会社です。 2016年4月の電力小売自由化直後から提供を開始し、現在は沖縄・離島を除く全国で、 20万件を超えるお客様に電力を供給しています。 また「ウーマンリサーチ」 関東エリアの女性が選ぶ新電力ランキングで Looopでんきが「価格満足度」と「サービス満足度」で第1位を獲得するといった人気の電力会社です。 そして、家庭用太陽光発電パネルのプランがあります。 更にお得な料金で電気を使うことができます。 ただし、1つ注意点があり、ガスの対象エリアは東京ガスの供給エリア(東京地区等)及び当該事業者が営む一般ガス導管事業の用に供する導管と接続して行う特定ガス導管事業の供給地点のみです。 なのでほとんどの地域で利用できないので少し現実的ではないかなと思います。 電話で問い合わせ TEL : 0120-707-454 【受付時間】 年中無休 9:00~20:00 WEBで問い合わせ カスタマーサポートですがコールセンターの受付時間はLooopの方が長いです。 Looop電気は年中無休なので基本的に毎日かけることができます。 あしたでんきもほぼ、年末年始等以外はほぼ毎日お問い合わせできるので安心ですね。 正直言ってそこまで大差無いと考えられます。 ただ、Looopでんきは東京電力エリア内のみ、新サービス「かけつけるーぷ」という「駆けつけサービス」を提供しています。 こちらは東京電力エリア内のLooopでんき・需要者向け、電気のトラブル駆けつけ(電気がつかない、停電した、コンセントが焦げ臭いなど)のトラブルに 無料で対応してくれます。 「かけつけるーぷ」は専用のフリーダイヤルにお電話をいただければ、24時間365日、東電PG技術員が駆けつけ、トラブル対応を行うサービスを提供します。 通常、東電PG技術員が出張する場合には9,000円~13,000円程度の料金がかかりますが、Looopでんき・需要者は、無料でサービスを受けることができるようになります。 まずは、Looopでんきの東京電力エリア内の需要者がサービス対象となります。 今後好評だった場合エリアを拡大していく可能性があります。 私は2年近く東京電力エリア内でループ電気を使っていますが、一度も電気のトラブルは起こっておりません。 なので、一度もお世話になったことはありませんが、何か万が一が起こったときは安心して利用できるのは嬉しいですね。 あしたでんきとLooopでんきの 切替費用.

次の

「あしたでんき」のメリットと注意点を、わかりやすく解説! | 超節約術

あしたでんき ループ電気

なお、北海道、北陸、四国エリアの方はあしたでんきのエリア外になるので、Looopでんき一択となります。 電気料金が安いのはあしたでんき あしたでんきとLooopでんきの電気料金を比較します。 結論、 電気料金だけなら必ずあしたでんきの方が安くなります。 2~3人世帯 350kwh 、4~5人世帯 650kwh の例で計算しました。 2~3人世帯 4~5人世帯 Looopでんき あしたでんき Looopでんき あしたでんき 東北 9,240円 9,100円 (-140円) 17,160円 16,900円 (-260円) 関東 9,240円 9,100円 (-140円) 17,160円 16,900円 (-260円) 中部 9,240円 10,400円 (-140円) 17,160円 16,900円 (-260円) 関西 7,840円 7,700円 (-140円) 14,560円 14,300円 (-260円) 中国 8,540円 8,400円 (-140円) 15,860円 15,600円 (-260円) 九州 8,190円 8,050円 (-140円) 15,210円 14,950円 (-260円) あしたでんきとLooopでんきはともに基本料金が0円なので、2社の違いは従量料金の単価だけになります。 あしたでんき Looopでんき 東北電力エリア 26円 26. 4円 東京電力エリア 26円 26. 4円 中部電力エリア 26円 26. 4円 関西電力エリア 22円 22. 4円 中国電力エリア 24円 24. 4円 九州電力エリア 23円 23. 4円 あしたでんきは、全てのエリアでLooopでんきより1kwhあたりの 単価が0. 4円安いです。 4円」だけ安くなります。 4円=240円、それぞれ安くなるのです。 Looopでんきからあしたでんきに乗り換えるため、あしたでんきに申込み行いました! これで年間1000円~2000円ほど安くなるはず。 雀の涙程度ですが😅 中部エリア Looopでんき 26. 例えば1ヵ月に800kwhの電気を使った場合、あしたでんきのたっぷりプランはLooopでんきより月1,000円安くなります。 このように、 電気料金に関してはあしたでんきの方がLooopでんきより安くなります。 電気とガスをセットにできるのはLooopでんき Looopでんきは東京ガスのエリア限定でガスも供給していて、電気とガスをセットにできます。 電気とガスをまとめることで電気料金が割引になり、ガス料金も安くなります。 電気代が安くなる 電気料金は、Looopのガスとセットで契約するとセット割が適用され、 単価が0. 4円安くなります。 Looopでんきとあしたでんきの単価の差は0. 4円でしたが、Looopでんきでセット割が適用されると0. 4円安くなるため、2社の単価は同じになります。 ガス料金も安くなる また、Looopガスを利用することで、ガスの料金も安くすることができます。 あしたでんきはガスのサービスはないため、東京ガスを利用することになります。 以下の表では、あしたでんきで東京ガスを利用した場合よりLooopガスがいくら安くなるかをまとめたのでご覧ください。 トラブル対応サービスがあるのはLooopでんき Looopでんきでは、電気トラブルの対応サービスが無料で受けられます(東京電力エリア限定)。 あしたでんきではこうしたサービスはなく、自分で業者を探し、上記の金額を自費で支払う必要があります。 契約後のトラブルサポートを充実させたい人はLooopでんきがおすすめです。 電気の「見える化」機能を比較 電気の使用量や電気代をインターネット上から見られるサービスを電気の「見える化」と言います。 左があしたでんき、右がLooopでんき あしたでんき、Looopでんきともにマイページから「見える化」を利用できますが、以下のような違いがあります。 更新頻度が多いのはあしたでんき あしたでんきは数時間おきでグラフが反映されるので、その日の電気使用量をすぐに確認できます。 一方Looopでんきは1日1回であるため、リアルタイムで使用量を確認することはできません。 機能が豊富なのはLooopでんき Looopでんきでは乗り換え前の電力会社と節約額を比較できるという機能があります。 「 節約額チェッカー」と呼ばれるもので、同じ使用量で前の電力会社を使い続けていた場合との差額を計算してくれます。 どれだけ節約になるのかが一目で見られる便利な機能です。 初期費用・解約金はどちらもなし あしたでんき、Looopでんきともに初期費用・解約金はありません。 いつでも無料で利用でき、解約したい場合も気軽に解約できます。 電源構成を公開しているのはLooopでんき Looopでんきは電源構成を公開しており、電源の26%を再生可能エネルギーでまかなっています(23. 4%がFIT電気、2. 6%が水力)。 あしたでんきはどのような発電方法で電気を作っているのか公開していません。

次の

あしたでんきの評判は?契約して分かった全情報【2020年7月】

あしたでんき ループ電気

関連記事• 私の利用歴 Looopでんきを2017年6〜11月の6ヶ月間、あしたでんきを2018年7月〜10月の3ヶ月間それぞれ自宅で利用しました。 あしたでんきの方が契約期間が短いですが、特に深い意味はありません。 出来るだけ多くの新電力を自分で契約して確かめたいと考えているため、数ヶ月ごとに切り替えを行っています。 あしたでんきの電気使用量のグラフ• 関連記事• あしたでんきとLooopでんきの比較 あしたでんきとLooopでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。 料金プランの比較 どちらが安い? まずは気になる料金プランを見てみましょう。 各地域の大手電力の「従量電灯」プランとの料金比較です。 3人以上の世帯ではトップクラスの低料金です。 ただし、1人世帯では東京電力よりも割高、また2人世帯でも削減幅は小さいので他社をおすすめします。 関連記事• 中部電力エリア あしたでんき Looopでんき 解約時の違約金 無し 無し 初期費用 無し 無し 支払方法 クレジットカード クレジットカード 見える化 対応 データ更新は数時間遅れ 対応 データ更新は数時間遅れ 駆けつけサービス 無し 東電エリアのみ Looopでんきは東京電力エリアのみを提供しています。 電気がつかない、停電したといったトラブルが発生した際に、無料で自宅まで来て対処してくれるサービスです。 あしたでんきにはありません。 その他のサービスとしては、両社ともウェブで自宅の電気使用量をグラフなどで確認できる「見える化」を提供しています。 1時間単位で確認できるあしたでんきに対し、Looopは30分単位とより細かく確認できます。 また、大手電力会社のプランと比較して「いくらお得」になったのか表示する「節約額チェッカー」という機能もあり、 Looopの方が充実した内容になっています。 Looopでんきの「節約額チェッカー」 顧客対応については私が利用した時には、特に両社とも問題があるとは感じませんでした。 両社とも電話(フリーダイヤル)とメールでの問い合わせに対応していますが、Looopは年中無休の9〜20時、あしたでんきは年末年始除く9〜17時と、Looopの方がコールセンターが長く開いています。 環境・エコは? あしたでんきは電源構成を一切公表していません。 それに対しLooopでんきは再生可能エネルギーが26. 1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。 結果は一目瞭然で、 あしたでんきはLooopでんきの2倍の二酸化炭素を排出していることになります。 大手電力会社9社はもちろん、新電力会社の中でもCO2排出量が少ないと言えるLooopでんきに対し、あしたでんきは新電力会社の中でもCO2排出量がきわめて多いと言わざるを得ない値です。 特徴をまとめると・・ 最後に、2社の特徴をまとめます。 Looopでんき 2011年に太陽光発電事業を母体として設立されたエネルギーベンチャーです。 新電力として順調に契約を伸ばして11位のシェアを獲得しています。 サービス面ではあしたでんきよりも優位と言えます。 また、あしたでんきと比べてCO2排出量が「半分」なので、エコの視点からおすすめです。 あしたでんき あしたでんきは東京電力グループが設立した新電力です。 東電の「別働隊」として、本体では出来ない事に挑戦する「ベンチャー」的な性格を持った会社です。 Looopでんきと比較すると、単純に料金が少し安く設定されているのが特徴です。 あしたでんきが対応している全地域で、Looopよりも料金が安いです。 電気代の安さで選ぶなら、あしたでんきがおすすめです。 ただしCO2排出量が多い点は大きなデメリットと言えるでしょう。 関連記事•

次の