出産予定日 逆算 性別。 性別計算機: 男の子それとも女の子?

赤ちゃんの性別を受胎した日からだいたい予想出来ないでしょうか

出産予定日 逆算 性別

出産するまでの妊娠週数には個人差がありますが、40週が出産の目安とされています。 37週に入ると健診で子宮口の開き具合などをチェックし、出産が近づいているか確認します。 37週0日から40週6日が正産期(せいさんき)と呼ばれ、赤ちゃんが生まれる確率が最も高い期間とされています。 しかし日数にすると35日間もあり、出産がいつ始まるのだろうとママには長く感じるかもしれませんね。 正産期の中でも妊娠39週目と40週目に生まれることが多いようです。 しかし、これはあくまでも平均であって、ママによっては早産や42週に入っても生まれてこないケースなど、大きく出産予定日からずれることも少なくありません。 また、初産と経産婦でも変わってくるといわれています。 「女の子はママのお腹でゆっくり過ごす」「男の子は早く出てこようとする」というようなことを聞くことがありますが、赤ちゃんの性別で妊娠期間に違いがあるのでしょうか。 これは、女の子はのんびりしていて男の子は元気で活発というようなイメージからいわれているだけで、なんの根拠もないとされています。 性別に関係なく、出産予定日よりも早く生まれたり遅く生まれたりすることはよくあります。 妊娠期間は性別によって変わることはないといわれています。 「男の子だから早めに赤ちゃんを迎える準備をしなくては」などと思う必要はありません。 どちらの性別でもいつ赤ちゃんが生まれても大丈夫なように、早めに出産や赤ちゃんを迎える準備をしておきましょう。 妊娠の平均日数は約266日といわれていますが、出産予定日は世界保健機関(WHO)の定義である最終生理開始日から280日目ということをもとに計算されています。 通常、出産予定日は、生理の周期が28日ということを基準に割り出しています。 生理の周期が長いまたは短い場合や、生理不順の女性には当てはまりません。 一般的に使用される「ネーゲレ概算法」でも、次のように出産予定日を計算することができます。 出産予定の月=最終月経のあった月-3(3より小さい数字の場合は9を足す) 出産予定の日=最終月経が始まった日+7 ただし、月経周期や排卵日には個人差があるので、この計算で出した出産予定日は目安としてとらえましょう。 性行為をした日を受精日と考え出産までの期間を計算する人もいます。 しかし、精子の寿命は2~3日といわれており、排卵の数日前に性行為をしても妊娠する可能性があるので、性行為から計算をすると数日ずれる場合があります。 排卵後の卵子の寿命は6~24時間といわれており、排卵日と受精のタイミングはほぼ同じともいえるため、排卵日を受精した日と考えて妊娠周期を数えていきます。 排卵日は生理の初日から2週間後で計算されます。 最後にきた生理の初日が妊娠0週0日となることから、排卵日、すなわち受精日は妊娠2週0日になります。 しかし、排卵日が14日目ではない場合や、排卵後24時間以上経ってから受精をする場合もあります。 妊娠した日を知りたいというママは、出産予定日から逆算できます。 「出産予定日の計算方法」で紹介した、ネーゲレ概算法を利用する方法がありますよ。 この方法を使って逆算した場合、例えば6月が予定月なら、6+3=9(6から9は引けないため)になります。 おおまかですが9月に妊娠したことになります。 出産予定日だけではなく受精日などが計算できる便利な計算ツールやアプリが色々あるので、利用すると簡単に計算できますよ。 上記の計算方法もそうですが、生理が28日周期、排卵は14日目を基本に計算するものがほとんどなので、誤差が生まれることが多々あります。 正期産(せいきさん)は、37週0日~41週6日に出産をすることです。 この期間は正産期と呼ばれ、赤ちゃんが生まれて来るのに適した期間とされています。 37週に入ると健診などで、「いつ生まれてもよいように準備をしておいてね」と言われることが多くなります。 37週の赤ちゃんは、臓器が成熟し、体脂肪がついてきてふっくらしてきます。 赤ちゃんよって差はありますが、体重も2,500~3,000gまで大きくなり、いつ生まれてもよい状態まで成長しています。 正期産の期間は35日間と長く、健診の際に「まだ生まれそうもないかな」と医師に言われることもあります。 しかし、いつお産が始まってもよい時期に入っていることを考えながら過ごしましょう。

次の

出産3パターンの期間とは何?妊娠週数の数え方や予定日の計算方法

出産予定日 逆算 性別

ややこしいと思われがちな、妊娠週数の計算方法もあわせて解説。 生理不順の場合も計算方法があるので、チェックしてみてくださいね。 計算方法や簡単に予定日を計算してくれるサイトやアプリをご紹介します。 ・出産予定日の計算方法とは? 出典:photoAC 出産予定日は「ネーゲレ概算法」という方法で計算できます。 *出産予定月がわかる計算方法 最終月経のあった月からマイナス3ヶ月すると出産予定月がわかる計算方法はこちらです。 (例) 8月-3ヶ月=5月 この場合翌年の5月が出産月になります。 1月-3ヶ月=10月 最終月経があった月が1~3月の場合、1月は13、2月は14、3月は15として計算しましょう。 マイナス3ヶ月した月が出産予定月となるので、最終月経が1月の場合翌年の10月が出産予定月となります。 また、1~3月の場合は9ヶ月プラスすることでも出産予定月の計算が可能です。 *出産予定日がわかる計算方法 出産予定月だけでなく、日にちも知りたいですよね。 日にちの計算方法は、最終月経の月経初日に7を足すことで計算できます。 (例) 1日+7=8日 予定月と予定日で計算して出た数字を組み合わせたものが、出産予定日となります。 ・サイトやアプリで簡単に計算 出典:photoAC 妊娠何ヶ月か分からない場合でも、出産予定日を簡単に計算できるサイトやアプリが充実しているので手軽に調べられます。 インターネットで「出産予定日 計算」「出産予定日 自動計算」などと検索すると、出産予定日を自動で計算してくれるサイトがたくさんヒット。 中には出産したい希望日から逆算して妊娠のタイミングの目安を計算してくれるサイトもあります。 出産予定日はアプリのダウンロードも可能です。 アプリを購入できるショップで「出産予定日」と検索すると無料のアプリがたくさん出てきます。 アプリ内課金のものもありますが、無料の範囲でも充分な機能を搭載しているものが豊富です。 また、出産予定日を意味する英語の「Expected date of birth」で検索すると、英語のアプリの購入もできます。 サイトもアプリも性能のいいものがたくさんあるので、使いやすいものを選んで妊娠・出産・育児の準備に役立ててくださいね。 出典:photoAC ・妊娠週数の計算方法とは? 妊娠週数は、妊娠前にきた最終の生理開始日を妊娠0週0日として計算していきます。 妊娠0~6日までが妊娠満0週、7~13日までが妊娠満1週というように数えてくださいね。 最終月経日から考えることと、0週0日からカウントするのがポイントです。 ・生理不順の場合は? 出典:photoAC 生理が28日周期ではない生理不順の場合にも、妊娠週数を計算する方法があります。 最終の生理開始日からの日数のカウントだと排卵日がずれてしまう可能性が高いので、基礎体温をもとに考えます。 低温期から高温期に入った日を排卵日と考えて、その日を妊娠2週0日として計算してくださいね。 ・出産予定日はあたってる? 出典:photoAC 出産予定日はあたるのか、実際はどうなのか聞いてみました。 「予定日の4日前に産まれました。 初産だと1週間くらい遅れるって聞いていたけどほぼ予定通りでした」(30代女性・会社員) 「子宮口が開いていないからまだかも。 予定日過ぎるかもって言われていたけど予定日より数日早く産まれました」(20代女性・主婦) 「1人目も2人目も予定日より1週間ほど遅れて産まれました」(20代女性・主婦) 「これが原因かはわかりませんが、立ち仕事をしていたからか、上の子は早産でした」(20代女性・飲食店店員) 口コミを見ていると数日から1週間ほど前後する人がいるようですね。 また、環境や体調などによって予定日と大幅にずれる場合もあります。 ・出産予定日のあたる確率は? 出典:photoAC 予定日通りに赤ちゃんが産まれる確率はものすごく低く、20人に1人くらいだそうです。 名医でもぴったりあてることは非常に難しいみたい。 また、信憑性は定かではありませんが、初産だと予定日より遅れるという説や、立ち仕事や活発に動き回っている人は予定日より早まるという説があります。 さらに、妊娠中の環境やさまざまな事情によって、予定日を過ぎる場合や早まる場合もあるので確実にあてるのは難しいでしょう。 計算方法や簡単に計算してくれる便利なサイトがあるのでぜひ参考にしてみてください。 ・産休の仕組みとは? 出典:photoAC 産休とは産前休業と産後休業の2種類があります。 この2つを合わせたものが一般的に産休と呼ばれているのです。 出産予定日前の6週間を産前休業と言います。 双子以上(多胎妊娠)の場合は、出産予定日の14週間前に産前休業に入ります。 産後休業は、出産の翌日から8週間です。 この期間は法律により、本人の意思にかかわらず働くことが禁止されています。 こうした法律によりママと赤ちゃんは守られているのです。 ・サイトを使えば自動計算も! 産休を自動計算してくれるサイトもあり「産休 計算 サイト」などと検索すると、無料で計算できるサイトがたくさん見つかります。 さらに、出産予定日を計算できるアプリには産休の計算をしてくれるものもあります。 「今何週目だっけ?」と分からなくなったときにもすぐに調べられるので、ぜひ活用してみてくださいね。 でもぴったり計算どおりにあたることは極めて稀なんだそうです。 なので、詳しくは定期検診で産婦人科医にご確認ください。 予定日前でも、出血や破水などが起こり早く産まれてくることもあれば、なかなか産まれないということも。 とはいえ大体の目安を知ることで、出産の段取りや産後の準備などに役立てることができます。 出産予定日や産休の計算ができるサイトやアプリもぜひ活用してみてくださいね。

次の

あれ?出産予定日から逆算した排卵日がずれてる?実際の受精日との誤差の理由

出産予定日 逆算 性別

スポンサードリンク 出産予定日をだす逆算は最終月経を基準に計算 出産予定日を推測する方法はいくつかあります。 ですが、 世界共通の方法は「最終月経」を基準にして計算する方法です。 これは、最終月経日に280日を足して出産予定日を算出する、という方法で、WHOが示した指針に基づいています。 ほとんどの産婦人科がこの方法を採用しています。 最終月経開始日を「妊娠0週0日」とし「妊娠40週0日」を出産予定日にします。 一週間は7日、月経周期28日(妊娠のカウントでは1か月は4週に固定)と考えます。 【妊娠1か月】 妊娠0週:0、1、2、3、4、5、6日:(生理の一週間) 妊娠1週:0、1、2、3、4、5、6日:(妊娠1週6日くらいが排卵予定日) 妊娠2週:0、1、2、3、4、5、6日:(体内のホルモンバランスが変化。 体調不良を感じやすい) 妊娠3週:0、1、2、3、4、5、6日:(妊娠3週6日が、月経予定日) 妊娠1か月の前半は赤ちゃんがお腹にいません。 また、妊娠2週、3週も自覚症状などはほとんどありません。 赤ちゃんがいないのに妊娠1か月と数えることに疑問を覚えるかもしれませんが、こういう数え方になっています。 超音波検診で胎児の大きさから出産予定日を決める医師もいる ただ、時折、独自の考え方で出産予定日を決める医師もいます。 それは「超音波検診で確認した胎児の状態・大きさ・成長度合いから週齢を推測し、出産予定日を決める」という方法です。 私が次女の妊娠確認に行った産婦人科の先生がこの方法で出産予定日を計算する方でした。 直ぐに引っ越しすることになって別の産婦人科に行った時「貴方が言う予定日はおかしい」と言われ、事情を話すと「それは世界基準とずれている。 正しい予定日ではない」と断言されました。 「胎児の大きさから推測する派」という先生もいますが、世界基準では最終月経から280日目が出産予定日とされていますので、その考えの方がいいようですね。 ただ、妊婦健診をしていて胎児の大きさから推定される週齢と、最終月経日を元に推定した出産予定日が合わない(大きくずれている場合)は、出産予定日が修正されることもあります。 産婦人科、医師などの方針や状況によって判断されるようなので、納得いかない場合は医師に聞いてみるといいですよ。 なお、280日を足すのが面倒! という方は 次のような計算方法で出産予定日を計算できます。 おおよそですので目安にしてくださいね。 出産予定日から逆算した排卵日ってどうやって計算するの? 先ほども紹介しましたが、妊娠は次のように数えます。 【妊娠1か月】 妊娠0週:0、1、2、3、4、5、6日:(生理の一週間) 妊娠1週:0、1、2、3、4、5、6日:(妊娠1週6日くらいが排卵予定日) 妊娠2週:0、1、2、3、4、5、6日:(体内のホルモンバランスが変化。 体調不良を感じやすい) 妊娠3週:0、1、2、3、4、5、6日:(妊娠3週6日が、月経予定日) 一般的に出産予定日は最終月経日から280日後と設定されます。 そして排卵日は最終月経日から14日目とされています。 このため、上記で示したとおり妊娠1週6日頃が排卵日になります。 このため、出産予定日から逆算する場合は、次のような計算式で知ることができます。 出産予定日-266日=排卵日 ただ、これは月経周期が28日、排卵日が月経開始日から14日目頃、という人の計算方法です。 人によっては月経周期が26日だったり、30日だったりしますよね。 月経周期が26日の人は月経開始日から12日頃に排卵 月経周期が30日の人は月経開始日から16日頃に排卵 このように、若干、排卵日に違いがあると言われています。 このため、医師が出した出産予定日から逆算した排卵日と、実際の排卵日が異なる可能性があります。 スポンサードリンク また、排卵は女性の体内のホルモンバランスの変化によって起こる現象です。 ホルモンバランスはストレスや睡眠不足、イライラや疲労など、色々な外からの刺激によって変わりやすいものです。 このため、いつも一定周期で月経が来るのに今回は始まりが遅かった。 不定期出血があった。 薬を服用した期間がある、など色々な要因で排卵日は常に変わる可能性があります。 「実際にいつ排卵が起こったのか、ということは解りにくい」と言われていて、本当に排卵が起こった日を100%正しく特定することは困難です。 ですから、出産予定日-266日で算出される日付の前後が排卵日として考えてくださいね。 出産予定日から逆算して子作りした日や性行為した日はどう特定する? 排卵日の前後に子作り・性行為を行うと妊娠する可能性があります。 妊活中の方は排卵日を狙って性行為をするようにしますよね。 出産予定日が解れば「出産予定日-266日=排卵日」で排卵日が推定できますから、その前後の子作りや性行為で赤ちゃんができた、ということになります。 ただ、卵子は排卵後1日の寿命、精子は射精後2~3日の寿命と言われています。 場合によっては、精子は環境次第で射精後1週間ほど生きていることもあるそうです。 このため、いつ、どのタイミングで受精卵ができたのか「この日の性行為がもとで受精卵ができたと確実に言い切る」ということはなかなかできません。 あくまで「推定される排卵日の前後の性行為によって赤ちゃんができたのではないか?」と推測することになります。 この性行為についてはデリケートな事情があることも考えられます。 できるだけ正確な「受精卵の詳細情報」を得たい、という方もいらっしゃるようですが、確実な情報を得るのはなかなか難しいのが現状です。 排卵日=受精日ではないですし、性行為した日=受精日でもありません。 もし、確実な情報が欲しい、ということになれば遺伝子情報を解析することになります。 いわゆる親子鑑定、DNA鑑定ですね。 出産予定日から逆算した週数や安定期が一目でわかる一覧表 妊娠したら、いつ安定期になるのか、いつから出産準備をするのか、いつが正期産なのかなど、不安になりますし「自分の場合はいつ?」ということを知りたいですよね。 妊娠初期:妊娠1か月~4か月(妊娠0~15週まで) 妊娠中期:妊娠5か月~7か月(妊娠16~27週まで) 妊娠後期:妊娠8か月~10か月(妊娠28~41週まで) 妊娠42週以降は、過期産 妊娠は初期・中期・後期に分けられ、妊娠42週を超えると正常分娩ではなくなります。 ただ、今は予定日を2、3日過ぎると「誘発」や「帝王切開」などで出産するのがほとんどなので、まず42週を超えることはないと思います。 「誘発する」と聞くと驚くかもしれませんが41週を過ぎると胎盤機能が低下する可能性があります。 そうなると赤ちゃんに充分な量の栄養や酸素が送られなくなってしまいます。 こうした危険を避けるために、41週を過ぎる前に誘発などの方法が医師から提案されますよ。 さて、計算方法などを紹介しましたが、実際に自分で100日、200日数えるのは大変ですよね。 今はインターネットで簡単に出産予定日や排卵推定日などが一覧表で表示されたり、計算できるサイトがあります。 こうしたサイトで自動計算してもらう方法もありますし、マタニティ雑誌の付録で便利な物もあります。 私は2009年にたまごクラブを購入しましたが、その時の付録がとても便利でした。 html これは外側のピンクの円が1月~12月のメモリ、内側の数字0~43が妊娠週になっています。 出産予定日か最終月経初日どちらかを外側の円の年月日に合わせれば、ひと目で妊娠週齢などがわかるようになっています。 こうしたグッズや欲しい情報が得られるので、マタニティ雑誌を時々、チェックしてみるのもいいですよ。 数日のズレは仕方ないのが現状 人の体のことと、計算式で出したものはズレるのが普通です。 数日程度のずれなら誤差の範囲と思ってくださいね。 ただ、10日も20日もずれるようであれば、疑問に思って当然なので医師に聞いてみるといいですよ。

次の