楽天 回線 エリア なのに。 楽天回線エリアとパートナーエリアの境目は何処?回線内でもローミング有り?

通信・エリア

楽天 回線 エリア なのに

4月からの料金プランを発表した三木谷社長。 大手3キャリアと「真っ向勝負したい」と語った。 「衝撃的、革新的な料金プランを実現できた」。 楽天の三木谷浩史会長兼社長は自信満々にそう語った。 3月3日、楽天モバイルが発表した4月開始の携帯電話事業の料金プランはたった1つ。 データ通信は使い放題で、月額料金が2980円(税別、以下同)というものだった。 現在、大手3社の大容量のプランは、NTTドコモが月額6980円でデータ通信量が60ギガバイト(キャンペーン増量分込み)、KDDIのauが同7480円で無制限、ソフトバンクが同7480円で50ギガバイト(動画とSNSは使い放題)となっている。 数字だけ見ると、第4のキャリアとして新規参入する楽天モバイルの料金は格段に安い。 ただし、当面は大きな制約がつく。 データ通信が使い放題なのは、楽天モバイルの自社回線エリア内だけだからだ。 4月の商用サービス開始当初、自社回線エリアは主に東京23区、名古屋市、大阪市、神戸市になるという。 一部のエリアではデータに上限を設定 通信回線の自前化が途上のためKDDIから回線を借りる(ローミング)エリアでは、月間2ギガバイトの上限を設けた。 それを超過すると速度制限がかかる。 ローミングエリアでは、楽天モバイルは、KDDIとの契約でユーザーが1ギガバイト使うと465円の使用料を支払うことになっている。 ユーザーにデータ通信を無制限に使われるとコスト倒れになるため、やむなく上限を設けたのだろう。 2ギガバイトを超えて通常速度でデータ通信を使う場合、ユーザーには1ギガバイト当たり500円の追加料金が発生する。 東名阪神エリアでも地下鉄や大きなビル内は当面、KDDIのローミングエリアとなる。 そのため、使い放題エリアがかなり限られてしまうのが、新料金プランの大きなネックだ。 楽天モバイルは料金プランと併せて、先着300万人を対象に最初の1年間は料金を無料にすると発表した。 無料期間の異例の長さは、このネックを補う意味もあるのだろう。

次の

楽天回線エリアとは、何?パートナー回線エリアとは、何?楽天回線エリア一覧、楽天回線エリアとパートナーエリアの違いを解説

楽天 回線 エリア なのに

画像引用元: 大阪府はどうでしょうか? こちらは大阪市に限らず、東大阪市、八尾市、堺市と確実に楽天自社回線エリアが広がっているのが分かります。 他に京都市と神戸市も楽天エリアに切り替わってますね。 なので関西地域では、 大阪市、東大阪市、八尾市、堺市、京都市、神戸市が境目です。 あくまでもこれらの境目は、現時点 2020年3月 での情報です。 例を挙げると 埼玉県和光市がその空白部分に当たります。 確かにエリアマップでも 和光市の一部が空白になってました。 itmedia. html 他にも 吉祥寺駅周辺も、現在は空白エリアとなっているので注意が必要です。 結論として、楽天のMVO回線は、東京23区はほぼ網羅できているものの、所々に空白地域がまだ存在しているようです。 そのような場所では、入ると圏外や通信が著しく遅い状況になり、電話も繋がりません。 恐らく、楽天側は急ピッチで空白部分を埋めるよう基地局を建設していると思われますが、4月のサービス開始には間に合うか分からない状況です。 なので、楽天モバイルを契約する予定の方は、都心住まいだったとしても、 ご自身の住所とエリアマップの状況を逐次確認する必要がありますね。 画像引用元: 楽天モバイルから新たな「 Rakuten UN-LIMIT」という料金プランが発表されました。 楽天回線エリアでは、データ通信が無制限で、しかも2980円なんです!さらに、1年間は無料と驚愕プランを打ち出しました。 これは、ちょっと自分の携帯プランを見直したくなる魅力的なプランです!しかも、最低利用期間も契約解除料もなしなので、気軽に乗り換え出来ますよね。 家計で結構圧迫しているのが携帯代ですから、家族で乗り換えする人も多いかもしれません。 正式なサービス開始は4月8日からになるようで、1年間の無料サービスは先着300万名までになるそうなので、申し込みが殺到しそうですね。 使えるエリアは? この魅力的なプランはまだ、全国的に使えず自社回線エリアである東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県などの一部で、2021年3月までに47都道府県にエリアを広げる予定のようです。 またエリア内であっても、アンテナがない大型商業施設や地下などではKDDIのローミングを使うことになり毎月2GBまでに制限されているそうなので、エリア内である人たちには魅了的なプランのようですね。 確かに一番の重要ポイントですし、早くエリアを広げて欲しいと思う人が多いでしょうね。 まとめ 今回は楽天モバイルから発表された新プランについて調べてみました。 ・楽天回線エリア内であれば、月額2980円でデータ通信無制限 ・先着300万名まで1年間月額料無料 ・現在の楽天回線エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県である ・回線エリア内でも、地下やアンテナのない大型商業施設では、1か月2GBまでのローミングを使用する事になる 楽天回線エリアの人にはとても魅力的なプランですよね。 契約解除料も契約期間の縛りもないので、一度検討してみてもいいですね。

次の

楽天回線エリアとパートナーエリアの境目は何処?回線内でもローミング有り?

楽天 回線 エリア なのに

パートナー回線エリアとは 楽天モバイルは、ドコモやAU、ソフトバンクのように、MNO(自分で基地局を持って運営している通信会社)になろうとしているわけですが、まだまだ基地局の数が足りておらず、自分のところの基地局では足りていません。 そのため、 国内ではAUをパートナーとして、自社の基地局の電波が届かないところでは、AUの回線につながるようになっています。 パートナー回線エリアでは、楽天モバイルは、AUに回線利用料を支払わなければなりません。 5GBを使い切った後は、1Mbpsで通信することができます。 意外と速いです。 YouTubeの360p程度の動画なら、途中で止まらずに見ることができます。 1Mbpsの環境下でYouTube動画を再生すると、こんな感じになります。 とお伝えしましたが、それでも、楽天モバイルは赤字覚悟の大盤振る舞いをしてくれています。 パートナー回線エリアで、楽天モバイルがAUに支払う回線利用料は、1GBあたり500円程度だといわれています。 ということになります。 Rakuten UN-LIMITプランの月額料金は2,980円ですから、これだけでもほとんど利益がありません。 さらに、5GBを使い切っても、1Mbpsで通信することができます。 まあユーザーにはあまり関係ない話ですが、楽天モバイルは赤字覚悟の大盤振る舞いをしてくれている。 ということですね。 iPhoneの場合 iPhoneの場合は、アプリを入れなくても、フィールドテストモードを利用することで確認できます。 Serving Cell infoを選択します。 Freq Band Indicatorの右側の数字が「3」なら楽天回線、「18」ならAU回線につながっています。 いずれにしても、「3」なら楽天回線、「18」ならAU回線につながっている。 ということです。 自宅や会社など、よく使う場所が楽天回線エリアなのか、データ容量を消費してしまうパートナー回線エリアなのか知っておくことは大切ですね。

次の