マイン クラフト pe レンタル サーバー。 Minecraft(マインクラフト)|VPSならConoHa

【マイクラ】サーバーが重い!解決する方法3つ!!

マイン クラフト pe レンタル サーバー

マルチプレイとは? マルチプレイは他のプレイヤー 人間 と同じワールドで遊べるモードです。 独りでも楽しいマインクラフトでも「 誰かに見てほしい、一緒に遊びたい」と思ってきますよね。 そんなとき活躍するのがマルチプレイです。 マルチプレイには参加する側とワールド サーバー を作る側の2種類に分かれる必要があります。 ワールドを作る側の人が作ったワールドに参加するといった感じです。 基本的に 完全無料で遊べるので積極的に遊んでみましょう! マルチプレイは機種によって違う マルチプレイといってもPCからスマホ、Swichなど色んな機種があるのでやり方が違います。 例えば PC JE 版では自分でサーバーを用意する必要がありますが、 スマホ PE 版では自分で用意する必要がありません。 なので、機種によって難易度が変わってきます。 このサイトでは主にPC JE 版のマルチプレイのやり方を解説します。 マルチプレイの入る 参加する 方法 マルチプレイに入る方法を解説します。 タイトル画面のマルチプレイをクリックするとダイレクト接続というボタンがあります。 この ダイレクト接続というボタンをクリックしましょう。 そしたらサーバーアドレスを入力する場所があるので、 参加したいサーバーのサーバーアドレスを入力してください。 入力したらサーバーに接続をクリック。 これでサーバー入れます。 詳しくは以下の記事で解説しています。 マルチプレイ サーバー の種類 つぎに、ワールドを用意する側のサーバーの種類について説明します。 公式サーバー 公式が提供しているサーバーです。 マイクラを運営している公式が提供しているだけあって、安定した安心感のもと遊ぶことができます。 特別なにかができる訳ではなく、 いつも通りのマイクラをしたい人に向いています。 Spigotサーバー 一般の有志が作成して配布しているサーバーです。 公式サーバーとの違いはプラグインという 公式サーバーにない要素を追加できるものです。 例えば職業が追加されたり座れる階段を追加したりできます。 大手のサーバーは殆どこのSpigotサーバーを利用していて拡張性が高いのがポイントです。 自分だけのオリジナルのサーバーを作りたい人に向いています。 レンタルサーバー 24時間サーバーをつけっぱなしにできるのがレンタルサーバーです。 レンタルサーバーは有料ではありますが、 自分がパソコンの電源を落としても遊べたり、IPアドレスの設定やポート開放など、公式・Spigotサーバーで必要な難しい作業が必要ありません。 なので、 パソコンに詳しくない人や初心者の人に向いています。 一番簡単にマルチプレイする方法 一番簡単に友達とマルチプレイをする方法はレンタルサーバーを借りる方法です。 自分でサーバーを立てるとなるとパソコンに詳しくないとなかなかできません。 ポート開放ができない環境の人もいます。 そこでオススメするのがレンタルサーバーを借りてサーバーを立てる方法です。 レンタルサーバーなら必要な情報を入力するだけでIPアドレスの設定からポート開放まで全て自動でしてくれます。 時間でいうと3分もかかりません。 実際に私もレンタルサーバーでマルチプレイを楽しんでいます。 自分のパソコンでサーバーを立てていないので、ゲームが軽いのがまたメリットでもあります。 オススメはConoHa VPS 「レンタルサーバーならどこがオススメなの?」 というと というレンタルサーバーです。 なぜかというと ConoHa VPSはレンタルサーバーで唯一マインクラフト専用のサーバーが用意されているからです。 そのおかげですべて自動でサーバーを構築してくれます。 日本の会社なので安心なところもオススメするポイントです。 レンタルサーバーの中で最安! 他にも、マイクラ専用ではありませんがレンタルサーバーは何個かあります。 そのなかで比べてもConoHa VPSは安く利用することができます。 それでマイクラ専用のサーバーが用意されているので 選択肢が他がないのが現状です。 私が使っている 1GBプランで通常月額900円で1ヵ月24時間使い放題でマイクラのマルチプレイを遊べます。 いまなら700円OFFキャンペーンがやってる 今、 に新規アカウント登録すると700円クーポンが貰えます。 1GBプランが900円なのでクーポンを使うと月額200円で利用できるということです。 ワンコインでもお釣りが返ってきますね。 ちなみに、 1日31円なので700円分だと22日間無料で使える計算になります。 つまり 22日間なら完全無料にConoHaVPSが使えるということ。 このキャンペーンは いつ終わるか分かりません。 迷っているなら今、試しましょう。 マルチプレイは楽しい! マルチプレイは本当に楽しいです。 友達と一緒に洞窟を冒険したり家を作ったりエンダードラゴンを倒したり。 ひとりでは決して体験できない楽しさがマルチプレイにはあります。 「自分でサーバーを作るのが難しそう…」という方のために レンタルサーバーという選択肢もあるので、誰でも簡単にマルチプレイができます。 あーだこーだいっている間に楽しいはずの時間が過ぎていってしまうので、 とりあえずレンタルサーバーを借りてマルチプレイの楽しさを体験するのをオススメします。

次の

Minecraftマルチサーバー運用する時のレンタルサーバー比較してみた

マイン クラフト pe レンタル サーバー

マイクラのマルチサーバー構築の悩み• サーバーに関する知識や操作方法を知らないから、快適に遊べるマインクラフトのマルチサーバーを立てられるか不安• せっかくマインクラフトのマルチサーバーを立てるなら毎日24時間ずっと起動させておきたい• 当然自分も友達と一緒にマルチプレイ遊ぶので、マルチサーバーを動かすために自分のパソコンに負荷をかけたくない• マインクラフトのマルチサーバーを立てるのにお金と時間を極力かけたくない このような悩みがあって、マインクラフトのマルチサーバーを立てるのをためらっている人はいないでしょうか? 今回はそんな悩みを持っている人へ向けた、マインクラフトで24時間常時起動 瞬断なし のマルチサーバーを知識ゼロの初心者でも5分で作って友達と一緒に遊べ、なおかつ電気代の維持費を極力かけない方法を紹介します。 Aternosが向いている人• 誰もマルチサーバーにアクセスしていないとサーバーが勝手に停止して、再起動するまでに数分かかることを許容できる• 4人までの人数でマルチプレイする 6人までなら多少のカクつきを妥協すればいけて、10人以上はまず無理• 動作がカクつく 不安定 になったり、通信が切れたりすることがあっても、それを許容できる• 自分が導入したいMODが入れらない場合があっても、妥協してマルチプレイできる 私も実際にAternosで友達2人と一緒に3人で数日プレイをしたことがあります。 その時は2回ほど動作が不安定になったり、サーバーの起動に5分近くかかったりするなどの不便がありました。 なによりも入れたいMODがAternosでは対応していないことがあってマルチサーバーとしての役割を果たすには力不足だと感じたので、 個人的にはAternosのマルチサーバーでプレイすることはおすすめできません。 Minecraft Realmsからマルチサーバーをレンタルする という、マインクラフトの公式がやっているマルチサーバーレンタルサービスを利用すれば、Aternosと同じようにマルチサーバーをレンタルできます。 AternosもMinecraft Realmsもマルチサーバーをレンタルするという点では同じですが、大きく違う点が2つあります。 ここがメリット• XBOXアカウントを用意するだけで、マルチサーバーを借りてプレイできる• マインクラフト公式によるサービスなので、バージョンアップによる動作不良やセキュリティ面での問題が無い• 1か月の無料トライアル期間がある 無料期間内に解約すれば料金を取られることも無い• Aternosよりも大人数でマルチプレイ可能 11人まで• 誰もマルチサーバーにアクセスしていなくても勝手にサーバーが停止することはない 毎日24時間常時起動• 自動バックアップ機能がついている 全体的にAternosよりもサーバースペック自体が上であり公式がサポートしていることもあって、マルチプレイ自体が不便無く快適にできるのは大きな強みと言えます。 ここがメリット• マインクラフトのマルチサーバー構築用の設定テンプレートが用意されているので、何の知識が無くても5分程度で構築できる• MOD導入も可能 コマンドを打ち込んで入れる必要はある• 24時間常時マルチサーバーを起動させることが可能 メンテナンスによる瞬断も無い• サーバースペックが高いプランを選べば12人以上同時のマルチプレイも可能• VPSのプランアップ・ダウンによるサーバースペックの調整が好きなタイミングで容易に可能• サーバーのスペックに余裕があればTeamSpeakなども自由に入れることも可能 TeamSpeakはPCゲーム用に作られたフリーのオンラインボイスチャットのことです。 一方ででデメリットを挙げるとこのようになります。 なぜならConoHa VPSには、便利機能の一つにマインクラフトのマルチサーバーを自動で構築してくれる機能があるからだよ! 誤解が無いように補足しておくと、ConoHa VPS以外のVPSでもマインクラフトのマルチサーバーを立てることは可能です。 ただし、そのためには自分でUnix CentOSやUbuntu OSコマンドを使ってゼロから構築する必要があるため、Unix OSコマンドの知識が無ければマルチサーバーを作れないことになります。 ConoHaでは自動構築してくれるテンプレートとして、パソコンのみでプレイできるJAVA版とスマートフォンやタブレットでもプレイできるMinecraft 統合版の2つが用意されています。 統合版を使えばより多くの人とプレイできる機会が増えます。 ConoHa VPSの特徴• 常に最新バージョンのマルチサーバをカンタンに立てられる• スマートフォンやタブレットでもプレイ可能なMinecraft 統合版のイメージが利用できる• 最低利用期間が無く1時間単位の課金なので超短期間の利用も可能• 受験勉強や仕事なので数週間遊ばない場合、スナップショット機能を使うと実質無料でマインクラフトのマルチサーバーを維持可能• プランアップ・ダウンがいつでも可能で、それによってサーバースペックを任意のタイミングで上げたり下げたりできるのでプレイ人数に合わせて最小の課金で利用可能• 700円分の無料クーポンで最大1ヶ月は無料 ここがConoHa VPSでマインクラフトのマルーバーを立てるポイント ConoHa VPSでは最低利用期間無しの1時間単位の課金制なので、自分達がマインクラフトのマルチプレイをやりたい期間だけConoHa VPSを利用すれば、1か月200円~500円程度の料金で済ますことも充分可能です。 ならマインクラフトのマルチサーバーを自動で作ってくれる機能がある。 MOD導入環境で遊びたい、12人以上のマルチプレイで遊ぶことがあるなら、Minecraft Realmsよりこちらの方法の方がおすすめできる。 VPSであれば、料金がより安くて、プランアップ・プランダウンがいつでも出来るConoHa VPSを利用するのがおすすめ。

次の

マイクラのテクスチャをマルチで共有したいです。

マイン クラフト pe レンタル サーバー

その後、情報処理関係の学校へ行って、IT系のプログラマになったものの、色々とあって、結局は2年でリタイアして実家の自営を継ぐ事になったわけですが……。 なので、未だにこれは!って思うゲームがあると、子供そっちのけで遊んでいたりします。 で、、、最近のコレは!!って思うゲームといえば、Minecraft!! 今の若い子たちは、 マイクラって呼んでますね。 恐るべきマインクラフト 確か、最初に出会ったのはどのくらい前かなぁ?? ……と思って調べてみたら、なんとクラシック版は2009年からだそうです。 でも私が始めたのは、6年位前だったかな。 たまたまネットで見つけたこのゲームに何故か興味が湧き、ちょろっと遊んでみたら、これが楽しいのなんの。 もともと、Simcityなどの町を作るゲームや、物資を運ぶTransport Tycoon、ニッチなところだと経営シミュレーションのCapitalizmなどが好きだったんですよね。 恐らく、色んな材料を集めて、違う製品を作って、それからまた別のものを作って……みたいな連鎖的な運用や運搬が好きなんだろうと思います。 きっとその要素がマインクラフトにもあったんだろうと。 材料を掘って、それから斧やツルハシを作って、更に地面を掘って行き、ダイヤモンドを探しあてるという、単純明快な作業が癖になるゲームでした。 子供達を巻き込んでのマイブームに ちょうど、ゲームが有料になったばかりで、価格も1500円程度と安かったんですよね。 ただ、そんなことが出来るのは仕事をしていない休日くらいですから……。 そんな、遠い昔の良い思い出だったりします。 (あの頃小学生だった娘も、既に今年から高校生!) 「インストールしてやれば??」って言ったら、なんでもマルチは難しくて分からないとのこと。 これだけメジャーになっているんだから、マルチゲームもさぞ簡単になってるでしょ!? と思って見てみたら、なにさ!なんも変わってないじゃん! サーバー用プログラムを動かして、ポート開放して……云々カンヌンって……。 そりゃぁ、うちの娘ちゃんじゃ無理だわな。 そもそも、家のPCをサーバーにしてずっと動かしてるわけには行かないし、、、 昔はやってたけどね。 レンタルサーバーを探す 国内レンタルサーバーは子供には高い 仕方ないので、レンタルサーバーを探しましたが、国内ではどこを見ても有料で、最低でも一日50~60円の維持費がかかります。 1ヶ月換算で1500円……。 う~ん、ちょっと遊ぶには高すぎる維持費です。 開発元のMojangが運営するRealmsというレンタルサーバーもありますが、こちらも1ヶ月13ドルなので、同じくらいの維持費がかかります。 「マインクラフト マルチ」で検索しても、さくらVPSやConoHaの解説ばかりですね。 国内がダメなら、海外で探そう! ネットは広いんだから、世界を見よう世界をね。 完全無料のレンタルサーバー で探してみると、海外には無料のレンタルサーバーが、あるにはあるんですね。 ざっと見ただけでも、このくらい出て来るんですね。 どのサーバーも普通のバニラ状態のものから、MODが色々と入ったものまで、色んなマインクラフトサーバーを手軽に立ち上げる事が出来るようになっています。 課金をすれば更に便利な機能が使えるようになっていますが、基本的に普通のマインクラフトをお友達や仲間内でキャッキャウフフしながら遊ぶなら、無料で無問題です。 ATERNOSサーバーを使ってみた ということで、幾つか使った中でも安定していた、Aternosサーバーを見てみましょう。 ユーザー登録 ・右下のプレイを押します ・必要項目を全て入力したら、一番したの『新規登録する』というボタンを押します サーバー立ち上げ 登録完了するとログインされた状態になるはずです。 (されてなければログインしてください) ・この画面の下の方に、色々なバージョンやMOD有り無しなどの設定ができるので、お好きな設定にして、緑色の『起動』ボタンを押します。 IPはIP横の鉛筆マークをクリックすることで、分かりやすい名前に変えられます。 ・使用許諾契約書で『はい』を選択します ・しばらくお待ち下さい (短い時は1分~長い時は10分以上になることも……) ・立ち上げに成功すると、下記の画像の様になります。 ゲームに接続 ・マルチプレイを選択 ・サーバーを追加を選択 ・サーバーのアドレスを入力後、完了を押す(Aternosサーバーから指示されたもの) ・追加されたサーバーのアンテナが立っていることを確認して、クリック。 ・無事接続完了しました。 注意点• Aternosサーバーの特徴として、サーバーにユーザーが未接続の時間が3分続くと、自動的にサーバーがダウンします。 これはサーバーのリソースの節約のためだと思われます。 誰かしらがサーバーに繋いでいる限りは、余程の事がない限りは落とされることはありません。 (少なくとも今までは落ちる事はありませんでした)• 上記の制約があるので、サーバーのコントロールパネルにアクセス出来る人が最初にログインしないと、ゲームが始められません。 なので不特定多数が接続するような用途には向きません。 あくまでも仲間内で遊ぶシーンでの活用と割り切ることが重要です。 サーバーの込み具合によって、立ち上げの時間が大幅に変わります。 空いている時間は早いので快適ですが、混んでいる時間は10分以上待たされることもありました。 無料でも相当色んな事ができますし、課金したところで日本のサーバーを借りるよりも格安ですし、専門知識が無くとも気軽にサーバーの運用が出来るように工夫されています。 マインクラフトでのマルチには、こういった海外のゲーム専用サーバーの運用も視野に入れてみると良いかもしれませんよ。

次の