渓流 ベイト フィネス ロッド。 Be Sticky Trout Hiro Motoyama Model

スタッフ中居解説 渓流ベイトフィネス入門 ロッド編|イシグロ 西春店|釣具のイシグロ

渓流 ベイト フィネス ロッド

スタイルの核となるリールに加え、本山博之がその必要性を感じ、理想を追求して作り上げてきた渓流ベイトフィネス専用ロッドが BST(Be Sticky Trout)ベイトフィネスモデルです。 スピナーなどの軽量ルアーも違和感・トラブルへの恐怖感なくキャストできる性能を追及。 そして近年多用されるヘビーシンキングミノーまでをも快適に操作できる理想のアクションを求めました。 小口径オリジナルセッティング バスフィッシングに端を発したベイトフィネススタイルの定着により、専用ベイトリールは劇的に進化しました。 これまでのベイトリールでは成し得なかった、軽量ルアーをノントラブルでキャストできる性能、そしてハイギア化によりスピニングリールに匹敵するリトリーブスピードを手に入れたのです。 ベイトタックルが可能にするアキュラシー性能の劇的な向上。 スピニングタックルでは難易度が高かった葦際、倒木下のピンポイントをも正確に撃ち抜くアプローチを可能にします。 そしてベイトタックルだからこそ実現可能な超低弾道キャスト。 これにより警戒心の強い渓魚にも警戒されないソフトプレゼンテーションを実現。 さらにスピニングタックルに比べ3割以上手返しの向上を実現。 当然、結果として釣果にも結び付きます。 自分自身の渓流ルアーフィッシングの進化を目指す人は言うまでもなく、これまでのベイトリールに挫折した人、未だベイトタックルの使用経験がないアングラーにも手にして欲しい。 視認性も武器となる、ハイビジブルカラースレッド&サイトトップ ベイトタックルにおいてはキャスト時のリリースポイントがスピニングタックルよりも後方に位置し、アングラーの視界に入り難い。 さらに光が木立で遮られている薄暗い渓流となればなおのこと。 そこで「ハイビジブルカラースレッド・サイトトップ」の採用により、視認性の高いスレッドが段階的に視界に入ってくる事により、初心者でもキャストのタイミングを掴みやすく仕上げました。 視認性の高いブランクカラーを採用したサイトトップは、トゥイッチの際にティップが暴れずに規則正しく往復運動している状態を目視にて確認することで、より正確なロッドワークを助長します。 サイトトップには、ロッド操作のブレや癖を矯正する効果があります。

次の

渓流ベイトフィネスロッドの選び方!メーカー別おすすめ12選|TSURI HACK[釣りハック]

渓流 ベイト フィネス ロッド

渓流ベイトロッドのメリット 撮影:FISH PARADISE!編集部 渓流では重くても5g程度のルアーを使用するため、今まではスピニングロッドが主流でした。 しかし近年渓流でも使用できるベイトロッドが続々と発売され、渓流ベイトロッドが浸透しつつあります。 渓流でベイトロッドを使用するメリットはいくつかあります。 キャスト精度 渓流釣りでは水草の際や根周り、流れのヨレなどピンポイントにキャストする必要があります。 スピニングロッドでもピンポイントなキャストは可能ですが、やはりサミングでラインの出方を調節できるベイトロッドの方がキャスト精度に優れています。 手返しの良さ ベイトではキャスティングの操作がスピニングよりも単純であるため、キャストの手返しが良くなります。 より多くのキャストをすることで魚をキャッチできる可能性はより高まります。 もちろんバックラッシュのリスクも高まりますが、練習と慣れで克服しましょう! 渓流ベイトロッドの選び方 出典: 渓流ベイトロッドは、まず軽量のルアーをストレスなくキャストできるように、ライト~ウルトラライトアクションの柔らかめのロッドが適しています。 また、際の草木等の障害物が多いため、キャストしやすい5ft前後の短いロッドがおすすめです。 おすすめ渓流ベイトロッド12選 渓流ベイトロッドは現状バス用のベイトフィネスロッド程のラインナップはないものの、これからどんどん増えていくことと思います。 選択肢が多すぎないうちにおすすめの渓流ベイトロッドをご紹介します。 シマノ カーディフNX B48L 適合ルアー2~9g.

次の

渓流ベイトフィネスに寝取られそうな男の話

渓流 ベイト フィネス ロッド

渓流ベイトロッド選びのポイント ひとくちに渓流用ベイトフィネスロッドといっても、さまざまな種類が発売されています。 自分に合った1本を選ぶために、必要なポイントを把握しておきましょう。 川幅にあわせて選ぼう トラウトロッドとして発売されているものでも、長さはさまざまです。 長さは携帯性にも影響しますが、なによりキャスティング精度への影響が大きくなります。 川幅と不相応な長さのロッドだと、飛びすぎたりピンスポットを狙いにくかったりするので、よく行くエリアの川幅に合わせると扱いやすくなります。 ベイトフィネスのメリットはキャスティング精度にもあるので、メリットを生かすためにも適切な長さのロッドを選ぶことは重要ですね。 まだ渓流に行ったことがないので川幅のイメージがないという方は、長すぎて手に余すよりも、4ft台の短めのロッドを選んでおいたほうがキャスティングしやすく、技術次第で遠くも狙えるので失敗が少なくなるでしょう。 携帯性も重視しよう 渓流釣りでは、管理釣り場のように車からすぐに釣り場に着けるわけではなく、藪を漕いで歩いたり、場合によっては渓谷を降りたりすることもあります。 道なき道を歩くとき、荷物が多いととっさに手を使えなかったり、荷物を引っ掛けて破損させてしまうことも。 ロッドは荷物の中でも長くて邪魔になりやすいので、なるべく携帯しやすいロッドを選ぶことで、さまざまなポイントに出向きやすくなります。 分割されたロッドを差し込む(並継ぎ)のではなく、伸縮させることによってコンパクトになる「テレスコピック(振り出し)」タイプのものが携帯性は抜群です。 ただし、感度などは並継ぎに敵わないので、自分にどの程度の携帯性が必要か考えて、並継ぎかテレスコかを選ぶといいでしょう。 携帯性に優れた渓流向けのベイトロッド 実際に、それぞれの目的に合わせたおすすめモデルをピックアップして紹介していきます。 まずは、携帯性に特化したモデルをご紹介します。 携帯性を重視するとテレスコが定番でしたが、継ぎ数を増やしてコンパクトに持ち歩けるものも増えてきました。 アブガルシア トラウティンマーキスナノ TMNC-516L II TE トラウティン マーキス ナノを持ったときの第一印象は「軽い」でした。 継ぎ数が少なく、仕舞い寸はやや長め(50cm)なのですが、その分余分なブランクスがなく、かなり軽く仕上がっています。 継ぎ数が少ないということはその分強度的にも安心で、全長も汎用性の高い5. 1ftなので、本流や管理釣り場などにも流用しやすいでしょう。 Advertisement 関連する記事• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield Green[…]• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield Green[…]• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield Green[…]• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield Green[…]• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield Green[…].

次の