ダイナー ネタバレ。 ネタバレ『Diner:ダイナー』結末やウェイトレスはどうなったのかなど謎を解いて徹底解説

映画『ダイナー』はつまらない?面白い、面白くない評判評価の口コミまとめ

ダイナー ネタバレ

Diner ダイナー原作のあらすじ 原作ダイナーの主人公は「オオバカナコ」 ごくごく一般な生活を送っていた彼女ですが、「求む運転手。 報酬三十万。 軽リスクあり。 」 といった怪しい仕事を興味本位で引き受けてしまうことで、人生が大きく変わってしまいます。 仕事内容は「カウボーイ」「ディーディー」といった名前の男女2人を駅まで送っていくだけといった簡単な仕事でしたが、駅へ向かっている最中に危険な香りのする男たちに捕まってしまいます。 理由は依頼者の「カウボーイ」と「ディーディー」は殺し屋であり、任務に失敗していたからです。 捕まった先では想像を絶する拷問の嵐。 「カウボーイ」はあっさりと殺され、「ディーディ」ーと「オオバカナコ」も殺される運命。 オオバカナコは必死に命乞いをすると、買い手がついたとの理由で助けられ、ある場所へ連れられて行きます。 店の名前は「キャンティーン」 お客様は全員殺し屋、オーナーは勿論、店長である「ボンベロ」までもが元殺し屋という会員制定食屋です。 オオバカナコはウエイトレスとしてボンベロの下、雑用係として働かされることとなります。 全身ホルモン注射で整形をしている殺し屋や前ウエイトレスを殺害している殺し屋など一癖も二癖もある殺し屋がキャンティーンに集まる中で思いがけない様な想像を絶するトラブルに巻き込まれてしまう内容となっています。 ダイナー原作の結末 様々なトラブルに巻き込まれるうちに、かつて組織には「デルモニコ」といった偉大なボスであり「ボンベロ」の師がいた事が明かされます。 デルモニコは過去に暗殺されていますが、この暗殺が現在のボスでありデルモニコの甥である「コフィ」の仕業であったことが発覚し、忠誠を誓っていた「ボンベロ」も同罪となりました。 しかし、これまでの多大な功績から命は助けると言われ、組織からの追放と定食屋「キャンティーン」の閉鎖、オオバカナコには殺害の命令が下されました。 組織からの命令には逆らえない「ボンベロ」ですが、「オオバカナコ」のありがとうといった言葉をきっかけに助けてしまいます。 当然組織からの怒りを買ってしまい、ボンベロとオオバカナコVSこれまで登場してきた殺し屋が総出となりクライマックスの戦いが始まります。 壮絶な戦いの中助からないと察した「ボンベロ」は「オオバカナコ」に向けて 「中に口座と暗証番号を書いたものが入っている。 店でも開け。 必ず喰いに行く」 「面白かったぜ!オオバカナコ」 と最後のセリフを吐きオオバカナコを逃がします。 その後大爆発が起こり戦いの舞台であるキャンティーンは崩壊し、組織は壊滅状態とニュースが流れましたが、死傷者の中にボンベロの姿は無く生死が分からない状態となります。 時は経ち、「オオバカナコ」は「ボンベロ」の最後の言葉を聞き入れ、ドライバー向けの飲食店ダイナーを開き「ボンベロ」がいつか食べに来てくれることを信じています。

次の

【DINER(ダイナー)】感想ネタバレ第6巻まとめ

ダイナー ネタバレ

スポンサードリンク 藤原竜也さん主演映画【ダイナー】の原作小説を読んだので、あらすじネタバレ紹介します。 果たして結末は・・・ 映画【ダイナー】の原作は、平山夢明さんの小説。 故・蜷川幸雄さんの娘で、【さくらん】【ヘルタースケルター】の蜷川実花さんが監督だから、実写化の色彩と音楽のセンス素晴らしい映像美が話題ですね。 日給30万円の闇バイト募集に手を出したオオバカナコ(玉城ティナ)は、殺し屋専用のダイナーにウェイトレスとして売られてしまう。 店主は元殺し屋のボンベロ(藤原竜也)。 平気で殺し合いが行われる店でカナコは生き延びることができるのか?ボンベロの友人達との出会い、組織の裏切り者、カナコの過去・・・壮絶な結末! 原作小説を読んだあらすじネタバレ紹介するので、映画【ダイナー】に興味ある人は参考になったら幸いです。 DV旦那と離婚後、親のコネで地元の事務用品店に就職したが、手取り12万円で実家に4万円入れてるので貧乏。 過去に元旦那と借金してカードも作れないし宝くじは現実的じゃない。 【求ム運転手。 報酬30万。 軽リスクあり】 ある日、闇サイトのバイト募集に応募。 新宿で車で待機して、カウボーイとディーティーの男女カップルを乗せて東京駅まで送るだけの簡単な仕事のはずだった。 しかし彼らは失敗して血だらけで戻ってきて、ベンツの男たちに捕まった。 新大久保の事務所で尋問後、横浜の倉庫で激しく拷問された。 カウボーイは腹と胸を刺され右目に穴があき死んだ。 カナコは80万円、ディーティーが200万円で売られようとしたが買い手が見つからず、ディーティーは爪を剥がされ殴る蹴るの拷問にあう。 生き埋めにされる穴を自分たちで掘るなか、カナコが「わたし料理が得意なんです」と命乞いすると買い手がついて助かった。 👤運転には激辛?!カウボーイの女 殺し屋No. 5 ディーディー/ ど派手な化粧と服装でカウボーイと共にカナコの前に現れた女。 カウボーイを「ダーリン」と呼び、熱烈なキスを何度も交わすなど、危険な仕事の最中も終始ラブラブ。 買い手は店のオーナー、コフィだ。 店主はコフィの部下で、元殺し屋ボンベロ「俺はここの王だ。 ここは俺の宇宙であり、砂糖の一粒までが俺の命令に従う」 ウェイトレスはカナコで9人目で、彼女たちは全員、殺されていた。 筋肉痛がするほど徹底的な掃除をさせられ、掃除した便器を舐めるのを嫌がると、殺されるか、毒を飲んで死ぬかの二択を迫られた。 そこで隙を見て、ダイヤモンドでろ過した世界一の酒、1億5000万円もする超高級ウォッカ『歌姫』を盗んで隠して人質にして、殺されるのを逃れた。 。oO(カナコは…メイドさんではなくウェイトレスですがそっと…つ🍔 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie 👤天才シェフ・元殺し屋! 史上最狂のクズキャラ ボンベロ / 殺し屋専門のダイナー 食堂 に、王のように君臨する元殺し屋の天才シェフ。 ダイナー内での勝手な振る舞いは相手が誰であろうと決して許さず、狂暴な殺し屋達からも一目置かれる絶対的な存在。 開店時間になって来客。 👤筋肉美を惜しげもなく披露! 殺し屋No. 3 ブロ/ 筋肉自慢の荒くれ者でダイナーの常連。 肉や酒と同じくらい女も大好き。 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie スキンはカナコを隣に座らせて酒をおごる。 ボンベロの作ったハンバーガーを食べたカナコは、美味しすぎて髪が逆立った。 スキンが店に来る目的は一つ、母親の味そっくりのスフレを味わうためだけに生きてる。 スキンがスフレを食べると「ちくしょうまただ」クリームにまみれて吸い殻が入れてあった。 カナコはボンベロに抗議するが「あいつには完璧なスフレなど要らない」前回はカミソリ、その前はチェスのルークを入れていた。 窪田正孝さん演じるスキンが素敵でした。 話し方や立ち居振る舞いなど、様々なところに優しさや悲しみが滲み出ていて。 カナコが疲れて倉庫の隅で寝てるとキッドが来て、老人が惨殺した少女の写真を見せ、自分も同じ捕まった身だから、殺される前に一緒に逃げようと誘ってきたが、ボンベロがキッドを追い払った。 ボンベロはカナコに「見た目より肝っ玉がありそうだ」「頭も悪くない」「だが不注意だし理解が浅い」と評価する一方、「おまえは人食い虎に尻を舐めさせてるのに気づいてない」と意味深発言した。 初めて来た客が来店した。 しかしこれは持ち主を始末しろという意味なのだ。 男はキッドを人質にとって店のドアを開けさせ逃げようとしたが、キッドは笑って男の不意をついてボコボコにし、ナイフでめった刺しにした。 男は口を両端から割いて顔が破裂して、死んだ。 キッドの正体は殺し屋だった。 ホルモン注射、全員整形、骨格まで加工して子供の姿に変え、実際の年齢はボンベロも知らない。 連れの老人はホームレスを小ぎれいにしたただの飾りで、自分をカモフラージュするための道具だった。 キッドの生い立ちは凄まじい。 母親と祖母はペアで売春し、父親は事故で体が不自由で寝た切り。 客が切り取った祖母の肉を食べさせられ、母親はキッドを女装させ児童性愛者に売春させた。 そうして人格に影響がでて、殺し屋になるべく育てられた。 最初の人殺しの仕事は、母親殺し。 キッドが殺すのは、幼い少女ばかりで拷問して惨殺するのを楽しんでる。 👤殺しを楽しむサイコキラー!その姿は子供!? 殺し屋No. 子供のような可愛らしい姿をしているが、それは仕事 殺し のために全身整形やホルモン注射を施し骨格にまで手を加えた仮の姿。 実年齢は誰も知らない。 しかし『歌姫』を返しても命は保証はないからカナコの返事はNO。 そのときスキンが来店し、ロープを解くとカナコは泣きじゃくってスキンに抱き着いた。 スキンが800万円で買ってカナコは条件つきで自由になった。 その条件とは ・スキンと一緒に行くこと ・懇談会まで店を手伝うこと ・『歌姫』をボンベロに返す しかし命綱である『歌姫』は簡単に渡せないので、懇談会のとき渡すと約束した。 相棒とはブルドッグ菊千代のことだった。 安いイチゴが大好物なのだ。 👤ボンベロとタッグを組む最強の相棒・ブルドッグ 殺し屋No. 11 菊千代 / ボンベロをして「俺が知る中では最高にタフな奴だ!殺すのに何の躊躇もない!」と言わしめる最強の相棒。 生半可な殺し屋では足元にも及ばない圧倒的な強さを誇る。 そんななかボンベロが留守中、何度も電話が鳴るのでカナコが出ると「キッドが来る、待たせておけ」とボンベロの声だった。 やがてキッドが来店した。 老人は死んだので、足を洗うから一緒に逃げようとカナコを誘うが、カナコはスキンと約束したから断る。 すると「好きにしろ 八つ裂きにされたくなければな」とキッドは泣いて頼む。 そのときボンベロから電話があり、さっきの電話はキッドの得意な声帯模写だったと判明。 「キッドは仕事に失敗してヤケになって老人を殺した。 殺されるぞ、時間を稼げ、菊千代から離れるな」 キッドはタロットカードを凶器で殺そうとするが、菊千代が腕に噛みついてキッドは降参した。 キッドは出入り禁止にされ店を追い出される一方、カナコが過去に子供を殺したことを見抜いた。 懇談会はキャンセルとなり戒厳令が敷かれどの組織も凍結状態だ。 マテバは行動ルートを秘密にしていたから、上層部にスパイがいる証拠だ。 👤最狂の四天王、頭脳明晰!昆虫を寵愛する男 殺し屋No. 7 マテバ / スキンが仕えるボスで組織内の東のトップ。 容姿端麗&頭脳明晰な殺し屋。 その容姿に違わず美しいものを好み、特に美しい昆虫を寵愛する。 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie 同じタイミングで音信不通になったスキンは犯人だと疑われ、仲の良いボンベロも関係してるか疑われていた。 電話が鳴り、カナコが出ると「ロミオと」だけ言って切れた。 これでボンベロは白。 もし『ロミオとジュリエット』と言われたら黒だからボンベロは殺されていた。 ボンベロはスキンが行方不明だから『歌姫』を返すよう迫るがカナコは拒否。 ドーベルマンが臭いで探すが見つからなかった。 コフィは『歌姫』を注文するが、やはりマテバを殺した裏切り者を犯人を殺すまで飲まないことにした。 コフィは裏切り者の写真をボンベロに渡し、店に来たら殺せと命じた。 ボンベロを組織に入れたのはコフィの叔父デルモニコだ。 6人のトップは全員孤児だったのをデルモニコが引き取り育てた。 5年前、デルモニコが事故死してコフィが後継者になったが、トップたちはデルモニコは暗殺されたと信じて犯人を見つけたがってる。 スキンは、依頼された仕事の現場に行ったが標的が現れず、敵に囲まれ撃たれて逃げたという。 コフィは承諾し、カナコも完全にスキンのものになり自由になった。 ボンベロはスキンがにスキンになる前の大学時代の写真(元の顔)を渡した。 しかしそれはコフィが「裏切り者を殺せ」と渡した写真だった。 カナコが心配するが「ボンベロに殺されるなら感謝しかない」と答えるスキン。 スキンはボンベロに警告する。 「コフィに用心しろ」 5年前デルモニコはキャデラックごと爆死したが、直後にコフィは喪に服す意味で同じリムジンを買った。 その車は盛大な葬儀に間に合わせるため2週間で手に入れてる、いわば自分の晴れ舞台用。 そしてエンブレムは事故死の1カ月に別発注していた。 なぜデルモニコの死を1カ月前に知っていたのか?これをスキンに教えたのマテバは殺された。 ボンベロはスフレを作り10円玉を異物として入れた。 しかしカナコはよかれと思って10円玉を取り除いてからオーブンで焼いた。 スフレが焼き上がりスキンは完食したが、カップの底を見る顔は血管が浮き出て汗がべっとり・・・視線の定まらない。 すると爆弾を隠した軍用コートを羽織り、機関銃を撃ちまくり、カナコを人質にした。 ファキールは撃たれて死亡、ドーベルマンも死んだ。 「操り人形はコリゴリだ「母さんの指示はコリゴリだ」と叫ぶスキン。 コフィは殺せと命じるが、スキンは爆破屋なので空爆レべルの爆発を起こす危険がある。 そこでボンベロとカナコが説得し、スキンが銃を下したときボンベロが頭を撃って殺した。 完全なスフレは引き金だった。 完全なスフレを食べるとこの世での希望を失って死んでしまう。 望みを叶えないことが生きる力になってる人間もいる。 自分のせいでスキンが死んだカナコは、もはや殺されることを望み『歌姫』を返した。 あとは殺されるだけ・・そのとき菊千代が泡を吹いて倒れた。 ボンベロが菊千代の口を開き、カナコが手を突っ込んで喉奥からスポンジの破片を取って命を救った。 カナコはスキンを殺したと同時に、菊千代を救った。 だからボンベロは罰したい気持ちと救いたい気持ちがせめぎ合い、選択肢を与えたカナコが逃げなかったので、ボンベロは鏡を撃って終わりにした。 カナコは、どこか別の場所でボンベロとレストランができたら良いなと思ったが、これは人質が犯人に好意を抱くストックホルム症候群だと自分に言い聞かせた。 しかしボンベロはカナコはもって3日で誰かに殺されるだろうと予言する。 客はカナコを気に入らず殺したり、気に入ったから殺すヤツもいる。 ジェロは外ではマトモだがダイナーでは赤ん坊帰りして簡単に人を殺す危ないヤツ。 ジェロがカナコの腕をつかんで折れそうになると、菊千代が噛みついて拳を砕き、ボンベロが片方の手のひらにナイフ刺した。 しかしデルモニコはボンベロが殺し屋を辞めたら自分にくれると約束していたから、復縁して共に生きたい。 ボンベロは追い出そうとするが「別れるなら殺してね」とあきらめない。 同時に炎眉 エンビ はカナコに、ボンベロと寝ていたら許さない殺すと脅し、殺されるのが怖いなら死にたい時はこれを飲めと『青いカプセル』を渡した。 ソーハはコフィに電話「なぜ女を始末しない?ファキールの仇だ」しかしボンベロは「殺すのはスキンの意思に反します」と断った。 しかしスキンが死んだ原因は、引き金を説明しなかったボンベロの責任だから、カナコに24時間内に人殺しをさせ、組織の人間になるのを条件にコフィは許した。 ミコトは風〇で使い果たされたジャンキーだから、用なしになった今、カナコが殺せば一石二鳥だ。 しかしミコトが妊娠してることにカナコが気づき、ソーハがミコトを殺したがった。 産婦人科の堕胎専門医師であるソーハは、胎児を刻んでバラバラにして氷に閉じ込め、高級スコッチを飲むのが趣味なのだ。 ソーハはミコトを連れて奥の倉庫へ消えた。 カナコに嫉妬した炎眉 エンビ は、ピアスから出した合金製のワイヤーでカナコの首を切り落そうとするが、ボンベロが止めた。 炎眉 エンビ はボンベロの殺しの弟子でもあり、3年前に破局した理由は、ウェイトレスに嫉妬して殺したからだった。 カナコがワインを取りに倉庫へ行くと、ソーハの顔なし死体があった。 ミコトは「我慢できない」と言いながら、牙をむき出し噛みつきカナコは逃げた。 「ボンベロあんたは失格だ」ミコトの正体は毒蛇を使う殺し屋ゾーラだった。 ボンベロがカナコを殺せなかった時のための殺し屋。 カナコは毒で力が抜けて倒れた。 ボンベロはミコトの背後に回ってあっという間に両手足をへし折り木偶人形にした。 ミコトの体を探すが解毒剤は見つからない。 そのときミコトが毒牙を吹き矢にし、ボンベロの右腕に刺さった。 ミコトは、ボンベロがカナコを殺せば解毒剤のありかを教えると取引を持ち掛ける。 しかし妊娠できることに嫉妬した炎眉 エンビ がミコトを殺した。 ところが膨らんだ腹は特殊メイクだった。 ソーハはこれを見たから殺されたのだ。 炎眉 エンビ が腹を切り裂くと、液体が飛び出し上半身に降りかかり顔が焼けただれた。 解毒剤は腹の中に隠されていたが1人分しかなく、ボンベロはカナコに注射した。 カナコを殺すとき噛みつかれていた炎眉 エンビ が倒れた。 ボンベロが抱きしめる腕の中で、炎眉 エンビ は死んだ。 ボンベロに命じられカナコは「ミコトが炎眉 エンビ に殺され、カナコが炎眉 エンビ を殺した」と、幹部に電話する。 そうすればカナコは生き延びることができる。 疑われたが、ナイフから心臓の鼓動が聞こえたと、咄嗟に嘘をついて信用させた。 一方ボンベロは毒で腕が痺れる。 ボンベロがオヅと組んだ仕事でミスしたとき、ボンベロは捕まりオヅは脱出。 ボンベロは拷問され、殺されるときオヅが助けに戻ってきた。 そのときオヅは股間に怪我をして性器を摘出する羽目になった。 オズは最近しくじって殺し屋を引退したがってるが、引退しようとすれば組織に殺される運命。 ボンベロは右腕がまったく動かなくなり、カナコが料理を手伝う。 オヅは20年前に別れた女が生んだ、2才のときに捨てた娘(22才)を連れてきた。 娘は覚せい剤中毒の末期で、食後に「ヤクをくれ」とせがみ、オヅは薬を渡すと悲しげに娘を殺した。 カナコも昔、自分の子供を殺したとカミングアウト。 専門学校を卒業後、友人の紹介で出会った年上彼氏と同棲すると、妊娠して結婚、出産。 彼氏の実家の援助受けながら子育てしたが、カナコは育児放棄して友達と遊ぶようになり、旦那も同じく夜遊びを始めた。 夜泣きと遊びで慢性的な睡眠不足だったカナコは、授乳時に眠り込んで、赤ん坊を押しつぶして窒息死させてまった。 旦那の両親は安心したようにゴミでも捨てるように離婚させ、元旦那に2度と近づけさせなかった。 それ以来、いろんなことがどうでもよくなった。 ボンベロはオヅに国外逃亡のための手配をした。 オヅは別れ際ボンベロに警告。 「コフィはジョーカーだ。 最後まで持ってると負けるぞ。 棒みたい男はしくじって用なし。 名前は九十九九。 酔うとウンコを漏らしたから、シャワーを浴びてウェイトレスの制服に着替えた。 九はカナコに秘密を打ち明ける。 九はマテハの指示でコフィを調査していた。 コフィは警察の犬で、情報を流す代わりに自分は守られる仕組みになってる。 遅かれ早かれそれはバレるから、コフィが目をかけていたこの店もボンベロもカナコも命はない。 だからボンベロに知らせて逃げたほうがいい。 カナコはボンベロに話し、ボンベロは誰かに電話したが全員不在。 ボンベロは命令通り九を殺そうとするが、九はアイスピックでカナコを人質にとった。 九の正体は潜入捜査官だった。 さらに九は『歌姫』を見つけてどこかに隠した。 ボンベロは2度も『歌姫』を隠されるミスで怒り心頭。 コフィは「すべて誤解で罠だ」「エンブレムはデルモニコが前もって用意していた」 コフィはこの中に裏切り者がいて、警察の犬だから始末するほうが先だと、九を指さした。 無礼図 ブレイズ は九に、自分の手下になり警察の捜査情報を流すなら許すと取引を持ち掛ける。 👤最狂の四天王、男装の麗人 殺し屋No. 9 無礼図 / 組織内の北のトップ。 常に男物のスーツを着用する男装の麗人で「美しいことは正しい」という確固たる信念を持つ美しき殺し屋だが、目的のためには手段を選ばないダークな一面も。 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie コフィがデルモニコを殺した動機は、左遷しようとしていたからだと判明。 無礼図 ブレイズ は『歌姫』を一口飲んだあと、ショットガンの銃身を漏斗代わりにしてコフィに無理やり飲ませ、刺青男が引き金を引いて、コフィの顔をグチャグチャにして殺した。 無礼図 ブレイズ は今度は、油断していた九をナイフで刺して倒した。 ボンベロに対するトップたちの評価は高く、1点のやましさもないので、殺さずに追放処分とする。 店は閉鎖し、一般市民として普通に暮らすのだ。 しかしカナコは、無礼図 ブレイズ の姪っ子である炎眉を殺したから、数万倍苦しませて殺すと宣言。 ボンベロはカナコと少しだけ話す時間をもらい、カナコは青いカプセルを飲んで自殺しようとしたが、飲み込めなかった。 ボンベロはココアの香りのドリンク『ベネズエラの濃い闇』をカナコに飲ませた。 ボンベロは手はもう使い物にならない。 話が終わると、無礼図 ブレイズ はすでに店を去り、手下の男1人だけ待っていた。 カナコはボンベロに「ありがとう」と言って、男に黒い袋を被せられ連れていかれる。 ドアの向こうで殺し屋たちが怒号と銃声が鳴り響かせ、油圧ジャッキで開けようとする。 バリケードを作り、ボンベロはスキンの持っていたプラスチック爆弾をあちこちに仕掛ける。 カナコはボンベロから「おまえは得意なことをしろ」と言われ料理を作る。 Tボーンステーキを調理して料理『ボンベロの背中』を作り、ボンベロが一口食べて褒めた。 調理場の向かいの壁に穴が開いて銃弾が飛び込んできた。 ボンベロはスキンのコートを着て、機関銃を装備。 ソーハとミコトの凍った死体を弾避けにする。 ボンベロはガス管をたたき割り、店全体にガスが充満すると、百円ライターを4~5本アルミホイルでくるんで電子レンジに入れる。 ついにドアが破られた瞬間、電子レンジがチンして火がガスに引火して爆発!敵が火だるまになった。 激しい銃撃戦。 ボンベロが弾切れになるが、菊千代がゴリラの顔面をむしり取る。 ブロウが口から火を噴きボンベロが顔を火傷。 カナコは電源コードをブロウの首に巻き、九がコンセントに刺して火花が散ると、ブロウは火だるま。 老人のような見た目にになったキッドが、ディーディーにショットガンをつきつけて登場。 ボンベロがキッドを撃ったが、持っていた手りゅう弾が爆発。 ディーディーがカナコを人質にし、隙をみて九がナイフでディーディーを刺す。 ショットガンは空砲だったが、その威力で傷口が割れて、ディーディー死亡。 カナコはボンベロを助ける条件と引き換えに自分を差し出す。 無礼図 ブレイズ は姪っ子の炎眉の死体を抱えながら逃げるが、ボンベロが撃って殺した。 刺青男も殺した。 敵の一斉射撃。 ボンベロは、棚の裏のダストシューターの小さな鉄扉からカナコを逃がす。 これは古い排気口で数ブロック先まで続いていてる脱出口だ。 ボンベロは右目の義眼を取り出した、中に口座と暗証番号が入ってる。 カナコが店を開いたら必ず食べに行くと約束したボンベロは「面白かったぜ!オオバカナコ」鉄扉が閉まった。 店の名前は『Chimp piss』天使の汁という意味だ。 ボンベロならきっと気づくだろう。 キャンティーンのあった建物は爆発で半ば倒壊し、組織はほぼ壊滅状態になったらしい。 カナコはボンベロと菊千代が来るのをずっと待ってる。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ネタバレ『Diner:ダイナー』結末やウェイトレスはどうなったのかなど謎を解いて徹底解説

ダイナー ネタバレ

「でも、主演が藤原竜也さんで、ヒロインもいるわけだし……恋愛要素とかもあるんでしょう?」 A:ないです。 藤原竜也さん演じる主人公《ボンベロ》はヒロインである《カナコ》のことを使い捨てのウェイトレスとしか思っていません。 一緒にピンチを乗り越えていくうちに……なんて甘い展開はありません。 なんなら、ボンベロは我が強くて使いにくいカナコのことを積極的に潰そうとしてくるほどです。 「え……じゃあ、ただ血生臭いだけの映画なの?」 A:いいえ、とびっきりの超エンターテイメント作品です! 矛盾するように思われるかもしれませんが、「Diner ダイナー」の面白さは幅広い層におススメできるものです。 派手なアクションあり、泣けるエピソードあり、ヒリヒリする心理駆け引きあり。 そして何より《めちゃくちゃ美味しそうなグルメ》と《最っ高のエンディング》あり! 原作小説を読み終えたときの《満腹感》はちょっと他の作品では味わえないものでした。 というわけで、今回はそんな映画「Diner ダイナー」のあらすじ・ネタバレをお届けします! 予測不可能な結末は、まさかの全滅エンド!? Contents• 「Diner ダイナー」あらすじ きっかけはお金欲しさに携帯闇サイトのバイトに手を出したことだった。 まさか、その日のうちに拉致・拷問され、最後には山中に生き埋めされることになるなんて、誰が予想できただろう? 重たい土を被せられながら、わたしは生き延びられる方法を急いで考えて、叫んだ。 「あのっ、わたし、料理が得意なんです!」 なんで料理……。 我ながら呆れるしかない命乞いだ。 けれど、なんと結果的にはその一言でわたしは助かることになる。 そうして連れてこられたのは、なぜか飲食店。 どうやらわたしはこの店のオーナーに買われて、ウェイトレスとして働くことになったようだ。 店長のボンベロは言う。 「この店は殺し屋専用の定食屋《ダイナー》だ」 やってくる客はみんな超危険人物ばかり。 これまで在籍していた8人のウェイトレスは、みんな客の気まぐれで潰されたという。 ……つまり、わたしはいつ客に消費されるかわからない使い捨ての9人目。 命、全然助かっていなかった。 画像検索すると美味しそうなハンバーガーやTHE・アメリカな店の内装が見つかります。 あらすじの補足&この後の物語 というわけで、定食屋「キャンティーン」で働くことになったヒロイン《オオバカナコ》 (=大馬鹿な子) 「このままじゃヤバイ!」ということで、人質をとることで延命を図ります。 具体的には、オーナーが大切にしている1億5千万円相当の《ディーヴァ・ウォッカ》を店の中に隠して「わたしが死んだら二度と見つからないわよ!」とボンベロを脅しました。 この後、カナコは何度もピンチに陥るのですが、この脅しのおかげで命拾いしていきます。 さて、ちょっと話は変わりますが、映画の原作小説「Diner ダイナー」は連作短編集のような構成になっています。 6つのメインエピソードにプロローグとエピローグを加えた全8章構成。 それぞれの章でちょっとした(?)事件が起こっては解決していくのですが、同時に章が進んでいくにつれて少しずつ《主軸の物語》も明らかになっていきます。 章の進行とともに明らかになっていくのは、たとえばこんな情報たち。 1.店長のボンベロもまた元殺し屋であり、オーナーの《コフィ》に忠誠を誓っている。 2.《組織》には6人の長が存在する。 コフィも長の1人である。 3.組織にはかつて《デルモニコ》という偉大な指導者がいた。 コフィはデルモニコの甥(おい)であり、デルモニコ亡き後、そのすべてを受け継いだ。 4.もともとボンベロが忠誠を誓っていたのはデルモニコだった。 デルモニコ亡き後、ボンベロは遺産の一部としてコフィに継がれた。 5.組織の長たちはデルモニコは暗殺されたと信じていて、今でも犯人捜しを続けている。 6.証拠が指し示すデルモニコ暗殺の犯人は…… コフィ。 う~ん、きな臭くなってきましたね!(笑) 物語の本である《コフィの裏切り疑惑》は最終章の大事件へとつながっていきます。 「Diner ダイナー」ネタバレ 結末はまさかの全滅エンド!? 結論からいえば、 デルモニコを暗殺したのはやっぱりコフィでした。 組織内の調査により犯行がバレたコフィは、あっさりと始末されてしまいます。 こうなるとコフィの身内も同罪であの世行き、というのが裏社会のルール。 ところが、ボンベロはこれまでの働きを認められて追放処分で許されることになりました。 「ボンベロ、長老たちはおまえの忠誠を評価している。 ゆえにおまえは殺さず、追放処分とする。 ただし、二度とこの世界に近づいてはならんし、この町に現れてもならん。 お前はたった今、この時点から一般市民として普通に暮らして死ぬのだ」 ただし、定食屋「キャンティーン」は閉店。 そして、カナコは始末されることに。 これまでの物語の中で「カナコは生かしておく」と決めていたボンベロですが、さすがに組織の決定に逆らうことはできません。 カナコは袋を被せられ、男たちに連れていかれるのでした……。 「さよなら、ボンベロ、さよなら。 ……いろいろ、ありがと」 ところが、地下の「キャンティーン」から運び出される途中で、カナコは何者かに強奪され、再び店内へと連れ戻されます。 頭の袋をとられたカナコが目にしたのは、怒った表情のボンベロでした。 「ありがとうってなんだ! ありがとうなんて言われることは、ひとつもしてない! 俺は、ありがとうって言われるのが大っ嫌いなんだ!」 こんなことを言いながらも、ボンベロは組織を敵に回してまでカナコを助けることを選んだんですよね。 で、その後はまさにクライマックスという言葉がピッタリな 大乱戦! これまで登場した客という客が、全員敵に回ります! ボンベロはすべてにおいて圧倒的に不利な状況の中、「キャンティーン」を舞台にバッタバッタと容赦なく敵を片付けていきます。 ただ、ちょっとやりすぎて長の1人である無礼図《ブレイズ》まで手にかけてしまったことで、いよいよ交渉による解決は不可能に。 どちらかが全滅するまで終わらない泥沼の銃撃戦。 どう考えても大怪我を負っているボンベロが無尽蔵に突入してくる組織の連中に勝てるわけがありません。 つまり、全滅するのは確実にボンベロとカナコの方……。 そんな切迫した状況の中、ボンベロはカナコに「料理をしろ」と命じます。 「おまえは料理が上手いということで俺は買った。 だが、俺はそれを確認していない。 雇った以上、お前にその価値があったと確認する義務が俺にはある」 その一言には数え切れないほどの意味が込められていました。 カナコを戦場から遠ざけたいという意図。 自分以外には絶対に調理場で料理させなかったボンベロが料理を他人に任せるという信頼。 そして、最後にカナコの料理を食べてみたいという純粋な願い。 そうして、カナコがつくったのはホワイトソースを使ったハンバーガー。 ボンベロは一口食べると次のように評しました。 「悪くない。 が…… 次はもっと旨く焼け」 最終局面。 銃弾の嵐の中、ボンベロは店の隠し通路からカナコを脱出させます。 「これは古い排気口で数ブロック先まで続いている。 行き止まりに梯子がある。 早く行け」 「ボンベロは?」 「俺はここを通れない」 「いやだ!」 「だめだ! 行け」 「やだよ、一緒にいるよ」 「無駄死にするな。 何のために俺が……」 「勝手だよ! 勝手すぎるよ!」 カナコを黙らせるように、ボンベロはいきなり自分の右目に指を入れ、義眼を掴みだしました。 「中に口座と暗証番号を書いたものが入っている。 店でも開け。 必ず喰いに行く」 そしてボンベロはカナコを無理やり押し込むと、捨て台詞を残して扉を閉めたのでした。 「面白かったぜ! オオバカナコ」 やがて激しい爆発音が建物全体を揺らし、あたりは静かになりました。 エピローグ わたしがドライバー向けのダイナーを始めて1年が過ぎようとしていた。 わたしは毎日、夜明け間際に起きる。 夜明け前の静かな道路の彼方から、今にもひとりの男が来るような気がしてならない。 キャンティーンのあった建物は半ば倒壊してしまったとニュースでやっていた。 史上最悪の抗争事件と報じられ、組織はほぼ壊滅状態になったらしいなどという続報もあった。 死傷したなかにボンベロらしき者は含まれていなかった。 ボンベロは愚か者ではない。 あの時、きっと勝ち目があって勝負に出たんだ。 わたしはあの店で変わった。 それが良かったのか答えは出ていないけれど、前より獰猛になれたことは気に入っている。 人は自分に合った靴を履くべきだと思う。 押しつけられた靴ではなく、自分で探して納得した靴を。 そうすれば驚くほど遠くまで歩くことができる。 ボンベロは来る。 なぜなら、あの人の靴はわたしなんかよりずっとタフで頑丈だから……。 感想 というわけで、カナコは生存、ボンベロは生死不明という結末でした。 現在連載されている続編「ダイナー2」でもボンベロはまだ行方不明のまま。 ただ、展開的に『生きている』と解釈してもよさそうです。 映画がヒットすれば続編の方も映画化されるかもしれませんね。 さて、話を戻して今回映画化される1作目の「ダイナー」について。 率直に感想を述べるなら「面白かった!」の一言に尽きます。 正直、最初は「なんか中二病っぽい?」とか「グロい描写ばっかりなのかな?」とか思っていたのですが、実際に読んでみるとそれだけじゃなくて《いろんなエンタメ》が織り込まれている欲張りな作品だということがわかりました。 確かに全体的にダークな雰囲気が漂う作品ではあるのですが、その中でも笑えるところ、泣けるところ、感動するところがしっかりあるんですよね。 しかも、それらのシーンが休む間もなく連続して続いていくので、読んでいる方の心境はジェットコースター状態! 気がつけばラストのアツい展開に突入していて、「それは反則だろ!」というボンベロの笑顔とセリフの余韻を味わう暇もなく、物語は終わりを迎えていました。 ご都合主義すぎない、ちょうどいい塩梅のエピローグを読みながら思い返してみると「Diner ダイナー」には……• 命をかけた心理駆け引きあり• 切ない恋の物語あり• 派手なアクションあり• 反吐が出るような下衆な敵がぶっ飛ばされるカタルシスあり• etc…… たぶん、どんな趣味嗜好の人でも絶対に1つは「いいじゃん!」と引っかかるところがあるんじゃないかな、と思われます。 その正体は 「自分の子どもの命を奪った過去がある」ということ。 カナコは結婚して子供が生まれたあとも、赤ん坊を放っておいて夜遊びを続けていました。 で、ある朝、目覚めてみると自分の体の下で赤ん坊が冷たくなっていたんです。 授乳中に寝落ちしてしまって、赤ん坊を押しつぶした状態になってしまっていたんですね。 その後、カナコはバツイチとなり、生活も自暴自棄に……。 カナコが裏社会の《奈落》に落ちてきたのは、そういう背景があったからなのでした。 結果的にいえば、カナコはボンベロと出会い、キャンティーンでの日々を生き抜いた経験のおかげで、新たな人生の一歩を踏み出すことができました。 「ダイナー」はカナコが生まれ変わり、立ち直るための物語だった……というのは言いすぎでしょうか。 というのも、殺し屋はどんなに優秀でも、最後は精神的におかしくなって命を落としてしまうもの。 そこでデルモニコは彼らにはリラックスできる場所が必要だと考えました。 《定食屋があるかないか》なんてささいな違いだと思われるかもしれませんが、実際、「キャンティーン」は彼らの癒しや生きがいとして機能していました。 たとえば客の1人である《スキン》はボンベロが母親の味そっくりにつくってくれる《蜂蜜のスフレ》を食べるために生きていましたし。 そんなわけで「キャンティーン」は組織の中でも不可侵の領域として守られていた特殊な場所だったんです。 また、「キャンティーン」は客だけではなくボンベロにとっても大切な場所でした。 というのも、殺し屋には足を洗うことなんて許されていません。 仕事ができなくなったり、仕事が嫌になっても、続けていくしかないんです。 さもなければ、組織によって消されるだけ。 そんな中、汚れ仕事にうんざりしてたボンベロは「キャンティーン」の店長という特殊な立ち位置に収まることで珍しい《元・殺し屋》になることができました。 そうした経緯があったから、そしてデルモニコの恩義に報いるためにも、ボンベロは「キャンティーン」を何より大切に思っていたんですね。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作 (レンタル作品)でも 課金なしで見ることができます。

次の