多嚢胞性卵巣症候群 糖質制限。 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に対する糖質制限

糖質過多と不妊:多嚢胞性卵巣症候群(PCOs)

多嚢胞性卵巣症候群 糖質制限

ランキング始めました。 だと診断された私は いったいそれが何なのか? 自分はやっぱりだったのか... ではなぜ今まで通っていたではそのように診断されなかったのか? これからどうすればいいのか? などなど疑問とショックに押し潰されそうになりながら帰宅しました。 色々と調べられる限りを調べました。 障害を起こすので妊娠しづらくなる• 重度の方は自力が出来ないので薬に頼ることになる• 多嚢胞になる原因は甘いものの食べ過ぎとか、ご飯、パンなどの糖質のとりすぎ• 多嚢胞があると後のホルモンが不安定なので流産しやすくなる• AMHが高く、低い人よりかは妊娠のチャンスはある• 体外やったら卵が沢山とれるので得 質が悪いものが多いのでよい結果が得られるとは限らない 心当たりは甘いものの食べ過ぎでした。 小さい頃から甘いものには目がなく、 毎日おやつ食べますし、コーヒーとかにガムシロップ入れちゃうような生活をしていました。 ここは改善しなきゃいけないなと思いました。 後日血液検査の結果を聞きに行きましたが、実際にAMHの値は平均が6くらいなのですが、11くらいありました。 低いとダメと言うくらいの知識しかなかったので、11と言う数字に最初喜んだ私はただの無知なバカ。。。 先生からはやっぱり多嚢胞だねと超音波検査の結果に対してのお墨付きをもらう結果となりました。 今は次の生理が来るの待ちと言う期間だったので、出来ることとすれば生活改善くらいです。 とにかく糖質を取らない生活を心がけることに専念することにしました。 今はやりのと言うやつですね。 これまたネットで色んな情報の収集を行いました。 白砂糖は中毒性があり毒にしかならない• 白米や小麦などの白いものは糖質が高い• 炭水化物の摂取をやめたら、高タンパクなものを取って筋肉量などを維持しないといけない• 推奨の食べ物は卵、赤身肉、チーズ それからコーヒーなどに入れていた砂糖はやめました。 おやつもほとんど取らなくなり、お腹が空いたときはナッツなどの低糖質で栄養価の高いものにチェンジしました。 そうすると、驚くほど痩せました! ここ10年程ほとんど体重変化のない生活を送っており、もうちょい痩せたいなと思っても痩せません。 逆にほっとくとすぐ太りやすい体質なので、一キロくらいアップすると調整するような感じでした。 それがを始めた所、毎日500gずつくらいコンスタントに痩せて行き、ピークでは3キロくらい痩せました。 以外はよく食べていたのに、びっくりしました。 私の身体の中には無駄な砂糖が溜まっていて、それがなくなったら身体が循環し始めたんだと言う感覚になりました。 身体も軽く、肩こりはが慢性的にあったのですが、それも知らず知らずのうちに消えていました。 ただ、を続けるためにはご飯やパンが食べられないので、食事の準備や出先で食べるものがなく大変でした。 朝は前日にお野菜とかがたっぷり入ったお味噌汁などを準備。 お昼はお弁当持参。 休日でかけても何を食べるのかで悩んで時間がかかりました。 また、卵、肉、魚、野菜、チーズ、ナッツなどを中心に食べるので食費も嵩みます...。 それでも一日でも早く妊娠出来ればと言う思いで頑張っていました。 そんな生活をしながら、次の生理が来てをもらいにいく時が来ました。

次の

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に対する糖質制限

多嚢胞性卵巣症候群 糖質制限

【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】 当院は感染症における対策を徹底しております。 安心してご来院ください。 感染防止対策は以下になります。 ・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用 ・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯 ・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り ・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底 ・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い ・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り ・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒 ・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り ・37. 5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要 見出し• 【多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊】 今回は、当院の不妊原因の中でも特に多い、PCOSについて書いていきたいと思います。 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、体質や人種の差が大きく関係する、排卵障害の一種です。 海外でも、PCOSのせいで妊娠できない人は非常に多く、投薬や手術療法、体外受精など、多くの不妊治療が試されています。 体質さや人種差が大きいため、全ての海外での事例を当てはめることができないため、日本国内でも、施設によりPCOSに対する治療は差があります。 投薬一つにとってもその差は大きいですし、何よりも取り組みの差が非常に大きいと感じます。 病院によっては、誰に対してでも同じ方法で排卵誘発剤を処方し、それでも駄目なら体外受精へとステップアップが行われます。 排卵しないのだから、採卵すれば良いと考えるのかもしれませんが、PCOSは採卵の際にも卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の可能性が高く、それ以外の不妊要因も持つため、体外受精をすれば妊娠するというものではありません。 【PCOSの原因は耐糖能異常?】 PCOSの直接的な原因は、LH(黄体刺激ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)のバランスが乱れたことです。 LHがFSHの数値を超えるほど高くなると、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンを作ることができず、その結果、卵胞の成長や排卵ができなくなってしまいます。 LHが上がる原因としては、日本人に多いのは耐糖能異常と呼ばれるものです。 耐糖能異常は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが、上手く分泌されない場合や、インスリンを受取る受容器が、上手く働かない場合があります。 日本人には、このインスリンを上手く受け取ることができない、遺伝的な耐糖能異常を持つ方が多いようです。 自分の近親者(特に父親)に、耐糖能異常を持つ方がいる場合は、PCOSになりやすいため、注意が必要です。 耐糖能異常は、病院での検査で直ぐに分かるため、排卵異常があってPCOSと言われたことがある方で、家族に糖尿病の方がいるようであれば、検査を受けた方が良いでしょう。 【ストレスでPCOS? 】 ストレスも、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になる原因の一つです。 画像にある右側は、ストレスを感じた時に、視床下部から出される命令について書かれています。 ストレスを感じると、脳の奥にある視床下部という部位からは、副腎に向けての命令が出されます。 副腎はその命令を受けて、コルチゾールというホルモンを分泌します。 コルチゾールは、一般的に言う、副腎皮質ステロイドホルモンのことです。 副腎からコルチゾールが分泌されると、それがきかっけになって、同じ副腎からアンドロゲンと言う男性ホルモンが分泌されます。 アンドロゲンは男性ホルモンですので、余りにも多くのアンドロゲンが分泌されると、卵巣機能を低下させることがあります。 また、画像左側にあるように、コルチゾールの分泌は、視床下部から分泌されている、GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)の分泌を抑制する働きがあります。 GnRHは、生理周期を作り、卵胞の発育を促すホルモンである、FSHやLHを分泌するためのホルモンです。 コルチゾールの分泌により、アンドロゲンが増え、FSHやLHが減ると、卵胞の成長が制限されるため、PCOSになる恐れがあります。 またPCOSの女性は、臨床的に抑うつ傾向が強いと言われています。 そのため、よりストレスを溜めやすく、ストレスの影響を受けやすい傾向があると考えられます。 つまりストレスを感じやすく、影響を受けやすいこと自体、体質的なものであるということです。 【体質に影響を与える要素と改善法】 こうしたPCOSになりやすい方の体質に加えて、様々な要素が加わると、PCOSになると考えられます。 その要素を挙げて、さらに改善法をご紹介します。 1.生活習慣 規則正しい生活をしないと、視床下部の働きは乱れやすくなります。 ホルモン分泌も同様に、視床下部の乱れの影響を受けますので、できるだけ規則正しい生活を送りましょう。 2.運動習慣 PCOSの方は、耐糖能異常を起こしている場合が多いのですが、定期的な運動習慣は、耐糖能異常を正常化する働きがあります。 肥満傾向のある方や、ストレスが過剰な人では、特にこうした運動習慣を持つと、PCOSが改善される傾向があります。 逆に極端に運動習慣が少ない場合には、PCOSになりやすい傾向があります。 3.食事 脂肪分の高い食事や、糖質の摂取量が多い人は、PCOSになりやすい傾向があります。 特に耐糖能異常を持つ方は、あまり太らないため警戒心がありません。 耐糖能異常を持つ方は、インスリンの働きが弱いため、脂肪細胞への脂肪の取り込みが起こり難いため、痩せ型になります。 日本人は特にこうした傾向が強く、欧米型の肥満傾向や東南アジア型の中心性肥満とは違い、姿形には現れないため、注意が必要です。 排卵異常と家族歴が該当すれば、甘いものは控えた方が良いでしょう。 糖質の吸収を抑える、雑穀米などを利用するのも有効な場合があります。 4.その他の疾患 その他として、PCOS以外の疾患を持っている場合には、それが引き金や増強因子となって、複雑な排卵障害になることがあります。 高プロラクチン血症や、それに付随する甲状腺機能低下症なども、排卵障害を起こすのですが、こうした排卵障害も視床下部との関連が深いものです。 こうしたPCOS以外の病気や症状の改善が、結果的にPCOSを改善することに繋がることも多いものです。 こうした体調を多面的に診てもらうことが、あなたのPCOSを改善する秘策になると思います。 【鍼灸治療】 鍼灸治療は、PCOSの原因であるLHとFSHのバランスを整える働きがあります。 また、耐糖能異常にも、一定の働きがあります。 鍼灸治療は、視床下部にあるインスリンの受容器に働き、インスリンの感受性が上がることで、結果的にインスリンの分泌量が減ります。 インスリンは、LHの過剰分泌を招く為、インスリンの分泌が抑えられれば、FSHとのバランスも回復します。 また海外での臨床実験では、GnRHの分泌を増やす効果も見られているため、生理周期を整えて、妊娠しやすいからだ作りに役立ちます。 お名前 様 フリガナ 様 電話番号 メールアドレス 希望鍼灸師(施術者) ご予約希望日時• 第一希望日• 第二希望日• お問い合わせ内容.

次の

多嚢胞性卵巣症候群②

多嚢胞性卵巣症候群 糖質制限

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは? 多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣の内側に小さな卵胞が連なって詰まり、大きく育った卵子が卵巣から飛び出せないという排卵障害です。 欧米では多毛などの男性化、肥満などを伴う場合が多いとされますが、日本の女性では無月経や不妊の頻度が高く、多毛や肥満は比較的少ないという特徴があります。 多嚢胞性卵巣症候群とは、 卵胞の発育不全です。 未熟な卵胞が卵巣内に溜まり、卵巣の表皮が硬く厚くなってしまいます。 月経異常、排卵障害、不妊が主な症状です。 遺伝的な要因(家族性)があることも多いようです。 多嚢胞性卵巣症候群の特徴 原因ははっきりと確立されていないこの病態。 多嚢胞性卵巣症候群の女性のホルモン分泌や身体的特徴は以下の通り。 アンドロゲン(男性ホルモン)高値• 黄体形成ホルモン LH 高値• エストロゲン過多・プロゲステロン低値• インスリン抵抗性• プロラクチン高値• ビタミンD不足傾向 男性ホルモンが高値になる原因 多嚢胞性卵巣症候群の女性は、 卵巣内の男性ホルモンが多いことが原因と考えられています。 男性ホルモンが上がる原因は脳から出ているLH(黄体化ホルモン)と、膵臓から出る血糖値を下げるインスリンというホルモンの作用です。 インスリン抵抗性とは、インスリンの効きが悪く、高血糖になりやすいほか、インスリンの過剰分泌が起こります。 高インスリン血症では卵巣での男性ホルモン(アンドロゲン)の生産を増加させます。 多嚢胞性卵巣症候群の女性は、インスリンの分泌が高値であるこが多いようです。 インスリンの分泌を下げると卵巣で男性ホルモンも抑えられ、卵巣内のホルモン環境が改善され、排卵しやすくなると考えられています。 このことから、糖尿病の薬であるメトフォルミン(グリコラン、メルビンなど)が排卵障害を改善するために使われています。 女性ホルモンのアンバランス 女性ホルモンのバランスで診ると エストロゲン過多、プロゲステロンが分泌低下している状態です。 エストロゲンは卵子を成熟させ、子宮内膜を厚くします 排卵がないと卵胞ホルモンであるエストロゲンばかり分泌され続けて、黄体ホルモンであるプロゲステロンが産生されないという状態が継続するため、月経不順や無月経、子宮内膜肥厚、月経過多が引き起こされます。 ビタミンD不足 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性は ビタミンD濃度が低いということが研究結果で報告されています。 血中ビタミンD濃度の低下と不妊の関係は多くの論文が出ています。 排卵誘発剤で妊娠率は高くなるのか 多嚢胞性卵巣症候群の不妊治療では、 排卵誘発剤『クロミフェン』(クロミッド) が、よく使われます。 しかし、 排卵率が高くなる割に、 意外と妊娠率は高くならないと言われています。 なぜかというと、• 子宮内膜が薄くなる• 頚管粘液(排卵期のドロッとしたおりもの)が少なくなる といった副作用があるためです。 排卵誘発剤を使うと、脳は卵胞を育てるためのFSHをどんどん出し、卵胞は大きくなります。 しかし、 子宮内のエストロゲンの作用を阻害します。 エストロゲンは卵胞の成長とともに子宮内膜を厚くし、排卵前には頚管粘液を増やします。 排卵誘発剤はそのエストロゲンの作用を邪魔してしまうので、子宮内膜が十分に厚くならずに、卵子のベッドの質が落ちてしまうのです。 子宮内膜が薄くなってしまうと着床しにくくなりますし、 精子と卵子が出会う手伝いをしてくれる頚管粘液が減ると、受精しにくくなります。 すべての人が子宮内膜が薄くなる訳ではないようですが、排卵しているのになかなか妊娠しない人は子宮内膜の厚みを一度調べてもらうこともいいでしょう。 終末糖化産物(AGE)の影響 多嚢胞性卵巣症候群の原因にインスリン抵抗性による影響があることは上記で説明しました。 インスリン抵抗性があり高血糖があると、 終末糖化産物(AGE)の影響で卵子の糖化(老化)が進みます。 このことが卵子の質を下げてる可能性もあるのです。 排卵されても、 卵子の質が悪ければ、受精が成功しません。 栄養療法的アプローチ まず、ベースの身体を整えることが必要かと思います。 過剰なエストロゲンは代謝できているのか? 環境エストロゲンへの暴露対策をとっているのか? 糖質過多になり、インスリンが出すぎて男性ホルモンが上がっていないか? パンやお菓子、トランス脂肪酸の影響で卵子が糖化・老化していないか? 子宮内膜の質を上げるには? この辺りがポイントになると思います。 過剰なエストロゲンの除去 実はエストロゲン受容体に結合できるのはエストロゲンだけではありません。 エストラジオールと構造が似ている 重金属、ダイオキシン、有機汚染物質などの環境ホルモン も受容体に結合し、エストロゲン同様の働きがあります。 自前ではない環境エストロゲンが体内で増えてるってことですね。 ・ 環境ホルモンの排除 現代の女性は環境ホルモンの影響でエストロゲン過多になりやすい。 まず、エストロゲン過多になる外部的要因を取り除くこと。 加工品、ホルモン剤で汚染された肉、農薬たっぷりの野菜、水銀汚染レベルの高い魚を控えることです。 ペットボトルやプラスティックのタッパーも良くないですが、それらを生活から排除するなんて無理かなと思います。 完全に避けることはできなくても、なるべく無農薬野菜にするとか、大型魚は控えるとか、食材を選ぶことから始めましょう。 お野菜はこれで洗うのがオススメ。 ・ エストロゲンの代謝を促すこと 環境エストロゲンと体内の分泌が過剰のダブルでエストロゲン優位な状態なので、体内に増えたエストロゲンの代謝を促進させてあげなければなりません。 エストロゲンの代謝にはCOMT(コムト)という酵素が活性化することが重要です。 このCOMTを活性化させる補酵素の栄養素が、です。 のサプリメントや、アブラナ科の野菜を摂ることでもデトックスが促進します。 インスリン抵抗性の改善 糖質の摂り方には注意が必要です。 血糖値を爆上げする単純糖質の摂取は避けましょう。 丼でご飯を食べたり、うどんやパスタ、パンなど糖質過多になる食事は控え、高血糖予防をすることが大事です。 糖質を摂る時は質にこだわること。 低アミロース米や発芽玄米をお茶碗小盛りくらいが理想的。 お菓子や精製された砂糖、処理しきれない糖質は終末糖化産物を増やし卵子を老化させます。 運動もインスリン抵抗性の改善に効果的です。 ビタミンDの補充 ビタミンDが生殖機能や妊娠・出産に深く関わっていることを証明する研究報告は多くあります。 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性はビタミンD濃度が低い• PCOSによる排卵障害の女性はビタミンD補充によって排卵率が上がる• 卵胞液中のビタミンD濃度が高い女性ほど体外受精の妊娠率が高い• 30歳以上ではビタミンD濃度が高い女性ほどAMHが高い• ビタミンD濃度が高い女性は、子宮筋腫になりにくい ビタミンDは細胞の分化に関わります。 異常な子宮内膜の肥厚や筋腫など、 多くの婦人科疾患にビタミンD不足が関わっているので、不妊治療中は充足した方が良さそう。 さらに ビタミンDはインスリン抵抗性の改善作用があります。 食事からの摂取や日光に当たることでもビタミンDは合成されますが、サプリメントで補う方が効率が良いでしょう。 子宮内膜を育てる葉酸 葉酸は細胞分裂に重要な栄養素です。 毎月剥がれ落ちる子宮内は細胞分裂も活発です。 子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせません。 妊活中の葉酸の摂り方については。 不妊治療は短期決戦 不妊に悩む人の多くは、年齢的な制限で『早く妊娠したい』と願う人が多いと思います。 しかし、卵子の質を上げること、卵子が着床しやすい子宮を手に入れるには 必要なものを摂る、邪魔するものを排除することが大事です。 不妊治療を医療の力だけに頼るだけではうまくいかないことが多いです。 ご自身の生活を見直し、身体を妊娠体質に変えることが、本当の不妊治療だと思います。 一つでも参考になれば幸いです。 参考*Vitamin D and assisted reproductive treatment outcome: a systematic review and meta-analysis Justin Chu et. Human Reproduction, Vol. 33, No. 1 pp. 65-80, 2018.

次の