土踏まず つる。 意外と多い!?土踏まずがつる原因

足の土踏まずが痛い……それって「足底腱膜炎」かも!主な症状と解消法とは?(FRaU編集部)

土踏まず つる

土踏まずの作り方、どうやればいいの? 偏平足の方たちが、 足の疲れの理由=土踏まずがないからと理解されると、いちようにご質問されます。 「土踏まずを作るには、どうしたらいいんですか?作り方を教えてください。 」 偏平足は遺伝という説もありますが、実際はまだ解明されていません。 大きくは 生活習慣によるもの、という見解が、現状では精一杯のようです。 主に、• ・子ども時代に、土踏まずが形成されなかった方• ・大人になってから、土踏まずが消失した方 この2パターンかなと思うのですが、共通して言えるのは、 足指 を使って歩いていない(正式には趾(ゆび)と書きます) という可能性が、極めて高いということでしょうか。 子どもの頃なら、大きすぎる靴を履かされていたとか。 大人になってからは、緩い靴を履いたり、指を締めつける靴を履いたりとか。 靴屋さんや、フットケアサロンさんの多くは、 足裏アーチばかりを重要視しますが、当店では断然、 足指です。 なぜなら、 アーチをつくるのは、足指だから!です。 土踏まずなどの足裏アーチは、足指がしっかり動いた結果、作られるものなのです。 足指って地味な存在。 でも、こんなに大切 足裏アーチとは、足裏の筋肉です。 筋肉なので、鍛えることができるのです。 足裏の筋肉を鍛えれば、 内アーチが復活して偏平足も解消、となります。 内アーチこそ、通称、土踏まず。 土踏まずがあるということは、足に筋肉があるという証拠なのです。 逆に、土踏まずがないということは、足に筋肉がないということ。 それでは、 足裏はどう鍛えればいいんでしょうか? その答えが、 足指に隠されています。 例えば、腕ならマシンを使ったり、ダンベルを使って、鍛えますね。 いろいろな方法があります。 でも、足裏を鍛える方法は、唯ひとつ。 足裏は、足指を動かすことでしか鍛えることができないのです。 ほかに動かす方法が、ありません。 これを知らない方が、とても多いです。 足指に力をいれると、足裏に力が入りませんか? 土踏まずがぐっと高くなる、巻き上げ現象が起こります。 足指を使えば使うほど、足裏が動き、鍛えられるのです。 結果、筋肉が育ち、土踏まずが育って、偏平足が改善!と相成ります。 さらに、足指~足裏~ふくらはぎの後ろまで、筋肉が繋がっています。 ここから、もも裏(ハムストリングス)~股関節~お尻まで動かして「歩く」のが正解。 筋肉は1つ1つ単体で動くのではなく、連動して初めて動くものです。 だから、足指を動かすと、足裏の筋力を鍛えることとなり、アーチができる さらに、ふくらはぎの筋力が動くこととなり、ミルキング・アクションが起こる すると、ハムストリングス~お尻が動いて、ヒップアップする と足・脚にとって、万々歳の状態になるのですね^^ このメカニズムは、二足歩行する人間にしかない素晴らしいものです。 足裏アーチを復活させる方法 でも残念なことに、女性の皆さんは、足指ってほとんど使ってないのです。 使えてない、と言った方がいいかもしれません。 そして、 その自覚すらないことが多い。 今まで、足指が地面についた経験がない方も、たくさんいらっしゃいます。 だから、土踏まずがなくなって、偏平足になってしまうのです! そんな方たちには、まず、 足指が地面につく体感からスタートします。 正しい状態を体感してもらうことが、知識を伝えるよりも早いです^^ 足指をしっかり使って、歩いていれば、土踏まずはキープできるものなのです。 逆に、男性は、ほとんどの方が足指を使って、歩いています。 だから、土踏まずはしっかりしているし、足トラブルも格段に少ないです。 骨組みがしっかりとしている上に、筋肉がきちんと足についているのです。 足指が足裏を鍛える鍵、ということはおわかりいただきましたね。 それでは、 どうやって足指を動かすか? いろいろやり方はあるのですが、実際に相対しないと危ないものもあります。 左右それぞれの足指でじゃんけんをします。 足指に力をいれて、ギュウッと曲げるのが、グー。 親指だけ上に向けるのが、チョキ。 指を全部広げるのが、パー。 これを10回繰り返してください。 椅子に座って、タオルがあると想像します。 指でタオルを手繰り寄せるイメージで、動かします。 左右ともに行い、10回繰り返してください。 最初はつってしまうかもしれませんが、少しずつ繰り返してください。 目安はこの「グー」ができること^^ 手みたいでしょう? 足指をしっかり使えている人は、このグーがちゃんとできるのです。 しっかりと「足を返し」ながら、「足指で地面を押して」歩いているからです。 逆に、この関節が出ないということは、足指を使って歩いていない可能性大、です。 当店では、 肉球歩きと呼んでいますが、足指のつけ根で歩いている人の多いこと! 足裏のタコの原因は、この歩き方のせいだったりします。 人体の大原則に逆らわないで、靴とつき合うことが大切 人間の体は、• ・使う筋肉はしっかりついて、使う関節はなめらかに動く• ・使わない筋肉はどんどん落ちて、使わない関節は動かなくなる この大原則が働いています。 この運動を重ねていけば、使えなかった足指も使えるようになっていきます。 そして、• 土踏まずが作られて• ミルキング・アクションも起こり• 血流もよくなって• だからこそ! この大原則を邪魔しない、足指が動くサポートをしてくれる、靴、が必要なのです。 スニーカーならベスト、パンプスでも結果は充分出ています。 人間は、無理のない、自然な状態になると「気持ちいい」のです。 皆さん、足に合う靴を履くと「気持ちいい!」と、おっしゃいます^^ 偏平足の改善を目指すなら、まずは、歩きやすい靴に履き替えること。 すると、自然と指が動くようになって、土踏まずが作られていくのです。 そして、血の巡りがよくなって、全身によい影響を及ぼしていきます。 これぞ、本来の靴の役割。 靴の理想的な、よい効果と言えるでしょう^^ 靴が脱げないように歩くなんて、もってのほかなのです。 まさに、歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、です。 体の土台である足から手を入れることは、合理的でもあります。

次の

意外と多い!?土踏まずがつる原因

土踏まず つる

腰痛でお悩みの人の話を聞いていると 「先生、私は腰痛と同時に踵やアキレス腱、足裏などに痛みや痺れを感じるんですが、この症状って腰痛と何か関係あるんでしょうか?」 といった質問をよくいただきます。 このように腰痛と同時に土踏まずなど足下周辺に症状が発生している場合、その腰痛の症状はただの筋肉痛じゃない可能性があります。 そこでこのページでは、腰痛の症状と同時に踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みや痺れが発生する原因について説明させていただきます。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク ただの筋肉痛のような腰痛で踵やアキレス腱や土踏まずなどの足裏に痛みや痺れが発生する事は考えにくい 冒頭でも見出しで既に説明してしまっていますが、そもそもただの筋肉痛のような腰痛で踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みや痺れといった症状を発生させる事はまずあり得ません。 こういった症状が発生した場合、まず腰椎椎間板ヘルニアなどといった腰椎の変形や神経の圧迫によって発生している坐骨神経痛を疑わなければいけません。 腰椎とは腰の骨の事で、腰の骨の近くには腰や足を支配している神経がたくさん通っています。 この腰椎が加齢や度重なる負担によって変形してしまい、近くの神経を圧迫してしまうと、腰や踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みやだるさ、痺れを発生させる事があります。 (いわゆる坐骨神経痛と呼ばれている症状です) 踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みや痺れなどの違和感なのに腰が原因なの?と疑問に思う人も多いかも知れませんが、決して珍しい疾患ではありませんので、腰痛と同時にこういった下半身の症状が発生した人は注意するようにして下さいね。 踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みや痺れが発生した場合、その腰の症状の正体も坐骨神経痛の可能性が高い 先ほども軽く説明しましたが踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みや痺れが発生した時は、その症状の正体は腰椎の変形などが大きく関わっている可能性が高いです。 その場合、普段から感じている腰痛の症状も、もしかしたらただの筋肉痛ではなくて腰椎椎間板ヘルニアなどから発生している坐骨神経痛の可能性があります。 腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状は、その重症度によって症状がかなり幅広く、重症であれば夜も寝れないほどの激痛が発生する人もいますが、軽症であれば筋肉痛に近い張り感を腰に感じるだけの人もいます。 また、腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状の場合は、通常の筋肉痛の症状と比べて改善しにくい傾向がありますので、なかなか治らない腰痛や、腰痛と同時に踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みや痺れ、違和感を感じた場合は出来るだけ早く検査するようにして下さいね。 腰椎の異常はMRI診断を受けるべき ここまでは、しつこい腰痛の症状をお持ちの人で踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に症状が発生した場合、ただの筋肉痛ではなくて腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛を疑って下さいと説明させていただきました。 まずこういった事を疑った場合、腰のレントゲンを撮られる人が多いと思うのですが、レントゲンでの検査だけでは不十分です。 腰椎によって圧迫された神経や、その近くの軟骨の変形や損傷に関してはレントゲンでは写りません。 神経や軟骨の問題はMRIでの検査じゃないと判断しにくい事ですので、心配な方は必ずMRIの検査も受けるようにして下さい。 残念ながらMRIでも分からない事もある MRIは腰椎などの問題を検査する上で最も有効な診断方法だと思いますが、絶対的に信頼できるものではありません。 神経の圧迫の場所や角度によっては写らない、写りにくいという事もあるようです。 そもそも問題点が見つかったとしても、手術するほどの大きい問題じゃなかった場合はお医者さんの判断で「異常なし」と診断される事も珍しくありません。 (こういった事は以前に知り合いのお医者さんから直接聞いた事がある内容です) ただし、腰痛と同時に踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みやだるさ、違和感や痺れが発生した場合はやはり腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の可能性が考えられますので、まずは信頼できる病院や治療院に相談するように心がけて下さいね。 スポンサーリンク 病院では踵や足裏、土踏まずの痛みは足底筋膜炎と診断される事が多い ここまでは、腰痛と同時に踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏に痛みや痺れが発生した時は、腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛を疑うべきと説明させていただきました。 しかし、踵や足裏、土踏まずの痛みで病院に相談した場合、足底筋膜炎と診断される事が多い印象を持っています。 実はこの坐骨神経痛と足底筋膜炎は非常に似た症状を発生させます。 中にはお医者さんに足底筋膜炎と診断された人であっても、実は坐骨神経痛でしたという場合も珍しくありません。 (まあ医者は足裏の痛み=足底筋膜炎としか言いませんが) そこでここからは足底筋膜炎と坐骨神経痛の症状の特徴を説明させていただきますので、ご自分の症状の参考にして下さいね。 坐骨神経痛の特徴 痛みは神経のライン上に発生するため明確に「ここが痛い!」というよりぼんやり「この辺・・・?」というように痛む場所がはっきりしない事が多いです。 (痛む場所が変わる事もあります) また坐骨神経痛の場合は、足を動かしていない安静時でも痛みが発生する事が多いのが特徴です。 (安静時の痛みが必ず発生する訳でもありません) そして痛みの発生には意外と波があり、歩いたり立っている時でも日によって痛みに強弱があたっり、歩いたり立っていると痛みが強くなったり弱くなったり変化する事が多い印象があります。 足底筋膜炎(足底腱膜炎)の特徴 足底筋膜炎は歩き方や立ち方が原因で、足の裏や踵の特定の場所の筋肉に負担をかけすぎて起こる筋肉痛です。 例外もありますがほとんどの場合、動かしていない時や体重をかけていなければ痛みを感じない場合が多いのが特徴です。 そのため歩いた時や、足に体重をかけた時など動かした時にだけ痛みが発生します。 また、明確に痛い場所がはっきりしている場合が多いのも特徴の一つです。 そして明確な原因動作(クセ)が理由で発生する疾患ですので、歩いたり立ったりなどの痛む条件の動作で一定の痛みが発生し痛みの強弱にあまり波や変化がありません。 坐骨神経痛と足底筋膜炎との違い 足裏や踵の痛みが歩いている時だけではなく、座っている時や寝ている時などの安静時にも症状が発生している。 痛む場所がはっきりせずぼんやりしている症状。 日によって、もしくは歩いている途中で痛みの強さに波や変化がある症状。 こういった特徴の痛みは坐骨神経痛である可能性が高いです。 足裏や踵の痛みが歩いた時や立っている時だけ発生する。 痛む場所が明確にはっきりしている。 日によって、もしくは歩いている途中で痛みの強弱に変化はなく一定の痛みが出続ける症状。 こういった特徴の痛みは足底筋膜炎(足底腱膜炎)である可能性が高いです。 あなたの症状はどちらの症状だったでしょうか? このページで説明している内容は、あくまでも私の経験則からの説明になります。 はっきり言ってこの説明が全く当てはまらない人も存在しており、本当に坐骨神経痛と足底筋膜炎は判別しにくい疾患ですが、腰痛と同時にこういった足下周辺の痛みが発生しているのであれば、どちらかと言うと坐骨神経痛の可能性が高いと思いますので是非参考にして下さいね。 (腰に全く痛みや違和感がないのに、坐骨神経痛で足下に症状を発生させている人もいます) 腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛から発生している症状なのであれば、弱い刺激で行う治療が効果的 もしあなたが現在感じている腰痛の症状や踵やアキレス腱、土踏まずなどの足裏の症状が腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛が原因で発生しているのであれば、残念ながら一般的な整骨院などで行われているマッサージや治療では改善しにくい症状のはずです。 実は腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状は非常に治療が難しく、お悩みの人が非常に多い疾患でもあります。 腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のように、腰の骨や軟骨の変形などが症状に大きく関わっている場合、その周辺には常に強い炎症が発生しています。 炎症は近くの神経を興奮させて、感覚を過敏にさせる特徴を持っています。 感覚が過敏になると、簡単に言えば少しの負担やちょっとした動作でも痛みを感じやすくなってしまうんです。 つまり、こういった症状の方にマッサージやバキボキするような、比較的強い刺激で行う治療を行うと、あまり効果がない所か逆効果になってしまう可能性があるんですね。 どこの治療院やマッサージに通っても改善しなかったという人は多いと思いますが、そのほとんどの治療が割と刺激量の多い治療である事が多いと思います。 (そちらの方が患者ウケは良いと思いますので) 逆に、優しく弱い刺激で行う治療であれば、治療行為が負担になりませんので改善する可能性があります。 腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のように、骨や軟骨の変形や神経の圧迫が痛みに大きく関わっていたとしても、その症状には筋肉の緊張状態や炎症の有無も痛みにはかなりの部分で関わっています。 強い刺激で行う治療では、強い炎症による過敏性が邪魔をして改善する可能性は低いと思いますが、弱い刺激で行う治療であれば、しっかり腰周辺の筋肉を動かし、血行を促進する事が出来れば炎症や筋緊張は軽減して症状が改善する事も珍しくありません。 弱い刺激の治療を行っている治療院は、あまり多くはないと思いますが、もしよろしければこのページで書かれている事を治療院選びの参考にして下さいね。 もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は一度私にお気軽にご相談して下さいね。 どこに行っても治らないしつこい腰痛の症状や、腰椎の変形が関わっている坐骨神経痛の治療にはそれなりに自信を持っていますのできっとお力になれると思います。 以上で「腰痛と同時に踵やアキレス腱、足裏や土踏まずの痛み痺れが発生した時は注意」のページの説明を終了させていただきますが、下記に腰痛に関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 腰痛に関しての記事 腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛に関しての記事.

次の

足の指がつる4つの原因と治し方|癖になるって本当?なぜ指が曲がるの?

土踏まず つる

土踏まずがつる原因 疲労 激しい運動をしたり、長時間歩いた後などは足に疲労がたまり、土踏まずがつる原因となります。 筋肉が疲労すると、運動神経との連携がうまくいかなくなり筋肉が収縮し続けてしまいます。 筋肉が収縮し続けることで、筋肉が硬直しつってしまうのです。 もうひとつ考えられる原因があります。 それは、筋肉疲労は筋肉を動かすために必要な酸素や栄養を体の隅々まで送るのを妨げてしまうということです。 これによって体の先の方の土踏まずが痙攣してしまうということもあるのです。 血行不良 足の裏は心臓から離れていて、血の巡りが悪くなると十分な酸素や栄養を送ることができなくなってしまうのです。 これによって足裏の筋肉が収縮し続け土踏まずをつる原因となってしまいます。 特に寝ている間は体温低下なども伴い足先の血行不良が起こりやすいです。 睡眠中に足をつって起きたという経験がある方も多いのではないでしょうか。 血行不良の原因の多くは食生活や疲れによるものです。 お肉中心の食生活をしていると脂質の過剰摂取により血液がドロドロになってしまいます。 しっかりと緑黄色野菜も摂取して、血液の巡りを促すことが大切です。 また、ストレスは自律神経を乱してしまう作用があり、これにより血液の循環調節が機能しにくくなってしまうのです。 ミネラル不足 筋肉の収縮は、体内のミネラルの働きによって調節されています。 ミネラルとは、カルシウム・マグネシウム・カリウム・リンといった電解質です。 このミネラルが不足してしまうと、筋肉と神経の連携が乱れてしまい土踏まずをつる原因となってしまうのです。 ミネラル不足は食生活だけが原因でなく、汗をかいて電解質が不足した状態でも発生します。 つまり、よく運動中につってしまうのは、このミネラル不足もひとつの原因となっているのです。 また、年を重ねるにつれてミネラルの吸収率は落ちていき、ミネラルの排泄量も増えていきます。 結果的に体内の電解質(ミネラル)濃度も減っていきますので、さらにつりやすくなってしまうのです。 水分不足 体の水分が不足していると、脱水症状のような状態になり血液はドロドロになってしまいます。 血液がドロドロになってしまうと、血行不良のケースと同様に足先に十分な酸素や栄養を送ることができなくなります。 これによって、土踏まずがつりやすくなってしまう原因となるのです。 冷え 特に女性の方などは寒くなってくると足先・手先がかなり冷えてしまう方も多いです。 冷え性とまでは冷えが悪化していなくても、家の中で素足で歩いていたり、足先を出しながら寝ていたりすると足は驚くほど冷えきってしまいます。 冷えると土踏まずをつりやすくなってしまいます。 後述するように足を温めるような予防法を実践していくといいですね。 体の歪み 普段、仕事でデスクワークが多く、猫背になりながらパソコンで作業しているという方も多いのではないでしょうか。 このような悪い姿勢が癖になっていると骨盤が歪んでしまい、体全身の血行が悪くなってしまいます。 また、足を組んで座る癖がある方も要注意です。 つい無意識に足を組んでしまう方は気づかないうちに体の歪みが進行してしまっている可能性があるので注意していきましょう。 消化器系の病気 土踏まずは胃・腸・十二指腸などの消化器官の ツボが多く存在します。 ツボは専門的には「反射帯」と呼ばれています。 ツボ(反射帯)は押すと関連する部位の健康を促進する効果がありますが、逆に痛みやつりなどの症状が出るとその部位が悪くなっているというサインでもあるのです。 特に暴飲暴食などをしていて、腹痛なども伴う場合はどこか消化器官に異常があるかもしれません。 自分でできる治療法 自分でできる対処法としては土踏まずの部分をしっかりとマッサージやストレッチすることをおすすめします。 マッサージやストレッチを行うことで以下の2つの効果が得られます。 凝り固まっている筋肉をほぐす• 血行を促進する 特に発作的につってしまった場合は、しっかりと筋肉を引き伸ばすようにしてストレッチするようにしましょう。 土踏まずがつらないようにする予防法 バランスの取れた食生活を心がける 上述したように肉類中心の食生活は動物性タンパク質の過剰摂取につながりやすいです。 これにより、コレステロール値が上昇したり、血がドロドロになって血流が悪くなってしまいがちです。 血流が悪くなると、足先まで十分な酸素や栄養を送ることができなくなり土踏まずがつる原因となってしまいます。 日ごろから緑黄色野菜もしっかり食べることで食物繊維を摂取するといいでしょう。 食物繊維はコレステロールをきれいにする働きがあるので血行促進に効果的です。 また、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)や小松菜、ししゃもなどでミネラルもしっかりと摂取するようにしましょう。 ミネラル不足は体がつる原因となるので、ミネラルを多く含む食品を食べることで予防につながります。 疲労を感じたらケアを! たくさん歩いた日は家に帰ったらしっかりと足のマッサージなどをしてケアをすることをおすすめします。 足に疲労がたまるとつりやすくなってしまいます。 特に普段あまり運動をしていないのに、歩きすぎた日などは疲労がとてもたまっていますのでしっかりとケアをして予防しましょう。 温める 足の裏はとても冷えやすい部位なので、冷えて筋肉が凝り固まったり、血行が悪くなってしまいがちです。 これらはつってしまう原因となりますのでうまく対処しなければなりません。 そこで、家では靴下を履くようにしたり、冬場なら足湯につかったりすることで足を温めることをおすすめします。 自分の足にあった靴を履く 小さすぎる靴、大きすぎる靴、自分の足に合っていない靴は予想以上に足に疲労を与える原因となってしまいます。 特に女性の方でハイヒールなどをよく履く方は注意しましょう。 悪化するとモートン病などにもつながり痛みが発生してきます。 こちらも記事も併せてご覧ください。 参考: 疲労のケアと食生活の改善を意識しよう! 土踏まずがつりやすくなってしまう原因や予防法についてお伝えしました。 土踏まずがつってしまう多くの原因は疲労の蓄積や食生活にあります。 しっかりとケアをして日ごろから予防しておくことで「つる」という現象は減らすことができるでしょう。 また、足がつることとしびれることはどちらも神経と筋肉が関係して起こります。 併せてこちらの記事もチェックしておくことをおすすめします。 参考:.

次の