結婚できない理由 ネタバレ。 【まだ結婚できない男】最終話(10話)のあらすじネタバレと感想!ついに桑野がまどかとお付き合い?!

【阿部寛】まだ結婚できない男・第6話「やっくんの正体」ネタバレ感想

結婚できない理由 ネタバレ

最終回のあらすじ ストーカー騒動で、 信介 阿部寛 に助けられた みちる 国仲涼子 には、信介への恋心が生まれていた。 意を決して「好き」だと伝えたみちるは、 夏美 夏川結衣 に報告する。 一方、信介にはテレビ出演の話が舞い込んできた。 そのプレッシャーで胃痛を起こした信介は、夏美の診察を受けにいく。 みちるの告白について探りを入れた夏美は、信介に全く伝わっていなかったことがわかる。 みちるはガッカリして、夏美に自分の想いを伝えて欲しいと懇願する。 困惑する夏美だったが、しぶしぶ引き受けることになった。 しかし、信介を前にすると、伝えることができなかった。 信介のテレビ取材は無事に終わったが、実際の放送では、本来伝えたかった信介のポリシーがカットされていた。 不服そうな信介だったが、 摩耶 高島礼子 は 「あなたを知ってる人はちゃんと分かってる」と声をかける。 みちるの信介への気持ちを知った 英治 塚本高史 たちは、叔父の帰国により引っ越しが決まったみちるの送別会に、桑野を誘う。 しかし、送別会の日、みちるの家には桑野しか来なかった。 ふたりきりにするために、英治たちが仕組んでいたのだが、そうとは知らずに夏美がやってきた。 それまでの沈黙が嘘のように、桑野が夏美と親しげに会話をはじめたことで、みちるは疎外感を感じ怒ってしまう。 後日、謝罪する夏美に、みちるは 「桑野さんのこと好きなんでしょ」と指摘される。 すべてを吹っ切ったように笑顔のみちるに背中を押され、夏美は信介への気持ちを確信した。 桑野に 「家を作って欲しい」という夏美。 皮肉な物言いでいつも会話がぶつかり合ってしまう桑野に 「私は 会話の キャッチボールがしてみたいです、あなたと」と夏美が口にする。 夏美の病院にやってきた信介は 「キャッチボールをしにきた」と言う。 一晩中、ずっと夏美の家を考えていたができなかった。 「自分や自分の大事に思ってる人の家を設計するのことができない」と言うのだった。 「僕はずっと結婚なんてしないと思ってました。 面倒くさそうだしメリットなんてない。 でもあなたと出会って、話し相手がいつもそばにいるのもいいのかなって。 要するに僕はあなたが好きなんじゃないかな。 ダメですか?僕じゃ。 」 想いを素直に口にした信介に、夏美はポロポロと涙を流し、笑顔で「いいかもしれません」と口にした。 想いが通じ合ったかのように思えた二人だったが、信介は 「結果的には結婚できないんですけどね」と口にする。 混乱する夏美に対し「自分が自分の大事な人と暮らす家のイメージがわかない」と持論を展開する信介に、呆れる夏美だった。 夜、買い物帰りの夏美と信介はばったり出会う。 夕飯に、ロールキャベツを作るという夏美に「僕の家に圧力鍋ありますよ」と声をかける。 不器用に家に誘う信介に、夏美は笑顔で「 あなたがどうしてもって言うなら行っても良いですよ」と返す。 「じゃぁ来てください。 (完).

次の

社会構造的に「結婚できない男女」がいる大問題

結婚できない理由 ネタバレ

結婚できない理由に『出会いがないから』と言う女性心理 <ご相談者:現在35歳、独身女子> 仲の良い同級生や会社の同僚・後輩が、次々に結婚したりママになったり・・・みんなが幸せそうなのを見て嬉しい気持ちがある面、自分が置いていかれているような焦りの気持ちが日々大きくなっています。 私自身、今の仕事は好きで日々忙しく、責任を与えてもらっていることもありその点は充実しているのですが、これからの「人生」全体を考えた時に「ずっと一人で生きて行くのだろうか」という不安が出てきてしまいます。 今更ながら、焦り始めています。 年齢的にも出産を考慮するともうギリギリの年齢かと思っています。 こんな状態で、どうしたらいいのか。 でも、出会いが少ないので、困っています。 解決する方法 婚活コンサルタントの植木浩子です。 結婚ができていない女性の大半が、仕事が忙しいって事実はありますよね。 そして、気づいたら周りがどんどん結婚してく事に焦りを感じる。 『え?〇〇ちゃんは一緒の独身だと思っていたのに、いつの間にかプロポーズされたの?』 『え?いつの間にか、赤ちゃんまでできていたの??』 なんて、嫉妬さえ湧く毎日…。 『私は仕事が忙しいから、残業が多いから…』 『私の周りにはいい人はいないから…』 『だって出会いがないからしょうがない…』 なんて、言葉を思ったり、自分だけは恵まれていないなんて思っていませんか? そして、本当に忙しいからなのでしょうか? 大半の女性は、この言葉を理由に 結婚できない理由に『出会いがないから』と言ってるけど 本当は、違うんですよ。 出会いがないという 言い訳をして結婚できない理由としているだけ。 自分が自分の人生を選べるのに その言い訳を自分で作っているだけなんですね。 自分をこれ以上、 守っても、明るい未来は来ませんよ。 どんなに忙しくても、 結婚できる女性は、 その未来の選択をしています。 年齢を重ねても、 女性だけの職場でも、 結婚できる女性はできる選択をしています。 あなたの口癖は、大丈夫ですか?.

次の

美人でも結婚できない理由とは?【今すぐにするべきこと3点】

結婚できない理由 ネタバレ

Contents• まだ結婚できない男・8話のあらすじ 結婚式の準備を進める英治たち 有希江の店で、結婚式場の打ち合わせをする英治と桜子。 まどかも加わり話をしていると、桑野がやってきました。 英治に出席の有無を聞かれ、近場なら出席を検討すると言う桑野は 「周りに左右されて焦って結婚した結果すぐ離婚する」など 相変わらず結婚に否定的な発言をし、 聞いていた英治と桜子は少し心配になるのでした。 ゆみのバイト先・メイドカフェへ行く桑野 良雄と圭子から、ゆみが自分たちに黙ってメイドカフェでバイトしているから、 説得して辞めさせてほしいと言われた桑野は、渋々店に行きます。 ゆみは、突然の伯父の訪問に戸惑いながらも、 バイトの理由はお金を貯めるためだと素直に答えました。 ゆみはアメリカで経済の勉強をしたいと考えており、 その留学資金を貯めようとしていたのです。 スピーチに気が進まない桑野をまどかが説得 桑野に、主賓として挨拶をしてほしいと頼む英治。 英治にとって桑野は、ある意味親以上の恩人。 周りは、桑野にスピーチをさせたらロクなことを言わないと言うが、 自分と桑野の間には絆があると信じているから、 そんなことを言われて悔しいと言うのです。 しかし、スピーチに気が進まない気持ちから桑野は、 その絆すらも否定するような発言をし、英治はショックを受けてしまいます。 そのことを電話で報告を受ける桜子。 桜子は早紀の家で飲んでおり、その場にはまどかや有希江もいました。 見かねたまどかが桑野をBarに呼び出し、 どうして英治たちの結婚式のスピーチをしないのかと問います。 それに対して「結婚を良いとは思っていないし、 上辺だけのスピーチになるぐらいならしない方がいい」と答える桑野。 そこへゆみから電話がかかってきて、留学のことは賛成してもらったから バイトは辞めることにしたと報告が入ります。 そのやり取りを聞いていたまどかが「姪っ子のために役立てるのだから、 今度は英治のために一肌脱いだらどうか」と話し、 まどかに原稿を書いてもらうことを条件に、 桑野は結婚式のスピーチを引き受けることにしますが…… 後日、まどかから渡された原稿には「自分より先に結婚する2人が憎らしい」など、 まどかが2人に対して思っていることが正直に書かれていました。 桑野の気持ちはわからないから書けないと言われてしまい、困り果てる桑野… 桑野の感動的スピーチ 式当日、スピーチのために、 英治と桜子とのことを教えてほしいとメモを片手に2人にインタビューをする桑野。 ところが、英治の答えが他の女性と比べているような内容だったため、 桜子が機嫌を悪くしてしまい、そのまま披露宴が始まってしまいます。 そしてついにやってきた桑野のスピーチの時間。 話は英治と出会った時のエピソードに。 15年前の英治は、まったくダメダメだったがそれでも絶対に逃げなかった。 自分は英治がいたからこそここまでやってこれた、 自分との間にすら絆ができたのだから、桜子との間にはもっとできると話す桑野。 英治や桜子の目には、涙が溜まっていました。 そして「英治。 おめでとう」と祝福の言葉をかけるのでした。 感想!建築家としての師匠とその弟子、2人の絆が試される!?桑野のカンペなしスピーチに感動の回 桑野のスピーチ良かったですねー! まどかも言っていたけど、やる時はやるんですよね。 英治とこれまで過ごしてきた日々が流れた時は、思わずグッと来てしまいました…。 私の中での英治は、結構前作のイメージが強いんですよね。 「彼女はいるけど、女の子との出会いも求めてる」みたいな、ちょっと軽いイメージ。 だから、今作もそんな感じだろうと思っていたので、 結婚するってなってもあまりピンとこなかったんです。 でも、前作のシーンが流れるのを見ると「英治もいよいよ結婚か…」なんて、 ちょっと感慨深くなって、やっぱり月日は流れてるんだなーって しみじみ思っちゃいました。 両親より良好?桑野とゆみの関係 ゆみの留学話に、桑野は反対することなくむしろちょっと応援をしていました。 実際にメイドカフェで働いているゆみを見ても、 別に怒ったりはせず「楽しそうな仕事」と言っていました。 あれはきっと、その仕事や仕事をしている理由を ちゃんと認めていたからなんですね。 だからこそ、「ゆみはいい子だ」という言葉が出たのでしょう。 ゆみは自分の子供じゃないし、 桑野からするとちょうどいい距離にいる子なんですかね。 だから自然と優しい部分も出るのかな?なんて思いました。 インスタも、しっかり映えにこだわるところがまた桑野さんらしいです。 しかも薬丸さんのブログ参考にしてるし 笑 早紀から強面の飼い主の話を聞いて、早紀の代わりに散歩に行ってあげたり、 英治のことを本当はとても信頼していることが伝わってきたり。 かと思いきや、インスタ映えを研究したり 笑 人間的な部分はあるんだよなぁ、と思いました。 まどかの台詞を借りるならば、「やるときはやる」んですよね 笑.

次の