札幌 アベノマスク 寄付。 【アベノマスクがダイヤモンドに】札幌のジュエリーリフォーム専門店が交換キャン..(株式会社 一宝 プレスリリース)

札幌に未使用マスク寄付ポストの設置 アベノマスクはいつ届くのか

札幌 アベノマスク 寄付

ジュエリー修理・リフォーム専門店のRITZ GLANDE(リッツグランデ)は、未使用・未開封の通称「アベノマスク」との交換で15,000円相当のダイヤモンドルースをプレゼントするキャンペーンを、2020年6月29日より平日限定で開始いたします。 株式会社一宝(所在地:北海道札幌市、代表取締役:懸谷正人)が運営する、ジュエリー修理・リフォーム専門店のRITZ GLANDE(リッツグランデ)は、政府が配布する布マスク、通称「アベノマスク」(未使用・未開封)と交換で、15,000円相当のダイヤモンドルースをプレゼントするキャンペーンを、2020年6月29日より平日限定で開始いたします。 深刻なマスク不足が徐々に解消されつつある中、不要になったマスクを活用いただくべく始める取り組みで、集まったマスクはすべて札幌市内の介護施設・児童養護施設などに寄付いたします。 05ct、約15,000円相当のダイヤモンドルース(裸石)をプレゼントいたします。 [キャンペーン期間]2020年6月29日(月)〜8月31日(月)の土日祝日を除く、平日 [キャンペーン対象者]女性のお客様(1日15人まで先着順) [プレゼント内容]0. 10ctを1粒または0. 05ctを2粒 [寄付先]札幌市内の介護施設・児童養護施設など [申込み]RITZ GLANDE店舗へ直接お持込みください。 事前のお申込みは不要です。 <制作例> お手持ちのジュエリーの素材・宝石を使ったリフォームも大歓迎。 女性スタッフがお客様とじっくりと言葉を交わし、ジュエリーのリフォーム・オーダーメイドを行います。 キャンペーンのご参加のみでもお気軽にお立ち寄りください。 ぜひこの機会に、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。 修理のスピーディな納品やより身近にジュエリーを楽しんでいただきたいという想いから、全国的にも珍しく店舗に工房を併設。 経験豊富なジュエリー職人やデザイナー、宝石鑑定士、ジュエリーコーディネーターも常駐し、ジュエリーに関するお客様の様々なニーズに柔軟かつ迅速に対応いたします。 Ltd) 所在地:北海道札幌市中央区南2条西10丁目1 オエノン北海道ビル1F 代表取締役:懸谷正人 創業:2007年4月 URL: 事業内容:宝石、貴金属、宝飾品等製造卸・小売・買取/ダイヤモンド、カラーストーン(色石)輸出入/オリジナルオーダージュエリー制作・リフォーム・修理・加工/インターネットwebサイト企画・運営・制作コンサルタント/WEB・システム・アプリオフショア開発(ベトナム) 提供元:.

次の

アベノマスク

札幌 アベノマスク 寄付

政府のマスク配布が始まっていますが、不要なマスクを集め、必要な人に再配布する取り組みが北海道の中標津町で行われています。 中標津では・・・ 政府の布製マスクを巡っては、不良品が見つかるなどのトラブルがあり、道内ではまだ配布されていませんが、サイズが小さいなど問題も指摘されています。 布製マスクを使用しない人も多いとみられることから、道東の中標津町では飲食店やスーパーが回収ポストを設置し、不要な人から回収し、必要な人に再配布する活動をはじめ、協力を呼びかけています。 呼びかけた人は:「460億円使ってマスクが届くので1円も無駄にしてはいけない」 集まったマスクは希望する福祉施設などに提供したいとしています。 UHB 北海道文化放送より 旭川市では・・・ 北海道の市民グループが、マスクを不要とする人たちから回収し、学校に届けるための準備をしている。 布マスクは17日から東京で配布が始まり、北海道内でも時期は未定だが、1世帯に2枚ずつ配られる予定だ。 このマスクの回収に取り組むのは、内の主婦や自営業者、会社経営者ら約40人でつくる「旭川 All FOR ONE プロジェクト」。 配られたマスクを不要と思う人がいたら、プロジェクトに賛同する飲食店や美容室などに置く回収ボックスに、未開封のまま入れてもらう。 集まったマスクは、市教育委員会へ届け、必要とする子どもたちに使ってもらう。 協力店舗は現在、約30店舗にのぼるという。 スポンサーリンク 世間の声は・・・ 北海道標津町で使わないアベノマスクの回収ポスト設置が広がっているとのこと。 主体は個人商店が担っている。 小さい、不衛生イメージがある、不織布製でない等の理由で使わない人も結構出て来るのではないか。 わが町でもアベノマスク回収ポストを作ってくれないだろうかと思う。 アベノマスク不要な人は回収ボックス ポスト へ! SNSの反応は! という向きも多いと思う。 そういう 未使用の 布マスクをしかるべきところで役立てていただけるように、寄付できる仕組み、例えば役場や郵便局などに回収ポストを設置するなど、いかがでしょうか。 にょか🌳 greenNyoka25 アベノマスク は、いつ届くかな? 来たら寄付しようかな〜 — y k 8Pwlo7NfKFsv6a3 不要なマスクは寄付したいという方がいっぱいいるのがわかりますね。 場所はどこ? 現在報道があるのは、旭川市と中標津で回収ポスト設置を行っているようですが、今後きっと増加してくると思います。 北海道の回収ポストで集めたマスクは以下のような団体に寄付される予定ではないでしょうか。 詳しくまとめているので、もし郵送でも大丈夫であれば、寄付したい団体へ贈ってみてはいかがでしょうか。

次の

札幌に未使用マスク寄付ポストの設置 アベノマスクはいつ届くのか

札幌 アベノマスク 寄付

Contents• 不要なアベノマスク正しい寄付の仕方 まずは正しい寄付の仕方送り方から。 アベノマスクが届いた瞬間が一番大切なので、先にご紹介いたします。 アベノマスクは開封しない 到着した姿のまま保存しておき、未使用のマスクを寄付することを厳守しましょう! 回収箱に入れる場合も同じです。 開封してしまうと受け取り拒否となってしまいますので、ご注意ください。 自分が使う時、人が使ったマスクや触ったマスクは使いたくないですよね。 「未開封」は最も大切なポイントです。 【寄付先へ送付の場合】封筒と送料を準備 封筒と送料を準備しましょう。 寄付先に送る場合、送料や封筒は寄付側の負担となります。 【寄付先へ送付の場合】確認連絡は控える さらに、寄付を受け付けている団体さんは大忙し。 「届きましたか??」のような確認連絡は控えましょう。 日本の郵便屋さんは大変優秀です!!住所の記入だけ間違えなければ、必ず届きますので、到着確認連絡は控えましょう。 では、もう一度アベノマスクを寄付するときの注意点をまとめます!.

次の