白い 喪服。 要注意!忌中に着用する喪服のマナー 5パターン!

喪服の白カビの落とし方!クリーニングなしの応急処置まとめ

白い 喪服

西洋における喪服 [編集 ] 西洋における喪服は黒を基調としていることが多い。 ただし、などでは白を基調とする喪服で葬儀に参列する風習がある地域もある。 洋装の喪服 [編集 ] 儀式や服装の簡略化に伴い、や準礼装のやが用いられることは少なく、略礼装のが用いられることが多い。 元の葬儀でも、男性は濃い灰色や紺色のダークスーツに青や紺など地味な色合いのネクタイをあわせた服装の出席者が多い。 女性も暗い色の服が多い。 東洋における喪服 [編集 ] 古来、東洋では喪服は白を基調していた。 死装束が白色であることなどその名残も見られる。 近代に入って黒色の喪服も一般的に用いられるようになった。 中国 [編集 ] 中国では冠婚葬祭を紅白喜事と称する。 伝統的な結婚式では赤色を基調としているのに対し、伝統的な葬式では白色を基調とした喪服を身に着ける。 都市部では白のほか黒やグレーの喪服に黒の喪章を付けて葬儀に参列することが一般的になっている。 日本 [編集 ] 喪服はや薄墨色が一般的になっている。 ただし、の場合はと喪主の配偶者がを着用することもある。 などの派手な色はふさわしくないとされている。 なお、(葬家)の家族・親族または会葬者で・・・園児などがいる場合で学校などのがある場合は、その制服を着用する(させる)ことが多い。 また、・・・等の官公庁職員等の葬儀で部隊規模での参列の場合、同僚等は喪服の代わりに制服を着用して参列する事が多い。 その場合、記章・略章等を外すことが望ましい。 本来喪服とは、が「に服している」ということを意味するもので、正式と略式と呼ばれるものがあり、親族は正式のものを着用する。 歴史 [編集 ] のに、の布教を日本で行った、ののは、著書『日欧文化比較』で、同時代の日本の喪服の色が白であったと、書き記している。 まで、喪服は喪主に限らず、白がでは一般的であった。 親族は白または水色の無紋の麻の上下で、夏は白の晒を着用した。 庶民は貸衣装を利用したが、裕福な者は自前のものを用意し、葬儀ごとに作る者もあった。 女性も白絹白麻布の着物に白絹白綸子の帯を着用した。 これに対し、では親族でも染服に小紋上下を着用した。 のの葬儀の際多くが黒ので出席し、上流階級において黒が喪の色として認識され、次第に明治期を通じて黒に変わっていった。 和服では、男性は紋付地黒の羽織袴、女性は黒色の紋付が着用されるようになった。 には、喪主や親族以外は洋服の喪服を着用するようになった。 このころから黒色のネックレスが、昭和39年ごろからはのネックレスが喪服のアクセサリーとして用いられるようになった。 日本の葬儀で着るは、今日では日本独特の風習である。 にがを 、にがを専属モデル起用し 、既製服の洋装喪服が一般化した。 和装の喪服 [編集 ]• 黒喪服 現代の和服での喪の礼装である。 をつけ、黒の帯を合わせる。 関東では、関西では一越で作る。 を染めた上から黒に染めると関東風、を染めた上から黒に染めると関西風になる。 黒喪服は、明治維新後に西洋のブラックフォーマルにならったものである。 以前は白の下着を重ねていたが、昭和10年頃より不幸が重なるという迷信から省略されるようになった。 帯についても、現在は同様の理由でを避け、を合わせるようになった。 色喪服 法事やのときに着る喪の略礼装である。 黒地か寒色の帯を合わせる。 故人が亡くなってから何年後の法事から色喪服を着用するかは、地方により異なる。 脚注 [編集 ] [].

次の

喪服が白だったのは本当?喪服の歴史と現代の白喪服について

白い 喪服

写真や現物が残っている時代ならまだしも、何世紀も前のこととなるとほとんど手がかりがなさそうに思えるのですが…。 先生は、服飾史のご研究をされている数少ない専門家の1人でいらっしゃいますが、服飾史の研究とはどういう手法でされるものなんですか? 増田 文献、遺品、壁画・絵巻物といった絵画類など、手がかりはいろいろあります。 私は古代が専門なので文献や遺品が中心ですが、何といっても一番参考になるのは壁画ですね。 増田 はい。 壁画に描かれている人物の服装から製作時期を割り出してみたところ、日本が中国の服飾文化を取り入れるようになった後のおよそ20年間に絞ることができました。 あの壁画の服装は、中国式を取り入れつつもまだ完全ではないからです。 奈良県高松塚古墳壁画西壁女子群像。 国(文部科学省)所属。 明日香村教育委員会。 日本はもともと左袵(おくみ)だったのを、719年に中国に倣って右袵(おくみ)に変えるのですが、この壁画ではまだ左袵(おくみ)のままです。 また、上衣の裾が下衣の中に入っていないのも、旧来の着方です。 しかし、上着の裾に襴(らん)<横布>が付いていたり、袖が長いのは、明らかに唐の影響です。 増田 そうです。 これらを文献と照らし合せて考えると、恐らく684年から703年頃の間に描かれたものだと推測できます。 ちなみに、中国文化を取り入れる前は、日本はどこの国の影響も受けていなかったのですか? 増田 私は朝鮮半島の高句麗系文化の影響を受けていたのではないかと思っています。 朝鮮半島で発見された高句麗時代の壁画には、高松塚古墳壁画とそっくりなものがあるんですよ。 殉死の代用としたとする説や、殯(もがり)の儀礼<死者の魂を安らげるための儀式>を表現したという説など…。 ただ、いずれにしても何らかのものを表示する意図で作られるようになったのは確かです。 襷(たすき)をかけていたり、器を捧げ持っていたり、合掌していたりと儀礼的なものが多いです。 増田 それは後期の頃のものでしょうね。 時が経つにつれ、儀礼的なものから「飾り」や「芸術」としての意味合いが強くなっていったようで、さまざまな形の埴輪が作られるようになりました。 踊っていたり、子守をしていたり、相撲をとっていたりと、しぐさも表情も本当に豊かなんですよ。 増田 当時の人々の服装や生活がそのまま表現されていますから、これほど良い資料はないというくらいです。 特に関東で見付かった人物埴輪は数も多く、バラエティに富んでいるので、非常に参考になります。 ですから畿内では初期、関東では後期のものが多いのです。 しかし畿内はその後、土地開発が盛んに行なわれたということもあり、土中に埋まっていた埴輪が壊されたり、どこかへ行ってしまった可能性が高く、あまり数が残っていません。 一方、関東は田舎だったこともあり、土地開発の影響をさほど受けず、無事発見される数が多いのでしょう。 日本の喪服はもともと白で、それが黒、白、黒と変っていったと…。 増田 そうなんです。 古代の喪服が白かったということは『日本書紀』や『隋書倭国伝』などで知っていたのですが、平安時代になるとなぜか黒に変ってしまうのです。 どうしてだろうと思って調べ始めたら、いろいろと面白い理由があったんですよ。 当時の注釈書によると、「錫紵」とは「いわゆる墨染めの色」のことです。 これは中国の『唐書』に「皇帝が喪服として『錫衰(しゃくさい)』を着る」と書いてあり、この中国の制を真似して定めたものと考えられるものです。 ところが、実はここで大きな勘違いを犯してしまったんです。 増田 間抜けな話ですが、その当時に書かれた文書にはっきりと書いてあるのですから、間違いありませんよ。 増田 はい(笑)。 この「錫紵」の色は、平安時代になると貴族階級にも広まって、薄墨だった色合いも次第に濃くなっていきます。 これはより黒い方が深い悲しみを表現すると考えられたからで、あの『源氏物語』でも、妻を亡くした光源氏が「自分が先に死んでいたら妻はもっと濃い色を着るのに、自分は妻の喪だから薄い色しか着られない」と嘆く場面があります。 その後平安後期になると、一般的に黒が着られるようになりました。 白が復活したのは室町時代で、途中江戸時代に水色が登場したりしますが、基本的には白が続きます。 そして、明治維新を機にヨーロッパの喪服を取り入れて黒になり、現代に至っています。 といいますのは、白い布を黒く染めるには染料もいりますし、手間もかかります。 昔は人の死を「穢れ(けがれ)」と考えていて、一度着用した喪服を処分していたようですが、そんな手間をかけたものを庶民が簡単に捨てたとは考えにくい。 それに、先祖代々受け継いできた伝統を変えるには、相当勇気がいるはずです。 現代よりもはるかに信心深い時代ですから、伝統を変えることによってたたりや災いが起こるのではないかという"恐れ"が相当強かったと思います。 用明天皇の葬送場面。 黒や白の葬列装束が描かれている(赤外線照射撮影による) 増田 実は、養老の喪葬令で喪服が黒とされて以来、室町以降も宮中ではずっと黒のままだったんです。 格式や形式を重んじる宮中では、一度決めた決まりを頑なに守り続けました。 それと同じように、庶民は貴族の「黒」におされながらも、「白」という色を守り続けていたのではないでしょうか。 そして、貴族の影響力が薄れた室町時代に、その"白文化"が盛り返したのではないかと考えています。 増田 そうです。 先程も申しました通り、「死」に関する儀式や死生観というものは、そう簡単には変らないと私は思います。 前述の殯(もがり)の儀礼のように、お酒を飲んで踊ったり、あるいは泣き続けたりするしきたりが古代にもありましたが、この伝統は現代のお通夜に見られます。 泣いている人もいれば、その傍らでお酒を飲んで騒がしくしている人もいる…。 このように私達は、古代の風習を当り前のように受け継いでいるのです。 増田 実は、あれも随分前からある風習で、鎌倉時代の『北野天神縁起絵巻』にも描かれていますが、喪主や棺を担ぐ人も付けていたようです。 なぜか古代からずっと歴史上に登場しているマークなんです。 喪服の研究を通して、日本人の死生観が見えてくるのではないかとも期待しています。 先生には今後もますますご活躍していただきたいと思います。 本日はありがとうございました。

次の

白の喪服ってありますか?何かの小説か漫画で見た様な気がす...

白い 喪服

忌中(仏教では49日、神道では50日以内に身内を亡くした人)には、通夜、葬儀、告別式と、亡くなった方の死を悼み、お別れする厳粛な儀式が目白押しです。 戦前の日本では、忌中での喪服は「喪に服する」遺族だけが着用するマナーでしたが、戦後葬儀の形態が社会的な儀礼として位置づけられ、冠婚葬祭のマナーに関しての知識が急速に知られるようになったことから、 参列者も喪服を着用するようになりました。 尚、現在では喪服といえば黒ですが、昔は白い喪服が主流でした。 今でもその風習が続き、白の喪服を着用する地域もあるそうです。 然しながら今回は、現在の主流の忌中に着用する5つの喪服のマナーにつき、今一度確認しようと思います。 まず、 忌中に着用する喪服には、仏式・神式・キリスト教式共に正式な喪服と略式の服装があります。 それを踏まえ、男性女性の正式な喪服、三親等までの正式な喪服、男性女性の略式の喪服の5パターンにつき、忌中の喪服マナーについてみてみましょう。 忌中に着用する喪服のマナー その1:男性の正式な喪服のマナー 1)洋装の場合:黒のフォーマルスーツ、白いワイシャツ、黒無地のネクタイ、靴や靴下及びベルトは黒です。 ネクタイにはタイピンは付けないようにしましょう。 但し通夜は黒のフォーマルスーツではなく、紺やグレーのスーツでも問題ありません。 葬儀・告別式の正装はモーニングコートが正装ですが、黒のフォーマルスーツが一般的です。 参考までに、モーニングコートを着用する場合は、縞のズボン、白いワイシャツ、モーニングと共布のシングルのチョッキ、黒無地のネクタイ、靴や靴下は黒。 ベルトの代わりにサスペンダーを着用します。 学生、生徒、学童は制服が正式な喪服となります。 喪に服する喪章を付けることもあります。 2)和装の場合: 黒羽二重染め抜き五つ紋付の羽織、馬乗り袴(仙台平か博多平のもの)、黒羽二重の五つ紋付の長着、下着や長襦袢は白か灰色の羽二重(茶系統でも可)。 6月〜9月は絽か紗の長着、絽の夏袴、白麻の長襦袢になります。 羽織の紐は黒丸打ち組みにします。 帯は角帯(博多織のもの)、草履は畳表で鼻緒は白か黒。 足袋も白か黒です。 扇子は持たないようにしましょう。 なお、 和装の場合は喪服そのものが喪に服する意を表しているため、洋装のように喪章は付けませんので、ご注意を。 忌中に着用する喪服のマナー その2:女性の正式な喪服のマナー 1)洋装の場合: 黒のフォーマルスーツ(ワンピース)を着用します。 艶のない生地にしてデザインもシンプルにし、襟元は詰め加減で、長そでが原則です。 夏でもノースリーブやレース地、透ける素材は避けます。 スカートはひざ下長めで、ミニスカート・白系統の生地は不可です。 ボタンやバックル、靴や鞄も光沢がない黒にします。 アクセサリーは婚約指輪や結婚指輪以外は外しますが、つけたい場合は真珠の一連のネックレス程度にしましょう。 なお、本格的な喪服はアフタヌーンドレスが正式で、昼間は帽子(黒い縁なしのトーク型、キャップ型)を被り、ベールを掛けることがあります。 黒の手袋もします。 (本格的な喪服を着用するのは、今では皇室くらいですが・・・) 2)和装の場合: 黒無地の染め抜き五つ紋付の長着が正式の喪服で、男性同様6月〜9月は絽か紗になります。 羽織は着ません。 帯は黒繻子の丸帯、帯締めは黒の丸くげにし、悲しみを表現するため先を下にします。 帯揚げは黒の綸子。 襦袢は白羽二重か白綸子にし、襟も白にします。 草履は布製の黒草履か、畳表の黒い鼻緒のものにし、足袋はチャラコの白にします。 通夜の場合は、寒色系の色無地に喪帯でも大丈夫です。 3)その他気を付けること: 喪服の時には「方化粧」といい、紅を差さないのがしきたりで、赤いマニュキュアやマスカラ、アイシャドーは避けます。 口紅もリップクリーム程度かごく薄い色に抑えます。 化粧や髪型は控えめにして髪飾りは付けないようにしましょう。 香水もつけないようにしましょう。 洋装の際、パンプスの足音がカツカツ響かないように気を付けましょう(フローリングや大理石の床の場合、結構響きます)。 また、 冬に革や毛皮のコートは「殺生」をイメージさせるという意味で、色が黒であれ、忌中の際の喪服着用時は身に着けないことがマナーです。 忌中に着用する喪服のマナー その3:男性の略式の喪服のマナー ブラックスーツか濃紺、或はダークグレーなどのダークスーツに白いワイシャツ、黒いネクタイ、黒い靴が基本で小物は黒で統一します。 靴下は黒が良いですが、紺でも大丈夫です。 勤務先から直接会葬するときは、朝はブラックスーツかダークスーツ、黒い靴で出勤し、黒ネクタイを持参します。 そして参列する前に、ネクタイだけ黒ネクタイに取り換えれば、忌中の喪服としてのマナー違反にはなりませんね。 忌中に着用する喪服のマナー その4:女性の略式の喪服のマナー 1)洋装の場合: 黒・紺・茶色などの地味な生地で、シンプルなデザインのワンピースかスーツ、アンサンブルにしましょう。 ブラウスを着るときはレースやフリルなどの装飾や肌が透けて見えるものは避けます。 夏でも襟元の開いた服やノースリーブは慎みましょう。 2)和装の場合: 寒色系の無地に3つか1つの紋付の「半喪服」がありますが、色無地や小紋の地味な着物に黒の紋付の羽織でも大丈夫です。 帯は無地のものにし、小物も黒で統一しましょう。 ショールやコート(道行)は式場の前に脱ぎましょう。 3)その他気を付けること: 化粧やアクセサリー、コートや香水、パンプスや髪型などは正式な喪服のマナーの気を付けることと一緒です。 ストッキングも黒着用が一般的ですが、通夜の際は「突然の知らせに驚き、取るものも取りあえず駆けつけてきました!」という意味を持たせて、わざと黒ではなく肌色を着用するほうが良い、という方もいます。 忌中に着用する喪服のマナー その5:三親等までの正式な喪服のマナーとその他参列者の場合 喪服を着る親族は一般的に三親等まで(両親、祖父母、子、孫、ひ孫とその配偶者、兄弟姉妹、甥姪、故人の兄弟姉妹の配偶者、故人の叔父叔母とその配偶者)と言われています。 喪服のマナーは正式・略式共に上記同様です。 その他参列者は、黒っぽい服を持っていない場合、手持ちの服で間に合わせても問題ありませんが、 遺族やその親戚に対して弔意や思いやりを服で表せるよう、心がけましょう。 また、通夜の場合は、不幸を予測していたような印象を与えないように、わざと平服で参列したほうが良い、という方もいます。 実際急に参列することになった場合も、極力アクセサリーを外したり、代用できる黒い小物に変えたりなど、極力気配りをお忘れなく。 以上が忌中に着用する喪服のマナーです。 お悔やみの場では自分を表現するためのお洒落は全く必要ありません。 上記を踏まえ、なぜこのような服を着て参列するのか、その意味を考え、大切な人を亡くした方の心中を察しながら、失礼のない服装をしたいものですね。

次の