ポラス アフター メンテナンス。 安全・安心の住まいづくり

理由5 アフターサービス

ポラス アフター メンテナンス

皆様こんにちは。 ハスカーサ 営業、久枝です。 いつも ハスカーサのブログ をご覧いただきありがとうございます。 クリスマスも近づきイベントなどで忙しい時期ですね。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 家の庭の木も赤い実をつけ、柊の木も香とともに、白い花を揺らしています。 秋も深まったかと思うともう12月、師走になりました。 コートなしでは風が冷たい今日この頃ですが、 ハスカーサの柏展示場は今日もぽかぽかです。 ところで2018年も残りわずか、年末大掃除の時期になりました。 ふと見上げると寒々しい冬のそらになっていました。 今年は暖かいと思っていましたが、いつのまにか季節は変わってるのですね。 我が家では浴室やキッチンの換気扇のお掃除をしたりと休日はバタバタとしております。 新年は気持ちの良いお家で迎えたいものですね。 そして、すっきりとした気分でお正月は恒例の富士山を見に行きたいと思っています。 年末大掃除といえば・・・ お家のメンテナンスも気になりますよね。 ポラスのアフターメンテナンスはとてもきめ細やかです。 たとえば、ロングサポート60という60年の長期保証システムでは、 3ヶ月・1年・2年・5年・7年・10年・12年・15年・18年・20年・25年・30年と無償点検がございます。 無償点検をし、メンテナンスが必要な個所は有償にて工事を行います。 10年目などの節目で有償メンテナンスを実施することで、躯体や防水といった建物の保証を延長することができます。 今回は私の「 アフターメンテナンスを甘く見ていた!?防蟻工事&排水管洗浄体験記」をお伝えできればと思います。 ニガテな方は飛ばしてくださね 私はポラスのお家に住んでいます。 住み始めて何不満なく住んでるうちに、年月が経ち、いつの間にか6年目に突入。 梅雨のある日の雨上がりの日、帰宅すると玄関に数えきれないほどの黒い羽の生えた蟻が、どこからともなく大量発生していたのです! 小さな塵取りですくうと軽く山盛りになるほどの羽蟻です。 慌てて防虫剤スプレーをかけましたが、冷静になり、羽蟻について調べてみると、白蟻がいる場合には羽蟻が白蟻を餌にしている(白蟻が生息しているかも)という事例が書かれていました。 折角のお家が白蟻に食べられちゃうのは悲しいです。 ここで手遅れになる前に防蟻工事をしたいと ポラスのアフターメンテナンス部門に依頼しました。 (5年目に再防蟻消毒の提案を受けていたのですが、私がスルーしちゃっていました・・) 担当の方にはテキパキと日程を組んでいただきました。 そしてあわせてこの機会に 排水管洗浄もした方が良いとのことでした。 白蟻退治のことで頭が一杯の私・・・排水管洗浄はおまけぐらいにしか思っていませんでしたが、せっかくなのでお願いすることに。 そして当日、無事に 防蟻工事と排水管洗浄をしました。 運良く白蟻は発生していないことが判明し、防蟻工事をして頂きました。 化学物質過敏症の私は白蟻工事の薬剤も心配だったのですが、きちんと事前に説明をして下さったり、安心して工事して頂きました。 次におまけの?排水管洗浄ですが、ここで衝撃の事実が発覚! 排水管の中はなんと パイプの半分がつまっていたのです。 洗浄後はピカピカになりましたが、放っておいたら一体どうなっていたことでしょう。 排水管洗浄を行って本当に良かったです。 これからは定期的にメンテナンスしよう!と思っていたら、昨日7年点検のお知らせのお手紙が届きました(笑) お家は買ってからも大事だなと改めて感じました。 ポラスは定期点検のお手紙も送ってもらえるのでとっても安心です。 この体験談はお家を買ったばかりの方にもぜひ知っておいて頂きたい内容でした。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

アフターメンテナンス

ポラス アフター メンテナンス

ポラス リフォームの特徴、評判 出典: ポラスのリフォームには、どのような特徴や評判があるのでしょうか?ポラスのリフォームをオススメできる3つのポイントを、ご紹介します。 デザイナーとリフォームで新しい暮らしを作ることができる リフォームというのは1つの注文建築ようなものですので、様々なこだわりを詰めたいものですよね。 ポラスでは、お客様の趣味や嗜好に合わせたデザインの提案を行ってくれるので、住まいのコーディネートができるリフォームとすることができますよ。 リフォームにより新しい暮らしへとみちびくように、デザイナーがわかりやすく相談に乗ってくれますよ。 リフォームに詳しくなく自信がない人でも、ポラスなら安心して納得のリフォームへとすることができます。 構造設計にも力を入れているリフォーム業者 ポラスは新築物件も行っているため、構造設計にも詳しく力を入れたリフォーム業者です。 長く安全安心に住んでもらうために、ポラスグループの新築工事のノウハウを取り入れた構造設計を行っています。 耐震診断に基づく耐震補強工事も行うことができるので、古いお宅は頑丈な家へとみちびくことも可能です。 近年は地震が多くなってきたので、リフォームで耐震補強できるというのは嬉しいことですよね。 責任一貫体制なので間違いのない満足の高いリフォーム ポラスのリフォームは、施工を下請けに一括発注をせずに、ポラスグループの社員が責任を持ってリフォームの施工を行ってくれます。 リフォームの要望をうかがってくれる「リフォームアドバイザー」、設計を行う「建築士」、デザインを提案してくれる「インテリアコーディネーター」、リフォームの工事を安全に正確に行う「工事監督」の4つの体制でぬかりないリフォームへとみちびいてくれます。 各スタッフはリフォームの専門の知識を持っており、有資格者なので知識と提案力は抜群です。 ISO9001を取得しているので、施工品質も問題ありません。 ポラス リフォームの口コミ 出典: ポラスのリフォームを使った人は、どのような感想を持っているのでしょうか。 ポラスのリフォームの口コミを、ご紹介していきます。 満足できるリフォーム業者 同業なのですが、ポラスにリフォームを頼みました。 質問に対して具体的な根拠を明確に話してくれ、とてもわかりやすく安心して頼めるなと思いました。 打ち合わせもしっかりしており現場もきちんとしていて、不具合らしい不具合は1つも出ていません。 リフォーム後もあいさつに来てくれますし、いいリフォーム業者さんだと思います。 内装デザインのセンスがいい いろんな業者さんを見てきましたが、ポラスの内装デザインが1番気に入りました。 担当者の人も親身で、質問にも明確に答えてくれて親切でした。 具体的なリフォームの案が浮かんでいませんでしたが、ポラスさんのスタッフさんのおかげで具体的なリフォームのイメージを持ってリフォームを行うことができました。 私達が浮かばなかった部分にも目を向けてくれて、理想以上のリフォームになりました。 予算内で理想のリフォームができました 外壁塗装を検討していたのですが、どのリフォーム業者さんも高い材料ばかりを提案してきて困っていました。 ポラスさんは、私達の予算に似合った塗料材料を提案して下さり、予算内のリフォームとすることができました。 色を選ぶ際も色々アドバイスを下さり、納得ができる色の外装となりました。 お客様を第一に考えた姿勢が、とてもいいなって思いました。 ポラスの「ころもがえ」で新築のような外観に 外部が汚れて衰えてきたので、リフォームをしないといけないと思っていました。 どのようなリフォームにすればいいのかわからず、ホームページで見たのがポラスの「ころもがえ」でした。 外壁と屋根、窓、玄関ドア、雨どいなどを含めたパックで、非常にわかりやすいプランだなと思いました。 リフォームは2週間ほどで終わり、まるで新築のような見た目の我が家になりました。 20年程耐用年数があるということなので、我が家にとってはメンテナンスフリーのリフォームとなりそうです。 少し高かったです 評判が良いということでポラスさんにお願いしたのですが、少々お値段が高いなと思いました。 でも、いいお仕事をしてくれたので、仕方ないのかなと思っています。 打ち合わせもとてもいい感じで、インテリアのセンスが良いなと思いました。 少ないリフォーム費用でしたが、とてもいいリフォームになりました。 あとは、もう少し費用が安ければ文句はありません。 箇所 費用 壁紙張替え ㎡あたり980円 クッションフロア貼り ㎡あたり3,200円 内壁エコカラット貼り ㎡あたり15,000円~ 畳表替え 1帖4,800円~ システムキッチン 322,000円~(工事費、産業廃棄物処分費別途) ユニットバス 411,000円~(工事費、産業廃棄物処分費、土間打ち別途) 洋風便器(タンクレス) 186,000円~(工事費、産業廃棄物処分費別途)+内装工事などの標準工事費80,000円 その他、太陽光発電や断熱、介護向けのリフォームなどできないことはないぐらい小さいことから大きいことまで可能です。 ポラス リフォームのアフターフォロー・保障など 出典: ポラスのリフォームのアフターフォローは、60分を目安にお客様の元に駆けつけることができるよう、3つの主要拠点から車で駆けつけられるようにしています。 アフターメンテナンスを視野に入れて施工をしているので、緊急時に素早く駆けつけてくれますよ。 口コミでも、早く来てくれたという安心の声が多く挙がっているので、心配ないといえます。 また、日常的な問題だけではなく、災害などの緊急的な大きな問題にもしっかり対応してくれる体制となっています。 平成25年に発生した大きな竜巻災害の際も、夜間待機及び夜間巡回を実施し、対応をしました。 大きな災害が起きても対応してくれるので、安心といえます。 保証に関してですが、リフォームに対しての保証の明細が明確には記載されていません。 ホームページに記載されているのは、機器関係のメーカー保証(通常1年)と、有償で保証延長ができるサービスのみです。 有償の長期保証は、5年と10年で選ぶことができます。 対象設備ごとに費用がかかり、ユニットバスは5年間保証で7,000円、10年間保証で15,000円のような費用となります。 有償の保証に関しては細かく記載があるのですが、通常の無料の保証に関しては詳しく記載がないので、リフォームの際は問い合わせておくと良いですよ。 ポラスのリフォームの施工事例は? ポラスのリフォームのリフォーム事例は、以下があります。 戸建 費用1,025万円 新築で購入したポラスの分譲住宅であり、築28年となり老朽化が目立ってきたことでリフォームを検討されたそうです。 以前他の業者にリフォームをお願いして失敗されたそうで、この家を良く知っているポラスに頼まれたそうです。 設備機器選びの際は各メーカーのショールームへ何度も足を運び、使い心地など確認されました。 半年かけた打ち合わせにより、選び抜いた先進設備とデザインの良さにより古いお住まいが生まれ変わりました。 参考: マンション 費用650万円 リフォームを前提にマンションを購入し、使い勝手の良くないマンションのリフォームを検討されたそうです。 独立していたキッチンの壁や洋室を撤去し、21帖の大きなLDKを実現しました。 シックでカジュアルな内装となり、照明の配置や細かい治まりなど、ご夫婦の納得できる空間となりました。 参考:.

次の

アフターメンテナンス

ポラス アフター メンテナンス

「ポラスで検討しており、ノンアポで展示場に行ったにもかかわらず、たまたまその場に居合わせた設計者の方が、構造や材質、メンテナンスのことなどを詳しく説明して下さり、好感が持てる対応でした。 」 いかがでしょうか。 一般的にハウスメーカーでは、施工は下請けの工務店に任せるというケースが多い中、ポラスでは、仕入れから加工、設計、施工、そしてアフターサービスに至るまで直営責任一貫施工体制をとっているというのが最大の強みです。 そのため、設計図どおりの施工が期待できますし、施工エリアを一部に限定し、徹底的に地域に密着した事業を展開されているため、アフターサービスなどが充実していることは高く評価されています。 その反面、営業マンや設計士などの当たり外れがあるのは事実で、このあたりも評価に大きく影響を与えてしまっているようですね。 ポラスのアフターメンテナンスの評判 建築会社を選ぶ際に、大手という安心感から全国的に名の知れたハウスメーカーを選ばれる方も少なくないと思います。 確かに、大手なら性能や品質、そしてアフターサービスや保証の面でも充実しているという勝手なイメージが先行します。 一方、ポラスのように地域密着型の場合、施工エリアが限定されてしまうため、知名度も乏しく、本当にこの会社でお願いしてもいいのか?とためらってしまうことも事実です。 また、建ててからのアフターメンテナンスがしっかりとしているのか?など、大手で建てるよりもより慎重に情報を収集されると思います。 ここではポラスのアフターメンテナンスの評判はどうなのか?ということを徹底調査しました。 「ポラスで12年前に注文住宅を建てました。 アフターメンテナンスのいい加減さには呆れています、、、。 部屋のミニキッチンの畳がかびていることに気付き、床下もびっしょりなっているという問題が発生し、まずは一級建築士の友人に確認してもらいました。 その結果、配水管の管が短すぎて外れていたようですが、明らかに最初の施工ミスと言われました。 ポラスにも確認に来てもらいましたが、ポラス側は劣化により管が縮んだの一点張りで、直すにはお金がかかると言われました。 自分の不備で故障した場合であれば、有料で直すことは納得できますが、明らかに建築当時の施工ミスで、さらにそれを認めないアフターサービスの対応は腹立たしいです、、、。 」 「他のハウスメーカーで建てたことがないので、具体的に比較することはできませんが、アフターに関しては、ちょっとした不具合時でも2週間以内に直しに来てくれるため、良い方ではないかと思います。 」 いかがでしょうか。 ポラスは地域に密着して事業を展開しています。 そのため、万が一の不具合時にもすぐに駆けつけられるような範囲だけの施工にもこだわっているため、比較的対応もスムーズだという意見が多いですね。 ただし、ポラスさんではアフターメンテナンスの費用が結構かかる印象を受けました。 特に10年点検を受け、さらに10年の保証を付けようとする場合には、ポラスで有料のアフターメンテナンスを行うということが必須条件とされていますが、足場を組んでの外壁や屋根、水回り関係のメンテナンスには150万円ほどの費用が必要だという口コミもありました。 もちろん、アフターメンテナンスの費用はポラスだけではなく、他のハウスメーカーでもかかってきますが、アフターメンテナンスにかかるお金を最小限に抑えることのできるメーカーもありますので、このあたりも検討される時に比較すべきポイントかと思います。 ポラスしか検討していない方は要注意 合わせて読みたい記事>> ポラスの注文住宅の坪単価 ポラスは、東京や千葉、埼玉で注文住宅の施工や販売を行っていますが、それぞれのライフスタイルに合わせ、家づくりを楽しむために6つのブランドが用意されています。 最もハイグレードな位置づけにあり、性能や品質に徹底的にこだわった「ポウハウス」をはじめ、国産ヒノキの素材にこだわりつつ、お求めやすい価格を実現されている「北辰工務店」、ローコスト住宅の「モクハウス」などが用意されています。 ポラスで注文住宅を建てようとすると、まずハイグレードなポウハウスが候補にあがると思いますが、そこで問題になってくるのは坪単価や建築費用だと思います。 実際にポウハウスで新築された方々の情報を参考にすると、『正直価格は高いと感じました。 』といった声が多くあがっていますが、完全な注文住宅ということで、打ち合わせでは細部まで決めることができたなどの嬉しい声もあがっています。 そこで、ここではポラスの注文住宅の中でも、最もハイグレードとなるポウハウスの坪単価や建築費用を徹底調査しました。 「我が家が見積りを取った当時の情報となりますが、本体価格が2400万円弱、付帯工事費用は約300万円ほどでした。 しかし、かれこれ10年以上も前なので、現在はどうか分かりません。 ちなみに、値引き交渉はしていませんが、担当だった営業さんからは、ポウハウスは初めから値切った金額を提示していると説明を受けました。 」 いかがでしょうか。 ポラスの注文住宅の坪単価としては、60万円前後〜が一つの目安となりそうですが、ポウハウスで建てる場合の建築費用としては、2500万円前後〜3000万円程度、場合によってはそれ以上の費用がかかることもあります。 セミオーダー住宅となりますが、モクハウスを選ぶと2000万円以内での建築も可能なようです。 ただし、設備などにこだわりグレードアップしていくと、どんどん価格は高くなっていきますので注意して下さい。 ポラスの注文住宅での値引き交渉は可能? ポラスでは、建売住宅も販売されているため、建売住宅の場合は値引きが行われているようです。 実際に、半年、1年近く経ってもなかなか売れないような物件の場合は、約13%ぐらいの値引き額を提示されることもあるようです。 基本的に建売住宅やモデルハウスの場合は、値引きもしやすいですし、売れ残っているような物件の場合は値引きには有利です。 しかし、それが注文住宅となると話は変わってきます。 注文住宅はオーダーして建ててもらうのですから、まず大幅な値引きは考えにくいですが、ポラスで注文住宅をお考えの場合、期待するなと言われても本音を言えば値引いてほしいものです。 ポラスの注文住宅では値引きが行われているのか?を徹底調査しました。 「ポラスでは契約時の見積りの段階から、値引きはしないと営業マンから説明を受けました。 ただし、値引きがなくとも設備のグレードや不要なものは採用しないなど、値段を下げることはできたので、結果オーライでした。 」 いかがでしょうか。 上記の口コミにもあるように、ポラスの注文住宅では基本的に値引きが行われておらず、見積りの段階で営業マンはその事をしっかりと伝えているようですね。 そのため、注文住宅で建てる場合は、値引きがないものとして、見積りが予算内に収まり、しっかりと返済していけるのかをシュミレーションしておく必要があります。 また、ポラスでは6つのブランドが用意されていますので、比較的安価に建てられる注文住宅も用意されていますので、予算が厳しい場合は「モクハウス」というブランドもお勧めです。 ちなみに、ポラスグループでは値引きがないかわりに、紹介制度があるようですから、それを上手く活用すると少しお得に契約することもできます。 無料!3分でかんたん資料請求。 ポラスでは16年連続でグッドデザイン賞を受賞するなど、デザインは優れていますし、1969年創業と50年の実績を誇っているなどのメリットがある反面、一部の関東エリアのみと、施工エリアが限られてしまうことはデメリットとしてあげられます。 建築の依頼先を決める時には、事前に良い面と悪い面をある程度把握しておかないと、いざ契約をして話を進めていくと『こんなはずじゃなかった、、、。 』と後悔しがちです。 そこで、ここではあえてポラスのデメリットに注目してみました。 デメリット1:価格が高い! ポラスでは、6つのブランドが用意されており、「ポウハウス」や「北辰工務店」などがあります。 特にポウハウスは性能や品質に徹底的にこだわっており、ポラスの中でも最もグレードの高いブランドとなっているため、坪単価や建築費用は高いと言われています。 実際に、ポラスの注文住宅の価格に関しては、『とにかくコストパフォーマンスが悪い!』という声や、『最終的に大手ハウスメーカーで建てるのと変わらないぐらいの金額になりました。 』などの声があがっています。 そして、目に見える部分に関してはそれなりに良く見えるのに、柱や窓サッシなど、値段のわりに仕様がイマイチだという口コミもありますので、標準仕様などは事前に確認しておいた方がいいかもしれません。 デメリット2:アフターメンテナンスの費用など、建ててからも建築費用がかかる! ポラスで建築された方々からは、アフターのメンテナンス費用が高いという口コミが多数です。 ポラスでは入居してから、3ヶ月、1年、2年、5年、10年と定期点検が実施されていますが、それ以降、保証を延長させようとすると、ポラスでアフターメンテナンスを実施する必要があります。 しかし、足場を組んで、外壁や屋根、水回り関係のメンテナンスが必要となるため、その費用は100万〜150万円ほどかかるといった口コミばかりで、10年後に高額なメンテナンス費用が発生するのは、大きな出費となりそうです。 その有償となる点検を受けなければ、保証を延長させることはできないため、迷われる方も多いようです。

次の