ボイスメモ 共有。 iPhoneのボイスメモをLINEトークで送って共有する方法をご紹介|iPhone村

【解決】iPhoneのボイスメモアプリのメッセージを共有できない場合の対処設定方法

ボイスメモ 共有

トップ画像引用元: 1 iPhone「ボイスメモ」の録音方法 画像引用元: iPhone「ボイスメモ」の基本的な使い方である、 「録音方法」について解説していきます。 基本的な操作方法ですので、利用を考えている方は必ず覚えていきましょう。 手順は以下のようになります。 また、Siriを使って起動することも可能です。 画像引用元: 2起動すると「赤丸マーク」が下部中央に配置されています。 これが 「録音ボタン」になります。 3録音を開始すると「録音ボタン」が 「停止ボタン」になりますので、終了する際はタップします。 4録音内容に問題がなければ、上部に配置されている「完了」をタップします。 上記の手順で「録音」は完了します。 録音された音源は「停止ボタン」をタップすれば録音が終わり、自動的に「保存」が完了します。 次の工程が解説しますが「編集」をすぐに行いたい場合は、最終工程の「完了」はタップしないようにしましょう。 次に、録音をする際に気をつける点について解説していきます。 1-2 iPhone「ボイスメモ」で録音する際に気をつけること 録音をした際によくあるのが、周りの物音(雑音)が激しく聞きづらいということです。 このような現象は多々ありますが、対策をすることでクリアに録音をすることが可能になります。 録音をする際は、録音環境に気を配ることが大切です。 クリアに録音するためには以下の、 3つのポイントに気をつけましょう。 マイクを相手に向けて録音することで、通常よりクリアに録音することができる。 正確性が高いためできる限り、空調(エアコン・暖房)を切るようにする。 室内で録音するよりも「室内」で録音した方が綺麗。 マイクを相手に向けて録音することで、通常よりはっきり録音することができる 録音するときは「iPhone」のマイク部分をしっかり向けることを意識しましょう。 iPhoneのマイクは、充電差込口(ライトニングコネクター)の両サイドに搭載されています。 誤ってマイク部分を抑えてしまうと全く意味をなさないので注意しましょう。 スペックが高いためできる限り、空調(エアコン・暖房)を切るようにする iPhoneの「ボイスメモ」はスペックが高く、少しの物音・話し声まで拾ってしまいます。 その中でも1番厄介な雑音が、 エアコンなどの「空調機」によるものです。 それらの音は普段生活する上では全く気になりませんが、iPhoneなどと言った機器を通して聞くと、 とても鮮明に聞こえてしまいます。 また、終始を拾ってしまうので編集する手間がかかります。 ですので、録音をする際は一時的にでも空調機を止めることをオススメします。 室外で録音するよりも「室内」で録音した方が綺麗 外での録音はあまりオススメしません。 やはり、外は 「風」や 「車」「人の話し声」を必ず拾ってしまいます。 「環境音として入っても構わない」としても、風の音は避けるように心がけたが良いでしょう。 風の音は、機器を通すと「ボー」という篭った音に変わります。 ですので、簡単な対策として、マイク部分に「布」や「ニット生地」をかぶせて録音してみると良いでしょう。 多少は軽減するのでオススメです。 次の章では、iPhone「ボイスメモ」の編集方法について解説していきます。 2 iPhone「ボイスメモ」の編集方法 画像引用元: 次に、 iPhone「ボイスメモ」の 「編集方法」について解説していきましょう。 iPhone「ボイスメモ」でできる編集機能は以下のようなものになります。 ボイスメモの一部を再録音する機能• 部分的に音源を取り出す「トリミング」機能• 部分的に音源を削除する機能 簡単に言ってしまうと、iPhone「ボイスメモ」の編集機能は、 「音を足すか」「音を削除をするか」に限ります。 編集ソフトまでの機能ではありませんが、日常的に使用する分には十分なスペックと言っていいでしょう。 では、上記した各機能の操作手順をみていきましょう。 2-1 ボイスメモの一部を再録音する機能 画像引用元:• 編集を行いたい「ボイスメモ」を選択し、 「青丸が3つ並んだマーク」をタップします。 すると、 「録音を編集」が表示されますのでタップしましょう。 選択した「ボイスメモ」の波形が表示されますので、左右にスワイプし編集をしたい部分に 「青い再生ヘッド」を合わせます。 編集部分にヘッドが合いましたら、 「再録音」をタップします。 録音が終わりましたら 「停止ボタン」をタップしましょう。 問題がなければ 「完了」をタップし終了になります。 再録音をするときは、極力 同じ場所で行うことをオススメします。 理由としては、録音する内容は変わらないとしても、環境音が変わってしまうので統一感が失われてしますからです。 内容さえ分かれば問題ないという方は、マイクの向けだけ気をつけましょう。 2-2 部分的に音源を取り出す「トリミング」機能 次に「ボイスメモ」として保存された音源を取り出す(トリミング)機能について解説していきます。 音源を取り出す(トリミング)機能の操作方法は以下の手順に従って行なってください。 切り詰めたい「ボイスメモ」をタップします。 「青丸が3つ並んだマーク」をタップし、「録音を編集」をタップします。 「ボイスメモ」の「トリミングボタン」をタップします。 すると、下の方にある録音グラフで、メモの両端に矢印の付いた「黄色いハンドル」が表示されます。 先頭から切り詰めるときは、左端にある「黄色いハンドル」を、メモを始めたい位置までドラッグします。 末尾から切り詰めるときは、右端にある黄色い矢印を、メモを終了したい位置までドラッグします。 「トリミング」をタップします。 「保存」をタップし、編集が終わったら「完了」をタップして終了になります。 「ボイスメモ」の前後には、余計な部分が録音されてしまうことが多いので、「トリミング機能」を利用することで 重要な部分だけを取り出すことができます。 会議など重要な部分だけを保存したい時に便利ですので、活躍の場は多いのではないでしょうか? 2-3 部分的に音源を削除する機能 次に、部分的に削除をする方法について解説していきます。 部分的に削除をする手順は以下のようになります。 切り詰めたい保存された「ボイスメモ」を選択します。 「青丸が3つ並んだマーク」をタップし、「録音を編集」をタップします。 ボイスメモの「トリミングボタン」をタップします。 すると、下の方にある録音グラフで、メモの両端に矢印の付いた黄色いハンドルが表示されます。 左右の黄色い矢印をドラッグし、メモの削除したい部分を挟むように選択します。 「削除」をタップします。 「保存」をタップし、編集が終わったら「完了」をタップして終了になります。 この機能は、前項目で紹介した「トリミング機能」の逆バージョンと考えてください。 勘違いして残したい部分を削除してしまう可能性がありますので、注意して行いましょう! 誤って削除し保存までしてしまった時の対処法である「ボイスメモ」を復元させる方法は次の章で紹介します。 3-1 iPhone「ボイスメモ」内で削除されたデータを復元する 画像引用元: iPhone「ボイスメモ」アプリ内で、削除してしまった音源データを 復元させる方法を解説していきます。 手順は以下ようになります。 iPhone「ボイスメモ」アプリ内で、「最近削除した項目」をタップします。 復元したい「ボイスメモ」データを選択します。 選択しましたら「復元」をタップします。 最後に「録音を復元」をタップし終了です。 編集時に誤って削除してしまいがちですが、「ボイスメモ」アプリ内で復元する方法を知っていれば、安心して利用できます。 「ボイスメモ」データの復元に関しては、 この方法が1番簡単なものになります。 復元する際に「最近削除した項目」を選択しますが、ファイリングされている削除されたデータは、30日間の保管期限が設けられています。 3-2 「UltData」という無料ソフトを利用してデータを復元する(写真・動画・連絡先でも可能) 画像引用元: 無料データ復元ソフト「UltData」をご存知でしょうか? 「UltData」は「ボイスメモ」だけに限らず、様々なデータを復元することができます。 ですが、 パソコンを利用しますので所持していない方は利用できません。 ここでは「ボイスメモ」の復元方法を解説しますが、復元操作自体大きく異なることはないので参考にしてみてください。 「UltData」を利用した復元方法の手順は以下のようになります。 無料ソフト「UltData」をダウンロードする。 使用している「iPhone」をパソコンにつなぎ、「UltDat」を起動して「スキャン開始」をクリックします。 「ボイスメモ」のアイコンが表示されますのでクリックします。 すると、削除されたデータが一覧で表示されますので、復元させるデータをクリックします。 最後に「復元」をクリックして完了です。 上記の手順で復元が完了します。 便利なソフトですので、パソコンを持っている方はダウンロードしておいても良いのではないでしょうか? 4 iPhone「ボイスメモ」の転送方法 最後の項目として、 iPhone「ボイスメモ」の転送方法を解説していきます。 手順は以下のようになります。 保存されている「ボイスメモ」データを表示し「青丸が3つ並んだマーク」をタップします。 「共有」を選択し、都合のいい共有方法をタップすれば終了です。 ややこしい操作は一切不要で、簡単かつ便利です。 また、共有方法は以下のような選択肢があります。 メッセージ• iCloud• メール• インストールされているアプリ(LINEなど)• SNS 保存先も選択することが可能ですので、アップル製品の一貫性の良さを実感しますね。 5 iPhoneボイスメモ完全まとめ|録音・編集・復元・転送方法とはのまとめ 画像引用元: 「iPhoneボイスメモ完全まとめ|録音・編集・復元・転送方法とは」と題し、iPhone「ボイスメモ」アプリの解説をしてきました。 ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

次の

iPhoneの「ボイスメモ」の使い方は?スロー再生/修正/共有/復元方法など

ボイスメモ 共有

ボイスメモとは ボイスメモとは、iPhoneに搭載されている録音機能です。 2008年以降のiPhoneではプリインストールされるようになって、多くのiPhoneユーザーに使われている機能です。 この記事では、最も使われているボイスメモの共有方法を皆さんにご紹介しますので、お読み続けください。 方法1. 下記は詳細な操作ガイドです。 共有したいファイルを選び、「 編集」ボタンの左にある「 共有」ボタンをタップします。 近くにあるiPhoneやiPadと共有したいときは、「AirDrop」のところで近くの端末が表示されますので、共有したい端末を選択して、簡単に共有することが可能です。 近くに端末がないとき、「 メッセージ」を選択してください。 iMessageで他のiPhoneまで共有することが可能です。 ( メールで送信する場合、パソコンへ転送することも可能です。 ただし、長時間録音した場合、ファイルが重すぎるようになって、以上の方法で転送するのはつらいかもしれませんので、ここでもう一つの共有方法を一緒に皆さんにご紹介します。 それは、です。 完全無料なiPhoneデータ移行ソフトでただ数クリックだけボイスメモを他のiPhoneまで共有することが可能です。 下記の詳細の操作ガイドをチェックしましょう。 方法2. MobiMover Freeでボイスメモを共有 をダウンロード&インストールして、実行してください。 ステップ1:2台のiOSデバイスともパソコンに正確に接続していることを確認したうえ、「 フォン To フォン」をクリックして、データの移行方向を選択します。 (どのデバイスからどのデバイスへと移行する。 ) ステップ2:ソフトが自動に転送元のiOSデバイスからデータを読み込みます。 次にカテゴリで ボイスメールにチェックを入れてください。 ステップ3: ボイスメールを選択した後、データの移行を開始するには 転送をクリックしてください。 以上、簡単な数ステップでボイスメモを他のiPhoneへ転送することが可能です。 操作がとても簡単ですので、ボイスメモ若しくは他のデータを別のiPhoneへ転送したい方は、是非このソフトを見逃しないでください。

次の

iPhoneのボイスメモをLINEトークで送って共有する方法をご紹介|iPhone村

ボイスメモ 共有

【スポンサーリンク】• 「ホームボタン」と「電源(音量)ボタン」を同時押しし、iOSデバイスを強制的に再起動してください• 当サイトをフォローしてください!• カテゴリー• 105• 300• 342• 181• 142• 363• 571• 193• 267• 266• 158• 641• 212• 106• 150• 166• 1,071• 227• 162• 153• 102• 105• 144• 6,990• 120• 515• 113• 688• 333• 177• 104• 212• 116• 546• 1,854• 180• アーカイブ アーカイブ.

次の