ビジュアル 系 と は。 ヒィロの年齢や本名は?ビジュアル系バンド時代のイケメン画像写真!

超ビジュアル系!死ぬまでに一回食べてみるべき不思議食材「たこの道具」って?

ビジュアル 系 と は

ビジュアル的に彼女が1番際立っていた。 この動画は ビジュアルに訴えてくる。 ビジュアル系バンドを結成する。 「ビジュアル」は、 主にデザインなどについて使います。 「意味を詳しく」で見た例の広告のようにデザインは見た目が大切です。 パッと見た時にどれだけのインパクトを残せるか、つまり「ビジュアル的に優れているか」が重要なのです。 また、「ビジュアル」という単語のみで使いません。 その後に文章や単語をつけて使うことが一般的です。 日本ではX JAPANなどが具体例としてあげられます。 彼らは、音楽の他に派手なメイクをして、見た目にとても強い衝撃があることから、「ビジュアル系」と呼ばれるようになりました。 「ビジュアル」の語源 「ビジュアル」の語源は英語の visual です。 カタカナ語とほぼ同じ意味です。 visual は形容詞です。 名詞の場合は vision 、動詞で使いたい場合は visualize を使います。 英語の場合は変化することを覚えておきましょう。 さらに語源を辿ると、ラテン語の videre になります。 これは「見る」という意味の動詞です。 アピール:訴える• アイキャッチ:目を引く• アピアランス:外見 「アピール」は「訴える」という意味のカタカナ語です。 語源は英語の appeal です。 「ビジュアル」は目から入ってくる情報を通じて、心に訴えかけてきます。 訴えるという点でとても似た単語です。 「アピール」は表現するときや意見を言いたいときに使います。 たとえば、デモ行為を行ったり、メディアで発言して訴えたりすることは「アピール」の1つです。 「アイキャッチ」は「目を引く」という意味のカタカナ語です。 思わず見てしまう画像のことを「アイキャッチ画像」と言います。 広告業界でもCMの冒頭に「アイキャッチ部分」を入れたり、店頭では売れ筋商品にPOPを使ったりする「アイキャッチ」をしています。 特に綺麗な女性や赤ちゃん、動物の画像は多くの人の目を引きやすいと言われています。 そのため、ネットのメディアなどでもこうした画像が多く使われているのですね。 実際の例文を挙げると、「アイキャッチ画像を選定する」などがあります。 「アピアランス」は「外見」という意味のカタカナ語です。 さらに似たような言葉に「ルックス」があります。 どちちも人や物の見た目を表します。 こちらは、「訴えかける」という意味合いはありませんが、同じ視覚に関する単語なので紹介させていただきました。 まとめ 以上、この記事では「ビジュアル」について解説しました。 英語表記 ビジュアル visual 意味 指導者 語源 英語の visual 類義語 アイキャッチ、アピール、アピアランスなど 「ビジュアル」はよく使われるカタカナ語の1つです。 画像を使ったSNSが発達して、みんな見栄えを気にするようになりました。 現代社会と密接な関わりがあるカタカナ語なのです。 ぜひこの記事で「ビジュアル」の意味や使い方を理解して、実際の生活にも役立てるようにしましょう。

次の

ビジュアル系バンドって何の事ですか?「ビジュアル系」の意味がよく...

ビジュアル 系 と は

「ビジュアル」の正しい意味と使い方は? まずはじめに「ビジュアル」の正しい意味と使い方からみてみましょう。 カタカナ語と英語での意味での違いも解説します。 カタカナ語「見た目と音楽スタイル」 「ビジュアル」の意味は「視覚に訴えるものごと、または仕方」です。 つまり、広く捉えればものごとや状況に対しての「見た目」を表しています。 「視覚に訴える」ということは人の目に飛び込んだ時、何かしらの刺激や印象があることであり、そこにはメッセージ性や心に響くものがあることが必要です。 「ビジュアル」は視覚に「入る」だけではなく人々の視覚に「訴える」ことが大切であるため、見た目で第一印象が決まる雑誌や広告ではキーポイントとなる項目です。 また周知の通り「ビジュアル」は音楽スタイルを表す言葉としても広く親しまれています。 英語の意味は「視覚と映像」 英語でビジュアルは「visual」と書き、「視覚の」「視力の」「映像の」などの意味があります。 たとえば「visual aid=視覚教材」「visual ability=視覚能力」「visual chart=視覚表「visual art=視覚芸術」などのように、視覚や視力に関係する熟語としてよく使われます。 また心や頭に描くイメージや構想など実際にはない「心象」を表す言葉でもあります。 同義語に「imaginal=想像の」がありますが、たとえば「visual friend=想像上の友達」「visual map=ビジュアルマップ」「visual scenery=心に描く風景」というように使われます。 類語は「視覚」「視覚性」 ビジュアルの類語は「見た目」という意義で考えると「視覚」「視覚性」「ビジョン」などになります。 言い換えは状況に合わせて適切に行いましょう。 この映画はビジュアルに欠ける部分がある• この映画は視覚性に欠ける部分がある 「ビジュアル」使った言葉と例文 「ビジュアル」を使った言葉をいくつか挙げてみましょう。 カタカナ語の表現の面白さを発見して下さい。 ビジュアル的に 「ビジュアル的に」は「視覚的に」「見た目にも」という意味で「ものごとを視覚的に捉えてどうか」という観点で会話が進む時によく使われます。 このウェディングドレスはビジュアル的に生えそうなデザインだ。 ビジュアルがいい 「ビジュアルがいい」は「見た目が素晴らしい」「視覚的に美しい」というシチュエーションの時によく登場します。 逆に「ビジュアルがあまりよくない」は「見た目が良好ではない」という意味になります。 雪山を背景に写真を撮った方がビジュアルがいいだろう。 ビジュアルバンド 「ビジュアルバンド」はメンバーの衣装が個性的でカラフルだったり、音楽スタイルが奇抜で印象的なバンドのことを指します。 「ビジュアル系バンド」とも呼ばれています。 ビジュアル系バンド一覧で検索すると早いよ。 ビジュアルプログラミング 「ビジュアルプラグラミング」は英語の「visual programming 」のことでプログラムをテキストを用いて行うのではなく、視覚的なオブジェクトを使ってプログラミングをすることです。 これらの視覚的なオブジェクトを「ビジュアルプログラミング言語=visual programming language」と呼びます。 ビジュアルプログラミングが簡単にできるソフトが次々と開発されている。 「ビジュアル」の英語と英語例文 最後に「ビジュアル」を使った英語例文を紹介しましょう。 ディスプレイや商品のデザイン、また人間の心象を問うセミナーや自己啓発セッションなどによく使われる言葉です。 本格的な国際化に向けて使い方をマスターしましょう。 発音は「ヴィジュアル」 カタカナ語のビジュアルに対し、英語での「visual」の発音は「ウィジュアル」になります。 アクセントを「ヴィ」に置き、「ヴィジュアー(ル)」と「ル」をほとんど意識せずに発音すると綺麗にまとまります。 「visual」スペルと変化形 「ビジュアル」のスペルは「visual」で名詞「vision」の形容詞となります。 また関係語「vision」の変化形は「visioning=見えている」「visioned=見えた」となります。 「visual」を使った英文例• 君はビジュアルマインドに長けているよね?• I think the design of this ad is wonderful in visual. この広告のデザインはビジュアル的にいいと思います• How strong the visual appealing really is the key when it comes to the front page of the magazines. 雑誌の表紙はビジュアルが命である 韓国語では「비주얼(ビジュオル)」 ちなみにお隣韓国ではビジュアルは「비주얼」と書き、読み方は「ビジュオル」となります。 カタカナ語と近いので覚えやすいでしょう。 まとめ 「ビジュアル」は「視覚」「映像」を瞬時にイメージできるため、それらに関係する商品の名前の一部としても多く選ばれています。 カタカナ語の「ビジュアル」は「音楽スタイル」の他「見た目」などの意味で使われますが、ものごとの様子や形、デザインや色遣いなどあらゆるオブジェクトが対象となるためついつい濫用してしまうことがあります。 職場では空気を読みながら適切に会話の中にはさむようにしましょう。

次の

ヴィジュアル系とは (ヴィジュアルケイとは) [単語記事]

ビジュアル 系 と は

呼称に関して [ ] 起源 [ ] 「ヴィジュアル系」という呼称はの『』のキャッチコピー「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」が起源だとされることが多い。 は、雑誌 現在は廃刊 を創刊する際に、の言葉を引用して「ヴィジュアル&ハードショック・マガジン」というサブタイトルをつけ始めたのが始まりだと主張している。 また、ヴィジュアル系という言葉が定着する前は、お化粧系という言葉が使われていたとも証言している。 1997年、のブレイク期に一般にも定着するようになり、「新語・流行語」 化した。 その後、『日本俗語大辞典』では、の作品である『闇呪』の文章を引用し、音楽や男性に限定せず、少女に対しての使用例を挙げている。 なお、この語は日本国外においても「Visual-Kei」で通用する言葉となっている。 しかし、1998年にデビューしたの元ギタリストであり、の現ギタリストでもあるAijiは、シーンに属していた当事者の視点からこう語っている。 「 ヴィジュアル系っていう言い方は、ライヴハウス界隈では93年ぐらいからあったはあったんですけど、それが市民権を得た後にデビューした自分らであっても、ヴィジュアル系という言葉には違和感がありました。 やっぱり10代で一番使ってた言葉だから。 」 蔑称としてのヴィジュアル系 [ ] 上記の通り、当初この言葉自体に侮蔑的な意味合いは込められていなかった。 当時のミュージシャンの多くが優先していたのはあくまでサウンドであり、メイクは世界観を表現するためであったり 、観客を喜ばすためのものだったが、1990年代から2000年代にかけて、ヴィジュアル系という用語は中身よりも外面重視というような批判を込めた 差別的な言葉だととらえられていた。 このように1990年代のヴィジュアル系バンドの中にはヴィジュアル系と称されるのを嫌がるものも多く 、実際にが番組内で「ヴィジュアル系バンド」と呼ばれたことを理由にへの出演をキャンセルする事件が起きている。 ヴィジュアル系が差別された要因としてはさまざまなものが考えられる。 音楽雑誌が各々ジャンルを区別し、バンドの掲載可否を決めたことが結果的にはファンや関係者の意識に作用したという説もある一方 、オタクカルチャーのような「コスプレ的」、「キャラクター的」な側面が嫌悪されたのではないかという説もある。 再評価 [ ] 2010年代になると、90年代ヴィジュアル系の再評価が進み 、差別用語としてとらえられることは少なくなった。 ヴィジュアル系という言葉の意味合いが変わった経緯について、市川は現在大物のも出てきた当初は批判されたので、ヴィジュアル系が最初は批判されてのちに評価されたのもそれと同じようなものではないかと述べている。 傾向・特徴 [ ] 神宮橋でヴィジュアル系(2006年3月26日) 音楽的な特徴 [ ] 音楽性は多岐にわたっており、明確な定義をあげるのは困難である。 しかし、基本的には日本国外のや、や等から影響を受けたバンドが主流だといえる。 の元編集長鈴木ぽっくんと音楽ライター長澤智典の対談では、ヴィジュアル系の音楽的な要素として とが挙げられている。 実際にやヘヴィメタルからの影響を語っているバンドとしては、所属の や から影響を受けていた、 や から影響を受けていた、 や から影響を受けた、 や からの影響を語っている などがいる。 ジャンル自体が急速にメジャー化していった2000年以降のバンドは、これらの初期のヴィジュアル系バンドの他、歌謡曲等から影響を受けていることが多く、より洗練され、ポップな様式となった。 一方でや、等、華やかさや煌びやかさよりも、哀愁や官能美、グロテスクな表現やレトロな表現等で魅せるバンドも存在する。 外見的な特徴 [ ] ヴィジュアル系バンド()の 視覚表現もバンドによって様々であるといわれている。 1980年代は、のような黒服が王道であった。 1990年代になると煌びやかなファッションが主流となり、のように80年代の王道の流れにあるバンドは異色な存在となる。 ヴィジュアル系バンドにとってメイクは音楽とともに自己表現の一つであったが、2000年以降はブームと時流により、ヴィジュアル系はメイクをするということが前提とされた。 2001年に結成したは、後に オサレ系と呼ばれるポップでカラフルなメイクと衣装の原点となる。 オサレ系以外のジャンルに、ゴージャスな衣装と濃いメイクの コテヴィ系 コテコテのヴィジュアル系。 コテ系とも称される。 、オサレ系以上にストリート的でナチュラルメイクの ソフヴィ系 ソフトヴィジュアル系 、黒いエナメルや革に鋲を大量に身に付ける 黒系、派手な甲冑や着ぐるみ、制服などを着る コスプレ系、白いを塗り、和服や昭和のような服を着ていることが多い 白塗り系等がある。 ファンの特徴 [ ] 詳細は「」を参照 1977年に音楽雑誌が創刊される。 初代編集長を務めた北村昌士は、のちにイギリスのポストパンク、の流れを受けてを設立している。 同じくイギリスのポスト・パンクシーンの影響を受けたバンドとしては、「1979年秋から1980年中期までロンドンに帯在し、に多大な影響を受け 」たGENETが1980年に結成したなどがある。 1982年には、バンドがシングル「」をリリースし、ヒットさせる。 のちに、この曲はやといったヴィジュアル系バンドによってカバーされることとなった。 1985年ごろになると、、のインディーズ御三家を中心にインディーズブームが起こる。 黒夢のは高校時代にのコピーをしたと語っている。 も当時のインディーズシーンについて、「ビジュアルが衝撃的だった。 男なのに化粧してる。 こんな世界もあるんだって 」と述べ、なかでもTHE WILLARDのヴォーカリストJUNからの影響を公言している。 1986年、のはを設立し、「MOLT GRAIN」を発売する。 1980年代のシーンについて、バンドのメンバーであるは「80年代って情念の塊のような時代だったと思うんです。 中略 例えば、80年代はメイクしなくちゃステージに立てなかった。 つまり何か人と違ったことをしなければステージに出れないのが80年代だった」と振り返っている。 ヴィジュアル系黄金時代 [ ] 1980年代の終わり頃から1990年代のはじめにかけて、1980年代の音楽シーンの影響を受けたバンドが現れる。 上記のバンド以外には や 、 、、、、、などもヴィジュアル系の先駆者としてあげられる。 1990年には、ヴィジュアル系専門誌が創刊される。 1989年に結成されたが1991年にからアルバムを発表。 このころにはエクスタシー・サミットと呼ばれるエクスタシーレコード所属のバンドが一堂に会するライブイベントが行われていた。 90年代初頭ごろからも活性化している。 インディーズシーンではがと並んで「名古屋2大巨頭」とされるまでになった。 90年代初頭に結成されたバンドには、黒夢のほかに、、、、、、、、などがおり、これらのバンドがのちにシーンを盛り上げていくことになる。 1994年に 、 、 がメジャーデビューを果たす。 同年、Silver-Roseが解散し、後にギターのは に、ベースのKaikiはに、ドラムのKyoはにそれぞれ加入している。 また、この年には L. と題して、、が全国ツアーを敢行。 各地の公演では、、、らがオープニングアクトを務めた。 ヴィジュアル四天王と呼ばれる、、、も活動を始める。 97年にはSHAZNA がメジャーデビューシングル「」を累計88万枚、2ndシングル「」を累計65万枚を売り上げ、1997年の最優秀新人賞を受賞している。 またに移籍したも6thシングル「」を累計90万枚売り上げた。 ただし、トリプル・ミリオンになったアルバムやダブル・ミリオンを達成したシングルはほとんどなく、CDバブル時代にもっとも活躍したのはヴィジュアル系ではなかったとされる。 一方でライヴを観に行くファンは他ジャンルよりも多かったため、市川哲史は「V系が90年代音楽シーンにもたらした最大の功績とは、 中略 ロックバンドのライヴの規模を圧倒的に拡大し」、「大道具やらサウンド・システムやら証明やらコンサートに関するあらゆるノウハウ」を発展させた点にあると述べている。 アリーナやドームクラスの会場でワンマンライヴをするバンドも現れ、はメジャーデビューからとでのワンマンライブに至るまでの当時の最短記録を更新した。 1996年には、インディーズバンドを紹介する音楽番組「」の放送が始まる。 1999年には、などがメジャーデビューしている。 ヴィジュアル系氷河期 [ ] 往時は隆盛を極めたヴィジュアル系であったが、2000年以降、世間からはすでに「終わった」ものであると見なされ、 ヴィジュアル系氷河期を迎える。 しかし、2002年には、がメジャーデビューし、これらの世代のバンドの功績がその後の ネオ・ヴィジュアル系ブームへと繋がってゆくこととなる。 2003年には、がメジャーデビューする。 ネオ・ヴィジュアル系ブーム [ ] 2004年前後に台頭した新たなヴィジュアル系アーティストを、 ネオ・ヴィジュアル系と呼ぶ。 ヴィジュアル系の専門媒体、専門レコード店、V箱(ぶいばこ)と呼ばれる専門ライブハウスを中心にムーブメントを起こしたこれらのバンドについて、編集部は「ルックスの良さがまず先にあって、ある意味でアイドル的な盛り上がり方に似ています」、「ライヴも、よりエンターテインメント性が強く、芝居の要素を取り入れるバンドも目立っていて、そんなライヴの雰囲気をファンは楽しんでいるようです」と述べた。 、、、、などのバンドがでヒットを記録する。 また、2009年10月下旬には、初のヴィジュアル系である「 '09」がにて開催され 、ネオ・ヴィジュアル系をはじめとして多くのヴィジュアル系バンドが出演した。 しかし、レコード会社がネオ・ヴィジュアル系ブームの絶頂期にバンドのメジャーデビューを企図してから、実際にメジャーデビューが果たされるころにはすでにブームが衰退しかけていた。 ヴィジュアル系シーンでは特筆すべき音楽専門誌であった『』は、2011年3月8日発売のVol. 53を最後に、以降の新刊の発行が停止され、『Zy. 』は、2011年4月1日発売のNo. 56を最後に休刊した。 『』も、2012年12月発売の第376号をもって、以降の新刊の発行を停止した。 2010年代に入ってからは、 、 、 などがでワンマンライブを行った。 再結成 [ ] 2007年に、が再結成する。 2000年代の末ごろには他にもが再結成を果たし 、が『』と題して復活コンサートを行う など、ジャンルの始祖とされるバンドの再活動が行われた。 、 はタイアップの反響も大きくオリコンチャート10位以内に入り、日本武道館公演も行った。 は、等を含めたツアーを行い、オリコンチャートは全て5位以内を現在もキープし続けている。 また、ヴィジュアル系ロック・フェスティバルの「 2011」が、二年ぶりとなる2011年10月23日にで開催された。 前年に一夜限りの復活をしたが2010年にはツアー開催を発表 、同じく前年に一夜限りの復活をしていたも再始動をし 、も「LUNA SEA REBOOT」と題して再活動を宣言する など、90年代に活動したバンドの再活動が発表された。 また、限定復活したバンドとして2012年にライブを行った 、2014年にライブを行った がいる。 2013年には、ジャンルに大きな影響を与えたDEAD ENDへのトリビュートとして、、、、、などのメンバーが参加した『』が発売された。 2015年には、が幕張メッセで開催したロック・フェスティバル「」を開催し、ヴィジュアル系を中心とした1980年代、1990年代、2000年代、2010年代で活躍したロックバンドが一堂に会し、シーンを盛り上げた。 2016年7月25日には、の、の、のが共同会見を開き、2016年10月14日 金 、15日 土 、16日 日 の3日間、幕張メッセにて3daysのV系フェス< 2016 Powered by Rakuten>が開催されることを発表。 日本国外への進出 [ ] 1990年代初頭、X JAPANが日本国外への進出を模索するようになる。 1990年代末ごろになるとLUNA SEAやGLAYがアジア公演を行い 、1999年にはが香港のロックイベント「Rock'n Roll Circuit In Hong Kong」に参加し、イベントのトリをつとめている。 このように、1990年代にも日本国外への進出の試みはあった。 とはいえ、このような動きは縮小する日本国内の市場にかわるマーケットを海外に求めた音楽業界が積極的に主導していたものであり、YOSHIKIなど一部の例外を除けば、ミュージシャンの多くは消極的だったとされる。 2000年代に突入すると、やを通してインディーズヴィジュアル系バンドの人気も高まっていった。 また、、、らが日本国外で単独ツアーを果たしている。 このようなグローバルでの展開も手伝って、日本国外においてもやMaleRose、などのヴィジュアル系アーティストがうまれている。 現在、ヴィジュアル系の人気はアジア圏では保たれているものの、ヨーロッパ圏では下落しており、そのシェアはに奪われたとされる。 2000年代後半にヨーロッパでヴィジュアル系が人気を博した際、実力のないバンドが多数日本国外へと出かける一方で人気のあるバンドはなかなか国外ツアーを行わなかったことが、このような状況を招いたのではないかとライターの藤谷千明は指摘している。 藤谷は日本国外のファンの需要を無視してきた音楽業界の「」を批判しており、今後ヴィジュアル系アーティストがアジア圏などでツアーを行う際には現地の状況をよく調査し、各国で盛んなSNSをアーティスト自身が使うなど、積極的な海外戦略を展開することが肝要なのではないかと結論づけている。 ヴィジュアル系における女性アーティスト [ ] ヴィジュアル系の音楽的基礎となったゴシックロックシーンにおいては、 や などのように女性アーティストが活躍することもあった。 日本においても、ゴシックロックバンドGille' Lovesのヴォーカリストであり、のちにヴィジュアル系シーンに属することとなるが1980年代から活動を行っている。 しかし、依然としてヴィジュアル系シーン内での女性アーティストの総数は低い傾向にあった。 その後、2004年には全員女性のバンドが結成されているが、彼女らは「音楽をやりたいんじゃなくて、他のバンドのメンバーと仲良くなったりしたいんでしょ?」というようにみられたり 、「なんで女がヴィジュアル系をやってるの?」というようなバッシングを受けたこともあったといい 、女性アーティストがシーンで受け入れられづらい現状が浮き彫りとなった。 評価と影響 [ ] 市川哲史による評価 [ ] 音楽評論家の市川哲史は、ヴィジュアル系バンドマンの多くは音楽的には真面目だったと評価している。 市川によれば、ヴィジュアル系ミュージシャンは好きなバンドやその背景にあるバンドを聴きあさる傾向がある一方で 、多様な機材を用いたり、楽器の練習に真面目に取り組むものもいたりと音楽への探究心が強かったという。 また、市川とライターの藤谷千明の対談では、ある年代のロックファンにとってはヴィジュアル系が日本国外のロックの入り口として機能していたことが指摘されている。 実際、ヴィジュアル系のミュージシャンは雑誌のインタヴューやラジオ等で音楽を盛んに紹介しており、ファンの側も紹介された音楽を実際に聞いてみるなど、音楽に関しては真面目だったという。 ジャンル自体には「世界のどこにもない日本オリジナルのロック」であると述べるなど、音楽的に肯定的な評価をしているといえる。 マーティ・フリードマンによる評価 [ ] によれば、ヴィジュアル系はの功績によって、一般的に広く認知され、曲調に関してもヘヴィメタルを基軸にしながらもその実は非常に広い音楽性の幅を持っているという。 本来、ひとりの人間が好む曲調はある程度の幅に収まるはずであるがX JAPANは「」のような攻撃的・高速の曲から「」のようなバラードまで発表しており、ファンもそれを受け入れている。 それはX JAPANがその外見と共にサウンドもブランドとして確立した証拠であるとしている。 また、日本のヴィジュアル系は世界に誇れる最高の文化であるとしている。 現在のアメリカやイギリスやヨーロッパでは、外見をより重要視するようなバンドは蔑視される傾向にある(日本においても一部そういった傾向が見られる場合が少なくない)が、ロックバンドはのようにイメージもかっこよくあるべきであるとの意見を述べている。 さらに、外見も表現の一部として取り入れているならではの現象は、「形」を重視する日本文化、特に男性が化粧をする文化との関連性をも推測している。 キッスは歌舞伎に影響されたという説もあるため、ヴィジュアル系は日本文化の逆輸入とも捉えられる、としている。 ただし、キッスの創立者であるは、自伝で歌舞伎からの影響を否定している。 ヴィジュアル系シーンの衰退・終焉 [ ] の団長は2012年12月31日時点の取材に応じ、本人の活動経験も踏まえたうえで、『「ヴィジュアル系」って、もうとっくに終わってる』、『音楽業界の中で「ネオヴィジュアル系ブーム」と言われてた頃には本当はもう終わりかけていた』との見解を示した。 ヴィジュアル系シーンは、若手のインディーズ・バンドの活躍がメジャーも含めたシーン全体の活性化へと結びついていた側面があった。 しかし、衰退の著しいヴィジュアル系シーンを嫌気し、新たに参入する若手は減少してしまった。 結果として、ライブハウスに足を運ぶ客数は、ネオ・ヴィジュアル系の流行期であった2005年と比して3分の1にまで減少した。 「ヴィジュアル系の父」とも称されるのは2013年6月28日時点の取材に応じ、「ヴィジュアル系は終わった」との見解を示した。 市川は、やの世代のバンドまでは確固たる信念に基づくヴィジュアル系としての必然性を備えていたことを認めたが、それ以降の世代のバンドに関しては単にヴィジュアル系という様式の上辺のみをなぞっていたにすぎず、彼らがヴィジュアル系であることの必然性は失われたと批評した。 NoGoDの団長も、「別にヴィジュアル系じゃなくてもいい、音楽が出来ればいい」という姿勢のバンドに対し「信念が曲がった」と批判し、「最初にヴィジュアル系をはじめようと思った理由はなんなのか聞きたいです」と疑念を呈した。 また、「人と同じような化粧をすることが目的になった時点で、このジャンルの精神は死んでる」と述べた。 市川も、NoGoDの団長も、の出場経験を複数回有するというバンドのみが際立って広く世間一般に受け入れられた点に関しては、好意的に評価した。 しかし、市川はゴールデンボンバーをもってしてヴィジュアル系の「最後の後継者」であると述べ、彼らを後継するバンドが今後現れる可能性はなく、ヴィジュアル系はゴールデンボンバーによって終わりを告げられたと結論づけた。 ヴィジュアル系のシーン全体を見ると、ヴィジュアル系そのものが支持されたという論証には至らなかった。 問題 [ ] 日本国外での受容の実態と不法ダウンロード [ ] 2009年10月4日、ヴィジュアル系が日本国外で人気を博しているという報道がオリコンによりなされた。 しかし、日本国外へ向けて日本の音楽を販売する音楽配信サイト「HearJapan」の代表であるネイサン・リーヴンは、特に日本国外のヴィジュアル系ファンへ向けて、自社のウェブサイトに書簡を掲載した。 以下に抄訳してする。 日本国外において、日本の音楽のファン層は急速に拡大しており、バンドもようやく海外へ赴くようになり、現地のファンとのつながりを持とうと行動し始めました。 この流れは特にヴィジュアル系で顕著であったため、私は(HearJapanの設立に当たり)ヴィジュアル系の充実を図りました。 しかし、ヴィジュアル系以外の他のどのジャンルの売上も、ヴィジュアル系と比較して五倍の大差をつけたのです。 この衝撃は筆舌に尽くせません。 各ヴィジュアル系バンドについているファンは無数にいるのにもかかわらず、なぜヴィジュアル系のアルバムの売上はまるで振るわないのか、私は自問しました。 (中略) 結局、ヴィジュアル系の音楽を売る唯一の方法は、リリース日直前までのゴリ押し(と結果としての購入予約)以外にはないことが分かりました。 リリース日以降は、すぐに売れなくなってしまうのです。 その理由は明快で、バンド、レーベル、または楽曲制作に時間と金銭を投資した関係者らの許可なく、音楽ファイルがネットにアップロードされてしまうことに他なりません。 ネット上の多くのユーザーが、他のヴィジュアル系ファンへ音楽を無料でダウンロードさせることに誇りと喜びを持っており、さらに重要なことには、それが権利者(アーティスト、音楽プロダクション、レコードレーベル、著作権管理団体、撮影者など)の許諾なく行われているということなのです。 これが、ヴィジュアル系がリリース日以降に売れなくなる理由です。 (中略) HearJapanでのダウンロード販売だけの問題ではありません。 私はいくつかのヴィジュアル系バンドのCD輸出データを拝見したのですが、残念ながら、そこにはHearJapanのダウンロード販売と同様の悲しい相関関係が見られました。 この手紙はHearJapanがこうむった損失についてお伝えするものではありません。 ヴィジュアル系以外のジャンルの売上が、ヴィジュアル系の売上不振を補ってあまりあるものだからです。 この手紙でお伝えしたいことは、ネットで音源を不法に頒布する行為が、アーティストに対してだけではなく、巡り巡って結果としてはファン自身へともたらされる問題であるということなのです。 私は(HearJapanでは配信されていない)多くのヴィジュアル系バンドおよびレーベルと話をしてきたなかで、異口同音に同じ話を耳にしました。 公式サイトやMySpaceに海外からのアクセスが殺到していることから、彼らは期待を膨らませて海外ファンへ音楽を販売しようと努力したところ、巨額の損失をこうむってしまったとのことです。 (中略) バンドの情報を正確に翻訳し、音楽ファイルのエンコーディングにかかりっきりとなり、サイトのページにはタグをつけ、宣伝し、バンド側の要請に基づき万事これで問題ないかとバンド側へ確認の電話を何度もかけた私もまた、損失をこうむりました。 しかしバンド側がこうむった損失に比べれば、私の損失など微々たるものです。 果たしてあなたは、全精力を傾けて、時間もお金も使って制作した何かを世に発表し万人から称讃の嵐を浴びたとしても、最後には一銭ももらえずに馬鹿を見ただけだとしたら、そんなことをまた続けたいと思うでしょうか。 私には、とてもそうは思えません。 (中略) しかしながら、(権利者の許諾なく音楽ファイルをネット上で不法に頒布するユーザーらがうそぶく)もっとも大きな言い訳は、「私はバンドをさらに多くのファンへと紹介している。 多くのファンを作ることで私がバンドを助けている」から問題ないとする主張です。 これは確かに一片の真実を含んでもいます。 しかし私が見た(不法)ダウンロードはどれも、JロックファンからJロックファンへと回されていました。 JロックファンからJロックファンへと音楽ファイルを共有したところで、バンドの助けにはいささかも なりません。 新しいファンが作り出されることにはならないからです。 ネットへの不法アップロードでもたらされることといえば、バンドが(金銭面でも)苦心惨憺して制作したアルバムから得られるであろう利益のすべてを抹殺してしまうことくらいです。 ファンは、無料で手に入る音楽にお金を払おうとはしません。 すでに日本国外に一万人を超えるファンがいるというのに、楽曲を無料で頒布しなければならない理由はどこにもありません。 私は、ヴィジュアル系のファン層が、これらの不法行為によって大きく拡張されてきたことをよく存じております。 しかし、私はヴィジュアル系のアルバムの売上がまったく増加していないという事実にも気がついています。 もしあなたが他の誰かに、まだ聴いたことがないであろう音楽を紹介したい場合は、その楽曲を(ネットで頒布せずに)ただ単に送るか、YouTubeのPVのリンクを送るだけに留めてくださいませんか。 アーティストのわずかなチャンスを瞬時に抹殺するような行為は、どうか慎んでください。 — ネイサン・リーヴン、HearJapan リーヴンは、インターネットにて楽曲を不法に頒布する多くのヴィジュアル系ファンを痛烈に批判し、その不法行為はバンドの音楽活動を阻害するのみならず、バンドが今後飛躍する可能性を(とりわけ金銭面から)摘み取ってしまうとして警鐘を鳴らした。 また、日本国外のヴィジュアル系ファンの間において音楽ファイルの不法な共有が常態化しているという実態に関しては、リーヴンの指摘のみならず、アニメの情報サイト「Japanator」もリーヴンの発言を受けて記事を発表した。 以下に抄訳して引用する。 真の問題は、というその場限りの入手方法へと、浅はかなファンを結びつけてしまうことだ。 ヴィジュアル系は略奪の格好の的だ。 それというのも、ファンの圧倒的多数はヴィジュアル系バンドメンバーの外見にしか興味を示さず、たとえ熟達したミュージシャンが目の前で飛び跳ねようとも彼女について深く知ろうとはしないからだ。 そういう人々にとって、音楽は一切 意味がない。 音楽はかわいい顔の単なるオマケ程度のものでしかない。 それも、親たちが当惑して首を振るような顔の。 こうした若者の多くにとって、ヴィジュアル系バンドは自分は特別な存在なのだという自意識を築くための小道具にすぎないし、単にバンドのアルバムを持っていることが反抗と世慣れした価値観のしるしとなる。 (中略) ファイル共有が音楽産業を殺そうとしているのではない。 浅はかなファンが殺すのだ。 — ザック・ベンツ、Japanator ベンツの指摘により、いわゆる「顔ファン」(バンドマンの外見のみでファンになり音楽には興味がないファンを指す俗語)が日本だけではなく日本国外においても存在し、むしろ「顔ファン」が日本国外では主流であることが明らかにされた。 日本国内では、ヴィジュアル系アーティストのCD売上はヴィジュアル系専門レコード店での限定購入特典や、専門レコード店で開催される「インストア・イベント」に支えられることが多い。 これは「」としてしばしば批判される売り方と共通してはいるものの、限定グッズや限定写真を入手したり、あるいは本人と会話や握手をするためにCDを(一人で何枚も)購入するという購買の動機づけには結びつく。 しかし「顔ファン」にとっては音楽は「意味がない」ため、ライブやイベントなどで本人と接触する機会に乏しい海外在住者は、音楽そのものにお金を払う理由がなくなる。 リーヴンが書簡のなかで例示しているが(上記引用文では未訳のため原文 を参照されたい)、原盤制作には少なくとも一万米ドル以上の予算が必要とされる。 によるフルアルバムの原盤制作ともなれば、一千万円近くの費用が生ずる。 しかし日本国外の音楽ファンは、アーティストやレーベル側から正規の購入方法を提示されても、音楽に対してあまりお金を払おうとしない。 それはアーティストやレーベル側が費やした原盤制作費を回収できず、次の原盤を作る費用を捻出できないことを意味する。 リーヴンらの指摘は、楽曲の違法アップロードが日本国外でのヴィジュアル系の人気を助けているものの、それがヴィジュアル系音楽業界に経済的利益を直接与えることはなく、ゆえにその衰退を助長しうることを明らかにした。 主なヴィジュアル系アーティスト [ ] 詳細は「」、「」、および「」を参照 ヴィジュアル系のレーベルおよび音楽プロダクション [ ] ヴィジュアル系を専門範囲とするレーベルおよび音楽プロダクションは、1980年代後期よりその存在が確認されている。 初期ヴィジュアル系バンドの音楽プロダクションとしては、YOSHIKIの主宰するとDYNAMITE TOMMYが総指揮を執る・レコードが、「東のエクスタシー、西のフリーウィル」と謳われるジャンルのフロンティアとして双璧をなした。 その後は、、、などの専門レーベルが次々と台頭した。 現役か、もしくはかつてヴィジュアル系ミュージシャンとして活動していた経営者が主宰する場合も少なくはない。 ミュージシャンの主宰以外では、イベンターやライブハウスの系列事務所、などの大手レコード会社の傘下の事務所もヴィジュアル系のマネージメントを手がけている。 ただし、1990年代のヴィジュアル系全盛期のブームに乗って乱立したレーベル・プロダクションには、ブームが終息し市場が収縮を始めると早々に姿を消したものも少なくない。 なお、タレントを主力とするが手がけたケースは少ない。 これらの会社の手法ではヴィジュアル系バンドを商業的に成功させることが難しく、、 などは撤退している。 14内レーベル) (内レーベル) 大石征裕 犬神明 ミュージシャンが主宰していないレーベル、プロダクション [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2010年9月)• (ライヴハウスのレーベル)• (の元社員が立ち上げた事務所で、所属バンドもともに一部移籍しており実質的に同社から分裂した会社。 の実弟が代表を務める事務所。 (ライヴハウスのレーベル)• (M-EPS 解散)• (ヴィジュアル系専門ショップの経営会社)• (ライヴハウス浦和ナルシスのレーベル)• (大阪のイベンターのレーベル)• (内レーベル)• 放送中のラジオ番組• Beat Shuffle• 終了したテレビ番組• テレビ東京• テレビ東京• ロック兄弟 テレビ東京• GIRA GIRA J 白組 TOKYO MX• LIFE IS V TOKYO MX• 終了したラジオ番組• (FM FUJI)• 激音()• 専門誌 [ ] 現在刊行されている雑誌• 但し、90年代から一度出版社が倒産した2001年まで。 休刊・廃刊した雑誌• 脚注・出典 [ ] [] 注釈 [ ] イギリス本国では、余り使われこともなく、ポジティヴパンクなんて言葉は、消えてしまいました。 だから、海外では、ポジティヴパンクなんて言葉は、殆ど知られていないんです。 だいたい海外ではダークウエーブ、ゴシックロック、ポストパンク、デスロックなんて呼ばれてますね。 そんないい加減なポジティブパンクなんて言葉が、未だに何故日本で生き残っているかと言うと、それはこの食いしん坊ブログを書いてる張本人が策略的に日本中に広めたからに、他ならないからなのです。 兎に角僕は、良く分からないポジティブパンクなんて言葉を耽美系表現主義ロックを推進する為に、積極的に使わせていただきました。 中略 でもそんなポジパンを広めている僕自身も何でこんなにネガティブな存在の自分たちが、ポジティブパンクなんて言葉を使っているんだろうと、本当のところ最初から、違和感を感じてはいたんですけどね(笑)!! — GENET、「フェティッシュダディーのゴス日記」2014年2月6日 とのことである。 これに対して、90年代のヴィジュアル系を オールドスクール・ヴィジュアル系と表現することもある。 たとえば、Dはオリコンチャートの最高順位をファーストアルバム『』の11位からセカンドアルバム『7th ROSE』で37位に下げ、メガマソはファーストアルバム『M of Beauty』の最高順位が76位となり、宇宙戦隊NOIZはファーストアルバム『GREAT ROCK'N' ROLL HEROES』 がベスト盤でありながらも最高順位を158位(その後のシングル『BRAND NEW WORLD』は最高順位117位)に留め、D'espairsRayはファーストアルバム『REDEEMER』が最高順位39位であった。 宇宙戦隊NOIZは、その後再びインディーズレーベルへ移籍している。 田辺エージェンシーは、ホリプロは 出典 [ ]• 345. 2018年11月23日閲覧。 bounce. com. 2007年9月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年5月23日閲覧。 Musicman-NET. 2015年7月18日閲覧。 『』米川明彦、、2003年11月(日本語)。 「第2章 「カワイイ」に生きる女の子たち」『』〈PHP新書〉、2009年11月30日、p. 65(日本語)。 2011年2月7日閲覧。 「ちなみに「ビジュアルケイ」という言葉も、フランスではそのまま日本語で通じることが多い」• 片貝久美子. USEN CORPORATION.. 2016年6月19日閲覧。 激ロック. 2018年10月22日閲覧。 195、、1998年1月1日、 177-179頁。 , p. 125. 120. ウレぴあ総研. 2015年5月23日閲覧。 , p. 107. , p. 126-127. , p. 121. , p. 132. , p. 122-123. , p. 134. GENET 2014年2月6日. 2016年7月30日閲覧。 Myuu. 2015年7月18日閲覧。 2015年5月6日閲覧。 2015年5月6日閲覧。 , p. , p. , p. , p. , p. CMU. 2015年5月6日閲覧。 大島暁美. 2015年7月20日閲覧。 大島暁美. 2015年7月20日閲覧。 市川哲史 2015年2月26日. CINRA. NET. 2015年5月17日閲覧。 冬将軍 2015年3月23日. Real Sound. 2015年5月17日閲覧。 冬将軍 2014年9月20日. Real Sound. 2015年5月18日閲覧。 冬将軍 2014年9月20日. Real Sound. 2015年5月18日閲覧。 , p. 120. 32-34. 川嶋未来. HMV. 2015年8月29日閲覧。 avex. 2015年8月29日閲覧。 , p. 360. musicman-net 2012年10月31日. 2015年8月29日閲覧。 2015年8月29日閲覧。 2016年7月3日閲覧。 沢田太陽 2015年7月7日. drill spin. 2015年12月9日閲覧。 OK Music. 2015年8月29日閲覧。 2012年11月16日. 2015年8月29日閲覧。 沢田太陽 2015年7月7日. drill spin. 2015年12月9日閲覧。 Visulog 2015年1月27日. 2015年8月17日閲覧。 2015年7月18日閲覧。 104-105• リアルサウンド. 2015年7月20日閲覧。 , pp. 189-190. , pp. 190-191. ウレぴあ総研. 2015年5月23日閲覧。 , pp. 357-358. real sound. 2016年8月5日閲覧。 2006年6月7日. 2010年7月25日閲覧。 2010年10月13日閲覧。 ウレぴあ総研. 2015年4月29日閲覧。 羽積秀明 2012年10月. FOOL'S MATE OFFICIAL WEB. 2012年12月18日閲覧。 2011年1月7日. 2011年6月24日閲覧。 2011年4月20日. ナターシャ. 2011年9月11日閲覧。 2012年1月24日. ナターシャ. 2012年5月27日閲覧。 2012年6月21日. ナターシャ. 2012年11月15日閲覧。 , p. 298. 2015年7月19日閲覧。 2015年7月19日閲覧。 2012年1月10日. ナターシャ. 2012年11月15日閲覧。 西村綾乃 2011年10月28日. 2011年12月9日閲覧。 2015年7月19日閲覧。 2015年7月19日閲覧。 2015年7月19日閲覧。 2015年7月19日閲覧。 2015年7月19日閲覧。 2015年7月19日閲覧。 , pp. 77-92. 254. 『FOOL'S MATE Vol. , pp. 256-257. , pp. 254-255. , p. 266. , p. 261. , pp. 261-262. , pp. 263-272. Michael Sutton. allmusic. 2016年8月19日閲覧。 Jason Ankeny. allmusic. 2016年8月19日閲覧。 barks. 2016年8月19日閲覧。 高橋智樹. RO69. 2016年8月23日閲覧。 139. , pp. 140-141. , p. , p. 131. ドキュメンタリー映画「グローバル・メタル」(2008年)でのマーティのインタビューより。 マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り/延長戦. 2008年1月1日閲覧。 ウレぴあ総研. 2015年5月23日閲覧。 ウレぴあ総研. 2015年4月29日閲覧。 ウレぴあ総研. 2015年5月18日閲覧。 藤谷千明 2013年6月28日. ウレぴあ総研. 2015年5月23日閲覧。 HearJapan. 2011年7月18日時点のよりアーカイブ。 2010年10月9日閲覧。 Bentz, Zac 2009年1月9日. Japanator. 2010年10月9日閲覧。 Visual-kei is ripe for plunder because a vast majority of the fans only care about what the band members look like and wouldn't know a skilled musician if she sat on their face and bounced. To these people, music really is nothing. It's just this thing attached to a pretty face. A face that will make mom and dad shake their heads in confusion. For many of these kids, the bands are just a tool used to carve out their own special sense of self. File sharing isn't killing the music industry. Shallow fans are. 2012年7月12日. Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ. 2012年11月11日閲覧。 , p. 168. 「エクスタシー・レコードの功績」『音楽誌が書かないJポップ批評27 X JAPANと「ヴィジュアル系」黄金伝説』、、2003年7月、 49頁。 2012年2月3日閲覧。 参考文献 [ ]• 大島暁美・杉江優花『VISUAL ROCK PERFECT DISC GUIDE 500』、2013年8月7日。 、藤谷千明『すべての道はV系へ通ず。 』、2018年8月26日。 関連文献 [ ]• 『私が「ヴィジュアル系」だった頃。 』、2005年7月30日、• 市川哲史『私も「ヴィジュアル系」だった頃。 』竹書房、2006年4月28日、• 市川哲史『さよなら「ヴィジュアル系」〜紅に染まったSLAVEたちに捧ぐ』竹書房〈竹書房文庫〉、2008年5月9日、 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語).

次の