チャーシュー 盛り付け。 煮豚ならぬ煮鷄チャーシュー

行徳『どさん子娘』衝撃のドカ盛りおつまみチャーシューが最高に美味しすぎる

チャーシュー 盛り付け

ウチの方は地元ラーメンに、しょうゆベースの「笠岡ラーメン」というのがありまして…… 細いストレート麺でトッピングはチャーシューとネギ…とてもシンプルです。 しかしボクの好みはとんこつで、しょうゆラーメンはあんまり好きじゃないんですが…… 「笠岡ラーメン」は違うんです。 スープもそうなんだけど、チャーシューがブタじゃなくて鷄!鶏肉なんです!! ただし若鶏じゃなく、親鶏のもも肉! もともと笠岡は養鶏が盛んで、親鳥とは卵を採ることができなくなったニワトリのことです。 これを利用してラーメン文化が独自に発達したようです。 ラーメンって様々地域で独自の文化があるようですから、ラーメン好きの方は僕より詳しいと思います。 親鶏って食材として使うと硬いんですが、チャーシューにすると歯ごたえがあっていい! それにお肉にかなり味というかコクがあって美味い! というわけで• 自宅で親鶏チャーシュー作成 まず、材料を用意します。 材料 ・鶏肉(親鶏)1枚 見た目が色が少しだけ濃いような気がします。 ・畑でとれたネギ 適量 ほぼ自生状態なので、美味しいのか良くわかりませんw ・こいくち醤油 適量 ・お酒 適量 ・トウガラシ このためだけに買うのはもったいないです。 台所にあったものを使用します。 他の人は、みりんや砂糖を入れている人もいますけど、僕は甘いのが苦手なので入れません!! 調理開始 そろえた材料を鍋に入れます。 お肉はそのままで、ネギは適当な大きさに切ってトウガラシも入れます。 お醤油とお酒は1:1の量でお肉がつかるぐらいに入れます。 鍋に蓋をして最初は強めの火で、沸騰したら弱火にして30分煮込むだけ。 途中、水分が少なくなったらお水を足してください。 鶏肉は癖があまりないですが、気になる人は生姜を入れてもいいかもしれません。 これで出来上がりです!料理が苦手なボクでも作ることができますw 盛り付けはお好みで 今回は、チャーシュー丼にしてみました。 我が家は元農家なのでお米はこだわっています。 お店で売っている流通米ではありません。 今の世の中、流通米のブランド米も多いですが満足できないです。 標準米でも農家の方から買ったお米が美味しいです。 我が家のボロい炊飯器でも味が違います。 土鍋で炊飯したらもっと美味しいのですが、面倒なのであまり使いませんw 残ったネギを切って乗っけただけ。 ただ、ネギの切り方は笠岡ラーメンにトッピングしているようにななめ切りで! 見た目も重要です。 そのままお酒の肴にしてもいいと思います。 とろとろにした煮豚チャーシューも甘くて美味しいですが、 コリコリとした歯ごたえがたまらなく良いです。 今から思えば、マヨネーズがあってもよかったかもしれません….

次の

手作りチャーシューを作った!つぎは「ネギチャーシュー」を作ろう!

チャーシュー 盛り付け

チャーシューの作り方って、難しいと思っていませんか? 実はチャーシューを自作するのは、レシピなんていらないくらい簡単です。 でも本当に美味しいんですよ?) 大勝軒のレシピの良いところは 塊の豚肉だったら、好きな部位を使ってOKな作り方ということ。 大勝軒は全国にのれん分けしたお店がありますが、八王子市内にも加盟店があります。 よりプロの味に近づけたい方は、一度実際の大勝軒に足を運んでみた方が再現性が高くできますね。 豚肩ロース お好みでバラ肉・モモ肉でもOK …780g• 醤油…適量• 日本酒…80㏄• しょうが…適量• 長ネギの青い部分があれば、それを使ってくださいね。 みりん=素材を引き締める作用• お酒=素材を柔らかくする作用 と似ているようで、真逆の作用をするみりんとお酒なので、その他の調理をする場合にも覚えておくと良いですね。 チャーシューの作り方 1:鍋に材料を全て入れて、強火にかける まずは、 常温に戻した豚肉を、半分に切ってお鍋に入れます。 冷蔵庫から出したばかりのお肉だと、あくがたくさん出てしまうので、チャーシューを作り始める30分前くらい前には、冷蔵庫から出しておくのがおすすめ。 そのままの大きさで鍋に入るなら、切る必要はありません。 ただ、小さなお鍋の方が、使う調味料が少なくて済みます。 参考にした大勝軒のレシピでは、お肉の量の3倍という、かなり大量の醤油を必要とします。 大勝軒のレシピでも、 お肉は半分お醤油につかればOKと言うことになってます。 お肉の上に小ねぎと、生姜をのせて、強火にかけます。 はちこは生姜を細切りにして冷凍保存しているので、写真のようになってますが、洗った生姜を皮つきのまま5ミリ幅程度にスライスしたものを使えば大丈夫です。 2:ふたをして、弱火で30分煮る レシピでは、蓋をしてから強火にかけるとなっていますが、その場合は必ずコンロのそばで見張っていてください。 吹きこぼれる確率が、かなり高くなります。 はっきり言って、これだけ濃いお醤油を吹きこぼしたら、後片付けはかなり面倒なものになります。 その時点で、簡単でも何でもないレシピになること間違いなし。 あくをすくう必要もないと書かれていたので、はちこはブクブクと沸騰してから、ふたをしました。 ふたをしたら、弱火にして30分煮ます。 3:お肉をひっくり返し、もう30分煮る 30分煮たら、お肉をひっくり返して、もう30分煮ます。 お醤油をいっぱい使って、お肉が浸っている場合は、そのまま30分追加で煮てください。 4:火を止めて、冷ます 煮物は冷ましている間に味がしみこむので、火を止めて、10分~15分ほど放置します。 熱々だと、柔らかすぎて切りにくいですし、肉汁も出てきてしまいます。 手もやけどする危険があるので、出来立てを切るのではなく、しっかり放置する時間をとってみてください。 — 2018年 6月月26日午後8時22分PDT でも、やっぱり作った日に食べたくなりますよね。 この日はチャーシュー丼にしてみました🍚 スライスして、タレをかけたら絶品でしたよ🤤 醤油タレを使い切るべし このチャーシュー、作った後に残ったタレがまた使えるんです! 飯通で紹介されていたように、冷奴にかけるのも良かったですし 翌日に浮いた脂も捨てずにチャーハンに使ったりすると、お肉の旨味がうつったタレなので、一段と美味しく仕上がります。 一緒に煮た、生姜の千切りと小ねぎもしっかりいただきました。 残ったタレに、お醤油と日本酒をつぎ足して使うことで、どんどんタレが美味しくなるのですが、使い切ってしまうことも多いです。 大勝軒のレシピを知ったきっかけを作ってくれた、インスタグラムのフォロワーは、煮汁をベースにラーメンスープをつくったりもしているそうですよ。 チャーシューの作り方アレンジ方法 この作り方を覚えておくと、いろいろアレンジがききます。 ほんとうにおすすめなので、みなさんもぜひマスターして、プロ顔負けのチャーシューを作ってみて下さいね。

次の

何度も作ってコツ発見! 我が家の秘伝チャーシューレシピ

チャーシュー 盛り付け

後でまた煮込むのに、なんでこんなに時間をかけるのか……それは、豚肉をやわらかく仕上げるため。 チャーシューや豚の角煮を作ってみて、「何時間も煮たのに逆にパサパサになってしまった」なんて経験、ないでしょうか? これは、煮汁に入っている塩分の影響。 塩には食材の水分を奪い身を引き締めるはたらきがあるので、調味料を入れた煮汁で長時間煮込みすぎると、かえって固くなってしまいます。 ですので、まずは調味料の入っていない状態でしっかり下ゆですることで、固くならず、トロトロのチャーシューに仕上がるのです。 また、下ゆでしていると、残っていた脂とアクが大量に溶け出してきます。 脂と肉のくさみを抜くためにも、下ゆでは欠かせません。 強く沸騰させると肉が固くなってしまうので、沸騰したら弱火を保ってください。 また、蒸発して湯が減ってきたら水を足して常に水がかぶる状態にしましょう。 1時間たったらお湯を捨て、鍋を軽く洗います。 ここまで来たらあとは簡単! 煮汁でコトコト煮込むだけ。 下ゆでが終わったら、いよいよ調味料を入れて煮込みます。 ここまで来たら、あとは簡単! おいしいチャーシューまであと一歩です。 沸騰したら弱火にし、1時間煮る。

次の