ショートカット オートメーション。 どこかのすごい人が作成した、iPhoneの便利なショートカット設定集

ショートカット・オートメーション [ 入門編 ]

ショートカット オートメーション

iOS 13. 1から利用できる「オートメーション」機能 iOS 13から「ショートカット」というアプリが標準搭載されています。 こちらはiOSやインストールされているアプリの機能を好きな条件で実行できる、非常に有用な機能です。 iOS 13. 1から「オートメーション」が追加されました。 こちらを使うと、例えば以下のようなことが可能になります。 ある時間になったら電話をかける• ある場所に着いたらメッセージを送る• Bluetoothデバイスに接続したら関連アプリを立ち上げる 一方、弊社の実験店舗「Developers. IO CAFE」はWebアプリ(またはLINEのLIFFアプリ)からドリンクをオーダーしたり、ウォークスルー(レジレス)のお買い物をしたりといった形で提供しております。 ということで カフェに着いたらメニューを立ち上げる というオートメーションを作ってみました。 手順 ホームから「ショートカット」を起動します。 「オートメーション」タブを開き「個人用オートメーションを作成」をタップします。 「旅行」の「到着」をタップします。 オートメーションの詳細の設定です。 「場所」をタップします。 「Developers. IO CAFE」と入力すると、店舗の位置情報が検索にヒットします(感動ポイント)。 設定が終わったので、「次へ」をタップします。 イベントの設定が終わったので、次はアクションを設定します。 「アクションを追加」をタップします。 アクションの種類、または提案が表示されています。 「Web」をタップします。 検索やリーディングリストへの追加など、Webを利用したアクションが一覧で表示されます。 「URLを開く」をタップします。 URLを設定します。 ここでURL Schemeを入力します。 今回の場合はLIFFを起動したいため、LIFFのURLを入力します。 ちなみにDevelopers. IO CAFEのドリンクメニューを開くには以下を登録します。 「Developers. IO CAFE」の近くに訪れるとこのオートメーションが発動し、カフェアプリ(LIFFアプリ)が起動できるようになります。 個人で設定する必要があるものの、強力 もう少し簡単にオートメーションが設定できると良いのですが、現状は自分で設定することのみ可能です。 弊社のカフェをよく使われている方にはぜひ活用していただきたいiOSならではの機能ですので、試してみてください!.

次の

iPhoneの「ショートカット」って何?おすすめショートカット12個 !登録しておくと便利だぞ

ショートカット オートメーション

はじめに 今年は効率化を頑張っていきたいと考え、あまり活用できていなかったiPhoneの「ショートカット」アプリについて、ちょっと調べてみました。 ショートカットとは? iOS13から標準搭載となった「ショートカット」アプリで提供される機能。 ひとつまたは複数のアクションを登録したもの(バッチ処理? マクロ? )を定義して、iPhoneでのいつものルーチン作業をワンタッチで実行できます。 アクションは、アプリを起動するだけではなく「〜にメッセージを送信」など、アプリ内の機能を直接実行できます。 ちなみに、サードパーティアプリで様々なアクションを提供するには、 や を使ってアプリ側で実装する必要があります。 また、既存のURLスキーム(も)の機能も呼び出すことができます。 ショートカットアプリ 大まかな機能(タブ)の説明 マイショートカット 基本機能。 ショートカットを作ってここに登録しときます オートメーション 何らかのトリガから起動するアクションやショートカットを登録できます ギャラリー ショートカットの見本がいくつか置いてあります アクションの種類 アクションは下記のように分類されています 分類 説明 App アプリの提供するアクションを選ぶ。 前述のIntentsやNSUserActivityなどで実装されたものが選択可能 スクリプティ アプリを開く、登録済みのショートカットを実行、デバイス・ネットなどの本体機能、x-callback(URLスキームもここで呼べる)条件分岐、通知出す、、など メディア ストア検索、画像の処理(GIF作成、画像フィルタ)、写真とる など 場所 現在位置取得、マップで開く、移動時間取得、天気関連など 書類 QRコード作成、アーカイブ、テキスト処理(音声入力、読み上げ、、)、ファイルに追加、PDF作成、メモに追加 など 共有 クリップボード、エアドロップ関連 Web URL開く、Javascript実行、リーダー表示など よく使う項目 今まで紹介したアクションを「よく使う」登録しておけます ショートカット例 音声入力して共有 いろんなとこで紹介されてますが、便利なので。 以下のショートカットで 音声でメッセージを入力ー>iOS標準の共有メニューから好きなアプリに送る ことができます。 朝の習慣をオートメーション化 毎朝 天気予報の確認し、ポッドキャストを聴きながら出勤してます。 これを自動化するため「オートメーション」を登録します。 プラン1 アラーム停止をトリガーに 朝目覚める用のアラームを止めた後、実行させてみる• オートメーションタブにて+ボタン押下• 個人用オートメーションを作成 押下• 「アラーム」を押下• 「停止された」「既存」を選択• 朝のめざまし用アラームを選択• 「次へ」押下• アクションを追加する• 現在の天気を取得、と読み上げを組み合わせることで、天気を音声で読み上げてもらいます。 「実行の前に尋ねる」をオフにしておく プラン2 NFCタグをトリガーに トリガーとしてNFCを指定できます。 私が普段使ってるIC定期券にも反応してくれるみたいなのでやってみました。 定期券と同じポケットにiPhoneを突っ込むと、天気予報が聞ける、、という計画です。 オートメーションタブにて+ボタン押下• 個人用オートメーションを作成 押下• 「NFC」を押下• 「スキャン」を押下ー>NFCタグをかざして、名前をつける• 「次へ」押下• アクションを追加する• 定期券と重ねるたびに常に喋り出されても困るので、出勤時間に限定するためちょっと仕掛けをしました。 「現在の日付」を取得し、「日時をフォーマット」で時刻部分を取り出し、出勤時間帯の「7」時と一致する場合だけ、読み上げを行うようにしています。 こちらも「実行の前に尋ねる」をオフにすることをお忘れなく。 さいごに 上記定期券と重ねる作戦は、うまく反応しなかったり問題があり、結局アマゾンでNFCタグのシールを購入し、寝室の出口に貼り付けてそれをトリガーにする運用で使ってます。 まだまだ理想の効率化環境には程遠い状況ですので、これからも活用法を追求していきます。 参考:ショートカットの細かい説明は にあります。

次の

iPhoneのショートカットに追加された「オートメーション」で自動化レシピ作る

ショートカット オートメーション

家に着いたらWi-Fiオン• 家に着いたらエアコンON• AirPodsを耳に掛けたら好きな曲を流す• アプリの連続起動 詳細は、動画をご覧ください。 設定した場所へと到着すると「通知」が出てくるのでそれをタップし 「実行」をタップすればオートメーションが動き出す 到着したら勝手に実行してくれると嬉しいのだが、現在は「実行」のタップが必要なので現状である。 違いは「アクションの追加」から下にスクロールすると 家電を操作出来るアプリ 「Nature Remo(ネイチャーリモ)」の各操作が出てくる。 各操作がアクションに出てこない場合は、ネイチャーリモで家電した後に再度「アクションの追加」をすれば出てきます。 実行時にタップは必要では自動化とは呼べない。 この記事では、ほんの一例を紹介したに過ぎないが、このアプリの可能性は無限にあると感じている。 これからもバージョンアップでドンドンと改善されていくことを期待したい。

次の