からんえり。 花嵐エリ (からんえり)とは【ピクシブ百科事典】

花嵐エリ (からんえり)とは【ピクシブ百科事典】

からんえり

CV: 概要 アニメ「」のキャラクターにして。 家族は母親と二人暮らしであり、母は残業が多く夜遅くまで一人らしい。 大人気グループ「アプリ山470」の新メンバーとして活動している14歳の中学2年生。 「アプリの数だけアイドルがいる」というの様なキャッチフレーズの元、結成されたアイドルグループであり、アプリをPRする為にあらゆる事業を手がける総合企業「Lコープ」によって送り出されたらしい。 その中でエリは470人目の新メンバーであり、「アクションゲームのアプリ」のPRを担当されている。 本人は、「 本当のスターは最後に現れるものよ」と発言していた。 瞳の色は青で、ピンクの髪に、黄色のシュシュで結ったが特徴。 ツインテールにしている部分に、薄いピンクのメッシュがある。 アイドル活動時は、私服と色合いや、ややデザインの似ている衣装を身に着け、私服はスタイル。 決め台詞は「 あなたのハートにドッカンパンチ!私こそが宇宙のセンター、花嵐エリ様なんだからん!」 「ドッカンパンチ」はことあるごとに使用されている。 「 私は生まれつき宇宙のセンターにいた、それだけ!」という台詞もよく使っている。 運動神経が良く、得意なスポーツは空手で活発な性格。 バティは「」。 ペアリングした理由は、「思いが同じだったから」らしい。 アイドルとしては、「 上から目線キャラ」を作っており、かなり強気な行動をとる。 しかし仕事以外では普通に素朴な女の子で、ガッチモンには「 相当キャラ作ってんだな」と言われてしまった。 傍若無人なように見せているが、何かの上に乗るにしてもちゃんと靴を脱いだり、微妙に律儀である。 アプリドライブを手に入れる前 正確にはアイドルになる前 は髪を結っておらず、髪は下ろしていた。 アイドルになった理由は「 皆に笑顔になってほしいから」で、それがエリが行動するうえでの信念となっている。 「」の色はドカモンに合わせてか、青色。 女性の持つで、青色は珍しいパターンである では「」のに次いで2人目。 アニメでの活躍 第2話にファンの男性が持っているグッズのみの登場だったが、第5話でようやく本格的に登場。 初登場は、とが見ていたテレビの「アイドル持ち物チェック」という番組に出演していた。 その番組で持ち物全て鞄から出された際に、エリの「」も出されており、「アプリドライブは世界に一つしかないもの」と考えていたガッチモンは他にも持ち主がいたことに衝撃を受けていた。 確かめる為にテレビ局に乗り込んだハルとガッチモンはテレビ出演真っ最中のエリを見つけ、他のメンバー以上のそのキャラに驚いていた。 常に椅子の上に上っており、メンバーからも注意されていた。 ガッチモン曰く「 他も濃いけど一番濃いな」とのこと。 ハルとガッチモンが楽屋に勝手に入ってきた際には、ファンと勘違いしていたため、ハルに「特にそんな感じじゃない」と否定されると赤面し、「 そんな事言ってると10人がかりでドッカンパンチよ!」と怒っていた。 自分以外にアプリドライブを持っている人物がいる事は知らなかったらしく、他にもいたことに驚いていた。 バティは「出すとうるさい」からと厳重に仕舞っており、その為か、バディのは 一度もアプリアライズさせてもらえなかったらしい。 アプリアライズしているガッチモンを「凄い」と羨ましそうにしていた。 アプモンチップを取り出しただけで、「久しぶりに出してくれた」と発言していた事から、普段も厳重に仕舞ったままにされている模様。 の騒動では、今までハルの様に、他のアプモンの騒動に巻き込まれたり目撃した事が無いらしく、 一度もアプモンと戦った事が無い。 しかし、ドカモンやハルに諭された事で、戦う決意をする。 ドレスモンを撃退後は和解したのか、チップ状態のままではあったが、テレビでドカモンと共演していた。 母親と二人暮らしであり、母は残業が多く夜遅くまで一人らしく、よくアイドルのライブビデオ等を見ていた模様。 アイドルを見ていると力が湧いて自分も元気で笑顔でいないとと思ったことがアイドルを目指したきっかけ。 そんな時、たまたまを手にして、ハルとは違う質問だが「 誰かを笑顔にしたいですか?」という質問を投げかけられ、「Yes」と回答し、アプリドライブの適合者となる。 ドカモンは たまたま近くにいたらしい。 6話では、グルメレポートが苦手という面が見られ、協力してもらおうとにを振舞うが、かなり酷いありさまになっていた。 ぺロリモンからは食べるまでもなく不味そうだと言われ、怒らせてしまうほど。 基本的に一人で居ることが多いわりに、料理の腕はあまり良くないようだ。 21話でエリのアプリ山470での人気順位は235位と判明する ハル曰く「ある意味センター」。 ライブの選抜メンバーと共に出演できるプラスワンに選ばれるため、トレーニングアプリを駆使して特訓する。 しかしそのアプリはミエーヌモンから差し向けられた刺客のコーチモンが操るアプリだったため、あまりに厳しい特訓をさせられる。 しかしそれにも心折れることなく特訓を続けるひたむきな姿に感動したコーチモンによって認められる。 その後の選抜試験はじゃんけんだったためあっさり負けてしまうが、その後尊敬するアプリ山470不動のセンター・神楽坂いずみ CV堀江由衣 に励ましの言葉を受ける。 回想ではオーディションで緊張していたが、面接官の一人だった彼女に自己紹介やキメ台詞を考えている積極性を認められたことで吹っ切れて自己アピールを行い合格した経緯が見られた。 コーチモンはが極アプモンに進化するためのアプ合体相手だったため、見事極アプモンにアプ合体することに成功した。 36話でのアプリ山470の選抜総選挙で10位にランクインした。 惜しくも9人ゴッドにはなれなかったが、470人目の新人ながら大健闘した。 余談 演じた庄司宇芽香さんはデジモンクロスウォーズでは葉月ハルカとポヨモン、デジモンストーリー サイバースルゥースでは藤咲サクラを演じていました。 関連タグ :のヒロインで、エリと瞳の色や髪型などの見た目が似ている 関連記事 親記事.

次の

アニメ【デジモンユニバースアプリモンスターズ】フル動画の1話~最終回を無料で楽しもう!

からんえり

プロフィール [ ]• 声 - 概要 [ ] 14歳の中学2年生の女子。 アプリ山470(アプリヤマ ヨンナナマル)というアイドルグループに所属している現役アイドル。 アプリ山470の470人目のメンバーとして加入している。 アニメ第5話より本格的に登場。 ピンク髪のツインテール。 「ドッカンパンチ」を決め台詞としており、上から目線キャラとしてアイドル活動をしている。 「あなたのハートにドッカンパンチ」、「宇宙のセンター」などの言葉を多用する。 ドカモンをパートナーにしており、初めて会ったのは半年前。 そのころはアイドルを目指す前で、残業の多い母親と二人暮らしで一人になることが多かった。 そんなときにアイドルの番組を見て笑顔になるようになる。 ドカモンを手にして誰かを笑顔になってもらいたいと思っていることに気づき、アイドルになりたいと願うようになる。 料理は苦手で、タコ焼きも焦がしてしまって具は生焼けにしている。 習字は得意ではなく、アストラに文字が汚いと言われてしまっている。 外を歩く時には変装のためにか、メガネをかけている。 動向 [ ] 第5話 アイドル持ち物チェックをしていたテレビ番組でエリのバッグの中身からアプリドライブが出ているのをハルたちが発見する。 ハルとガッチモンは、エリに会うために着ぐるみでテレビ局に侵入。 ハルとガッチモンは、黄林エレナや真白アリスらと一緒にテレビ番組に出演しているエリを目撃して、キャラが濃いという感想をもつのだった。 ハルとガッチモンはエリのいる部屋にやってきたことで、お互いにアプリドライヴァーということを知る。 そのときに上から目線キャラが崩れているとガッチモンに突っ込まれたりしている。 そして、エリはうるさいからという理由でしまい込んでいるドカモンを見せることになる。 ドレスモンが暴れたことで、ハルに言われるがままにドカモンと一緒にドレスモンを追いかけることになる。 そのときにドレスモンにトレンドの服をみんなと共に着せられているが、かわいいと感想を漏らしている。 ドカモンは今までアプリアライズをしたことがなく、目の前に起こるバトルにとまどうが、みんなに笑顔になってもらうという言葉に「私とドカモンこそ宇宙のセンター」とドレスモンを倒すことを決意。 初めてドカモンをアプリアライズして、一緒に戦う。 ドレスモンが巨大化した時には、ドカモンとガッチモンをアプリンク。 その姿に「すごい」と喜んでいる。 そして、ドレスモンを止めることに成功して、混乱がおさまってみんなに笑顔が戻ったことで、エリも笑顔になっている。 その後、ドカモンと出会うまでの話をハルに話している。 第6話 新コーナー「花嵐エリ様のグルメレポート」で、初の単独の仕事をする。 食レポをきちんとこなそうとのぞむも、初めての食レポをうまくできずに終わってしまう。 食レポのことをもっと勉強しなくちゃと思うエリに、マネージャーは「ペロリモン」のグルメレポートを見てみてはどうかとすすめられている。 眼鏡をつけて亜衣の本屋にハルと一緒に訪れている。 そして、ペロリモンを探す手伝いをハルに尋ねる。 そして、検索によってペロリモンはアプリモンと判明。 エリは出てきたペロリモンに食レポのコツを教わることにして家に招く。 そこで、食レポを教えてもらう条件としてペロリモンをアプリアライズしておいしいものを食べさせることになる。 しかし、野望を妄想しつつもエリの作ったタコ焼きは出来が悪く、ペロリモンに食べることを拒否されてしまう。 そのまま、ペロリモンはどこかに行ってしまうのだった。 ペロリモンがいなくなった後、都内でデータが消失していく事件が発生。 私が怒らせたせいでペロリモンがデータを食べてしまったと思ったエリはハルと一緒にペロリモンを探す。 しかし、データを消去していたのはゴミモンであり、ペロリモンの食レポデータもゴミモンが削除してしまっていた。 大切なデータを削除していくゴミモンに怒ったエリは、ドカモンとペロリモンをアプリ合体させてドスコモンを生み出す。 そして、ゴミモンを倒してセブンコードアプモンだったゴミモンのチップをハルに渡している。 戦闘後、ペロリモンにタコ焼きを改めて振舞う。 しかし、相変わらずできの悪いタコ焼きであり、食べたペロリモンはまずいと結論付けている。 第8話 ハルの紹介で同じアプリドライブの持ち主である虎次郎と会う。 お互いに濃いキャラなこともあって、微妙に話がかみ合わない。 ドーガモンによって動画が差し替えられていたこともあって、虎次郎の動画を大したことないとしたが、ハルに連れられて虎次郎の動画撮影の現場に実際に行くことになる。 それを見て虎次郎の評価を少し上げるも、虎次郎の動画は評判が良くなかった。 そこで、実際の動画が差し替えられていることに気づくのだった。 ドーガモンによって、エリが力士たちに囲まれている動画があげられる。 そして、許さないとみんなとドーガモンを追いかける。 糸に拘束されたハルたちを助けた後に、アプリンクを行うも恥ずかし動画を見せられて失敗してスカシモンになってしまっている。 無事にドーガモンを倒されたのち、虎次郎がゲストの番組に出演。 そこで、色々と言い合うのだった。 第9話 アプモンたちに連れられて、ハルや虎次郎と一緒にアプモン選手権に連れられる。 アプモンたちの競技を見ることになり、最後にアプリドライバーとして参加することになる。 そこでリヴァイアサンの話を聞いて、みんなでリヴァイアサンのことを止めないといけないという決意をしている。 第10話 ハルや虎次郎たちとセブンコードが集まるという会に出席。 そこでおいしい料理を食べたりプールで遊んだりと満喫する。 だが、その会は罠であり、桂レイがセブンコードを狙って襲撃。 みんなで戦うも敗北してしまい、セブンコードを奪われている。 第11話 セブンコードアプモンを取り返そうとみんなでネットの海に潜る。 レビューモンの島にたどり着き、そこでレビューモンから「ツインテールなのにアイドル衣装じゃない」と一点減点されて星3つの評価を受けている。 そこにいたレビューモンに似ていたコソモンに、裏口コミネタと引き換えにレイの情報をくれると持ちかけられる。 エリは断ろうとするもハルたちがエリがいいことをしているという裏口コミネタを話してしまっている。 コソモンの話の途中にサクシモンが襲撃。 エリたちはサクシモンの攻撃に苦しめられ、壁によって閉じ込められてしまう。 そして、サクシモンにアプリドライブを渡せと要求される。 壁に挟まれて胸が苦しい中でも要求を断る。 そんな中、レイがサクシモンを襲撃して撤退していく。 レイは三人のチップを全てもらうと言うのだった。 第12話 弟がリヴァイアサンにさらわれたというレイの話を聞くみんな。 リヴァイアサンを倒すためにレイは「お前たちのチップをよこせ」といい、エリは「ふざけたことを抜かすと泣く子も黙るドッカンパンチよ」と答えるのだった。 そんな中、サクシモンによってレイが連れていかれる。 レイが連れていかれた後、エリたちは今のうちにこの空間から出ようとするのだが、ハルはレイを助けるために残るという。 主人公になるために残るハルを見て、エリも私は宇宙のセンターのアイドルと残る。 そして、みんなでレイを助けに行くのだった。 ガッチモンとハックモンがアプリンクしたレイドラモンによって、何とかサクシモンを撃破。 そして、レイはこれで貸し借りは無しとセブンコードのアプモンをハルに渡すのを見て、「何、あいつ」とつぶやいている。 第13話 クリスマスにミュージカルで「サンタクロースのそりをひくトナカイ」の役をやることになっているため、クリスマスがなくなったという話を聞いて怒るエリ。 ハルからカレンダモンによって引き起こされた事件だと聞いて、樫の木書店に向かうのだった。 カレンダモンをみんなで追いかける。 エリはカレンダモンに立ち向かうも、7月23日という暦を見せられてヒロインオーディションに不合格になったときのことを思い出させられて床に倒れるのだった。 その後、ハルたちの超アプリアライズによってカレンダモンが倒され、クリスマスが戻ってくるのだった。 カレンダモンを倒して戻ってくると、そこは樫の木書店の地下だった。 亜衣のはからいで、そこで人目を気にせずにアプモンたちとクリスマス会を開く。 亜衣の許しでそこをアプモンたちとの秘密基地となることになり、歌やお芝居のレッスンをさせてもらうことにしている。 第14話 亜衣の本屋の地下室でみんなで集まるエリ。 アプリ山470の総選挙で一位になるという信念尾抱負を習字で書くが、アストラに字が汚いとツッコまれてしまっている。 その後、ハルのリヴァイアサンを止めるという抱負に賛同するのだった。 パズルモンによってパズルが表示されて外が混乱に陥っているため、ハルやアストラと共に追いかける。 だが、パズルが苦手なエリはパズルモンによるパズルを解けずに終わる。 それでも、ドカモンの力押しでパズルモンに囲まれた空間から脱出。 みんなとパズルモンに一斉攻撃をして倒すことに成功するのだった。 第15話 占いアプリ「テラテラフォーチュン」で初の個人CMに起用されたエリ。 ハルにそのCMを見せて得意気になっている中、アストラは「テラテラフォーチュン」を使ってもいいことがなかったと文句をつける。 そのことが発端となってエリとアストラはいつものように喧嘩するのだった。 そんな中、ガッチモンは次のセブンズコードのアプモンを見つけるために「テラテラフォーチュン」のアプモンであるテラーモンに会いに行くことを提案するのだった。 みんなでテラーモンに会いに行き、セブンズコードのアプモンについて占ってもらうも、ミエーヌモンらの計略でウイルスにかかってしまうテラーモン。 奪われた水晶を追うハルとテラーモンを追いかけるエリとアストラに分かれることにするのだった。 テラーモンを追いかけていくエリは、テラーモンのブラック運命の攻撃に苦戦する。 悪い未来を占われたことで落ち込んでしまうも、立ち向かっていくアストラを見て気持ちを奮い立たせる。 そして、落ちそうになったアストラを助けて、テラーモンの占いを覆すことを宣言。 ドカモンとメディアモンをアプ合体させてドスコモンとなったことで、テラーモンを倒すことに成功。 また、回収したテラーモンはセブンズコードアプモンの一つであった。 第16話 ハルとアストラとアプリドライブの正体について話すも誰も分からないでいた。 そんな中、ハルの祖父である新海電衛門のメッセージが入り、3人で指示されたとおりに道を辿っていく。 すると、そこにはタイムモンがいた。 タイムモンによって、3人はリヴァイアサンが生まれた経緯について知るのだった。 第17話 エリのソロ曲がアプリ山470のCD曲の一つとして収録。 亜衣の推薦もあってふじみ坂商店街のふじみ坂ニューイヤーフェスのイベントでゲストとして出演することになる。 イベント前に亜衣と商店街を歩いているときに、エリのファンである初海を紹介される。 いつも応援してくれてありがとうとお礼を言い、部屋を案内される。 部屋にはエリの写真がたくさんあり、エリはサイン入りのCDを初海にプレゼントしている。 亜衣に初海は両親が転勤してから泣くことが多かったが、エリを見てから泣くことが減ったと聞いて、エリは誰かを笑顔にできているとこれからも頑張ろうと決意するのだった。 イベント当日、ステージイベントを行ってミニライブをするはずだったのだが、 コピペモンによってエリの顔がデジタル上のいたるところに現れる現象が発生。 テレビ局にも苦情が殺到して、ミニライブが中止になるのではないかという話も出る。 エリはファンの為にも中止させるわけにはいかないと、コピペモンを追いかける。 ハルやアストラも追いついてコピペモンと戦う。 エリの邪魔をする奴は許さないとドカモンが張り切るも、コピペモンが大量に登場してオリジナルのコピペモンがどれか分からずに苦戦する。 ドカモンは怒りのパワーで片っ端からコピペモンを倒していき、オリジナルのコピペモンを倒すことに成功。 7codeアプモンだったコピペモンをハルに渡し、無事に開催されたミニライブに向かう。 そこで、みんなの感心するライブを行い、盛り上がるのだった。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

花嵐エリ (からんえり)とは【ピクシブ百科事典】

からんえり

CV: 概要 アニメ「」のキャラクターにして。 家族は母親と二人暮らしであり、母は残業が多く夜遅くまで一人らしい。 大人気グループ「アプリ山470」の新メンバーとして活動している14歳の中学2年生。 「アプリの数だけアイドルがいる」というの様なキャッチフレーズの元、結成されたアイドルグループであり、アプリをPRする為にあらゆる事業を手がける総合企業「Lコープ」によって送り出されたらしい。 その中でエリは470人目の新メンバーであり、「アクションゲームのアプリ」のPRを担当されている。 本人は、「 本当のスターは最後に現れるものよ」と発言していた。 瞳の色は青で、ピンクの髪に、黄色のシュシュで結ったが特徴。 ツインテールにしている部分に、薄いピンクのメッシュがある。 アイドル活動時は、私服と色合いや、ややデザインの似ている衣装を身に着け、私服はスタイル。 決め台詞は「 あなたのハートにドッカンパンチ!私こそが宇宙のセンター、花嵐エリ様なんだからん!」 「ドッカンパンチ」はことあるごとに使用されている。 「 私は生まれつき宇宙のセンターにいた、それだけ!」という台詞もよく使っている。 運動神経が良く、得意なスポーツは空手で活発な性格。 バティは「」。 ペアリングした理由は、「思いが同じだったから」らしい。 アイドルとしては、「 上から目線キャラ」を作っており、かなり強気な行動をとる。 しかし仕事以外では普通に素朴な女の子で、ガッチモンには「 相当キャラ作ってんだな」と言われてしまった。 傍若無人なように見せているが、何かの上に乗るにしてもちゃんと靴を脱いだり、微妙に律儀である。 アプリドライブを手に入れる前 正確にはアイドルになる前 は髪を結っておらず、髪は下ろしていた。 アイドルになった理由は「 皆に笑顔になってほしいから」で、それがエリが行動するうえでの信念となっている。 「」の色はドカモンに合わせてか、青色。 女性の持つで、青色は珍しいパターンである では「」のに次いで2人目。 アニメでの活躍 第2話にファンの男性が持っているグッズのみの登場だったが、第5話でようやく本格的に登場。 初登場は、とが見ていたテレビの「アイドル持ち物チェック」という番組に出演していた。 その番組で持ち物全て鞄から出された際に、エリの「」も出されており、「アプリドライブは世界に一つしかないもの」と考えていたガッチモンは他にも持ち主がいたことに衝撃を受けていた。 確かめる為にテレビ局に乗り込んだハルとガッチモンはテレビ出演真っ最中のエリを見つけ、他のメンバー以上のそのキャラに驚いていた。 常に椅子の上に上っており、メンバーからも注意されていた。 ガッチモン曰く「 他も濃いけど一番濃いな」とのこと。 ハルとガッチモンが楽屋に勝手に入ってきた際には、ファンと勘違いしていたため、ハルに「特にそんな感じじゃない」と否定されると赤面し、「 そんな事言ってると10人がかりでドッカンパンチよ!」と怒っていた。 自分以外にアプリドライブを持っている人物がいる事は知らなかったらしく、他にもいたことに驚いていた。 バティは「出すとうるさい」からと厳重に仕舞っており、その為か、バディのは 一度もアプリアライズさせてもらえなかったらしい。 アプリアライズしているガッチモンを「凄い」と羨ましそうにしていた。 アプモンチップを取り出しただけで、「久しぶりに出してくれた」と発言していた事から、普段も厳重に仕舞ったままにされている模様。 の騒動では、今までハルの様に、他のアプモンの騒動に巻き込まれたり目撃した事が無いらしく、 一度もアプモンと戦った事が無い。 しかし、ドカモンやハルに諭された事で、戦う決意をする。 ドレスモンを撃退後は和解したのか、チップ状態のままではあったが、テレビでドカモンと共演していた。 母親と二人暮らしであり、母は残業が多く夜遅くまで一人らしく、よくアイドルのライブビデオ等を見ていた模様。 アイドルを見ていると力が湧いて自分も元気で笑顔でいないとと思ったことがアイドルを目指したきっかけ。 そんな時、たまたまを手にして、ハルとは違う質問だが「 誰かを笑顔にしたいですか?」という質問を投げかけられ、「Yes」と回答し、アプリドライブの適合者となる。 ドカモンは たまたま近くにいたらしい。 6話では、グルメレポートが苦手という面が見られ、協力してもらおうとにを振舞うが、かなり酷いありさまになっていた。 ぺロリモンからは食べるまでもなく不味そうだと言われ、怒らせてしまうほど。 基本的に一人で居ることが多いわりに、料理の腕はあまり良くないようだ。 21話でエリのアプリ山470での人気順位は235位と判明する ハル曰く「ある意味センター」。 ライブの選抜メンバーと共に出演できるプラスワンに選ばれるため、トレーニングアプリを駆使して特訓する。 しかしそのアプリはミエーヌモンから差し向けられた刺客のコーチモンが操るアプリだったため、あまりに厳しい特訓をさせられる。 しかしそれにも心折れることなく特訓を続けるひたむきな姿に感動したコーチモンによって認められる。 その後の選抜試験はじゃんけんだったためあっさり負けてしまうが、その後尊敬するアプリ山470不動のセンター・神楽坂いずみ CV堀江由衣 に励ましの言葉を受ける。 回想ではオーディションで緊張していたが、面接官の一人だった彼女に自己紹介やキメ台詞を考えている積極性を認められたことで吹っ切れて自己アピールを行い合格した経緯が見られた。 コーチモンはが極アプモンに進化するためのアプ合体相手だったため、見事極アプモンにアプ合体することに成功した。 36話でのアプリ山470の選抜総選挙で10位にランクインした。 惜しくも9人ゴッドにはなれなかったが、470人目の新人ながら大健闘した。 余談 演じた庄司宇芽香さんはデジモンクロスウォーズでは葉月ハルカとポヨモン、デジモンストーリー サイバースルゥースでは藤咲サクラを演じていました。 関連タグ :のヒロインで、エリと瞳の色や髪型などの見た目が似ている 関連記事 親記事.

次の