ペッパーフードサービス。 ペッパーフードサービス(3053)の株主優待紹介

ペッパーフードサービス(ペッパー)【3053】の大株主と資本異動情報|株探(かぶたん)

ペッパーフードサービス

ペッパーランチ事件は今の若い世代の方はあまりご存じないかもしれませんが、2007年の5月に大阪の心斎橋にてフランチャイズチェーンでも有名なペッパーフードサービスが経営するステーキ専門店にて起きた事件です。 ペッパーフードサービスの心斎橋店にて起きた事件である事からペッパーランチ事件という名前がついていますが、ペッパーフードサービスが運営しているステーキ店で女性が食事している所を襲われるという事件です。 食事している所を当時の店長である北山大輔と三宅正信が襲ってスタンガンで脅し、睡眠薬を飲ませてレイプをしたという事件です。 レイプされた女性は命かながら自力だ抜け出しており、命は助かっています。 今までは何事もなく飲食をしていた人も多いので、多くの人を震撼させた事件とされています。 ペッパーフードサービスは日本のステーキ専門店として有名な会社ですが、ペッパーフードサービスとあるように店舗名は「ペッパーランチ」とされています。 ペッパーランチは事件があった際に一時閉店などを行うかと思われましたが、そのようなことはなく、事件があったとも平然と通常営業を行っていたので多くの人が動揺した会社となっています。 ペッパーフードサービスは直営とフランチャイズの両方を行っており、ペッパーフードサービスの第一号店は神奈川県としています。 今ではペッパーフードサービスが運営するお店は日本の全都道府県で約35か所存在しています。 しかし、実はペッパーフードサービスは海外にも展開しており、日本だけではなく世界規模のお店となっているのです。 ペッパーフードサービスのお店は韓国や台湾、インドネシア、シンガポールなどに存在します。 そのぐらい大きな会社でもあったことから事件が起きて落胆した人も多いです。 事件の真相は先ほどご紹介したようにかなり闇が深いようです。 ペッパーランチ事件の事件は公では犯人が二人とされていますが、実は4人での犯行という部分や、被害者女性は3人いるのにも関わらず、1人しか逃げ出せず他二人は行方不明のままとなっているのです。 実際に被害にあった女性はレイプされ、恐怖と意識がもうろうとしている中必死で逃げたと思うので、被害にあった他の女性が自分の知り合いでない限り知らないとは思いますが、もし本当に被害にあった女性が3名ならば大事件だと言えます。 さらに、このレイプをされたときはペッパーランチの制服のままで行われたらしく、身元がばれても全く問題がない状態で平然と行ったようです。 これは被害者女性を最初からレイプし、殺害して死亡させる目的であったのが明白であることが伺えます。 ペッパーランチ事件が起きて報道されたのが5月16日なのですが、その後すぐに2007年5月17日に愛知県にて男性による女性監禁立てこもり事件が起こりました。 その後に起きた立てこもり事件が二日間にかけて起こった事件なので、メディアやマスコミはこの立てこもり事件の方を集中して取り上げ、すぐにペッパーランチ事件は薄れていきました。 しかし、何も関係ないと思われていたこの二つの事件ですが、実はその後に起きた立てこもり事件の親玉はペッパーランチの実行犯でもあった三宅正信の父親と繋がりがあったようなのです。 偶然に見えたこの二つの事件ですが、実はペッパーランチ事件をすぐに闇に葬るために立てこもり事件を起こしたのではないかとも言われています。 人里離れた貸しガレージにて監禁拉致されレイプされたのですが、実はこの貸しガレージでは噂ではレイプされた人の大量の髪の毛や肉片が存在したという噂もあります。 今回被害にあった一人の女性は命かながら自力で抜け出しているので死亡することなく助かっていますが、それ以外の人はレイプ後に殺害されて死亡し、闇ルートで売買されていた可能性もあるとされています。 さらに、ペッパーランチのお店から貸しガレージまでの距離は長く、そのルート上ではミイラ化して死亡している遺体が出てき、頭部などがない状態だったようです。 しかし、このミイラ化して死亡している遺体が出てきたのにもかかわらず、警察はすぐに事件の捜査を打ち切っています。 ペッパーランチ事件の背後には実はレイプという関係から人身売買も大きく見え隠れしているとされています。 というのも、貸しガレージでは噂ではレイプされている噂以外にも肉片などが存在したとされているのですが、もしそれが本当でなくても貸しガレージを頻繁に借りていたということで何かしらのことから監禁レイプが行われていたと思われます。 実際にはあまりないと思っている人も多いですが、年間通して行方不明になっている人は多く、ペッパーランチ事件が発覚して急遽一部のお店が佇まいしています。 この急遽閉店したお店は全部直営店ではなく委託店舗だったとされています。 このような急に閉めたお店はレイプや人身売買など同じような事を行っていたために閉店したという噂もあります。 こちらも一説の噂で流れたことなのですが、実はペッパーランチは死亡した女性の人肉を使ってステーキを出しているという噂も流れました。 この人肉の疑いの内容については事実ではないとされているのですが、人肉の疑いも多く広まり、ステーキを食べに行く人は大きく減ったとされています。 死亡した遺体もルート上などで見つかっていることからこの疑いが浮上したとされています。 仮に人肉出会った場合、人肉には独特の臭みがあるためとても食べる気持ちにはならないとされていますので、やはり人肉説は薄いようです。 さらに、死亡した人肉の話ではないのですが、ペッパーランチは事件があったその後2年後に食中毒事件を起こし、O-157による食中毒事件が起きました。 これは発送する段階で菌が付着していることが分かり、行政処分が下されました。 人肉事件ではないですが、このような事件が起きているので、あまり信用できないということが伺えます。

次の

ペッパーフードサービス(3053)の倒産の可能性はあるのか??株価予想・業績予想|株でいつかは億り人

ペッパーフードサービス

いきなり!ステーキの店舗(「Wikipedia」より) 「 いきなり!ステーキ」を運営する ペッパーフードサービス(東証1部上場)は6月1日、個人から20億円を借り入れたと発表した。 借入先は肉の供給元であるエスフーズの代表取締役社長、村上真之助氏。 エスフーズの筆頭株主(25. 2%を保有)でもある。 ペッパーフードの筆頭株主は17. 1%を保有する一瀬邦夫社長。 エスフーズは11. 6%を持ち第2位の大株主(19年12月期末時点)である。 20億円の返済期日は7月末の予定。 有担保・無保証だという。 有担保とは、ペッパーフードもしくは新たに設立したJPの株式を担保として差し入れるということだろう。 普通ならペッパーフードの株式が担保となる。 一方、ペッパーフードは借り入れの保証をしていないということから無保証だ。 借入金の返済が滞れば、エスフーズは担保に取った株式の名義を書き換えればいい。 ペッパーフードは急速に出店を増やしていたが、店舗の売り上げ不振に新型コロナウイルスが追い打ちをかけ業績が悪化した。 東証1部上場で、日銭が入る業態の企業が個人から借り入れをするというのは極めて異例。 どの金融機関からも借り入れができなかったとみられ、それほど資金繰りに窮しているという証左である。 6月1日には、ステーキ店「 ペッパーランチ」事業を分社化し、新会社JPを設立した。 JPは株主総会の承認がいらない「簡易新設分割」という手法で急遽、立ち上げた。 JPの資本金は1000万円。 ペッパーフードが100%株式を保有。 本社は東京・墨田区のペッパーフードの本社内に置き、一瀬社長が代表に就いた。 簡易新設分割は総資産の5分の1以下が分割され新会社がつくられた場合に適用される。 株主総会の議決を得る必要はない。 会社分割とは、会社を新旧の2つに分離し、旧勘定となる既存会社は特別清算する。 新会社に出資者を募り、出直すというのが一般的に行われるやり方だ。 ペッパーランチ事業の2019年12月期の売上高は87億8800万円。 ペッパーフードからJPに分割する資産は15億3600万円、負債は3億5500万円となる。 一瀬社長は、いきなりステーキの立て直しに全力投球している。 旧会社のペッパーフードを清算することは考えにくい。 関係者は「新会社のJPを売却して、再建資金に充てるのでないか」と見ている。 急成長のいきなりステーキが、いきなり失速 一瀬氏は高校卒業後、レストランやホテルで経験を積み、1970年、レストラン「キッチンくに」を創業。 1994年にペッパーランチ事業を始め、2004年には100店舗を達成、06年、東証マザーズに上場。 17年、東証1部に指定替えとなった。

次の

「いきなりステーキ」のペッパーフード、債務超過寸前で“個人から20億円借金”の異常状態

ペッパーフードサービス

株主優待 ペッパーフードサービスは、一般的に高級料理といわれるステーキやその他肉類を中心とした加熱料理を、感熱センサー付電磁調理器や自動券売機などを用いた独自の店舗運営システムにより、手頃な価格で素早く顧客に提供する「ペッパーランチ」や「クニズ」といった店舗の展開を事業の柱として展開する企業。 ペッパーランチの店舗はショッピングモールにも多く入っているので家族で利用するにも使い勝手の良い優待と言えそうです。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の