郵便局のゆうゆう窓口とは。 ゆうゆう窓口とは?営業時間と設置している郵便局〜速達やゆうパックは送れるの?

郵便窓口とゆうゆう窓口の違いで分かる業務内容と利用の便利度

郵便局のゆうゆう窓口とは

ゆうゆう窓口 ゆうゆう窓口は日本郵便が運営する窓口で、保管郵便物の受け渡しや郵便物の差し出し、ハガキの販売などを業務としています。 現在では郵便局の窓口(郵便窓口)が開いている時間にもゆうゆう窓口が営業しているのですが、以下で具体的な業務や営業時間などの詳細を解説します。 設置される店舗 ゆうゆう窓口は、 各地域の総合拠点とされる郵便局に設置されています。 ここで言う総合拠点とされる局とは、原則としては各市町村で最も大きな局と考えてよいですが、複数の市町村に1つの総合拠点が置かれるケースもあり、その場合はゆうゆう窓口の利用に隣の町まで移動しなければなりません。 かつては地域の小さな局にもゆうゆう窓口が設置されていたものの、2007年に行われた郵政民営化に向けて廃止され、ゆうゆう窓口は地域の拠点となる大きな局にのみ置かれることになり、現在に至ります。 なお、日本郵便のホームページで実際にゆうゆう窓口が設置される郵便局を検索することができますので、ぜひご利用ください。 営業時間 ゆうゆう窓口の営業時間はその店舗ごとに異なりますが、郵便局の営業開始時間の1時間前から窓口が開き、郵便局の営業終了後1時間後に窓口が閉まるパターンが多いようにも思えます。 特に大きな都市にある郵便局局に設置される窓口など、中には24時間営業しているゆうゆう窓口もあります。 それぞれの窓口の個別的な営業時間を知りたい場合は、先ほどご紹介した日本郵便のゆうゆう窓口検索ページを確認しましょう。 業務内容 ゆうゆう窓口の業務は保管郵便物等の受け渡し、郵便物の差出し、ハガキや切手、収入印紙の販売などであり、 利用者は郵便局の通常窓口(郵便窓口)とほぼ同じサービスを受けることができますが、書き損じハガキや切手の交換、お年玉付き年賀ハガキの景品交換には対応していません。 また、郵便窓口が営業している時間帯とそうでない時間帯によりゆうゆう窓口が担当するサービスに違いがあることにも注意が必要です(詳細を後述)。 ゆうゆう窓口が行うサービス• 保管郵便物等(不在持ち帰り、局留めの荷物など)の受け渡し• 郵便物の差し出し(手紙、電子郵便、国際郵便物など)• ゆうパックの差し出し• 切手、ハガキ、収入印紙の販売• 各種申請書類や届け出の受付(不在届やあて名変更請求など)• 私書箱の設置 時間帯による担当窓口の違い 郵便窓口とゆうゆう窓口が併設される郵便局では、郵便窓口が開いている時間帯はゆうゆう窓口が保管郵便物等の受け渡しと支店への申請書類や届け出の受付けを業務とし、それ以外のサービスを郵便窓口が担当します。 郵便窓口が営業しない時間帯にはゆうゆう窓口が郵便物の引受、切手やハガキの販売、収入印紙の販売など郵便窓口と同じ業務を行いますが、 実際には夜間や土日祝日に限定されると考えてよいでしょう。 時間帯ごとのゆうゆう窓口の業務内容 郵便窓口の営業時間外 郵便窓口の営業時間内• 郵便物の差し出し• 保管郵便物等の受け渡し• ゆうパックの差し出し• 切手、ハガキ、収入印紙の販売• 申請や届け出の受付• 保管郵便物等の受け渡し• 申請や届け出の受付 ただし、郵便窓口が設けられていない支店では、これらの業務全般をゆうゆう窓口が、通常であれば郵便窓口が担当する時間帯に行うケースがあります。 郵便窓口が行う業務はゆうゆう窓口とほぼ同じで、前述の通り郵便窓口の営業時間内には主要な窓口業務をこちらが担当しますが、くじ付き郵便ハガキの景品交換、書き損じハガキと切手の交換は郵便窓口のみが行うサービスであり、ゆうゆう窓口では対応できません。 また、両窓口が併設される店舗において、郵便窓口では不在持ち戻りのゆうパックや保管郵便物の受け渡しを行っておらず、これらのサービスを受ける場合はゆうゆう窓口を利用することになります(ゆうゆう窓口がない局では郵便窓口で保管郵便物等の受け取りが可能)。 ちなみに、現在では日本郵便の窓口部門が郵便窓口の運営を担当しています。 両窓口の違い サービスの違い ゆうゆう窓口と郵便窓口の業務はほぼ同じであるものの、くじ付き郵便ハガキの景品交換と書損じハガキや切手の交換は郵便窓口のみが、保管郵便物等の受け渡しと各種申請書類の受付けはゆうゆう窓口のみが対応しています(両窓口が併設される店舗)。 郵便物、ゆうパックの差し出し、切手やハガキの販売などは両窓口の共通業務ですが、郵便窓口が営業している時間帯には郵便窓口がこれらを担当しますのでご注意ください。 両窓口の業務の比較 郵便窓口のみ対応 ゆうゆう窓口のみ対応 両窓口が対応• くじ付き郵便ハガキの景品交換• 書き損じハガキや切手の交換• 保管郵便物等の受け渡し(両窓口併設店舗)• 各種申請書類の提出• 郵便物の差し出し• ゆうパックの差し出し• 切手、ハガキ、収入印紙の販売• 保管郵便物の受け渡し• 転居届の提出 担当部門の違い 郵便窓口、ゆうゆう窓口のいずれも日本郵便( 日本郵便株式会社)によって運営されていますが、郵便窓口は同社の窓口部門が、ゆうゆう窓口は集配部門が担当しています。 よって、現在では部門こそ違えども郵便窓口とゆうゆう窓口のいずれも日本郵便によって運営されているわけですが、両窓口が1つの企業によって運営されるという点では国営時代と同じ状態に戻ったと言えるのかもしれません。 郵便窓口とゆうゆう窓口の運営企業.

次の

田園調布郵便局ゆうゆう窓口営業時間短縮のお知らせ(24時間開設廃止)

郵便局のゆうゆう窓口とは

ゆうゆう窓口 ゆうゆう窓口や郵便局窓口のサービスの違いや、ゆうゆう窓口・郵便窓口の営業時間を紹介する前にゆうゆう窓口の概要を説明します。 郵便局により異なりますが、主な郵便局のゆうゆう窓口の取扱サービスを紹介します。 ・通常郵便物・速達郵便物差出し・書留郵便物差出し・切手や収入印紙等の購入 ・電子郵便(レタックス)・ゆうパック(チルドゆうパックを含む) ・国際郵便物(航空郵便物及び国際スピード郵便物)・保管郵便物・不在留置郵便物 ・本人限定受取郵便物の受取・支店への申請・届出の受付・私書箱の設置 などです。 ゆうゆう窓口では、くじ付郵便はがき・切手(お年玉付郵便はがき・年賀切手やかもめ? る)の景品交換・はがきや切手の書損交換等は受け付けていません。 郵便局窓口 ゆうゆう窓口や郵便局窓口のサービスの違いの理解を助けるために郵便窓口の概要を紹介します。 郵便局窓口サービスには、 ・郵便・貯金・保険・物販事業・カタログ類の設置による通信販売 ・郵便局のお取次ぎ・生命保険商品代理店業務・損害保険代理店業務 ・文房具販売・メディア事業などがあります。 郵便の窓口サービスは、切手・はがき・収入印紙の売りさばきや郵便物やゆうパックなどの引受などです。 貯金の窓口サービスは、 ゆうちょ銀行や独立行政法人郵便貯金 簡易生命保険管理機構の銀行代理店としての業務になります。 通常貯金や為替・振替等の銀行代理業務と、国債や投資信託、変額年金の販売等の金融商品仲介業務を行っています。 保険の窓口サービスは、 かんぽ生命保険および独立行政法人郵便貯金 簡易生命保険管理機構の代理店としての業務 独立行政法人郵便貯金 簡易生命保険管理機構に承継された簡易保険契約に関するサービス バイク自賠責保険の募集などを行っています。 次に、ゆうゆう窓口と郵便窓口の営業時間を紹介します。 ゆうゆう窓口と郵便局窓口の営業時間 ゆうゆう窓口と郵便局窓口の大きな違いは、時間外の窓口営業と時間内の窓口営業でしょうか。 ゆうゆう窓口の設置の有無や営業時間は、インターネット利用で「日本郵便・郵便窓口をさがす」のサイトで検索できます。 窓口の営業時間(開設時間)は郵便局によって異なります。 窓口にも営業時間(開設時間)が記されています。 都市部の郵便局(県庁所在地の中央局など)では通常の郵便窓口も含めて郵便サービスが24時間開設であるところもあります。 郵便局窓口の営業時間(開設時間)は、 郵便の窓口サービスは平日-9時~17時です。 土曜・日曜・祝日は休みです。 貯金の窓口サービスは平日-9時~16時です。 土曜・日曜・祝日は休みです。 但し、一部地域の大規模郵便局では時間外の営業を行っているところもあります。

次の

ゆうゆう窓口とは?できること【くわしく】営業時間や場所・土日は

郵便局のゆうゆう窓口とは

24時間対応(一部の大きな郵便局)• 土曜日、日曜日、祝日対応• 年末年始対応• ゴールデンウィーク(GW)対応• 夜間対応(夜間窓口)• 郵便業務• 住所変更、転送届の提出等に対応• 貯金や保険は非対応 が主な特徴となります。 できることとできないことは、以下で詳しく説明します。 「ゆうゆう窓口」は全ての郵便局に設置されているわけではなく、一部の郵便局に限ります。 お近くの郵便局にゆうゆう窓口が設置されているかどうか、上記の郵便局のページで検索できます。 最寄りの局をお探しください。 なお、ゆうゆう窓口がどのようになっているのか、実際に行ってみたレポートを以下の記事にまとめていますので、気になる方はご覧くださいね。 関連記事> ゆうゆう窓口の営業時間 窓口によって違いますが、概ね8時~21時までが多いです。 上記の郵便局のページでご確認ください。 大きな郵便局では24時間営業をしています。 全国の24時間対応窓口について、この記事のページ下部にので、ご覧ください。 営業時間はゆうゆう窓口によって異なりますので、日本郵便のサイトで確認くださいね。 通常郵便物(定形外、速達、書留、簡易書留、現金書留も可)• 保管郵便物、不在時預りの郵便物の受け取り• 切手購入• はがき購入• 封筒の購入(一部郵便局のみ)• 現金書留封筒の購入• 収入印紙等の購入• ゆうパック発送(箱、クッション袋の購入も可)• レターパックの購入、送付• 電子郵便(レタックス)• 国際郵便物(EMS、エアメール等)• 住所変更、転送届(転居届)等の届出• ゆうゆうメルカリ便、ヤフオク等の発送(ゆうプリタッチ設置の場合) 基本的に日中の郵便局業務の内容と同じですが、たとえば封筒は取扱のありなし等を事前に確認するとかして、不明点は対象郵便局に電話をしてから赴くと安心ですね。 特に郵便物やゆうパックの配送を受け付けているのは助かります。 不在時の荷物の受け取り 不在時の荷物の受け取りには、• 不在通知書• 本人確認書類(免許証、保険証等)• 印鑑(サインでも可) が必要となりますので、ご注意ください。 消印は? 消印は24時までなら当日消印を押してもらえます。 チルドゆうパック(クール便) ゆうパックのチルドゆうパック(クール便)についても可能です。 対応できる郵便局については「」のページで、「チルドゆうパック」にチェックを入れて検索してみてください。 ゆうプリタッチ メルカリ、ヤフオク、モバオク、Rakutenラクマに対応した「ゆうプリタッチ」についてはをご覧ください。 設置郵便局はをご確認ください。 その他 ちなみに封筒はAmazon等でネットでも購入可能です。 24時間営業(一部)• 土日、祝日、年末年始営業(一部)• 夜間対応• ゆうゆう窓口設置の郵便局は限られている• 郵便業務や住所変更等のみで、貯金や保険は非対応• ゆうパック配送等の郵便関連の業務はほぼ対応可能 もう一度、以下に郵便局の検索ページを記載しておきます。 いざという時に慌てないよう、前もって最寄りの「ゆうゆう窓口」をチェックしておくと安心ですね! 追加情報として、全国の24時間ゆうゆう窓口を調べました。 下記一覧をご覧ください。 ゆうちょ銀行を含む銀行の窓口やATM営業時間は当ブログの「」で記事にしていますので、よろしければそちらもご確認ください。 その場合、「実質24時間対応」と記載しています。 北海道地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 東北地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 東京都内 (平日のみ) 関東地方 (東京除く) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (6-24時まで) (平日8-24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (平日7-24時まで) (実質24時間対応) 北陸・信越地方 (8-22時まで) (8-23時まで) (24時まで) (実質24時間対応) (6-24時まで) 東海地方 (実質24時間対応) (24時まで) (24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (7-24時まで) (実質24時間対応) (8-24時まで) (平日・土8-24時まで) (8-24時まで) (7-24時まで) (実質24時間対応) (8-24時まで) (7-23時まで) (実質24時間対応) (6-24時まで) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 近畿地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (8-24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (23時まで) (8-23時まで) (8-24時まで) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (7-23時まで) (8-24時まで) (8-23時まで) (実質24時間対応) 中国地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 四国地方 九州・沖縄地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 郵便局の関連記事 >>.

次の