エロ 漫画 の 艶。 エロ漫画の艶

オジィ『侵艶インモラル』 : ヘドバンしながらエロ漫画!

エロ 漫画 の 艶

季刊ゼラチン(ワニマガジン社)の創刊号を買いました。 ぼっしい先生とモタ先生目当てで買ったのですが、その他にも色々と面白そうなコンテンツがいっぱいあります。 まぁ、現在時間に余裕が泣くほどないのでちっとも読めていないのが残念ですが。 さて本日は、かるま龍狼先生の『艶ママ』(ワニマガジン社)の遅延へたレビューです。 かなり久しぶりの成人向け作品集となりました。 司書房時代(14年前!)の作品もよろしけれなご参照下さい。 ベテランらしいネームセンスの豊かな旨味と柔肌の温度感が生む熱っぽい官能を同時に味わえる作品集ですよ。 シナリオにしてもエロにしても、 ボリューム感はあまり強くありませんが、ユニークな設定とテンポの良い展開でグイグイ読ませる上手さがあります。 多少シュールな感もあり、サブカル系の匂いもかすかに香るのですが、 単行本全体を覆うノスタルジックで心地よい叙情性が、奇抜に映る設定を持つ作品からエグ味や独善性を消しているのが強い魅力と言えるでしょう。 相変わらず能天気で破天荒なコミカルさを有しながら、血の通った素朴な人間描写で微ダーク系もハッピー系も心地よくまとめあげるスタイルが何より魅力的です。 【ティーン少女or熟女さんなヒロイン陣】 ヒロイン陣はミドルティーンクラスの少女たちか、叔母や人妻さん、旅館の女将などの熟女さん(30~40歳程度)かと やや両極端な構成。 短編「海の家」の若菜ちゃんや「ポチんちん」の娘さんなど 女の子も実に可愛らしくて魅力的ですが、メインは表紙の通りに熟女さん達。 太くはっきりとした描線がシンプルかつ適度に荒くまとめられた親しみ易い漫画絵柄は結構オールドスクールで評価を分けそうですが、 劇画系絵柄にも匹敵する熱気を籠められながら成人女性としての清楚さや少女の可憐さもまた色濃く香る絵柄は素晴らしい魅力であるのも事実。 表紙絵は精緻な彩色によって元の画の魅力を伝わりにくくしている感があるので、店頭ではむしろ裏表紙に散りばめられたサンプルコマで判断することをお勧めします。 【ほっこりと温かい官能に溢れたエロシーン】 エロシーンは分量的に多いとは言えないものの、雰囲気作りの巧さがここでも活かされており、 登場人物達の肌の熱ささえ感じ取らせる官能の演出が上々の出来。 ティーン少女達も含め、適度にふくよかな肢体にはゴムマリの如きやわらか巨乳が備わっており、 体全体を重力感を感じさせながら動かすエロ作画のダイナミズムが実用性の確保に大きく貢献しています。 所々で絡めてくるフェラやパイズリ、キスシーンなど口淫関係も派手さや分量の厚みはないものの、なかなかねっとりとした描写でエロ的に華。 一部外出しがあったり、断面図等を用いて射精のパワフルさを演出することがほぼ無かったりするので中出し原理主義者な貴兄は回避推奨。 個人的には清楚な外見の伯母との背徳的なエロスが魅力な短編「オジシラズ」とツンデレ女将と温泉でしっぽりとエッチな短編「ツンデレの果てで」が抜き的に大活躍でした。 久し振りに成人向け作品へとカムバックしてくれて非常に喜ばしい限りですし、 漫画としての面白みと背徳感と日常感が入り混じるエロスとを高い水準で融合させる技量にも感心しました。 後書きでスランプだと書かれていましたが、そんなことを微塵も感じさせない良作に仕上がっているという印象です。 次の単行本も大いに期待してよいと思います。 お勧め!.

次の

タグ一覧

エロ 漫画 の 艶

159• 166• 121• 580• 167• 240• 141• 679• 318• 167• 107• 1799• 270• 260• 540• 247• 612• 466• 961• 154• 153• 282• 262• 371• 850• 109• 1019• 619• 140• 136• 1922• 879• 100• 169• 1320• 137• 121• 802• 579• 397• 2032• 129• 322• 620• 185• 1518• 976• 1105• 468• 548• 1951• 591• 609• 379• 112• 160• 178• 135• 165• 104• 405• 847•

次の

【エロ漫画】ナンパ目的でプールに来ていた男を逆にナンパしてマッサージしてもらう巨乳娘…完全に誘ってる淫乱な彼女の身体を弄り回してイかせ何度も激しい中出しセックス【あるぷ:艶カウント!】

エロ 漫画 の 艶

季刊ゼラチン(ワニマガジン社)の創刊号を買いました。 ぼっしい先生とモタ先生目当てで買ったのですが、その他にも色々と面白そうなコンテンツがいっぱいあります。 まぁ、現在時間に余裕が泣くほどないのでちっとも読めていないのが残念ですが。 さて本日は、かるま龍狼先生の『艶ママ』(ワニマガジン社)の遅延へたレビューです。 かなり久しぶりの成人向け作品集となりました。 司書房時代(14年前!)の作品もよろしけれなご参照下さい。 ベテランらしいネームセンスの豊かな旨味と柔肌の温度感が生む熱っぽい官能を同時に味わえる作品集ですよ。 シナリオにしてもエロにしても、 ボリューム感はあまり強くありませんが、ユニークな設定とテンポの良い展開でグイグイ読ませる上手さがあります。 多少シュールな感もあり、サブカル系の匂いもかすかに香るのですが、 単行本全体を覆うノスタルジックで心地よい叙情性が、奇抜に映る設定を持つ作品からエグ味や独善性を消しているのが強い魅力と言えるでしょう。 相変わらず能天気で破天荒なコミカルさを有しながら、血の通った素朴な人間描写で微ダーク系もハッピー系も心地よくまとめあげるスタイルが何より魅力的です。 【ティーン少女or熟女さんなヒロイン陣】 ヒロイン陣はミドルティーンクラスの少女たちか、叔母や人妻さん、旅館の女将などの熟女さん(30~40歳程度)かと やや両極端な構成。 短編「海の家」の若菜ちゃんや「ポチんちん」の娘さんなど 女の子も実に可愛らしくて魅力的ですが、メインは表紙の通りに熟女さん達。 太くはっきりとした描線がシンプルかつ適度に荒くまとめられた親しみ易い漫画絵柄は結構オールドスクールで評価を分けそうですが、 劇画系絵柄にも匹敵する熱気を籠められながら成人女性としての清楚さや少女の可憐さもまた色濃く香る絵柄は素晴らしい魅力であるのも事実。 表紙絵は精緻な彩色によって元の画の魅力を伝わりにくくしている感があるので、店頭ではむしろ裏表紙に散りばめられたサンプルコマで判断することをお勧めします。 【ほっこりと温かい官能に溢れたエロシーン】 エロシーンは分量的に多いとは言えないものの、雰囲気作りの巧さがここでも活かされており、 登場人物達の肌の熱ささえ感じ取らせる官能の演出が上々の出来。 ティーン少女達も含め、適度にふくよかな肢体にはゴムマリの如きやわらか巨乳が備わっており、 体全体を重力感を感じさせながら動かすエロ作画のダイナミズムが実用性の確保に大きく貢献しています。 所々で絡めてくるフェラやパイズリ、キスシーンなど口淫関係も派手さや分量の厚みはないものの、なかなかねっとりとした描写でエロ的に華。 一部外出しがあったり、断面図等を用いて射精のパワフルさを演出することがほぼ無かったりするので中出し原理主義者な貴兄は回避推奨。 個人的には清楚な外見の伯母との背徳的なエロスが魅力な短編「オジシラズ」とツンデレ女将と温泉でしっぽりとエッチな短編「ツンデレの果てで」が抜き的に大活躍でした。 久し振りに成人向け作品へとカムバックしてくれて非常に喜ばしい限りですし、 漫画としての面白みと背徳感と日常感が入り混じるエロスとを高い水準で融合させる技量にも感心しました。 後書きでスランプだと書かれていましたが、そんなことを微塵も感じさせない良作に仕上がっているという印象です。 次の単行本も大いに期待してよいと思います。 お勧め!.

次の