植物 育て方。 フェニックスの育て方|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

初めてでも安心だよ。【多肉植物】の育て方(植え替えなど)&寄せ植えまとめ

植物 育て方

さまざまな住宅事情から、観葉植物にとって望ましい光線がえられる環境は少ないですよね。 室内で楽しめるからこそ、適した明るさの場所で育てると元気に育てることができます。 日照不足(光線不足)になりますと、ひょろひょろっとした株になったりします。 まず観葉植物を選ぶコツとして「明るい」=明るい場所を好む植物/「半日陰」=半日陰な場所でもOK/「日陰」=案外暗めな場所でも大丈夫/を簡単に検索できますし、冬場、越冬温度により、寒さに強いか弱いかがすぐわかります。 しかし、室内で育てるようになさってください。 それぞれの観葉植物の適性な空間でお育ていただくことで、元気な状態で観葉植物をお育ていただけます。 明るさや最低気温などに考慮して、飾る観葉植物にとって適した良い環境に是非、飾っていただき、毎日を楽しく素敵にお過ごしいただけましたら幸いです。 是非、観葉植物の育て方 「観葉植物Dictionary」をご活用いただけましたら幸いでございます。 観葉植物の特性を知ろう。 それぞれ観葉植物の特性を知ることで飾る場所が変わってきます。 本来、観葉植物は、熱帯性原産のものが多く、ジャングルって20〜30m位の大きな大きな植物や、その大きな大きな植物の下で生育している植物や、さらにその植物の下、いわゆるあまり日光が他の大きな植物にさえぎられて届かないような場所で生育している植物まで、いろんな植物が存在します。 その生育場所によってそれそれの植物は、独自の進化をしてその環境下でも、十分、育つことができるように進化してきました。 本来、直射日光が好きな植物を、暗い場所で生育させようとした場合、やっぱり、その植物本来の生育環境と似ていないため弱ってきたり枯れてきたりしてしまいます。 品種の特性をわかった上で、置き場所を考えて飾ってあげると、嬉しそうに、いつも元気でいてくれると思いますし、やっぱり管理が楽になりますよね。 観葉植物の置き場所は、観葉植物を育てるうえで大事な要素になりまして、基本的に光・温度・水が3要素になります。 それぞれの観葉植物の特性によって、飾る場所を考えて設置していただくと観葉植物の長持ち度合いが変わってきます。 観葉植物は、原産地での育っている環境によって、明るい場所を好む観葉植物、半日陰でも育つ観葉植物などと、好む光の具合が異なります。 また、水の具合も、サボテンのように砂漠地域でも育つ観葉植物であれば、水やりの頻度が少なくて良かったり等、水の具合も観葉植物の種類によって異なりますので、それぞれの観葉植物の種類に応じて、育て方が異なります。 観葉植物は常に蒸散作用により葉から湿気を出し、冬場は「生きた加湿器」の役割を担ってくれます。 また、夏場などは、反対に温度や湿度を下げ調節をしてくれます。 特に「葉っぱの大きい観葉植物」などは、葉っぱが大きい分、蒸散する面積が大きいので効果があります。 電器と違い、省エネできてしかもインテリアもアップするという一石二鳥のすぐれものなのです。 観葉植物や緑を室内やオフィスなどに飾ることにより、湿度調整作用を促してくれます。 植物が行う蒸散作用により、室内の湿度を、快適な状態に保ってくれます。 乾燥している状態のときは、湿度をおぎない、湿度が高い状態の場合は、蒸散される水分の量が減りますので、快適な湿度になります。 観葉植物の持つ安らぎ感や潤い感が、心をなごませ、精神を安定させてくれ、人間が本来持っているとされている自然治癒力を高めてくれ癒しの効果が生まれます。 NASAの研究結果からもサンスベリアやポトスなどは、室内においておくだけで空気浄化をする結果が出ております。 「根を活発に動かさない」ということは、あまり、水を吸わなくなってしまうということに、つながってきます。 ですので、冬場に、水を必要以上に、あげていると、ただでさえ働きが鈍くなり、あまり水を吸収したくない状態になっているのに、水が入ってきますので、鉢の中の土が過湿になってしまい根腐れを早く起こしやすくなります。 ゆえに、「水やりを控える=乾燥気味にする」というのが、水やりのコツです。 水やりの目安としまして、冬場は、飾っている場所にもよりますが、7〜10日に1回程度の水やりの目安になります。 また、冬場、観葉植物は、「働きが鈍くなる」ので、暖かく、明るい場所に置いてあげてください。 なるべく、夜は、温度格差の少ない場所に、移動しておいてあげると良いです。 光が入らない場所や定期的に人がいない場所などは人工観葉植物で代用も効果的。 どうしても光が入らない場所や日頃から暗い場所や夜間営業の飲食店などのように日頃から暗くしておかないといけない場所でもやっぱりグリーンを置きたい場合、人工観葉植物も効果的です。 生きている観葉植物を飾る場合は、どうしても定期的に葉落ちが進んだり元気がなくなってきますので、交換が必要になります。 ただし、やはりそのような場所でも生の観葉植物を飾りたいということもありますので、その場合は、定期的に交換していく切り花や生け花のような感覚で観葉植物を飾るようにします。 定期的に人がいないオフィスの会議室などに観葉植物を飾りたい場合でも人工観葉植物を、代用するのも有効です。 生きた観葉植物の場合、水やりを忘れて傷んでいた状態で、お客様が入ってきた場合、やはり印象が良くない場合もありますので。 光触媒の人工観葉植物でしたら、空気も綺麗になるインテリアです。 観葉植物の図鑑としてもご利用いただけましたら幸いです。

次の

フェニックスの育て方|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

植物 育て方

ホヤはできるだけよく日光に当ててあげるようにします。 しかし、真夏の日差しが強い日が何日も続くようなときには、葉っぱの部分が葉焼けを起こすことがあるので、直射日光は避けた方が良いです。 そういうときは、明るい日陰で管理して育てるようすると安全です。 また、ホヤは耐陰性もあるので、日当たりが悪い場所であっても育てることも可能です。 ただし、花つきはその分多少悪くはなってしまいます。 ホヤの耐寒性についてはあまりなく、寒さは苦手です。 寒くなってくる11月頃から暖かくなる頃までは、室内の日当たりが良い場所へ移動して管理する方が無難です。 置き場所が悪いと、ホヤは葉っぱの色が綺麗に保てなくなって黄色く変色してきたりするので、それが生育が順調であるかどうかのバロメーターとなります。 ホヤの水やり 冬の水やり 冬のホヤの水やりは、基本乾燥気味にします。 というのも、冬場は寒くなり生長が衰える時期なのと、土の過湿を嫌いますので、水やりは控えめにする必要があるためです。 土の表面が乾いていて、さらに数日が経過してから水は与えるようにするくらいで大丈夫です。 過湿により株の根が弱くなって傷んでしまうと、株そのものがダメになってしまうことがあるので注意しましょう。 ホヤは葉が肉厚で多肉植物やサボテンなどのように葉の部分に水分を貯める機能がありますので、頻繁な水やりは必要ないのです。 ホヤの肥料・追肥 ホヤの肥料の与え方についてですが、生育期である春~秋には、2ヶ月に1回を目安に、緩効性化成肥料を土の表面に撒きます。 緩効性ですので、ゆっくりと長期的に成長を手助けしてくれます。 さらに夏場の時期には、10日に1回のペースを目安にして水で薄めた液体肥料をあげるようにするのも効果的です。 というのも、生育期に肥料を2種類与えてあげるととても元気にぐんぐん生長してくれるからです。 しかし、あまり大きくしたくないと思っている場合には、どちらか一方の肥料のみを与えるだけでも構いません。 追肥はホヤの場合には特には必要ありません。 ホヤの土 植え付け ホヤの植え付け時期については、5月~8月頃までが適期となっています。 植え替え ホヤを数年に渡って鉢で育てていると、鉢の中は根で飽和状態になってしまっています。 これはホヤの生育だけではなく、花つきが悪くなる原因にもなるため良くありません。 そうなる前に、一回り大きなサイズの鉢の中に、新しい土を使って植え替えることが大切です。 ホヤの植え替時期としては、5月~7月頃が適期です。 鉢から根の部分を抜いたときに、既に傷んでしまっている根は取り除くようにします。 元気な根はいじる必要はありません。 ここで一番注意すべきポイントとしては、根の部分をうっかり痛めてしまうと、ホヤは生育に影響が出てしまい生長自体が衰えてしまうということがあるという点です。 ホヤの性質的には丈夫な部類の植物ですが、土の過湿に弱いことからも想像できるように、根の部分に関しては少しデリケートな面を持っているので注意が必要なのです。 ホヤの増やし方については、一般的には「挿し木」で増やします。 挿し木の方法の一例としては、2節くらいの長さの元気なつるを剪定バサミを使って切ります。 それを湿らせた水ゴケで包んでから輪ゴムなどを使って留めます。 そして、それを鉢の中に入れて別の水ゴケでぐらつかないように固定します。 日陰に置いて乾燥させないように管理していると、約1ヶ月程度で新しい根が出てきます。 そうなったらあとは、鉢に普通の用土を使って植え付けを行います。 ただし、1本のみでは鉢植えにした際に、ほとんどボリュームは出ませんので、1鉢につき3本くらいを目安にして植え付けをすると良いでしょう。 このときホヤの茎と葉っぱの付け根部分である葉腋から新芽が出てきますが、葉っぱのみで茎が付いていないものでは新芽が出ないので注意しましょう。 また、挿し木の際に葉からの水分の蒸発を抑えて乾燥を防ぐために、葉を予め半分に切ってもOKです。 ホヤの育て方で注意すべき病気・害虫 ホヤにつきやすい病害虫としては、カイガラムシがあります。 この害虫は吸汁性で、植物から大事な栄養分を奪い取ってしまうため、見つけたらできるだけ早く駆除を行います。 数がまだ少ない場合には、歯ブラシなどでこすり落としていきましょう。 予防としては、常日頃から葉の裏表に霧吹きなどで葉水すると、発生をある程度抑えることができます。 またカイガラムシは風通しが悪いと発生しやすくなってしまうので、風通しが良くなるように心掛ける事が大切です。 カイガラムシの出す排泄物が原因でスス病という病気が発生して、葉っぱの部分がまるでススを被ってしまったかのように黒くなることもあります。 こうなってしまうと光合成ができなくなり枯れてしまうので、早めの駆除が何より重要なのです。 ホヤの管理温度 ホヤは寒さには強くはありません。 冬が寒い地域で庭に地植えでの越冬はほぼ無理です。 越冬させたい場合には、鉢植えにして冬場は必ず室内の日の良く日の当たる場所へ移動して管理するようにして下さい。

次の

ホヤの育て方|植え替え時期や増やし方は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

植物 育て方

フヨウとは• 基本情報• 特徴 美しいピンクの大輪の花を咲かせるフヨウは、夏を代表する花木として親しまれています。 日本の南部では野生化していますが、もともとは中国原産であると推測されています。 また、室町時代に観賞されていた記録があることから、古くから栽培されていたことがわかります。 近縁種に( Hibiscus syriacus)がありますが、一般的には雌しべの先が上向きに曲がっているのがフヨウ、まっすぐなものがムクゲと区別できます。 フヨウの園芸品種は多くありませんが、ピンク以外にも、白花や八重咲きが販売され、草本のアメリカフヨウとの交配種もあります。 フヨウ属には( H. rosa-sinensis)やムクゲなどが含まれますが、フヨウは半耐寒性のため、関東地方以西の暖地なら庭植えで栽培できます。 寒地では晩秋に地上部が枯れてしまいますが、マルチングなどで根を保護し枯死しなければ、春から枝を伸ばしながら花芽を分化させて開花します。 基本データ 園芸分類 庭木・花木 形態 低木 原産地 中国中部 草丈/樹高 2~3m 開花期 8月~10月 花色 ピンク、白 栽培難易度 1~5 耐寒性 やや弱い 耐暑性 強い 特性・用途 落葉性,開花期が長い,初心者でも育てやすい.

次の